本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

細 正博 (ほそ まさひろ) 教授 HOSO Masahiro

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系
日本病理学会理事

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 理学療法学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

 TEL:076-265-2622 FAX:076-234-4372

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 人体病理学 1988/09 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学 1984/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

生年月

1957年04月

所属学会

日本病理学会
日本解剖学会
日本臨床細胞学会

学内委員会委員等

○入試制度委員会 委員(2013-)
○教務委員会 委員(2013-)
○倫理委員会 委員(2013-)

受賞学術賞

専門分野

人体病理学、人体解剖学、リハビリテーション科学・福祉工学

専門分野キーワード

運動器系、関節構成体、拘縮

研究課題

運動器系の病理学的検討

身体バランスの変化と社会・文化との関係

人体病理学

著書

  • 肝結節の生検診断―診断プロセスを中心に― 文光堂 1998/10 原著書 単著
  • Liver Cancer Churchill Livingstone 1997/10 原著書 共著 Nakanuma, Y., Hoso, M., Sanzen, T. and Sasaki, M
  • 標準理学療法学専門分野 基礎理学療法学 医学書院 2006/05 原著書
  • 理学療法学事典 医学書院 2006/05 原著書 共著
  • 拘縮の予防と治療 第2版 医学書院 2008 原著書 単著 19-37頁

全て表示

  • 標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 病理学第四版 医学書院 2017/02/01 原著書 分担執筆 細 正博 978-4-260-02871-4

