本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月01日

菊知 充 (きくち みつる) 教授 KIKUCHI Mitsuru

メール

所属組織・役職等

子どものこころの発達研究センター

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻
連合大学院小児発達学研究科

所属研究室等

 TEL:076-265-2304 FAX:

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 1999/06 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 1994/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

金沢大学(2002/04/01-)

生年月

1968年07月

所属学会

日本臨床神経生理学会
日本精神神経学会
日本児童青年精神医学会
日本薬物脳波学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○先進医薬研究財団海外留学助成(2004年)

専門分野

神経生理学・神経科学一般、精神神経科学

専門分野キーワード

臨床精神医学、大脳生理学

研究課題

統合失調症の生理学的研究

統合失調症における病態生理学を、脳波などの手法をもちいて解明する。特に治療効果の早期判定などに役立つ生理学的指標の探索に注目している。

脳磁計と近赤外線光トポグラフィーの統合機による大脳の発達の研究

脳血流を反映するNIRSと、神経活動を捉えるMEGはどちらも侵襲性がなく幼児にやさしい脳機能検査方法である。これらの機器を統合することで、神経と血管の関係を示唆する新しい指標を確立し、子どもの大脳の発達を評価する新たな生理学的側面の指標を確立する研究。

不安障害の病態生理学

著書

  • Native EEG and treatment effects in neuroleptic-naive schizophrenic patients: Time and frequency domain approaches. 2007 原著書
  • Relationship between anxiety and thyroid function in patien ts with panic disorder. 2005 原著書 29巻 77-81頁
  • Sequential EEG analysis during intermittent photic stimulation in never medicated patients with schizophrenia. 2003 原著書 34巻 201-206頁
  • Effect of normal aging upon interhemispheric EEG coherence: analysis during rest and photic stimulation. 2000 原著書 31巻 170-174頁
  • Effects of scopolamine on interhemispheric EEG coherence in healthy subjects: analysis during rest and photic stimulation. 2000 原著書 31巻  109-115頁

論文

  • A review of the default mode network in aging and dementia based on molecular imaging. Rev Neurosci. 28巻 263-8頁 2012/02 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Oxytocin attenuates feelings of hostility depending on emotional context and individuals' characteristics. Scientific Reports 2巻 2012/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Language performance and auditory evoked fields in 2- to 5-year-old children. Yoshimura Y, Kikuchi M, Shitamichi K, Ueno S, Remijn GB, Haruta Y, Oi M, Munesue T, Tsubokawa T, Higashida H, Minabe Y. EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE 35巻 644-50頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Algorithm for estimation of brain structural location from head surface shape in young children. Hayashi N, Kikuchi M, Sanada S, Minabe Y, Miyati T, Hachiman Y, Arishita T, Iida H, Matsui O. Neuroreport 28巻 299-303頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lateralized Theta Wave Connectivity and Language Performance in 2- to 5-Year-Old Children. Kikuchi M, Shitamichi K, Yoshimura Y, Ueno S, Remijn GB, Hirosawa T, Munesue T, Tsubokawa T, Haruta Y, Oi M, Higashida H, Minabe Y. JOURNAL OF NEUROSCIENCE 31巻 14984-14988頁 2011/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Effects of brain amyloid deposition and reduced glucose metabolism on the default mode of brain function in normal aging.  Kikuchi M,Hirosawa T, Yokokura M, Yagi S, Mori N, Yoshikawa E, Yoshihara Y, Sugihara G, Takebayashi K, Iwata Y, Suzuki K, Nakamura K, Ueki T, Minabe Y, Ouchi Y.  JOURNAL OF NEUROSCIENCE 31巻 11193-9頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Frontal areas contribute to reduced global coordination of resting-state gamma activities in drug-naïve patients with schizophrenia. SCHIZOPHRENIA RESEARCH 130巻 187-94頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • EEG microstate analysis in drug-naive patients with panic disorder. PLoS One 6巻 e22912頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reduced acetylcholinesterase activity in the fusiform gyrus in adults with autism spectrum disorders. Arch Gen Psychiatry 68巻 306-13頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD38 and its role in oxytocin secretion and social behavior.  Higashida H, Yokoyama S, Kikuchi M, Munesue T. Horm Behav. 2011/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hemodynamic responses to visual stimuli in cortex of adults and 3- to 4-year-old children. Brain Res. 6巻 242-51頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

○脳画像生成装置、脳画像生成方法、及びプログラム(公開年月:2014/07/03)(特許番号:特登-06056060)

共同研究希望テーマ

○精神疾患における様々な脳波解析

科研費

○基盤研究(C)「小児における確率的脳座標の作成」(2011-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○精神科の薬物について
○脳波の可能性について

その他公的社会活動

このページの先頭へ