本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

長谷川 隆 (はせがわ たかし) 教授 HASEGAWA Takashi

メール メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 法学系

教育分野

【大学院前期課程】
法務研究科 法務専攻

所属研究室等

 TEL:076-264-5543 FAX:

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 法学政治学研究科 1988/03 単位取得満期退学
【出身大学】
金沢大学 法文学部 法学科 1975/03 卒業
【取得学位】
法学修士

職歴

富山大学専任講師 経済学部(1988/10/01-1990/10/31)
富山大学助教授 経済学部(1990/11/01-2001/09/30)
富山大学教授 経済学部(2001/10/01-2004/03/31)
金沢大学教授 大学院法務研究科(2004/04/01-)

生年月

1952年11月

所属学会

日本私法学会
パーソナルファイナンス学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

不当利得

専門分野キーワード

不当利得

研究課題

不当利得に関する諸問題

著書

  • 被担保債権無効・取消の場合における人的・物的担保の効力に関する一考察(4・完) 金沢大学人間社会研究域法学系 2013/07 56巻 1号 1-32頁

論文

  • 消費者金融会社である「プロミス香港」における業務展開の実情について―業務運営を支える法制度を中心に― 長谷川 隆 金沢法学 59巻 1号 185-199頁 2016/07/31 査読無
  • わが国の生活組合等による、多重債務者問題の対処と個人向け貸付事業について 長谷川 隆 金沢法学 59巻 1号 147-184頁 2016/07/31 査読無
  • 教師から「行き過ぎ」た生徒指導を受けた児童・生徒が自殺した場合における学校設置者の民事責任について(1) 長谷川 隆 判例時報 2215号 3-23頁 2014/05 査読無
  • 教師から「行き過ぎ」た生徒指導を受けた児童・生徒が自殺した場合における学校設置者の民事責任について(2・完) 長谷川 隆 判例時報 2216号 13-29頁 2014/05 査読無
  • 被担保債権無効・取消の場合における人的・物的担保の効力に関する一考察(1) 金沢法学 49巻 2号 245-272頁 2007/03 査読無 論説

全て表示

  • 被担保債権無効・取消の場合における人的・物的担保の効力に関する一考察(2) 金沢法学 55巻 1号 1-29頁 2012/07 査読無 論説
  • 被担保債権無効・取消の場合における人的・物的担保の効力に関する一考察(4・完) 長谷川 隆 金沢法学 56巻 1号 1-32頁 2013/07 査読無 論説
  • 被担保債権無効・取消の場合における人的・物的担保の効力に関する一考察(3) 金沢法学 55巻 2号 181-207頁 2013/03 査読無 論説

講演・口頭発表等

  • わが国生協等が実施している、いわゆるセーフティネット貸付事業の全体像についての、発表者による単独の実地調査を踏まえてた報告である。(会議名:パーソナルファイナンス学会第16回全国大会)(2015/11)
  • 香港における消費者金融に関する法制度(会議名:パーソナルファイナンス学会第15回全国大会)(2014/10)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○民法第二部(2017)
○民法第二部(2016)
○民法第二部(2015)
○民法第二部(2015)
○民法第二部(2014)
○民法第二部(2014)

大学院担当授業科目

○クリニック(2017)
○民法演習Ⅰ(2017)
○法学入門(2017)
○法学入門(2017)
○エクスターンシップ(2017)
○クリニック(2016)
○エクスターンシップ(2016)
○法学入門(2016)
○民法演習Ⅰ(2016)
○民法演習Ⅰ(2015)
○法学入門(2015)
○エクスターンシップ(2015)
○クリニック(2015)
○民法演習Ⅰ(2014)
○法学入門(2014)
○エクスターンシップ(2014)
○クリニック(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