論文

  • G-CSF産生肝内胆管癌の1剖検例 柿木嘉平太、竹森康弘、野田八嗣、細正博 日消誌 97巻 9号 1165-1169頁 2000/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ラット膝関節拘縮2週間における滑膜の病理組織学的変化 由久保弘明、細正博、武村啓住、井上悟、兼森淑子、西村誠次、立野勝彦 理学療法科学 16巻 2号 77-82頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ラット膝関節拘縮2週間後における関節包及び関節軟骨の組織病理学的変化 武村啓住、細正博、由久保弘明、井上悟、兼森淑子、立野勝彦 理学療法科学 16巻 2号 71-76頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 硬口蓋腫瘍術後10年で肝に再発したepithlial myoepithelial carcinomaの一例 常山幸一、細正博、河野尚子、中沼安二 病院病理 15巻 2号 584頁 1998/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 日本人の身体バランスの変化と運動身体などの社会的・文化的要素との関係 細 正博、七森 茜、立野 勝彦、灰田 信英、濱出 茂治、洲崎 俊男、浅井 仁、山崎 俊明、三秋 秦一 金沢大学医学部保健学科紀要 22巻 21-28頁 1998/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Aly/Aly Mice: A Unique Models of Biliary Disease Tsuneyama, K., Kono, N., Hoso, M., Sugahara, H., Yoshida, K., Katayanagi, K., Gershwin, M.E., Saito, K. and Nakanuma, Y Hepatology 27巻 1499-1507頁 1998/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An Unusual Case of Epithelial-Myoepithelial Carcinoma of the liver. Tsuneyama, K., Hoso, M., Kono, N., Kitagawa, M., Masuda, S., Matsui, N. and Nakanuma, Y Am. J. Surgical Pathology 23巻 349-353頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bilateral and Unilateral Measurement of Chest Excursion Ogiwara S, Yamazaki H, Tachino K, Haida N, Hoso M, Hamade S, Susaki T, Asai H, Yamazaki T, Miaki H, Takemura K, Yokogawa M 金沢大学医学部保健学科紀要 24巻 1号 1-6頁 2000/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chest Excursion and Breathing Patterns in the Aged Ogiwara S, Matsuo K, Tachino K, Haida N, Hoso M, Hamade S, Susaki T, Asai H, Yamazaki T, Miaki H, Takemura K, Yokogawa M 金沢大学医学部保健学科紀要 24巻 2号 15-19頁 2001/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Posture on Maximal Expiratory Pressure Ogiwara S, Tachino K, Haida N, Hoso M, Hamade S, Susaki, T., Asai, H., Miaki, Yamazaki, T 金沢大学医学部保健学科紀要 23巻 2号 97-101頁 1999/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intrahepatic cholangiocarcinoma arising in congenital hepatic fibrosis: report of an autopsy case Yamato, T., Sasaki, M., Hoso, M., Sakai, J., Ohta, H., Watanabe, Y. and Nakanuma, Y J Hepatology 28巻 717-722頁 1998/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Non-Task-Specific Training to the Lattisimi Dorsi and Oblique Abdominal Muscle Ogiwara S, Tachino K, Haida N, Hoso M, Hamade S, Susaki, T., Asai, H., Miaki, Yamazaki, T 金沢大学医学部保健学科紀要 23巻 1号 9-14頁 1999/07 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preventive Effect of Passive Range of Motion Exercize on Denervation-Induced Muscle Atroph Haida, N., Yamazaki, T., Tachino, K., Hoso, M., Ogiwara, S., Hamade, S., Susaki, T., Asai, H., Miaki, H., Takemura, K. and Yokogawa 金沢大学医学部保健学科紀要 23巻 1号 55-58頁 1999/07 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship of Tibialis Anterior Muscle Reaction Time and Gait Characteristics Ogiwara S, Matsuo K, Tachino K, Haida N, Hoso M, Hamade S, Susaki T, Asai H, Yamazaki T, Miaki H, Takemura K, Yokogawa M 金沢大学医学部保健学科紀要 24巻 2号 15-19頁 2001/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Articular Cartilages of the Human Sternoclavicular Joints are not only formed by a Fibrocartilage