本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

小阪 孝史 (こざか たかし) 助教 KOZAKA, Takashi

研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

学際科学実験センター トレーサー情報解析分野

教育分野

所属研究室等

トレーサー情報解析分野

学歴

【取得学位】
博士(薬学)

職歴

生年月

所属学会

米国核医学会
日本放射線安全管理学会
日本核医学会
日本アイソトープ協会
日本分子イメージング学会
日本薬学会

学内委員会委員等

○宝町・鶴間地区事業場 安全衛生委員会 委員(2016-)
○学際科学実験センター 広報委員会 委員(2010-)

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

有機合成化学、放射性医薬品化学、分子イメージング学

研究課題

著書

論文

  • In Vivo Differences between Two Optical Isomers of Radioiodinated o-iodo-trans-decalinvesamicol for Use as a Radioligand for the Vesicular Acetylcholine Transporter Izumi Uno, Takashi Kozaka, Daisuke Miwa, Yoji Kitamura, Mohammad Anwar-ul Azim, Kazuma Ogawa, Junichi Taki, Seigo Kinuya, Kazuhiro Shiba PLOS ONE 11巻 1号 p.e0146719 (1-14)頁 2016/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and evaluation of a new vesamicol analog o-[11C]methyl-trans-decalinvesamicol as a PET ligand for the vesicular acetylcholine transporter Yoji Kitamura, Takashi Kozaka, Daisuke Miwa, Izumi Uno, Mohammad Anwar-ul Azim, Kazuma Ogawa, Junichi Taki, Seigo Kinuya, Kazuhiro Shiba Annals of Nuclear Medicine 30巻 2号 122-129頁 2016/02 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and evaluation of an astatine-​211-​labeled sigma receptor ligand for alpha radionuclide therapy Kazuma Ogawa, Yoshiaki Mizuno, Kohshin Washiyama, Kazuhiro Shiba, Naruto Takahashi, Takashi Kozaka, Shigeki Watanabe, Atsushi Shinohara, Akira Odani Nuclear medicine and biology 42巻 11号 875-879頁 2015/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anxiety- and depression-like behavior in mice lacking the CD157/BST1 gene, a risk factor for Parkinson's disease Olga Lopatina, Toru Yoshihara, Tomoko Nishimura, Jing Zhong, Shirin Akther, Azam A. K. M. Fakhrul, Mingkun Liang, Chiharu Higashida, Kohei Sumi, Kazumi Furuhara, Yuki Inahata, Jian-Jung Huang, Keita Koizumi, Shigeru Yokoyama, Takahiro Tsuji, Yulia Petugina, Andrei Sumarokov, Alla B. Salmina, Koji Hashida, Yasuko Kitao, Osamu Hori, Masahide Asano, Yoji Kitamura, Takashi Kozaka, Kazuhiro Shiba, Fangfang Zhong, Min-Jue Xie, Makoto Sato, Katsuhiko Ishihara and Haruhiro Higashida Frontiers in Behavioral Neuroscience 8巻 133号 1-18頁 2014/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The potential of o-​bromo-​trans-​decalinvesamicol as a new PET ligand for vesicular acetylcholine transporter imaging Azim Mohammad Anwar-ul, Kozaka Takashi, Uno Izumi, Miwa Daisuke, Kitamura Yoji, Ogawa Kazuma, Makino Akira, Kiyono Yasushi, Shiba Kazuhiro Synapse 68巻 10号 445-453頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Regional brain imaging of vesicular acetylcholine transporter using o-[125 I]iodo-trans-decalinvesamicol as a new potential imaging probe. Kozaka T,Uno I,Kitamura Y,Miwa D,Anwar-Ul Azim M,Ogawa K,Shiba K SYNAPSE 68巻 3号 107-13頁 2014/03 査読有 原著論文
