本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

中川 敬夫 (なかがわ たかお) 教授 NAKAGAWA Takao

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類
医薬保健学域 保健学類 理学療法学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
福井医科大学 博士課程 医学研究科 1996/03 修了
【出身大学】
福井医科大学 医学部 1988/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

2000-2002 Visiting fellow, NTFS, NINDS, NIH
2002-2003 福井医科大学医学部附属病院脳神経外科助手
2003-2009 福井大学医学部附属病院脳神経外科講師
2009- 金沢大学医薬保健研究域保健学系教授
2016- 金沢大学保健学類理学療法学専攻主任

生年月

1964年02月

所属学会

日本リハビリテーション医学会
日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス

学内委員会委員等

○保健学運営委員会 ④委員(2014-)
○保健学教務委員会 ④委員(2014-2015)
○保健学FD委員会 ④委員(2012-2013)
○つるま保健学会誌編集委員会 ④委員(2012-2013)
○入学時期検討タスクフォース ④委員(2012-)
○入試委員会 ④委員(2011-2011)
○保健学入試委員会 ①委員長(2011-2011)
○医学倫理審査委員会 ④委員(2010-2011)
○医学倫理審査委員会保健学系専門委員会 ①委員長(2010-2011)
○保健学入試委員会 ④委員(2010-2010)
○医学倫理審査委員会保健学系専門委員会 ④委員(2009-2009)
○つるま保健学会誌編集委員会 ④委員(2009-2009)

受賞学術賞

○2002-2003年度 三井住友海上福祉財団 交通安全等・高齢者福祉研究助成

専門分野

リハビリテーション科学・福祉工学

専門分野キーワード

リハビリテーション医学, 脳神経外科学

研究課題

リハビリテーション医学

●リハビリテーションを行う上での医学的阻害要因

反応性アストロサイトおよび悪性神経膠腫細胞の生物学

●中枢神経系組織損傷時に誘導される反応性アストロサイトにおける神経栄養因子・転写因子発現
●悪性神経膠腫細胞の浸潤性、薬剤耐性および虚血耐性のメカニズム

脳神経外科学

●悪性脳腫瘍の基礎および臨床医学

著書

  • 脳神経外科アドバンス:脊椎・脊髄腫瘍、髄膜炎、膿瘍 診断と治療社 2008/12 ①原著書
  • 脳腫瘍の病理と臨床 改訂第2版:高齢者の脳腫瘍、原発性頭蓋内黒色腫、眼窩内腫瘍 診断と治療社 2008/05 ①原著書
  • Astrocyte synthesis of neurotrophic factors and cytokines during development and following injury. Non-Neuronal Cells of the Nervous System: Function and Dysfunction. ADVANCES IN MOLECULAR AND CELL BIOLOGY Volume 31.  Elsevier 2003/12 ①原著書 978-0444514516
  • 図説脳神経外科 New Approach 「脳幹・基底核‐機能・解剖・手術」:基底核部の悪性腫瘍の手術 メジカルビュー社 1998 ①原著書