but a Hyaline Cartilage or Combination of Both Cartilage Tissue Types; A Histological Study of 7 Japanese Autopsy Cases Masahiro Hoso, Yoshiko Kanemori, Satoru Inoue, Hiroaki Yoshikubo, Keijyu Takemura, Katsuhiko Tachino, Nobuhide Haida, Shimpachiro Ogiwara, Shigeharu Hamade, Toshio Susaki, and Hitoshi Asai 金沢大学医学部保健学科紀要 24巻 1号 15-20頁 2000/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transient Postural Sway following Treadmill Walking Ogiwara S, Takeuchi Y, Tachino K, Haida N, Hoso M, Hamade S, Susaki T, Asai H, Yamazaki T, Miaki H, Takemura K, Yokogawa M 金沢大学医学部保健学科紀要 24巻 1号 7-13頁 2000/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒト胸鎖関節円板に出現する変形性関節症に類似した変性像の病理組織学的検討 理学療法科学 22巻 3号 345-351頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 関節拘縮における関節構成体の病理組織学的変化-ラット膝関節長期固定モデルを用いた検討- 理学療法科学 22巻 1号 67-75頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Osteoblastic activity and estrogenic response in the regenerating scale of goldfish, a good model of osteogenesis. 76巻 23号 2699-2709頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 多発性胆管性微小過誤腫の一例 池田博子, 細正博, 中沼安二 病理と臨床 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ラット膝関節2週間固定後の拘縮に対するストレッチが関節構成体に及ぼす病理組織学的影響 武村啓住、細正博、由久保弘明、松崎太郎、小島聖、渡邊晶規、立野勝彦 理学療法学 31巻 1号 76-85頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ラット膝関節拘縮に対する温水療法の治療開始時期による効果-膝伸展制限角度の変化と病理組織学的影響- 小島聖、細正博、武村啓住、由久保弘明、松崎太郎、渡邊晶規 日本物理療法学会会誌 11巻 1号 45-49頁 2004/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 内蔵幼虫移行症が疑われた肝palisading granulomaの2例 佐藤保則、細正博、原田憲一、佐々木素子、中沼安二 診断病理 21巻 4号 321-324頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A histological study of articular cartilages of the human sternoclavicular joint, proposals for modification in the established descriptions and for improvement of the cartilage tissue classification 27巻 1号 15-22頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Fibrillation of the articular cartilages of the human sternoclavicular joint. A report of 20 autopsy cases. 27巻 1号 137-140頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 急速な悪化経過を辿った後腹膜原発成人神経芽腫の1例 日本消化器病学会雑誌 104巻 12号 1745-1751頁 2007/12 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 急速な悪化経過を辿った後腹膜原発成人神経芽腫の1例 大場大, 松木伸夫, 鯵坂秀之, 伊井徹, 細正博, 三輪晃一 日本消化器病学会雑誌 104巻 12号 1745-1751頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Histopathological changes in surrounding tissue of the sciatic nerve after spinal cord injury in rats. Kitade I, Hoso M, Matsuzaki T, Yoshida S, Kamijo A, Araki Y, Takahashi Il J. Phys. Ther. Sci. 24巻 9号 817-820頁 2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Histopathological Cnanges in Knee Joint Component after Spinal Cord Injury in Rats Kitade I, Hoso M, Matsuzaki T, Inaoka PT, Kamijo A, Araki Y, Takahashi Il J. Phys. Ther. Sci. 24巻 1号 11-14頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 関節拘縮の病態 ―ラット動物実験モデルを用いた検討ー 運動療法と物理療法 23巻 4号 366-373頁 2012/04 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Muscle Strength Training and Muscle Endurance Training on Muscle Deoxygenation Level and Endurance Performance Keita Uchiyama, Hiroichi Miaki, Shigeru Terada, Masahiro Hoso Journal of Physical Therapy Science 23巻 2頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of a low-invasive method to create full-thickness articular cartilage defects in a rat Takahashi I, Hoso M, Matsuzaki T Journal of Physical Therapy Science  23巻 879-882頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 膵内副脾に発生したepithelial cystの1例 廣瀬淳史, 松木伸夫, 竹下雅樹, 吉本勝博, 細正博 日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)71巻7号 Page1860-1865(2010.07) 71巻 7号 1860-1865頁 2010/07 原著論文
