本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

松浦 義昭 (まつうら よしあき) 講師 MATSUURA Yoshiaki

メール メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

【学士課程】
国際基幹教育院 GS教育部門

所属研究室等

国際基幹教育院                             ymatsu@staff.kanazawa-u.ac.jp (お問い合わせご依頼など左記メールにご連絡ください)

学歴

【取得学位】
博士(経済学)

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

○金沢大学  附属病院  審査委員会 委員(2017-)
○金沢大学  附属病院  審査委員会 委員(2016-)
○金沢大学  附属病院  受託研究審査委員会 委員(2015-)

受賞学術賞

○日本FP学会 学会賞 (2015)
○金融教育に関する小論文・実践報告コンクール:優秀賞 (主催:金融広報中央委員会、 後援:金融庁、 文部科学省、 日本銀行)(2015)

専門分野

経済統計、地域研究、学習支援システム、金融・ファイナンス

専門分野キーワード

経営者・経営幹部・幹部候補者対象の研修   自治体職員対象の研修  学校教員対象の研修

研究課題

産官学金連携教育  

著書

  • RESASの教科書  日経ビッグデータ 2016 原著書 分担執筆

論文

  • RESASを活用した地域課題解決 東北活性化研究センター 『東北圏社会経済白書』2017
  • RESAS連携講座:基礎編  日本経営工学会  『経営システム誌』 2017
  • 大学発ベンチャーの現状と課題 日本政策金融公庫 『調査月報』   2016

講演・口頭発表等

  • 大学でのRESAS教育( 内閣官房:(東京)2016年)
  • 大学での金融リテラシー教育(VISA:(東京)2016年)
  • 教育現場におけるRESAS活用事例(:東京大学(東京)2016年)
  • 地方創生 全国RESASセミナー 北海道 (:札幌市(北海道)2016年)
  • 地域の活性化のためのRESAS利活用方法(:九州大学(福岡)2016年)

全て表示

  • 地方創生におけるRESAS活用最前線(:国際大学(東京)2016年)
  • 地方創生 全国RESASセミナー 北陸 (:金沢市(石川)2016年)
  • 地方創生 RESAS活用セミナー 佐賀 (:佐賀市(佐賀)2017年)
  • ビッグデータによる地域現状の把握 熊本 (:熊本市(熊本)2017年)
  • RESASを活用した政策立案ワークショップ(:羽咋市(石川)2017年)
  • 大学におけるRESAS教育(:滋賀大学データサイエンス学部(滋賀)2016年)
  • 大学における金融経済教育(金融広報中央委員会:日本銀行本店(東京)2015年)
  • 先生のための金融教育セミナー(金融広報中央委員会:日本教育会館(東京)2015年)
  • 大学における金融リテラシー教育の試み(日本消費者教育学会中部支部(愛知)2015年)
  • 大学における起業環境の効果と課題について(経営行動科学学会年次大会(愛知)2015年)
  • 教員向け授業に役立つ金融経済セミナー(日本証券業協会:石川県地場産業センター(石川)2015年)
  • 金融教育の必要性・効果・課題について(北陸3県金融広報アドバイザーブロック協議会(石川)2014年)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○産官学金連携による教育研修プログラムの開発・支援
○課題解決型授業(Project-Based Learning)の開発・支援
○高大連携によるアクティブ・ラーニング型授業の開発・支援

科研費

○基盤研究(C)「RESAS(地域経済分析システム)教育プログラムの開発」(2017-2019) 代表者
○基盤研究(C)「効果的なパーソナルファイナンス教育支援環境に関する研究」(2013-2016) 分担者
○基盤研究(C)「金融リテラシー高度化プログラムの実施と期待形成効果の検証」(2017-2019) 分担者

学域・学類担当授業科目

○統計学から未来を見る(2017)
○演習/ビジネス・ファイナンス(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○金融リテラシー(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○ビジネス・ファイナンスA(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○データで考える日本の未来(データサイエンス)(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○ビジネス・ファイナンスB(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○世界のオープンデータ活用(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○ビジネス入門(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○日本のオープンデータ活用(2017)
○日本のオープンデータ活用(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○世界のオープンデータ活用(2017)
○ビジネスと金融(2017)
○統計学から未来を見る(2017)
○ビジネス入門(2017)
○ビジネスと金融(2017)
○ビジネス・ファイナンスA(2016)
○ビジネス・ファイナンスB(2016)
○卒業研究(2016)
○演習/ビジネス・ファイナンス(3年生)(2016)
○データで考える日本の未来(データサイエンス)(2016)
○金融リテラシー(2016)
○演習/ビジネス・ファイナンス(4年生)(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○統計学から未来を見る(2016)
○データで考える日本の未来(データサイエンス)(2016)
○データで考える日本の未来(データサイエンス)(2016)
○金融リテラシー(2016)

大学院担当授業科目

○ビジネスファイナンス特論a-2(2017)
○ビジネスファイナンス演習b-2(2017)
○ビジネスファイナンス演習a(2017)
○ビジネスファイナンス演習b(2017)
○ビジネスファイナンス特論a-1(2017)
○ビジネスファイナンス特論b-1(2017)
○ビジネスファイナンス特論b-2(2017)
○ビジネスファイナンス演習a-1(2017)
○ビジネスファイナンス演習a-2(2017)
○ビジネスファイナンス演習b-1(2017)
○ビジネスファイナンス特論a(2017)
○ビジネスファイナンス特論b(2017)
○ビジネスファイナンス特論a-1(2016)
○ビジネスファイナンス特論a-2(2016)
○ビジネスファイナンス特論b-1(2016)
○ビジネスファイナンス特論b-2(2016)
○ビジネスファイナンス演習a-1(2016)
○ビジネスファイナンス演習a-2(2016)
○ビジネスファイナンス演習b-1(2016)
○ビジネスファイナンス演習b-2(2016)
○ビジネスファイナンス特論a(2016)
○ビジネスファイナンス演習b(2016)
○ビジネスファイナンス特論b(2016)
○ビジネスファイナンス演習a(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○内閣府 地域経済分析システム専門委員(2016-)
○石川県 金銭教育協議会(2015-)
○北陸3県金融広報アドバイザー協議会(2014-)

講演可能なテーマ

○RESASによる地域活性化
○RESAS教育プログラムの開発

その他公的社会活動

○石川県自治研修センター(2013-) (自治体職員対象の研修講師)
○石川県IT総合人材育成センター(2007-) (経営者・経営幹部・幹部候補者対象の研修講師)

このページの先頭へ