  • Antitumor agents 273. Design and synthesis of N-alkyl-thiocolchicinoids as potential antitumor agents Takashi Kozaka, Kyoko Nakagawa-Goto, Qian Shi, Chin-Yu Lai, Ernest Hamel, Kenneth F. Bastow, Arnold Brossi and Kuo-Hsiung Lee Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 20巻 14号 4091-4094頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stereoselective total syntheses of three Lycopodium alkaloids, (-)-magellanine, (+)-magellaninone, and (+)-paniculatine, based on two Pauson-Khand reactions. Kozaka T,Miyakoshi N,Mukai C JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY 72巻 26号 10147-54頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Decontamination of radioactivity from contaminated vegetables derived from The Fukushima nuclear accident. Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Uno I., Shimizu K., Masumoto K., Hirota M., Higaki S., Miyoshi H., Saze T., Sakama M., Yanaga M. RADIATION MEASUREMENTS 55巻 1号 26-29頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development and evaluation of a radiobromine-labeled sigma ligand for tumor imaging. Ogawa K,Kanbara H,Kiyono Y,Kitamura Y,Kiwada T,Kozaka T,Kitamura M,Mori T,Shiba K,Odani A NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 40巻 4号 445-50頁 2013/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Antitumor Agents. 284. New Desmosdumotin B Analogues with Bicyclic B-Ring as Cytotoxic and Antitubulin Agents Kyoko Nakagawa-Goto, Pei-Chi Wu, Chin-Yu Lai, Ernest Hamel, Hao Zhu, Liying Zhang, Takashi Kozaka, Emika Ohkoshi, Masuo Goto, Kenneth F. Bastow, and Kuo-Hsiung Lee Journal of Medicinal Chemistry 54巻 5号 1244-1255頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics of radioactive contamination of vegetables derived from the Fukushima nuclear accident Shiba Kazuhiro,Kitamura Yoji,Kozaka Takashi,Uno Izumi,Shimizu Kikuo,Hirota Masahiro,Higaki Shogo,Masumoto Kazuyoshi Radiation Safety Management 11巻 1号 19-22頁 2012/07 査読有 原著論文
  • Chemical removal of radionuclides in contaminated spinach derived from the Fukushima nuclear accident Shiba Kazuhiro,Kitamura Yoji,Kozaka Takashi,Uno Izumi,Miyoshi Hirokazu,Yanaga Makoto Radiation Safety Management 11巻 1号 23-26頁 2012/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development and evaluation of a novel radioiodinated vesamicol analog as a sigma receptor imaging agent. Ogawa K,Kanbara H,Shiba K,Kitamura Y,Kozaka T,Kiwada T,Odani A EJNMMI Research 2巻 1号 54頁 2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Syntheses and in vitro evaluation of decalinvesamicol analogues as potential imaging probes for vesicular acetylcholine transporter (VAChT). Kozaka T,Uno I,Kitamura Y,Miwa D,Ogawa K,Shiba K BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY 20巻 16号 4936-41頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 食品添加物確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討(会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/26)
  • 環サイズの異なるvesamicol類縁体の小胞アセチルコリントランスポーター及びシグマ受容体との構造活性相関(会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/26)
  • 5員環を有するvesamicol類縁体のシグマ-1受容体イメージング剤としての基礎的評価(会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/26)
  • ヒト染色体15番長腕重複モデルマウスのストレス負荷によるドーパミン受容体への影響(会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/25)
  • Development and evaluation of a radiobromine labeled sigma ligand for tumor imaging(会議名:EANM'11 Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine)(2011/10/17)