  • 食道胃接合部未分化癌の1例 鰺坂秀之, 細正博 外科(0016-593X)72巻5号 Page512-515(2010.05) 72巻 5号 512-515頁 2010/05 原著論文
  • ラット膝関節2週間後の拘縮に対する寒冷浴が関節軟骨に及ぼす病理組織学的影響 小島聖, 細正博, 永井智, 松崎太郎, 渡邊晶規 臨床理学療法研究27p5-9,2010 27巻 1号 5-9頁 2010/06 原著論文
  • 非荷重部と荷重部の軟骨修復の違い―ラット軟骨全層欠損モデルによる病理組織学的検討― 高橋郁文, 細正博, 松崎太郎 つるま保険学会誌34(1)p69-77,2010 34巻 1号 69-77頁 2010/10 原著論文
  • Histopathological Changes of Joint Capsule after Joint Immobility Compared with Aging in Rats Watanabe M, Hoso M, Hibino I, Matsuzaki T, Kojima S J. Phys. Ther. Sci. 22:369-374, 2010 22巻 369-374頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ラット膝関節モデルにおける大腿部筋間脂肪織の病理組織学的変化 松崎 太郎、細 正博、阪本 誠、小島 聖、渡邊 晶規、吉田 信也 理学療法科学24(6):901-905, 2009 24巻 6号 901-905頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 拘縮に対するストレッチが関節包に及ぼす病理組織学的影響 渡邊 晶規, 細 正博, 由久保 弘明, 松崎 太郎, 小島 聖 理学療法科学24(3) :403-409, 2009 24巻 3号 403-409頁 2009/06 査読有 原著論文
  • ラット膝関節拘縮モデルに対する温浴と短時間伸張刺激が関節軟骨に及ぼす病理組織学的影響 小島 聖, 細 正博, 松崎 太郎, 渡邊 晶規 理学療法科学24(3) :359-364, 2009 24巻 3号 359-364頁 2009/06 査読有 原著論文
  • ラット膝関節拘縮モデルに対する温浴と短時間伸張刺激が滑膜に及ぼす病理組織学的影響 小島 聖、細 正博、松崎 太郎、渡邊 晶規 金城大学紀要9, 135-144, 2009 9巻 1号 135-144頁 2009/08 原著論文
  • ラット膝関節2週間固定後の拘縮に対する温浴が関節構成体に及ぼす病理組織学的影響 小島 聖、細 正博、武村 啓住、由久保弘明、松崎 太郎、渡邊 晶規 理学療法科学24(2):161–166,2009 24巻 2号 161-166頁 2009/04 査読有 原著論文
  • ラット膝関節拘縮2週間後における坐骨神経周囲の病理組織学的変化 吉田 信也,細 正博,松崎 太郎,荒木 督隆,上條 明生,坂本 誠 理学療法科学24(2:287-291, 2009) 24巻 2号 287-291頁 2009/04 査読有
  • A case of lymphocytic mastopathy requiring differential diagnosis from primary breast lymphoma. Oba M, Sasaki M, Ii T, Hoso M, Ajisaka H, Matsuki N, Miwa K. Breast Cancer. 2009;16(2):141-6. Epub 2008 Sep 4.  16巻 2号 141-146頁 2009/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 四半世紀以上の病歴を持つ再発乳癌の2例 鰺坂秀之, 三輪晃一, 細正博 乳癌の臨床(0911-2251)24巻2号 Page213-217(2009.04) 24巻 2号 213-217頁 2009/04 原著論文
  • ラット膝関節拘縮モデルを簡便に作成する新たな試みと関節構成体の変化 松崎太郎、細正博 金沢大学つるま保健学会誌32(2), 2008, 43-47 32巻 2号 43-47頁 2008/12 原著論文
  • Effect of Immobilization on Insoluble Collagen Concentration and Type I and Type III Collagen Isoforms of Rat Soleus Muscle. Hibino I, Okita M、Inoue T, Banno Y, Hoso M J. Japanese Physical Therapy Association 11(1):1-6,2008 11巻 1号 1-6頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • The Effect of Cryotherapy for the Prevention of Contracture(2015/03)
  • Histopathological Changes in Joint Components in a Rat Knee Joint Contracture Model Following Low-intesity Pulsed Ultrasound(2015/03)
  • Changes in the Histopathological and Morphometrical Findings of the Adeipose cell of infrapatellar Fat Pad after Spinal Cord Injury in Rats(2015/06)
  • Histopathological Changes in Joint Capsule and Synovial Membrane in a Rat Model of Osteoarthritis(2016/04)
  • Histopathological Changes in Joint Capsule and Synovial Membrane in a Rat Model of Osteoarthritis

