本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

川口 一朋 (かわぐち かずとも) 助教 KAWAGUCHI, Kazutomo

メール

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

計算バイオ科学研究室

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 理学研究科 物質理学専攻(物理系) 2008/03 修了
【出身大学】
名古屋大学 理学部 物理学科 2003/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

博士研究員 名古屋大学大学院工学研究科(2008/04/01-2010/09/30)

生年月

1981年01月

所属学会

日本生物物理学会 生物物理編集地区委員(2011-2011)
分子シミュレーション研究会
日本物理学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

専門分野キーワード

生物物理、分子シミュレーション

研究課題

著書

論文

講演・口頭発表等

  • タンパク質間相互作用の粗視化モデルに関する理論的研究(会議名:第10回分子科学討論会)(2016/09/13)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○計算実験2(2017)
○計算実験課題研究(2017)
○力学演習2(2017)
○力学演習2(2016)
○計算実験2(2016)
○計算実験課題研究(2016)
○計算実験課題研究(2015)
○計算実験2(2015)
○力学演習2(2015)
○数物科学の世界(2015)
○計算実験2(2014)
○力学演習2(2014)
○計算実験課題研究(2014)

大学院担当授業科目

○演習B平成29年度入学生用(2017)
○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)
○高度先端計算科学概論b(2017)
○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○高度先端計算科学概論a(2017)
○演習B平成28年度入学生用(2016)
○高度先端計算科学概論a(2016)
○高度先端計算科学概論b(2016)
○計算理学概論a(2016)
○計算バイオ科学a(2016)
○計算バイオ科学b(2016)
○ゼミナールB平成28年度入学生用(2016)
○応用計算科学a(2016)
○応用計算科学b(2016)
○課題研究B平成28年度入学生用(2016)
○計算理学概論b(2016)
○ゼミナールB平成27年度入学生用(2015)
○演習B平成27年度入学生用(2015)
○課題研究B平成27年度入学生用(2015)
○計算理学概論(2015)
○高度先端計算科学概論(2015)
○計算理学概論(2014)
○高度先端計算科学概論(2014)
○計算バイオ科学(2014)
○演習B平成26年度入学生用(2014)
○ゼミナールB平成26年度入学生用(2014)
○課題研究B平成26年度入学生用(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