本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

杉山 欣也 (すぎやま きんや) 教授 SUGIYAMA Kinya

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 歴史言語文化学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 人文学類 言語文化学コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 人文学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
筑波大学 博士課程 文芸・言語研究科 各国文学専攻 2002/03 修了
【出身大学】
金沢大学 文学部 文学科国語国文学コース 1992/03 卒業
【取得学位】
博士(文学)

職歴

日本大学経済学部 非常勤講師 非常勤講師(2008/04/01-2009/03/31)
筑波大学 非常勤講師 非常勤講師(2005/04/01-2009/03/31)
茨城県立中央看護看護専門学校 非常勤講師 非常勤講師(2006/04/01-2009/03/31)
大東文化大学 非常勤講師 文学部日本文学科非常勤講師(2004/04/01-2009/03/31)
佛教大学通信教育課程非常勤講師 佛教大学通信教育課程非常勤講師(2002/04/01-2012/03/31)
中央学院大学法学部 兼任講師 中央学院大学法学部兼任講師(2001/04/01-2009/03/31)
日本橋学館大学 非常勤講師 日本橋学館大学非常勤講師(2000/04/01-2009/03/31)
昭和学院短期大学 非常勤講師 非常勤講師(2002/04/01-2003/03/31)

生年月

1968年10月

所属学会

日本社会文学会 編集委員(2013-2013)
昭和文学会 編集委員(2011-2012)
日本近代文学会 運営委員(2005-2007)
昭和文学会 会務委員(2007-2010)
日本文学協会
日本社会文学会

学内委員会委員等

○大学院博士前期課程二重学位委員会 委員(2001-)
○人文学類学生生活委員会 委員(2009-2011)
○人文学類国際交流委員会 委員(2009-2009)
○人文学類国際交流委員会 委員(2011-2012)

受賞学術賞

専門分野

日本文学

専門分野キーワード

日本近現代文学

研究課題

著書

  • 改造社のメディア戦略 双文社出版 2014/01 共著 杉山欣也ほか
  • 「古典」は誰のものか 比較文学の視点から 金沢大学人文学類 2013/02 原著書 共著 9784924871343
  • 「三島由紀夫」の誕生 翰林書房 2008/02 原著書 単著 978-4877372606

論文

  • 神島・沖縄・内灘ー三島由紀夫の旅する海辺 杉山欣也 日本近代文学 2015/11/20 査読無 展望 研究論文(学術雑誌)
  • 旅行記/ツーリズム 杉山欣也 21世紀の三島由紀夫(著書) 2015/11/16 査読無 原著論文 その他
  • 聖セバスチャンのイメージをめぐって 「仮面の告白」と引用 杉山欣也 21世紀の三島由紀夫(著書) 2015/11/16 査読無 原著論文 その他
  • 「時事新報」文化関連記事目録 一九二七(昭和2)年六月 杉山欣也 金沢大学歴史言語文化学系論集 言語・文学篇 6号 2015/03/01 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「時事新報」文化関連記事目録 一九二七(昭和2)年四〜五月 金沢大学歴史言語文化学系論集 言語・文学篇 6号 21-88頁 2014/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • 「時事新報」文化関連記事目録 一九二七(昭和2)年二〜三月 金沢大学歴史言語文化学系論集 言語・文学篇 5号 43-104頁 2013/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 『潮騒』の語り手と戦後社会 季刊iichiko 116号 45-61頁 2012/10 査読無 原著論文 その他
  • 三島由紀夫・昭和三十年代エンターテイメント系小説群における語りの問題 社会文学 36号 58-68頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「時事新報」文化関連記事目録 一九二七(昭和2)年一月 竹本寛秋 金沢大学歴史言語文化学系論集 言語・文学篇 4号 2012/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 昭和改元前後の『改造』-大衆化するメディア、広告化する『改造』(パネル発表共同研究報告「〈全集〉出版と読者-改造社を中心に」) 日本近代文学 2009/05 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 直木三十五の〈戦争未来記〉ー自称「フアシスト」の戦争文学(1) 近代文学合同研究会論集 5巻 17-29頁 2008/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 作家と求める読者、読者を求める作家ー改造社主催講演旅行実地踏査の印象(研究ノート:特集「改造社研究の現在」) 日本近代文学 77巻 203-210頁 2007/11 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 『鹿児島朝日新聞』にみる円本宣伝活動ーその構造と欲望 出版メディアにおける〈大衆〉の獲得ー1920年代の「改造」の戦略と文学・映像・アジア 13-23頁 2007/03 査読無 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「花ざかりの森」の成立背景ー学習院における「貴族的なるもの」の位相 日本語と日本文学 44巻 81-93頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 三島由紀夫未発表小説群における〈貴族階級〉ー「心のかゞやき」「公園前」「鳥瞰図」の一側面 京都語文 13巻 108-124頁 2006/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • “王者(キング)"とはだれのことかー創刊期『キング』における〈戦争〉イメージを通して 大衆文学の領域 49-68頁 2005/06 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 三島由紀夫〈伝説〉と芥川賞の行方 近代文学合同研究会論集 1巻 108-118頁 2004/10 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 『焔の幻影』の三島由紀夫ー初期三島成立の〈場〉に関する一考察 昭和文学研究 46巻 13-25頁 2003/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 博文館の日米戦争ー明治四〇年代の〈戦争未来記〉 明治から大正へ メディアと文学 56-79頁 2001/11 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 輔仁会文化大会の三島由紀夫ー「扮装狂」「玉刻春」にふれつつ 京都語文 8巻 86-111頁 2001/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 坊城俊民著作目録稿 稿本近代文学 25巻 86-100頁 2000/07 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 『輔仁会報』第二号と三島由紀夫 文学 1-4巻 104-111頁 2000/07 査読有 原著論文
  • 「苧菟と瑪耶」論ーその達成と『赤絵』第一号 稿本近代文学 23巻 124-135頁 1998/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 坊城俊民と雑誌『雪線』ー三島由紀夫参加以前の学習院文芸部 昭和文学研究 35巻 36-47頁 1997/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 三島由紀夫「酸模」の出発ー『学習院輔仁会雑誌』との関連から 稿本近代文学 20巻 89-99頁 1995/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • ブラジルの日本文学とメディア その歴史と現在(会議名:第41回e教育サロン)(2015/12/17)
  • 大学の今、日本の未来(会議名:金沢まちづくり塾)(2015/11/27)
  • 三島由紀夫の生涯と文学 アメリカをめぐって(会議名:石川県読書会連絡協議会)(2016/02/22)
  • 和菓子で学ぶ金沢(2016/03/21)
  • 三島由紀夫はアメリカをどのように描いたか(会議名:International Scholers of Lecture Series2016)(2016/03/23)