論文

  • 脳卒中片麻痺患者に対する下肢ボツリヌス療法が歩行時の筋活動および歩行の時間・距離因子に及ぼす影響 藤田 和樹, 三秋 泰一, 中川 敬夫, 他 理学療法学 43巻 477-85頁 2016 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The COPD Assessment Test as a prognostic marker in interstitial lung disease. Someya F, Nakagawa T, Mugii N. Clin Med Insights Circ Respir Pulm Med 10巻 27-31頁 2016 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ラット脱神経筋に対する間歇的伸張運動の影響 田中正二, 中川敬夫, 山崎絵美, 末吉弘和 石川県理学療法学雑誌 16巻 1号 3-6頁 2016 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of hepatocyte growth factor is synchronized with expansion of myogenesis in regenerating skeletal muscle. Tanaka S, Kawahara E, Nakagawa T. J Tsuruma Health Sci Soc 39巻 2号 85-94頁 2015 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of exercise intensity on atrophied quadriceps muscle in the rat. Tanaka S, Obatake T, Koshino K, Nakagawa T. J Phys Ther Sci 27巻 3445-50頁 2015 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 腹部引き込み運動および呼気筋運動時の姿勢別における腹横筋の筋厚変化. 杉本孝宗, 横川正美, 三秋泰一, 中川敬夫 理学療法科学 30巻 3号 385-8頁 2015 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Myogenic cell response to muscle contraction by short electrical stimulation. Tanaka S, Kawahara E, Nakagawa T. J Phys Ther Sci 27巻 2349-52頁 2015 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • くも膜下出血患者の自動車運転再開に関する小規模実態調査. 八幡徹太郎,中島理帆,中川敬夫,西 悦子,毛利正直,内山尚之,濱田潤一郎,土屋弘行. 脳神経外科速報 24巻 7号 782-6頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Application of the COPD Assessment Test (CAT) to patients with interstitial lung disease.  Someya F, Nakagawa T. Health 6巻 2562-9頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Predictors of exercise-induced oxygen desaturation in systemic sclerosis patients with interstitial lung disease. Someya F, Mugii N, Hasegawa M, Yahata T, Nakagawa T. Respir Care 59巻 75-80頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 一過性運動の運動強度の違いが注意力に与える影響について. 橋本直之,横川正美,山崎俊明,中川敬夫. 理学療法科学 28巻 3号 377-81頁 2013 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise capacity in relation to autoantibodies in systemic sclerosis patients. Someya F, Mugii N, Yahata T, Nakagawa T. Rheumatol Int 33巻 2913-6頁 2013 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A case of esophagorespiratory fistula found on videofluorography Nakagawa T, Okita H, Yahata T, Someya F. Dicle Med J 39巻 1号 133-5頁 2012 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 踵部悪性黒色腫の装具作成の経験. 井戸一憲,富田 寛,上田佳文,嶋田隆史,八幡徹太郎,中川敬夫,染矢富士子. 臨床リハ 20巻 5号 492-6頁 2011 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 医学部学生におけるマイクロサージャリー実習 中川敬夫,橋本智哉,井戸一憲,菊田健一郎. 脳神経外科速報 20巻 5号 586-91頁 2010 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 小脳海綿状血管腫の2例 中川敬夫,橋本智哉,佐久間敬宏,井戸一憲,菊田健一郎. 脳卒中 32巻 2号 197-202頁 2010 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic significance of the immunohistochemical expression of O6-methylguanine-DNA methyltransferase, P-glycoprotein, and multidrug resistance protein-1 in glioblastomas. Nakagawa T, Ido K, Sakuma T, Takeuchi H, Sato K, Kubota T. Neuropathology 29巻 4号 379-88頁 2009 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of vascular endothelial growth factor-A and mRNA stability factor HuR in human astrocytic tumors. Ido K, Nakagawa T, Sakuma T, Takeuchi H, Sato K, Kubota T.  Neuropathology 28巻 6号 604-611頁 2008 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of vascular endothelial growth factor-A and mRNA stability factor HuR in human meningiomas. Sakuma T, Nakagawa T, Ido K, Takeuchi H, Sato K, Kubota T.  J Neurooncol 88巻 2号 143-55頁 2008 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD98 immunoreactivity in multinucleated giant cells of glioblastomas: An immunohistochemical double labeling study.  Takeuchi H, Kubota T, Kitai R, Nakagawa T, Hashimoto N. Neuropathology 28巻 127-31頁 2008 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The combined effects of multiple chemotherapeutic agents for malignant glioma cells. Nakagawa T, Kubota T, Ido K, Sakuma T, Matsuda K.  