全て表示

  • Influence of Vibration on Articular Cartilage of Experimental Osteoarthritid Model in Mice(2016/10/07)
  • An immunohistochemical study of the sciatic nerve in a rat knee immobilization model Journal of Physical Therapy Science (2016/10/07)
  • 関節の病理組織学の現状 ~ラット動物実験を用いた拘縮の検討を中心に~(会議名:第32回超音波ハンズオンセミナー初級編基調講演)(2016/11/13)
  • 第44回日本理学療法学術大会 東京 小島 聖, 細 正博, 松崎 太郎, 渡邊 晶規 ラット膝関節拘縮における自然治癒が関節軟骨に及ぼす病理組織学的影響 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page97(2009.04) 渡邊 晶規, 細 正博, 松崎 太郎, 小島 聖 ラット拘縮モデルの自然治癒による可動域の変化と関節包の病理組織学的変化 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page110(2009.04) 内田 健作, 北出 一平, 細 正博, 松崎 太郎, 上條 明生, 荒木 督隆, 高橋 郁文 ラット脊髄損傷モデルにおける膝蓋下脂肪体の病理組織学的変化 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page88(2009.04) 成瀬 廣亮, 北出 一平, 細 正博, 松崎 太郎, 上條 明生, 荒木 督隆, 高橋 郁文 ラット脊髄損傷モデルにおける膝関節軟骨の病理組織学的変化 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page1311(2009.04) 北出 一平, 細 正博, 松崎 太郎, 上條 明生, 荒木 督隆, 高橋 郁文 ラット脊髄損傷モデルにおける膝関節滑膜の病理組織学的変化 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page1309(2009.04) 高橋 郁文, 細 正博, 松崎 太郎, 小島 聖, 渡邉 晶規, 荒木 督隆, 上條 明生, 北出 一平 動物実験モデルを用いたMicrofracture後の修復軟骨の病理組織学的検討 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page90(2009.04) 松崎 太郎, 細 正博, 小島 聖, 渡辺 晶規, 北出 一平, 荒木 督隆, 上條 明生, 高橋 郁文 関節拘縮モデル作成肢位による関節軟骨の変化 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page95(2009.04) 長谷川 美欧, 細 正博, 松崎 太郎, 小島 聖, 渡辺 晶規, 東 美由紀, 庵 裕慈, 内田 健作, 梶野 有香, 成瀬 廣亮 加齢ラット膝関節における神経周囲の組織学的変化 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page107(2009.04) 荒木 督隆, 細 正博, 松崎 太郎, 小島 聖, 渡邊 昌規, 北出 一平, 上條 明生, 高橋 郁文 ラット膝関節屈曲拘縮モデルにおける神経周囲組織の自然放置とストレッチの効果 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page111(2009.04) 東 美由紀, 細 正博, 松崎 太郎, 小島 聖, 渡辺 晶規, 長谷川 美欧, 庵 裕慈, 内田 健作, 梶野 有香, 成瀬 廣亮 拘縮モデル作製肢位の違いが膝蓋下脂肪体に及ぼす影響 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page1310(2009.04) 上條 明生, 細 正博, 山崎 俊明, 松崎 太郎, 渡邊 晶規, 小島 聖, 北出 一平, 木村 繁文, 荒木 督隆, 高橋 郁文, 庵 裕滋, 内田 健作, 成瀬 廣亮, 長谷川 美欧, 東 美由紀 荷重および関節固定の有無がラット膝関節軟骨組織に与える影響とその病理組織学的変化 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page89(2009.04) 庵 裕滋, 細 正博, 山崎 俊明, 松崎 太郎, 小島 聖, 渡邊 晶規, 北出 一平, 上條 明生, 荒木 督隆, 木村 繁文, 高橋 郁文, 内田 健作, 成瀬 廣亮, 長谷川 美欧, 東 美由紀 非荷重下で膝関節固定の有無がラット膝蓋下脂肪体に与える影響とその病理組織学的変化 理学療法学(0289-3770)36巻Suppl.2 Page108(2009.04) (2009)
  • 第45回日本理学療法学術大会 岐阜 小島 聖,細 正博(MD),松崎 太郎, 渡邊 晶規 ラット膝関節4週間固定後における24週間と32週間の自然治癒が関節軟骨に及ぼす病理組織学的影響 理学療法学(0289-3770)37巻Suppl.2 Page513(2010.03) 渡邊 晶規,細 正博(MD),松崎 太郎, 小島 聖 ラット拘縮モデルの自然治癒による可動域の変化と関節包の病理組織学的変化(第2報)―ギプス固定後24週間後と32週間後での比較― 理学療法学(0289-3770)37巻Suppl.2 Page514(2010.03) 高橋 郁文,細 正博(MD),松崎 太郎, 小島 聖,渡邉 晶規,北出 一平,荒木 督隆, 上條 明生 ラット軟骨全層欠損モデルにおける荷重の軟骨修復に及ぼす影響と修復組織の病理組織学的検討 理学療法学(0289-3770)37巻Suppl.2 Page1202(2010.03) 第61回日本肺癌学会北陸支部会(2月6日 於金沢大学) 村田修一, 佐々木素子, 細正博 腫瘍径1cm以下の小型末梢型扁平上皮癌の2切除例(会議録) 肺癌50巻2号 Page236(2010.04) (2010)
  • 第43回日本理学療法学術大会 福岡 吉田信也, 細正博, 松崎太郎, 小島聖, 渡邊晶規, 神田典子, 梅山真樹子 加齢ラットにおける坐骨神経周囲の病理組織学的変化−若年ラット膝関節拘縮モデルとの比較− 理学療法学(0289-3770)35巻Suppl.2 Page353(2008.04) 第43回日本理学療法学術大会 福岡 荒木督隆, 細正博, 松崎太郎, 小島聖, 渡邊晶規, 吉田信也, 上條明生 ラット膝関節屈曲拘縮における大腿部筋間脂肪織の病理組織学的変化 理学療法学(0289-3770)35巻Suppl.2 Page354(2008.04) 第43回日本理学療法学術大会 福岡 小島聖, 細正博, 武村啓住, 由久保弘明, 松崎太郎, 渡邊晶規 ギプス固定4週後のラット膝関節拘縮に対する温浴と短時間伸長刺激が関節軟骨に与える病理組織学的影響 理学療法学(0289-3770)35巻Suppl.2 Page539(2008.04) 第43回日本理学療法学術大会 福岡 松崎太郎, 細正博, 吉村千尋, 小島聖, 渡邉晶規, 吉田信也 ラット膝関節拘縮モデルにおける膝蓋下脂肪体の変化 理学療法学(0289-3770)35巻Suppl.2 Page540(2008.04) 第43回日本理学療法学術大会 福岡 梅山真樹子, 細正博, 松崎太郎, 神田典子, 小島聖, 渡辺晶規, 吉田信也 加齢ラット膝関節における関節軟骨の組織学的変化 若年ラット膝関節拘縮モデルとの比較 理学療法学(0289-3770)35巻Suppl.2 Page540(2008.04) 第43回日本理学療法学術大会 福岡 上條明生, 細正博, 松崎太郎, 小島聖, 渡邊晶規, 吉田信也, 朝日信裕, 小谷理恵, 林真由美, 荒木督隆 ラット膝関節屈曲拘縮における大腿前部真皮の病理組織学的変化 理学療法学(0289-3770)35巻Suppl.2 Page541(2008.04) 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy Histopathological Examination of Rat Knee Joint Capsules During Extension Contracture, Comparison with Flexion Contracture “ Matsuzaki T, Hoso M, Kojima S, Watanabe M 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy Histopathological and Image Analytical Study of the Elastic Fibers in Rat Knee Joint Capsules MASANORI WATANABE, MASAHIRO HOSO, TARO MATSUZAKI, SATOSHI KOJIMA (2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○関節拘縮の病理学

