本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年10月10日

HAMMOND MARK (はもんど まーく) 特任准教授 HAMMOND Mark

メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

所属研究室等

総合教育1号館 (Room 705) FAX:

学歴

【出身大学院】
バーミンガム大学 (University of Birmingham) 修士課程 2017
【出身大学】
デュケイン大学  1988 卒業

職歴

金沢美術工芸大学 一般教育等 非常勤講師(1999-2015)
金沢大学 外国語教育研究センター 非常勤講師(2003-2015)

生年月

1966年06月

所属学会

全国語学教育学会 (JALT)
Japan Association of Self-Access Learning

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

Procedural Discourse, English for Creative Industries

研究課題

目的別英語 (芸術/工芸/デザイン) 手続きの談話研究

著書

論文

  • ‘Small Cultures’ in Context of English Language Teaching Innovation  マーク・ハモンド  外国語教育フォーラム
  • Developing a Diagnostic Test of Verbs for Hands-on Craft Workshops マーク・ハモンド 言語文化論叢 Vol. 21 (Institute of Liberal Arts and Sciences, Kanazawa University)
  • The Craft of One Little Finger: Analysis of A Conversation with Henri Cartier-Bresson マーク・ハモンド 言語文化論叢 Vol. 20 (Foreign Language Institute of Kanazawa University)

講演・口頭発表等

  • English Language Learning Materials for Creative-Tourism Workshops(会議名:ESP Symposium - Keio 2017 - 慶應義塾大学, JALT CUE-SIG)(2017/09/16)
  • 伝統工芸の体験ワークショップのための英語マテリアルの研究。(会議名:全国語学教育学会(JALT)の分野別研究部会(SIG))(2017/05/20)
  • From Language Learning Spaces to Traditional Japanese Craft Studios: Using Hands-on Workshops to Promote Autonomous Learning(会議名:日本自律学習学会 (JASAL))

芸術・フィールドワーク

○スミソニアン博物館, Permanent Collection(2011-)
○ 写真展 「Whippersnapper(わんぱく小僧たち), 金沢美術工芸大学 & 北陸銀行ほくぎんアートギャラリー(2011-2011)
○ 写真展「マーク・ハモンド/スケッチイズ・オブ・ソリテュード」, 金沢美術工芸大学 & 北陸銀行ほくぎんアートギャラリー(2014-2014)

特許

共同研究希望テーマ

○クリエイティブ・ツーリズム / 伝統工芸の体験ワークショップのための英語マテリアルの研究。

科研費

○基盤研究(C)「 Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Competitive Grant - KAKEN C - Analysis of English Language Instruction of Japanese Craft」(2016-2019) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○TOEIC準備 Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅱ(2017)
○EAP Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2017)
○EAP Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅳ(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2017)
○EAP Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅳ(2017)
○EAP Ⅰ(2017)
○TOEIC準備 Ⅳ(2017)
○TOEIC準備 Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅱ(2017)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○EAP Ⅰ(2016)
○EAP Ⅱ(2016)
○EAP Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅱ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○EAP Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅰ(2016)
○TOEIC準備 Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○EAP(Retake)(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○TOEIC準備 Ⅳ(2016)
○英語Ⅰ(一般)(2016)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)

大学院担当授業科目

○TOEIC準備 Ⅱ(クォーター)/共通教育(2017)
○TOEIC準備 Ⅰ(クォーター)/共通教育(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