J Neurooncol 84巻 1号 31-7頁 2007 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene expression profiles of 1-(4-amino-2-methyl-5-pyrimidinyl)- methyl-3-(2-chloroethyl)-3-nitrosourea (ACNU)-resistant C6 rat glioma cells. Nakagawa T, Kubota T, Ido K, Sakuma T, Matsuda K. J Neurooncol 79巻 3号 271-79頁 2006 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Neuronal loss and expression of neurotrophic factors in a model of rat chronic compressive spinal cord injury. Kasahara K, Nakagawa T, Kubota T.  Spine 31巻 18号 2059-66頁 2006 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acquisition of resistance to antitumor alkylating agent ACNU: a possible target of positron emission tomography monitoring. Kawai H, Toyohara J, Kado H, Nakagawa T, Takamatsu S, Furukawa T, Yonekura Y, Kubota T, Fujibayashi Y. Nucl Med Biol 33巻 1号 29-35頁 2006 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Astroblastoma: immunohistochemical and ultrastructural study of distinctive epithelial and probable tanycytic differentiation.  Kubota T, Sato K, Arishima H, Takeuchi H, Kitai R, Nakagawa T. Neuropathology 26巻 72-81頁 2006 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glioma cells under hypoxic conditions block the brain microvascular endothelial cell death induced by serum starvation. Ueda Y, Nakagawa T, Kubota T, Ido K, Sato K.  J Neurochem 95巻 1号 99-110頁 2005 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene expression profiles of reactive astrocytes cultured from dopamine-depleted striatum. Nakagawa T, Yabe T, Schwartz JP.  Neurobiol Dis 20巻 2号 275-82頁 2005 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene expression profiles of reactive astrocytes in dopamine-depleted striatum. Nakagawa T, Schwartz JP.  Brain Pathol 14巻 3号 275-80頁 2004 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene expression patterns in in vivo normal adult astrocytes compared with cultured neonatal and normal adult astrocytes. Nakagawa T, Schwartz JP.  Neurochem Int 45巻 2号 203-42頁 2004 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of microglia following experimental subarachnoid hemorrhage in rats. 北井隆平,半田裕二,石田雅樹,中川敬夫,土田 哲,久保田紀彦. 脳卒中の外科 32 (suppl)巻 63-7頁 2004 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of matrix metalloproteinases in the chronic subdural haematoma membrane. Nakagawa T, Kodera T, Kubota T.  Acta Neurochir (Wien) 142巻 1号 61-6頁 2000 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The expression and activation of matrix metalloproteinase-2 in rat brain after implantation of C6 rat glioma cells. Kodera T, Nakagawa T, Kubota T, Kabuto M, Sato K, Kobayashi H.  J Neurooncol 46巻 2号 105-14頁 2000 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of the proliferative potential of tumor cells after stereotactic radiosurgery for recurrent astrocytic tumors. Kodera T, Kubota T, Kabuto M, Nakagawa T, Takeuchi H, Arishima H, Sato K, Kobayashi H, Kitabayashi M, Hirose S.  Neurol Res 22巻 802-8頁 2000 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Production of amyloid beta protein precursor as a proteinase inhibitor by human astrocytic tumors. Nakagawa T, Kabuto M, Kubota T, Kodera T, Sato K. Anticancer Res 19巻 4B号 2963-8頁 1999 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Production of urokinase-type plasminogen activator (u-PA) and plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) in human brain tumours. Arai Y, Kubota T, Nakagawa T, Kabuto M, Sato K, Kobayashi H.  Acta Neurochir (Wien) 140巻 4号 377-385頁 1998 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cannulated double-threaded compression screw (Herbert-Type) fixation for displaced odontoid fracture.  Handa Y, Kubota T, Kobayashi H, Takeuchi H, Nakagawa T, Kitai R, Kodera T, Kawai H, Arishima H.  Spinal Surgery 12巻 145-51頁 1998 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term evaluation of reconstruction of the sellar floor with a silicone plate in transsphenoidal surgery.  Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Takeuchi H, Nakagawa T, Kitai R, Kodera T, Kawai H, Arishima H. J Neurosurg 88巻 949-53頁 1998 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Experimental and clinical study of detection of glioma at surgery using fluorescent imaging by a surgical microscope after fluorescein administration.  Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Nakagawa T, Ishii Y, Takeuchi H, Kitai R, Kodera T. Neurol Res  19巻 9-16頁 1997 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 脳腫瘍手術における手術顕微鏡下Fluorescein蛍光造影の有用性に関する実験的研究.  兜 正則,久保田紀彦,古林秀則,石井久雅,中川敬夫,河合秀哉,北井隆平,小寺俊昭,金子正則.  脳と神経 49巻 261-5頁 1997 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Secretion of matrix metalloproteinase-2 (72 kD gelatinase/type IV collagenase = gelatinase A) by malignant human glioma cell lines: Implication for the growth and cellular invasion of the extracellular matrix. Nakagawa T, Kubota T, Kabuto M, Fujimoto N, Okada Y.  J Neurooncol 28巻 1号 13-24頁 1996 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 眼窩内占拠性病変のMR画像. 小寺俊昭,久保田紀彦,兜 正則,北井隆平,中川敬夫,竹内浩明,石井久雅,佐藤一史,半田裕二,古林秀則,石井 靖. CI研究 18巻 351-8頁 1996 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hyaluronic acid facilitates glioma cell invasion in vitro. Nakagawa T, Kubota T, Kabuto M, Kodera T. Anticancer Res 16巻 5A号 2917-22頁 1996 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MR imaging and CT of pituitary abscess: case report and review. Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Takeuchi H, Nakagawa T, Kodera T.  Neurol Res 18巻 495-8頁 1996 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Production of tissue inhibitor of metalloproteinases-1 (TIMP-1) by human astrocytic tumors. Nakagawa T, Kubota T, Kabuto M, Sato K, Arai Y, Kodera T.  Neurol Med Chir (Tokyo) 35巻 10号 728-31頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Captopril inhibits glioma cell invasion in vitro: Involvement of matrix metalloproteinases. Nakagawa T, Kubota T, Kabuto M, Kodera T.  Anticancer Res 15巻 5B号 1985-9頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intracranial hemorrhage due to long-term anticoagulant therapy in patients with prosthetic heart valves -four case reports-. Nakagawa T, Kubota T, Handa Y, Kawano H, Sato K. Neurol Med Chir (Tokyo) 35巻 3号 156-9頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous bilateral hypertensive intracranial hemorrhage – Two case reports -. Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Nakagawa T, Arai Y, Kitai R.  Neurol Med Chir (Tokyo) 35巻 584-6頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of mammosomatotroph cells and identification of the coexistence of growth hormone and prolactin within the same secretory granules in these cells using confocal laser scanning microscopy.  Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Nakagawa T, Kitai R, Kodera T.  Histochem Cell Biol 104巻 363-7頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Experimental study of intraoperative local chemotherapy with fibrin glue containing nitrosourea for malignant gliomas.  Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Nakagawa T, Arai Y, Kitai R. Surg Neurol 44巻 151-7頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The antitumor effect of MX2, a new morpholino anthracycline, against malignant glioma cell lines and its subcellular distribution.  Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Nakagawa T, Kitai R.  Neurosurgery 37巻 471-7頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clear cell (glycogen-rich) meningioma with special reference to spherical collagen deposits.  Kubota T, Sato K, Kabuto M, Hasegawa M, Kitai R, Nakagawa T, Arai Y, Yamashita J.  Brain Tumor Pathol 12巻 53-60頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 脂溶性モルフォリノアンスラサイクリン系制癌剤MX2のC6グリオーマ細胞に対する抗腫瘍効果および光化学療法との併用効果について. 兜 正則,久保田紀彦,古林秀則,中川敬夫,北井隆平,宇野初二,小寺俊昭. 脳と神経 47巻 969-73頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • プロラクノーマに対するブロモクリプチンの効果-組織の形態変化と成長解析による評価-. 