科研費

○基盤研究(C)「関節拘縮における軟部組織の病理組織学的変化と理学療法学的治療の効果」(20-) 代表者
○基盤研究(C)「ラット実験モデルによる拘縮時の組織変化に対する神経系の関与についての検討」(2011-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

○基礎病態学     (2017)
○運動器系病理学   (2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○基礎病態学(2017)
○基礎病態学(2017)
○生体の構造(2017)
○病理学(2017)
○人体構造学実習(2017)
○人体構造学演習(2017)
○病理学(2016)
○地域概論(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○病理学(2016)
○基礎病態学     (2016)
○人体構造学実習(2016)
○基礎病態学(2016)
○基礎病態学(2016)
○運動器系病理学   (2016)
○人体構造学演習(2016)
○生体の構造(2016)
○人体構造学演習(2015)
○生体の構造(2015)
○人体構造学実習(2015)
○基礎病態学     (2015)
○運動器系病理学   (2015)
○基礎病態学(2015)
○基礎病態学(2014)
○理学療法学英語(2014)
○小児理学療法学実習(2014)
○臨床実習Ⅲ(2014)
○卒業研究(2014)
○理学療法学研究セミナー(2014)
○理学療法学セミナーⅠ(2014)
○理学療法学セミナーⅡ(2014)
○臨床実習Ⅳ(2014)
○臨床実習Ⅰ(2014)
○臨床実習Ⅱ(2014)
○生体の構造(2014)
○人体構造学実習(2014)
○人体構造学演習(2014)
○基礎病態学     (2014)
○運動器系病理学   (2014)
○精神障害学     (2014)

大学院担当授業科目

○理学療法学研究方法論(2017)
○障害評価学特論(2017)
○障害評価学演習(2017)
○障害評価学特講(2017)
○障害評価学特講演習(2017)
○障害解析学課題研究(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○障害解析学特別研究(2017)
○障害解析学特別研究(2016)
○障害評価学特講(2016)
○障害評価学特論(2016)
○障害解析学課題研究(2016)
○障害評価学演習(2016)
○保健学研究方法論(2016)
○理学療法学研究方法論(2016)
○障害評価学特講演習(2016)
○障害解析学課題研究(2015)
○障害評価学特論(2015)
○理学療法学研究方法論(2015)
○障害評価学演習(2015)
○障害評価学特講(2015)
○障害評価学特講演習(2015)
○障害解析学特別研究(2015)
○障害評価学特講(2014)
○障害評価学特講演習(2014)
○障害解析学特別研究(2014)
○障害解析学課題研究(2014)
○理学療法学研究方法論(2014)
○障害評価学演習(2014)
○障害評価学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○関節拘縮の病理
○運動器の病理学

その他公的社会活動

このページの先頭へ