本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年03月26日

山下 太郎 (やました たろう) 准教授 YAMASHITA Taro

メール

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 金沢大学大学院医学研究科 がん遺伝子制御学 2000/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1995/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

東京大学大学院医学研究科 分子予防医学教室 協力研究員(1998/10/01-2000/03/31)

生年月

1970年10月

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本肝臓学会 西部会評議員(2018-2018)
日本癌学会
日本分子生物学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○AGA Distinguished Presentation Award(2003/12/07)
○Young Investigator Travel Award(2004/11/02)
○ウイルス肝炎研究財団研究助成(2011/03/05)
○Liver Forum in Kyoto研究助成(2011/03/19)
○Otsuka Award(2010/10/13)

専門分野

消化器内科学

専門分野キーワード

ウイルス性肝炎 肝発癌 遺伝子発現プロフィール

研究課題

肝発がんとがん幹細胞

肝臓病の包括的遺伝子発現解析

著書

  • Differentiation of Cancer Stem Cells InTech Cancer Stem Cells – The Cutting Edge 2011/08 原著書 共著 Yamashita T, Honda M, Kaneko S. 978-953-307-580-8 337-350頁
  • Heterogeneity of Liver Cancer Stem Cells Springer (New York ) Molecular Genetics of Liver Neoplasia 2011/01 原著書 共著 Yamashita T, Honda M, Kaneko S.  978-1-4419-6081-8 301-317頁

論文

  • Molecular mechanisms of hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C virus infection. J. Gastro. Hepatol.  26巻 960-964頁 2011/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Oncostatin M Renders Epithelial Cell Adhesion Molecule-Positive Liver Cancer Stem Cells Sensitive to 5-Fluorouracil by Inducing Hepatocytic Differentiation. Cancer Research 70巻 4687-97頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • EpCAM-Positive Hepatocellular Carcinoma Cells Are Tumor-Initiating Cells With Stem/Progenitor Cell Features. Gastroenterology 136巻 1012-24頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A combined expression of EpCAM and -fetoprotein defines a novel prognostic subtype of hepatocellular carcinoma.  Cancer Research 68巻 1451-1461頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of hepatic stem cell marker EpCAM by Wnt--catenin signaling in hepatocellular carcinoma.  Cancer Research 67巻 10831-9頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Genome-wide transcriptome mapping analysis identifies organ-specific gene expression patterns along human chromosomes Taro Yamashita, Masao Honda, ほか GENOMICS 84巻 5号 867-875頁 2004/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genome-wide Analysis of Gene Expression in Hepatocellular Carcinoma. Yamashita T, Honda M ほか2名 Frontiers in Hepatology 1巻 1号 74-83頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Serial analysis of gene expression in chronic hepatitis C and hepatocellular carcinoma. Yamashita T, Kaneko S ほか7名 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 282巻 647-754頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comprehensive gene expression profile of a normal human liver. Yamashita T, Hashimoto Sほか2名 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 269巻 110-116頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comprehensive gene expression profile of human activated T(h)1- and T(h)2-polarized cells. Nagai S, Yamashita T, ほか7名 INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 13巻 367-376頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Application of Serial Analysis of Gene Expression in Cancer Research. Curr Pharm Biotechnol 9巻 375-382頁 2008/10 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of lipogenic pathway correlates with cell proliferation and poor prognosis in hepatocellular carcinoma. J Hepatol  50巻 100-110頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • International Liver Congress, Japan-Korea Joint Symposium on Recent Advance in Medical Science,DDWJ AASLD Annual meeting 浜名湖シンポジウム 上記講演・発表(2008)
  • 犬山シンポジウム AACR annual meeting AASLD annual meeting 日本肝臓学会ワークショップ、日本消化器病学会総会シンポジウム、DDWJ 上記講演・発表(2009)
  • 日本癌学会シンポジウム、日本肝臓学会シンポジウム AASLD annual meeting JSGE International Topic Conference JDDW2010 上記講演・発表(2010)
  • AACR2011 Annual Meeting 日本肝臓学会シンポジウム 日本臨床腫瘍学会シンポジウム 上記講演・発表(2011)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「肝発生分化メカニズムに基づいた肝癌幹細胞特異的治療法の開発」(2008-2010) 代表者
○基盤研究(C)「肝癌幹細胞発生に関わるゲノム異常の網羅的解析」(2011-2014) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○恒常性制御学特論(2017)
○内科学概論(2017)
○恒常性制御学特論(2016)
○恒常性制御学特論(2016)
○内科学概論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