本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

毛利 正直 (もうり まさなお) 助教 MOHRI Masanao

メール

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻

所属研究室等

学歴

【取得学位】
医学博士

職歴

生年月

1967年05月

所属学会

日本脳神経血管内治療学会
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳神経外科学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

脳神経外科学

専門分野キーワード

研究課題

脳卒中の外科治療

脳腫瘍の外科治療

頭部外傷の外科治療

著書

論文

  • 後下小脳動脈(PICA)分岐部を含んだ破裂椎骨動脈解離性脳動脈瘤に対する治療 ーPICAの灌流領域と治療後動脈瘤のサイズ変化ー 内山尚之,見崎孝一,林 康彦,林 裕,濵田潤一郎 脳卒中の外科 41巻 5号 2013/10 査読有 原著論文
  • ダブルマイクロカテーテル法を使用した未破裂脳動脈瘤に対する瘤内コイル塞栓術の治療成績 毛利正直、内山尚之、渡邉卓也、見崎孝一、林 康彦、林 裕、濵田潤一郎 脳卒中の外科 2011/11 査読有 原著論文
  • PICA-involved typeの破裂椎骨解離性脳動脈瘤に対する急性期治療 毛利正直、飯原弘二、村尾健一、佐藤 徹、高橋 淳、森 久恵、菱川朋人、宮本 享 脳卒中の外科 37巻 2号 87-92頁 2009/02 査読有 原著論文
  • 内頚動脈後交通動脈分岐部動脈瘤 毛利正直、宮本 享 基本的テント上脳動脈瘤手術 2008/03 査読無 解説
  • 視床出血の画像診断よりみた重症度判定 濵田潤一郎 インターベンション時代の脳卒中学 64巻 8号 401-404頁 2006/11 査読無

講演・口頭発表等

  • 第28回日本脳血管内治療学会総会 Wide neck型の未破裂脳動脈瘤に対するstentを併用した瘤内コイル塞栓術の初期治療成績 2012年11月15日 (2012)
  • 第70回日本脳神経外科学会総会 脳動静脈奇形の転帰不良原因の検討 2011年10月12日(2011)
  • 第27回日本脳血管内治療学会 PICA-involved typeの破裂椎骨動脈解離性脳動脈瘤に対する急性期治療とPICA灌流領域の検討 2011年11月24日(2011)
  • 第41回日本脳卒中の外科学会 脳動脈瘤クリッピング手術における術中indocyanine green蛍光血管撮影による瘤内血流の評価 2012年4月26日 (2012)
  • 第71回日本脳神経外科学会総会 頭痛で発症した椎骨動脈解離性脳動脈瘤の形状変化についての検討 2012年10月17日(2012)

全て表示

  • 第68回日本脳神経外科学会総会 PICA-involved typeの破裂椎骨動脈解離性動脈瘤に対する治療戦略と治療成績 2009年10月14−16日 (2009)
  • 第32回中部地区脳神経血管内手術懇話会 瘤内コイル塞栓術を施行後遅発性に脳梗塞が出現した一例 2009年8月29日 (2009)
  • 第17回北陸IVNR研究会 PICA-involved typeの破裂椎骨解離性動脈瘤に対してproximal occlusion及び後日にPICAの血行再建術を行った1例 2009年1月17日 (2009)
  • 第38回脳卒中の外科学会 脳動脈瘤破裂による重症くも膜下出血の治療成績 2009年3月20日-22日 (2009)
  • 第26回日本脳神経血管内治療学会総会 未破裂広頸脳動脈瘤に対するadjunctive techniqueを併用したコイル塞栓術の治療成績 2010年11月18日-20日 (2010)
  • 第69回日本脳神経外科学会総会 脳動脈瘤手術における術中indocyanine green蛍光血管撮影による瘤内血流の評価とピットフォール 2010年10月27日-29日 (2010)
  • 第39回脳卒中の外科学会 未破裂脳動脈瘤に対するダブルカテーテルを使用した瘤内塞栓術の治療成績 2010年4月15日-17日、盛岡 (2010)
  • 第25回日本脳神経血管内治療学会総会 未破裂脳動脈瘤のコイル塞栓術における虚血性合併症の検討 2009年11月19-21日 (2009)
  • 第40回脳卒中の外科学会 未破裂脳動脈瘤に対する瘤内コイル塞栓術の治療成績 2011年7月31日(2011)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○脳虚血に対する脳保護
○脳腫瘍の化学療法
○スポーツ頭部外傷

科研費

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○脳・脊髄機能制御学特論(2017)
○脳・脊髄機能制御学特論(2017)
○脳・脊髄機能制御学特論(2016)
○脳・脊髄機能制御学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○脳卒中の外科治療
○脳腫瘍の外科治療
○頭部外傷の外科治療

その他公的社会活動

このページの先頭へ