本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月21日

柏 宗伸 (かしわ むねのぶ) 助教 KASHIWA, Munenobu

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系

教育分野

所属研究室等

学歴

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

医療技術評価 費用効果分析

研究課題

著書

論文

  • Model-based cost-utility analysis of gemcitabine, cisplatin, and S-1 as triple therapy for advanced biliary tract cancer International Journal of Clinical Pharmacy 2023/04/20 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative cost-effectiveness of nivolumab first-line and second-line therapy for advanced esophageal cancer in Japan. The European journal of health economics : HEPAC : health economics in prevention and care 2023/06/01 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cost-effectiveness of preemptive skin treatment to prevent skin-toxicity caused by panitumumab in third-line therapy for KRAS wild type metastatic colorectal cancer in Japan. Journal of pharmaceutical health care and sciences 7巻 1号 35頁 2021/10/01 研究論文(学術雑誌)
  • Cost-utility analysis of palonosetron in the antiemetic regimen for cisplatin-containing highly emetogenic chemotherapy in Japan. BMC health services research 19巻 1号 438頁 2019/07/01 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative Cost-utility Analysis Between Aprepitant- and Fosaprepitant-containing Regimens To Prevent Chemotherapy-induced Nausea and Vomiting in Patients Receiving Highly Emetogenic Chemotherapy in Japan. Clinical therapeutics 41巻 5号 929頁 2019/05 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Difference in Cost-Effectiveness between First-Line and Third-Line or Later Nivolumab Therapy in Patients with HER2-Negative, Unresectable, Advanced or Recurrent Gastric or Gastro-Esophageal Junction Cancer in Japan. Biological & pharmaceutical bulletin 45巻 7号 895頁 2022 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative Cost-effectiveness of Aflibercept and Ramucirumab in Combination with Irinotecan and Fluorouracil-based Therapy for the Second-line Treatment of Metastatic Colorectal Cancer in Japan. Clinical therapeutics 42巻 7号 1361頁 2020/07 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative Cost-utility Analysis of Regorafenib and Trifluridine/Tipiracil in The Treatment of Metastatic Colorectal Cancer in Japan. Clinical therapeutics 42巻 7号 1376頁 2020/07 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 切除不能胆道癌の一次治療における三剤併用化学療法の費用対効果分析(会議名:ISPOR日本部会第18回学術集会)(2023/12/04)
  • Cost-effectiveness analysis of Gemcitabine, Cisplatin plus S-1 for the primary treatment of advanced biliary tract cancer in Japan(会議名:2023 第20回日本臨床腫瘍学会学術集会)(2023/03/18)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究「進行胃癌に対する抗がん剤選択効率化のための医療経済評価研究」(2022-2024) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○薬剤疫学(2023)
○症例演習(2023)
○症例演習(2023)
○データサイエンス基礎(2023)
○実務実習Ⅱ(2022)
○データサイエンス基礎(2022)
○チーム医療実習(2022)
○実務実習Ⅳ(2022)
○実務実習Ⅱ(2022)
○実務実習Ⅲ(2022)
○チーム医療実習(2022)
○実務実習Ⅳ(2022)
○薬剤疫学(2022)
○実務実習Ⅲ(2022)
○実務実習Ⅳ(2022)
○チーム医療実習(2022)
○薬剤疫学(2022)
○実務実習Ⅲ(2022)
○実務実習Ⅱ(2022)
○実務実習Ⅱ(2022)
○実務実習Ⅲ(2022)
○実務実習Ⅳ(2022)
○チーム医療実習(2022)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

○立命館大学総合科学技術研究機構 医療経済評価・意思決定支援ユニット 客員准教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