本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

東 秀憲 (ひがし ひでのり) 准教授 HIGASHI Hidenori

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

環境調和型プロセス物性研究室 TEL:076-264-6260 FAX:076-234-4829

学歴

【出身大学院】
九州大学 修士課程 工学研究科 化学機械工学専攻 1996/03 修了
【出身大学】
九州大学 工学部 化学機械工学科 1994/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

九州大学 工学部 助手(1998/04/01-2004/02/29)
金沢大学(2004/03/01-)

生年月

1970年04月

所属学会

化学工学会
アメリカ化学工学会
日本熱物性学会
分離技術会
日本工学教育協会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○化学工学会英文誌優秀論文賞2006(2007/03/09)
○化学工学論文集優秀論文賞2014(2015/03/13)
○化学工学会部会活動功労賞(2012/06/20)
○平成16年度実吉奨学会研究助成金(2004/09/03)
○平成14年度化学工学会奨励賞(2003/03/24)

専門分野

化工物性・移動操作・単位操作

専門分野キーワード

超臨界二酸化炭素、相平衡、分子動力学法、エアロゾル、ナノ粒子

研究課題

超臨界二酸化炭素に対する溶質の溶解度測定および推算

高圧相平衡の測定および相関

分子シミュレーションによる流体物性推算

著書

  • 分離技術ハンドブック 分離技術会 2010/02 共著

論文

  • Concentration Dependence of Diffusion Coefficients for Supercritical Carbon Dioxide + Naphthalene System 東秀憲,岩井芳夫,小田斉,中村勇二,荒井康彦 FLUID PHASE EQUILIBRIA 194-197巻 1161-1167頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a Solution Model to Correlate Solubilities of Inorganic Compounds in Water Vapor Under High Temperatures and Pressures 申憲,松本幸太,東秀憲,岩井芳夫,荒井康彦 JOURNAL OF SUPERCRITICAL FLUIDS 21巻 2号 105-110頁 2001/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calculation of Self-Diffusion and Tracer Diffusion Coefficients near the Critical Point of Carbon Dioxide Using Molecular Dynamics Simulation 東秀憲,岩井芳夫,荒井康彦 INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH 39巻 12号 4567-4570頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calculation of Diffusion Coefficients for Carbon Dioxide + Solute System near the Critical Conditions by Non-Equilibrium Molecular Dynamics Simulation Hidenori HIGASHIほか3名 FLUID PHASE EQUILIBRIA 219巻 55-60頁 2004/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Measurement and Correlation of Solubilities for Trifluoromethylbenzoic Acid Isomers in Supercritical Carbon Dioxide 東秀憲,岩井芳夫,荻野祥之,沖みゆき,荒井康彦 JOURNAL OF SUPERCRITICAL FLUIDS 33巻 1号 15-20頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Measurement and Correlation for Solubilities of Alkali Metal Chlorides in Water Vapor at High Temperature and Pressure 東秀憲ほか6名 FLUID PHASE EQUILIBRIA 228巻 547-551頁 2005/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Dynamics Simulation of Fluorination Effect for Solvation of Trifluoromethylbenzoic acid Isomers in Supercritical Carbon Dioxide 東秀憲,岩井芳夫,宮崎かおる,荒井康彦 MOLECULAR SIMULATION 31巻 10号 725-730頁 2005/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of Molecular Models Used in Molecular Dynamics Simulation for Tracer Diffusion Coefficients of Naphthalene and Dimethylnaphthalene Isomers in Supercritical Carbon Dioxide 東秀憲,岩井芳夫,荒井康彦 FLUID PHASE EQUILIBRIA 234巻 1号 51-55頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diffusion Coefficients of Cetyl Alcohol in Supercritical Carbon Dioxide 東秀憲,岩井芳夫,小田斉,村井健吾,荒井康彦 JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN 38巻 11号 865-869頁 2005/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of Boiling and Melting Points of Light, Heavy and Complex Hydrocarbons by Means of a Modified Group Vector Space Method 李王行徳,東秀憲,田村和弘 FLUID PHASE EQUILIBRIA 239巻 2号 213-222頁 2006/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Application of Association Model for Solubilities of Alkali Metal Chloride in Water Vapor at High Temperatures and Pressures 東秀憲,岩井芳夫,木谷義明,松本幸太,下山裕介,荒井康彦 JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN 39巻 10号 1029-1034頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Application of Molecular Simulation to Calculate Diffusion Coefficients near Critical Conditions 東秀憲 I-1-I-20頁 2005/08 原著論文