全て表示

  • ブラジルにおける日本語文学とメディア(会議名:日本文学協会第70回大会)(2015/11/15)
  • 和菓子で歩く/読む金沢(会議名:金沢大学・東京都中央区連携講座「金沢を知る」)(2015/11/14)
  • 三島由紀夫が見て書かなかったブラジル(会議名:国際語としての日本語に関する国際シンポジウム)(2015/08/11)
  • 書きかえられるブラジルー三島由紀夫『アポロの杯』の問題性(会議名:第8回金沢大学人文学類シンポジウム)(2015/07/11)
  • O que Yukio MISHIMA viu e nao contou:uma introducao a experiencia do autor no Brasil(会議名:リオデジャネイロ州立大学講演会)(2014/11/07)
  • 金沢からブラジルへ 三島由紀夫と能楽(会議名:ciclo de Palestras:Estudos de Lingua E Literatura Japonesa)(2013/12/16)
  • 学習院における『白樺』イメージとその継承 三島由紀夫を視点として(会議名:有島武郎研究会第53回全国大会シンポジウム「学習院という〈場〉」)(2013)
  • 『現代日本文学全集』における伏字調査(中間報告)—円本と検閲をめぐって(会議名:シンポジウム「『円本』、地域、文学」)(2013)
  • 三島由紀夫・六〇年代エンターテイメント系小説群における語りの問題(シンポジウムパネラー)(会議名:日本社会文学会2011年度春季大会)(2011)
  • 〝「三島由紀夫」の時代〟へのアプローチ(講演)(会議名:2009年度金沢大学国語国文学会)(2009)
  • 大正期『時事新報』文芸欄研究・序説(会議名:日本近代文学会北陸支部会2009年度4月例会)(2009)
  • 昭和改元前後の『改造』−大衆化するメディア、広告化する『改造』(会議名:日本近代文学会2008年度秋季大会)(2008)
  • 円本宣伝講演会の広がりと『改造』−〈円本言説〉研究への展望(会議名:2つの科研費による合同研究報告会)(2007)
  • 「潮騒」のなかの戦後−自作解説の再生産をこえて(会議名:昭和文学会2006年度12月研究集会)(2006)
  • 「潮騒」の修学旅行−記憶と忘却の京都(会議名:「京都における日本近代文学の生成と展開」第13回研究発表会)(2006)
  • 昭和改元前後の「改造」−大衆化するメディア、広告化する『改造』(会議名:「出版メディアによる〈大衆〉の獲得」研究会)(2006)
  • 学習院時代の三島由紀夫−『赤絵』第1号という場(会議名:三島由紀夫文学館レイクサロン)(2004)
  • 三島由紀夫〈伝説〉と文学賞の行方(会議名:近代文学合同研究会シンポジウム)(2003)
  • 「詩と笑話」時代の坊城俊民の作品と「花ざかりの森」−「花ざかりの森」成立の背景(会議名:筑波大学国語国文学会)(1996)
  • 日本近代文学会2008年度秋季大会「昭和改元前後の『改造』−大衆化するメディア、広告化する『改造』」(2008年10月) 富士中央文学講座講演「堀辰雄「風立ちぬ」について」(2009年3月) 日本近代文学会北陸支部会2009年度4月例会「大正期『時事新報』文芸欄研究・序説」(2009年4月)(2008)
  • SGHアソシエイト事業「地域課題から世界を考える日」講評・講演(会議名:地域課題から世界を考える日)(2016/03/05)
  • Coletanea de Pacas moderannas do teatro no de Yukio MISHIMA(会議名:Casa de Palestras Estudos de Lingua e literatura Japonesa Na USP2014)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的萌芽研究「世界戦略としての三島由紀夫」(2013-2015) 代表者
○基盤研究(C)「新聞メディアによる〈文学〉創造の総合的研究−『時事新報』文芸欄を中心に」(2010-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