久保田紀彦,兜 正則,立花 修,荒舘 宏,佐藤一史,中川敬夫,山下純宏. ホルモンと臨床 43 (suppl)巻 120-4頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 全身大量メソトレキセート療法とカルボプラチン動注療法が奏効した小児頭蓋骨骨肉腫の1例. 北井隆平,佐藤一史,小寺俊昭,中川敬夫,兜 正則,古林秀則,久保田紀彦,能崎純一. 脳神経外科 23巻 157-61頁 1995 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Production of matrix metalloproteinases and tissue inhibitor of metalloproteinases-1 by human brain tumors. Nakagawa T, Kubota T, Kabuto M, Sato K, Kawano H, Hayakawa T, Okada Y.  J Neurosurg 81巻 1号 69-77頁 1994 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Solitary bone cyst of the cervical spine -case report-. Nakagawa T, Kawano H, Kubota T Neurol Med Chir (Tokyo) 34巻 8号 558-60頁 1994 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunohistochemical and ultrastructural study of skull base chordoma.  Kubota T, Sato K, Kabuto M, Kawano H, Nakagawa T, Arai Y, Tachibana O, Yoshida K, Yamashita J.  Brain Tumor Pathol 11巻 23-8頁 1994 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Subcellular localization and cellular pharmacokinetics of MX2, a new morpholino anthracycline in glioma cells using confocal laser scanning microscopy.  Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Nakagawa T, Arai Y, Kitai R.  Neurol Res 16巻 257-64頁 1994 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Light and electron microscopic observation of the same mammosomatotroph cell in a mixed growth hormone- and prolactin-secreting pituitary adenoma – Case report –.  Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Nakagawa T.  Neurol Med Chir (Tokyo) 33巻 238-41頁 1993 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • オンコサイトーマ型非機能性下垂体腺腫の臨床病理学的検討. 久保田紀彦,兜 正則,立花 修,荒舘 宏,佐藤一史,河野寛一,中川敬夫,吉田一彦,黒田英一,石倉 彰,山下純宏. ホルモンと臨床 41巻 39-46頁 1993 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 蝶形骨洞的下垂体腫瘍摘出術後のシリコンプレートによる鞍底形成とMRI. 兜 正則,久保田紀彦,古林秀則,佐藤一史,石井久雅,中川敬夫,新井良和,北井隆平,土田 哲. 臨床放射線 38巻 1389-93頁 1993 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modified procedure of monolayer culture of human pituitary adenoma cells on microporous membrane coated with extracellular matrix. Kabuto M, Kubota T, Kobayashi H, Nakagawa T.  Neurol Res 15巻 304-9頁 1992 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunohistochemical study of extracellular matrix in schwannomas: In vivo and in vitro observation.  Kubota T, Nakagawa T, Hosotani K, Kabuto M, Arai Y, Sato K, Kawano H.  Brain Tumor Pathol 9巻 23-31頁 1992 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ホルモン産生ヒト下垂体腺腫細胞の長期培養およびホルモン分泌維持のための工夫. 兜 正則,林 実,久保田紀彦,古林秀則,勝村浩敏,細谷和生,中川敬夫. 脳と神経 43巻 755-62頁 1991 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒト下垂体腺腫の成長ホルモンおよびプロラクチン分泌に及ぼすCa拮抗剤Nicardipineの影響について. 兜 正則,林 実,久保田紀彦,古林秀則,中川敬夫,勝村浩敏,細谷和生. 脳と神経 43巻 637-43頁 1991 査読有 ①原著論文
  • ネコ脳腫瘍モデル作成の試み. 兜 正則,林 実,中川敬夫,勝村浩敏,細谷和生,古林秀則,久保田紀彦,石井 靖,石森佳幸. 脳と神経 42巻 339-43頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 単純ヘルペス脳炎の非定型的CT像. 兜 正則,林 実,中川敬夫,久保田紀彦,辻 哲朗,田濃 勉,木下 昭,岡本紀子. 臨床放射線 35巻 955-8頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 頭蓋内血管外皮腫の病理組織学的特徴 - 髄膜腫との比較. 久保田紀彦,林 実,河野寛一,中川敬夫,長谷川光広,兜 正則,佐藤一史,石瀬 淳,石倉 彰,角田 茂. 脳腫瘍病理 7巻 17-30頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 培養髄膜腫細胞の細胞間物質形成能. 久保田紀彦,林 実,長谷川光広,中川敬夫,兜 正則,河野寛一,佐藤一史,新多 寿. 脳腫瘍病理 7巻 7-16頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Seizures Induced by Movementについて. 兜 正則,林 実,久保田紀彦,古林秀則,野口善之,中川敬夫,久保田鉄也. 脳神経外科 18巻 669-74頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Gene expression profiles of reactive astrocytes in vivo and in vitro.(会議名:Glial biology, Gordon Research Conference 2003, Ventura, 2003.)
  • Microarray analysis of differential gene expression between astrocytes derived from normal adult and 6-hydroxydopamine-lesioned rat brain.(会議名:The Society for Neuroscience’s 31st Annual Meeting, San Diego, 2001.)
  • がんリハ処方例での骨転移に関する検討.(会議名:第37回日本リハビリテーション医学会北陸地方会, 金沢, 2015)
  • 抗NMDA受容体脳炎の3例(会議名:第35回日本リハビリテーション医学会北陸地方会, 金沢, 2014)
  • 当院における静脈血栓塞栓症.(会議名:第48回日本リハビリテーション医学会学術集会,千葉,2011)