  • Measurement of solubilities for rhodium complexes and phosphine ligands in supercritical carbon dioxide 下山裕介,園田正憲,宮崎かおる,東秀憲,岩井芳夫,荒井康彦 JOURNAL OF SUPERCRITICAL FLUIDS 44巻 3号 266-272頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of cation species on solubilities of metal chlorides in water vapor at high temperatures and pressures 下山祐介,東秀憲ほか5名 JOURNAL OF SUPERCRITICAL FLUIDS 50巻  1-5頁 2009/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calculation of Diffusion Coefficient for Supercritical Carbon Dioxide and Carbon Dioxide + Naphthalene System by Molecular Dynamics Simulation Applied EPM2 Model Molecular Simulation 36巻 10号 772頁 2010/09 査読有 原著論文
  • Intra- and inter-molecular potential parameters for molecular dynamics simulation of benzene and cyclohexane mixture Journal of Chemical Engineering of Japan 47巻 12号 849-854頁 2014/01/01 
  • Effect of Nucleation Temperature on Detecting Molecular Ions and Charged Nanoparticles with a Diethylene Glycol-Based Particle Size Magnifier AEROSOL SCIENCE AND TECHNOLOGY 49巻 1号 35-44頁 2015/01/01 
  • Synthesis of nanoparticles by laser ablation: A review KONA Powder and Particle Journal 34巻 80-90頁 2017 査読有
  • Local surface modification of quartz glass by the laser-induced reactive deposition of carbon clusters Journal of Chemical Engineering of Japan 49巻 10号 920-924頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 静電噴霧による液滴分裂とイオン放出過程におよぼす溶液濃度の影響 前川 哲也 徳美 拓也 東 秀憲 瀬戸 章文 大谷 吉生 化学工学論文集 40巻 1号 5-11頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Transition and Restructuring of Carbon Nanoparticles Induced by Aerosol Laser Irradiation Carbon 70巻 224-232頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Charge Neutralization of Aerosol Carbon Nanofibers Journal of Chemical Engineering of Japan 47巻 8号 644-650頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Nucleation Temperature on Detecting Molecular Ions and Charged Nanoparticles with a Diethylene Glycol-Based Particle Size Magnifier Aerosol Science and Technology 49巻 1号 35-44頁 2014/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Focused Deposition of Nanoparticles on Polymer Film with an Improved TSI-Nanoparticle Sampler (Model 3089) Aerosol Science and Technology 49巻 6号 363-370頁 2015/04 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous Ion and Neutral Evaporation in Aqueous Nanodrops: Experiment, Theory, and Molecular Dynamics Simulation Physical Chemistry Chemical Physics 17巻 15746-15755頁 2015/05 査読有 原著論文
  • Direct Calculation of Mutual Diffusion Coefficients of Binary System using Non-Equilibrium Molecular Dynamics Simulation Fluid Phase Equiliburia 402巻 83-88頁 2015/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)(一般)「機能キャリアとしての多価帯電ミストの蒸発・分裂ダイナミクス」(2015-2018) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「迅速な水蒸気吸着と熱移動を可能にする多孔質シリカ/金属複合吸着体の開発」(2015-2018) 分担者
○挑戦的萌芽研究「シリコン量子ドットへの原子膜物質の気相析出による界面制御」(2015-2017) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「PM2.5除去用エアフィルタ試験法の開発」(2014-2017) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「超臨界流体物性制御によるレーザー支援ナノ材料合成および形態制御」(2015-2017) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「超臨界溶体急速膨張法による微粒子形成のための基盤構築」(2012-2014)
○若手研究(A)「超臨界二酸化炭素中での分散染料の溶解度およびポリマー中への拡散係数」(2008-2010) 代表者
○若手研究(B)「高温高圧水中への無機化合物の溶解度および溶液構造の解明」(2004-2006) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「超臨界二酸化炭素に対する含フッ素有機化合物の溶解度および拡散係数に関する研究」(2000-2002) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「超臨界二酸化炭素中での芳香族化合物の拡散係数の濃度依存性に関する研究」(1998-1999) 代表者
○基盤研究(B)「フッ素修飾基の導入による超臨界二酸化炭素に対する溶解度の促進」(2005-2006) 分担者
○基盤研究(C)「天然物の超臨界流体抽出におよぼす水の挙動解析」(2000-2003) 分担者