○グローバル時代の文学(2017)
○グローバル時代の文学(2017)
○グローバル時代の文学(2017)
○文学研究入門(2017)
○卒業論文演習B(日本語学日本文学)(2017)
○日本の現代文学(2017)
○現代文学講義(2017)
○近代・現代文学講読B(2017)
○現代文学演習B(2017)
○日本の近現代文学(2017)
○日本の現代文学(2017)
○地域概論(2017)
○グローバル時代の文学(2017)
○日本の現代文学(2017)
○卒業論文演習A(日本語学日本文学)(2017)
○現代文学講読B(2017)
○現代文学特殊講義(2017)
○近代・現代文学講義B(2017)
○現代文学演習B(2017)
○大学・社会生活論(2015)
○日本の近現代文学(2015)
○日本の現代文学(2015)
○現代文学講読B(2015)
○卒業論文演習B(日本語学日本文学)(2015)
○現代文学講義(2015)
○近代・現代文学講義B(2015)
○卒業論文演習A(日本語学日本文学)(2015)
○日本の現代文学(2015)
○日本の近現代文学(2015)
○現代文学講読A(2015)
○近代・現代文学講読A(2015)
○ことばと文学Q-日本の近現代文学-(2015)
○大学・社会生活論(2014)
○ことばと文学Q-日本の近現代文学-(2014)
○比較現代文学(2014)
○現代文学演習A(2014)
○現代文学演習B(2014)
○現代文学研究法(2014)
○近代・現代文学演習A(2014)
○近代・現代文学演習B(2014)
○近代・現代文学講義B(2014)
○卒業論文演習B(日本語学日本文学)(2014)
○卒業論文演習A(日本語学日本文学)(2014)

大学院担当授業科目

○日本近代文学特論Ⅱ(2017)
○日本近代文学特論Ⅰ(2017)
○日本近代言語文化論演習Ⅱ(2017)
○日本近代言語文化論演習Ⅰ(2017)
○日本近代言語文化論Ⅱ(2017)
○日本近代言語文化論Ⅰ(2017)
○日本近代言語文化論演習(2017)
○比較文学演習Ⅰc1(2017)
○比較文学基礎論2(2017)
○古典の変容と新生Ⅱ1(2017)
○古典の変容と新生Ⅱ2(2017)
○比較文学基礎論1(2017)
○比較文学演習Ⅰc2(2017)
○近代日本言語文化論演習(2017)
○近代日本言語文化論(2017)
○日本現代文学演習Ⅱ1(2017)
○日本現代文学演習Ⅱ2(2017)
○日本近代言語文化論(2017)
○近代日本言語文化論演習(2015)
○近代日本言語文化論(2015)
○比較文学基礎論  (2015)
○古典の変容と新生Ⅱ(2015)
○比較文学演習Ⅰc(2015)
○日本現代文学演習Ⅱ(2015)
○日本近代言語文化論演習(2015)
○日本近代言語文化論(2015)
○比較文学特論Ⅰc(2015)
○近代日本言語文化論演習(2014)
○近代日本言語文化論(2014)
○日本近代言語文化論(2014)
○比較文学特論Ⅰd(2014)
○比較文学基礎論  (2014)
○日本現代文学演習Ⅰ(2014)
○日本現代文学特論(2014)

他大学の客員教授

○サンパウロ大学(ブラジル)

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○室生犀星文学賞予選委員会予選委員(2011/09/01-2012/03/31)
○金沢市民文学賞予選委員会予選委員(2010/04/01-2012/03/31)
○泉鏡花文学賞推薦委員会推薦委員(2012/04/01-)

講演可能なテーマ

○日本の近現代文学作品・作家(キーワード:日本近現代文学,三島由紀夫ほか)

その他公的社会活動

○いしかわの能楽鑑賞事業実行委員会(2009-) 「観能の夕べ」解説
○佛教大学四条センター(2010-) 文学の課外授業 志賀直哉「小僧の神様」
○佛教大学四条センター(2009-) 文学の課外授業 芥川龍之介「羅生門」

このページの先頭へ