全て表示

  • リハビリテーション患者における肺血栓塞栓症.(会議名:第29回日本リハビリテーション医学会北陸地方会,金沢,2011)
  • 嚥下造影時に診断された気管食道瘻の一例.(会議名:第27回日本リハビリテーション医学会北陸地方会, 金沢, 2010)
  • 変形性頸椎症に対するチタンケージによる前方除圧固定術(会議名:第21回日本脊髄外科学会, 金沢, 2006)
  • 悪性神経膠腫症例の予後規定因子.(会議名:第65回日本脳神経外科学会総会, 京都, 2006)
  • 悪性神経膠腫細胞に対する抗癌剤の併用効果に関する検討.(会議名:第64回日本脳神経外科学会総会, 横浜, 2005)
  • 悪性神経膠腫細胞による血管内皮細胞に対する保護作用.(会議名:第63回日本脳神経外科学会総会, 名古屋, 2004)
  • 変形性頸椎症に対するチタンケージによる前方除圧固定術.(会議名:第62回日本脳神経外科学会総会, 仙台, 2003)
  • ACNU耐性グリオーマ細胞における遺伝子発現プロフィール.(会議名:第62回日本脳神経外科学会総会, 仙台, 2003)
  • 慢性硬膜下血腫被膜におけるマトリックスメタロプロテアーゼの発現.(会議名:第58回日本脳神経外科学会総会, 東京, 1999)
  • 感染を伴ったCongenital Dermal Sinusの1例.(会議名:第12回日本脊髄外科研究会, 大阪, 1997)
  • 悪性神経膠腫に対する動注化学療法.(会議名:第26回福井癌研究会, 福井, 1996)
  • 動注化学療法が有効であった再発悪性神経膠腫の2例.(会議名:北日本脳神経外科連合会第20回学術集会, 仙台, 1996)
  • 悪性グリオーマに対する維持療法-3剤併用選択的動注化学療法-.(会議名:第55回日本脳神経外科学会総会,富山,1996.)
  • 悪性グリオーマ細胞の浸潤性に対するヒアルロン酸の影響.(会議名:第5回日本脳腫瘍カンファレンス, 箱根, 1996)
  • 悪性神経膠腫細胞に対する選択的動注化学療法.(会議名:第3回北陸IVNR研究会, 金沢, 1995)
  • 悪性神経膠腫細胞によるマトリックスメタロプロテアーゼの産生.(会議名:第24回福井癌研究会, 福井, 1995)
  • 悪性神経膠腫細胞の浸潤性に対するカプトプリルの抑制効果 - マトリックスメタロプロテアーゼとの関係 - .(会議名:第54回日本脳神経外科学会総会, 名古屋, 1995)
  • 脳腫瘍組織における膜結合型マトリックスメタロプロテアーゼの産生.(会議名:第4回日本脳腫瘍カンファレンス,大津,1995.)
  • 悪性グリオーマ細胞によるマトリックスメタロプロテアーゼ-2(MMP-2)の分泌 - 細胞外基質成分下における細胞増殖および浸潤能への関与 - .(会議名:第53回日本脳神経外科学会総会, 徳島, 1994)
  • ヒト神経膠腫組織における組織メタロプロテアーゼインヒビター-1 (Tissue inhibitor of metalloproteinase-1, TIMP-1)の発現.(会議名:第3回日本脳腫瘍カンファレンス, 栃木, 1994)
  • 脳原発性悪性リンパ腫の臨床病理学的検討.(会議名:第11回日本脳腫瘍病理研究会, 東京, 1993)
  • 脳腫瘍におけるmatrix metalloproteinases (MMPs)およびtissue inhibitor of metalloproteinases-1 (TIMP-1)の産生.(会議名:第11回日本脳腫瘍病理研究会, 東京, 1993)
  • 人工心臓弁置換術後の長期凝固療法下における頭蓋内出血.(会議名:北日本脳神経外科連合会第17回学術集会, 福島, 1993)
  • グリオーマにおけるmatrix metalloproteinases (MMPs)およびtissue inhibitor of metalloproteinases-1 (TIMP-1)の産生.(会議名:第52回日本脳神経外科学会総会, 東京, 1993)
  • 悪性グリオーマ細胞の浸潤能におけるメタロプロテイナーゼの関与について - in vitro system での検討 - .(会議名:第51回日本脳神経外科学会総会, 鹿児島, 1992)
  • グリオーマ細胞によるマトリックスメタロプロテアーゼの分泌.(会議名:第1回日本脳腫瘍カンファレンス, 日光, 1992)
  • 膀胱直腸障害を主症状とした腰椎椎間板ヘルニアの一例.(会議名:第24回近畿脊髄外科研究会, 大阪, 1991)
  • 水頭症及び脊髄空洞症を合併したChiari奇形1型の一例.(会議名:第29回日本脳神経外科学会中部地方会, 岐阜, 1990)
  • ネコにおける脳腫瘍モデル作成の試み.(会議名:第48回日本脳神経外科学会総会, 盛岡, 1989)
  • Seizure induced by movement.(会議名:第43回北陸医学会総会, 金沢, 1989)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究 (C)「ラット廃用性関節拘縮・筋萎縮モデルにおける疼痛関連物質発現に関する研究」(2017-2020) ①代表者
○挑戦的萌芽研究「中枢神経障害および神経細胞移植におけるアストロサイト活性化の抑制効果」(2014-2016) ①代表者
○基盤研究 (C)「RNA干渉とMagnetofectionによる悪性神経膠腫に対する抗血管新生療法」(2004-2005) ②分担者
○基盤研究 (C)「悪性神経膠腫に対する血管新生抑制剤と低用量化学療法剤、免疫増強剤の併用療法の開発」(2002-2003) ②分担者