学域・学類担当授業科目

○専門英語B(2017)
○バイオ・物質循環工学概論(2017)
○バイオ工学・物質循環工学課題研究(1)(2017)
○バイオ・物質循環工学演習B(2017)
○学域GS言語科目Ⅰ(理工系英語Ⅰ)自然システム学類(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(理工系英語Ⅱ)自然システム学類(2017)
○バイオ工学・物質循環工学課題研究(2)(2017)
○物質循環工学実験B(2017)
○統計解析2(2017)
○単位操作基礎(2017)
○化学工学量論(2017)
○物質循環工学演習B(2017)
○統計解析1(2017)
○バイオ・物質循環工学実験(2017)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2017)
○物質循環工学実験A(2017)
○物質循環工学演習C(2017)
○物質循環プロセス創成(2017)
○単位操作基礎(2016)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2016)
○物質循環プロセス創成(2016)
○バイオ工学・物質循環工学課題研究(2)(2016)
○物質循環工学実験B(2016)
○バイオ・物質循環工学演習B(2016)
○物質循環工学実験A(2016)
○バイオ・物質循環工学実験(2016)
○統計解析(2016)
○物質循環工学演習B(2016)
○物質循環工学演習C(2016)
○バイオ工学・物質循環工学課題研究(1)(2016)
○化学工学量論(2016)
○物質循環工学演習B(2015)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2015)
○化学工学量論(2015)
○物質循環工学実験A(2015)
○単位操作基礎(2015)
○物質循環工学演習C(2015)
○バイオ・物質循環工学演習B(2015)
○物質循環工学実験B(2015)
○バイオ・物質循環工学実験(2015)
○化学技術の最前線(2015)
○化学技術の最前線(2014)
○化学工学量論(2014)
○単位操作基礎(2014)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2014)
○バイオ・物質循環工学実験A(2014)
○バイオ・物質循環工学演習C(2014)
○物質循環工学演習C(2014)
○物質循環工学実験B(2014)
○物質循環工学演習B(2014)
○バイオ・物質循環工学演習B(2014)
○物質循環工学実験A(2014)
○バイオ・物質循環工学実験(2014)
○バイオ・物質循環工学概論(2014)

大学院担当授業科目

○計算機化学工学(2017)
○化学工学課題研究平成29年10月入学者用(2017)
○計算機化学工学(2017)
○計算機化学工学(2017)
○計算機化学工学(2017)
○流体工学特論B(2017)
○物理化学特論B(2017)
○物理化学特論A(2017)
○化学工学基礎A(2017)
○化学工学基礎B(2017)
○化学工学課題研究平成29年度入学生用(2017)
○流体工学特論A(2017)
○リサーチスキルC化学工学コース(2017)
○リサーチスキルD化学工学コース(2017)
○リサーチスキルD化学工学コース(2016)
○化学工学課題研究平成28年10月入学者用(2016)
○化学工学課題研究平成28年度入学生用(2016)
○化学工学基礎A(2016)
○機械的分離工学特論B(2016)
○物理化学特論A(2016)
○計算機化学工学(2016)
○物理化学特論B(2016)
○リサーチスキルC化学工学コース(2016)
○化学工学基礎B(2016)
○機械的分離工学特論A(2016)
○化学工学基礎(2015)
○化学工学基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○化学工学会超臨界流体部会(2005-2014) ホームページ担当
○化学工学会基礎物性部会(2008-2009) ホームページ担当
○化学工学会超臨界流体部会(2003-2005) 事務局

このページの先頭へ