学域・学類担当授業科目

○リハビリテーション医学概論(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○基礎運動学(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○基礎運動学(2017)
○社会貢献論演習(2017)
○老年期病態学  (2017)
○地域リハビリテーション論(2017)
○精神老年運動器疾病論(2017)
○神経病態学    (2017)
○障害者環境論(2017)
○基礎運動学(2017)
○外科病態学     (2017)
○社会貢献論演習(2016)
○地域リハビリテーション論(2016)
○障害者環境論(2016)
○外科病態学     (2016)
○老年期病態学  (2016)
○神経病態学    (2016)
○リハビリテーション医学概論(2016)
○精神老年運動器疾病論(2016)
○基礎運動学(2016)
○社会貢献論演習(2015)
○外科病態学     (2015)
○障害者環境論(2015)
○地域リハビリテーション論(2015)
○神経病態学    (2015)
○老年期病態学  (2015)
○リハビリテーション医学概論(2015)
○精神老年運動器疾病論(2015)
○基礎運動学(2015)
○基礎運動学(2015)
○基礎運動学(2014)
○基礎運動学(2014)
○外科病態学     (2014)
○老年期病態学  (2014)
○神経病態学    (2014)
○リハビリテーション医学概論(2014)
○地域リハビリテーション論(2014)
○社会貢献論演習(2014)
○障害者環境論(2014)
○精神老年運動器疾病論(2014)

大学院担当授業科目

○障害評価学演習(2017)
○障害評価学特講(2017)
○障害解析学特別研究(2017)
○障害評価学特講演習(2017)
○障害評価学特論(2017)
○障害解析学課題研究(2017)
○保健学研究方法論(2016)
○障害評価学特論(2016)
○障害評価学演習(2016)
○障害解析学課題研究(2016)
○障害解析学特別研究(2016)
○障害評価学特講演習(2016)
○障害評価学特講(2016)
○保健学研究方法論(2015)
○障害評価学特論(2015)
○障害評価学演習(2015)
○障害解析学課題研究(2015)
○障害評価学特講(2015)
○障害評価学特講演習(2015)
○障害解析学特別研究(2015)
○障害評価学特講(2014)
○障害評価学特講演習(2014)
○障害解析学特別研究(2014)
○障害解析学課題研究(2014)
○障害評価学演習(2014)
○障害評価学特論(2014)
○保健学研究方法論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