全て表示

  • The radioactivity removal of contaminated vegetables caused by the Fukushima nuclear accident(会議名:The 7th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring)(2011/12/04)
  • 脳虚血時における亜鉛の挙動と神経細胞への影響に関する基礎的検討(会議名:第22回日本微量元素学会学術集会)(2011/07/02)
  • (+)-[125I]-pIV の種差による体内分布の違い及び腫瘍への長期蓄積性における代謝物の関与(会議名:日本薬学会 第131年会)(2011/03/30)
  • vesamicol 類縁体o-iodo-trans-decalinvesamicol (OIDV)の新規VAChTイメージング剤としての可能性(会議名:日本薬学会 第131年会)(2011/03/30)
  • 食品添加物ネオテームの赤外スペクトルの測定法に関する検討(会議名:日本薬学会 第131年会)(2011/03/30)
  • 自閉症の治療に効果があるとされるオキシトシンの脳内移行性(会議名:日本薬学会 第131年会)(2011/03/30)
  • シグマ受容体を介した癌イメージング剤の開発(会議名:第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム)(2011/09/12)
  • アルツハイマー病の早期診断を⽬的としたデカリンベサミコール誘導体の開発(会議名:第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム)(2011/09/12)
  • o-Iodo-trans-decalinvesamicol (OIDV); 新規VAChTイメージング剤としての可能性(会議名:第6回日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2011/05/26)
  • 福島第一原発事故により汚染した野菜の放射能除去の可能性(会議名:第10回日本放射線安全管理学会学術大会)(2011/12/01)
  • 自閉症の治療に効果があるとされるオキシトシンの脳内移行性と代謝に関する検討(会議名:日本薬学会 第132年会)(2012/03/29)
  • 福島第一原発事故で汚染した野菜の放射能除去法の検討(会議名:日本薬学会 第132年会)(2012/03/29)
  • PETによるアルツハイマー病の早期診断を目的とした新規VAChTイメージング剤の開発(会議名:日本薬学会 第132年会)(2012/03/30)
  • 食品添加物の赤外スペクトル測定におけるATR 法の適用に関する検討(会議名:日本薬学会 第132年会)(2012/03/31)
  • VAChTイメージング用新規プローブの合成とその評価(会議名:第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2011/12/03)
  • シグマ受容体を標的とした放射性薬剤開発に向けた基礎検討(会議名:第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2011/12/03)
  • Vesamicol誘導体を用いた新規VAChTイメージング剤の開発(会議名:第51回日本核医学会学術総会)(2011/10/29)
  • シグマ受容体イメージングを目的とした放射性臭素標識化合物の開発(会議名:第51回日本核医学会学術総会)(2011/10/29)
  • Study on a radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor imaging agent. (会議名:第22回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2012)(2012/05/31)
  • 前シナプスコリン作動性神経描画用新規VAChTイメージング剤の開発(会議名:第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2012/05/24)
  • PET 用VAChT イメージング剤の開発研究 (会議名:第12回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2012/12/15)
  • 確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討(会議名:日本薬学会 第133年会)(2013/03/29)
  • SPECT用σ-2受容体イメージング剤[123I]PIDVの開発研究(会議名:第56回日本核医学会学術総会)(2016/11/03)
  • Development of a radiobromine-labeled compound as a sigma receptor ligand for tumor imaging(会議名:2016 SNMMI 63th annual meeting)(2016/06/13)
  • In vitro Evaluation of meta-bromo benzovesamicol (MBBzV) as a Potential Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT) Imaging Probe(会議名:The 2nd Asian Nuclear Medicine Academic Forum 2016)(2016/05/05)
  • 111In標識八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍イメージング剤としての開発研究(会議名:第11回日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2016/05/29)
  • 有機合成化学を基盤とした分子イメージング研究(会議名:平成28年度北信越若手有機合成化学若手研究会)(2016/04/02)
  • CD157/BST1ノックアウトマウスのドーパミン神経系の局所脳内分布変化(会議名:日本薬学会 第136年会)(2016/03/29)
  • ストレス性疾患の早期画像診断のターゲットとしてのシグマ受容体の可能性(会議名:日本薬学会 第136年会)(2016/03/28)
  • Vesamicolを母核とする新規σ-2受容体選択的リガンドの開発研究(会議名:日本薬学会 第136年会)(2016/03/28)
  • 15q重複モデルマウスにおける脳内ドーパミン神経系の変化(会議名:日本薬学会 第135年会)(2015/03/28)
  • 光学活性体(-)-[11C]OMDVのVAChTイメージング剤としての評価(会議名:日本薬学会 第135年会)(2015/03/27)
  • 新規vesamicol類縁体PIDVのσ-2受容体イメージング剤としての可能性(会議名:日本薬学会 第135年会)(2015/03/27)
  • 薬物代謝酵素活性の測定を目的とした2-125I-iodoacetaminophenの肝代謝評価(会議名:第54回日本核医学会学術総会)(2014/11/08)
  • PET用イメージング剤[11C]OMDVの光学分割と動態評価(会議名:第54回日本核医学会学術総会)(2014/11/08)
  • SPECT用σ-2受容体イメージング剤の合成と基礎的評価(会議名:第54回日本核医学会学術総会)(2014/11/08)
  • 放射性金属-八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍診断薬としての検討(会議名:第25回 日本微量元素学会学術集会)(2014/07/03)
  • Study of radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor diagnostic agent(会議名:第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2014)(2014/06/14)
  • Introduction of radiobromine labeled decalinvesamicol analogue as a new and promising PET vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging probe(会議名:2014 SNMMI 61th annual meeting)(2014/06/08)
  • σ-2受容体イメージング剤PIDVの開発研究(会議名:第9回日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2014/05/22)
  • A new and promising VAChT imaging probe for PET: Radiobromine labeled analogue of decalinvesamicol(会議名:日本薬学会 第134年会)(2014/03/28)
  • ヨードベンゼンからの18F化法(会議名:第23回 PET化学ワークショップ 2014)(2014/02/08)
  • Evaluation of radiolabeled o-bromo-trans-decalinvesamicol (OBDV) as a PET ligand for the vesicular acetylcholine transporter (VAChT)(会議名:International Workshop for Molecular Functional Imaging -Brain and Gynecologic Oncology-)(2014/03/03)
  • In vivo evaluation of radiobromine-labeled o-bromo-trans-decalinvesamicol (OBDV) as a potential VAChT imaging probe(会議名:第13回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2013/12/14)
  • OIDVのジアステレオマー分離とその選択的VAChTイメージング剤としての評価(会議名:日本薬学会 第133年会)(2013/03/30)
  • アルツハイマー病の早期診断を目的とした新規PET用VAChTイメージング剤[11C]OMDVの合成とin vivo評価(会議名:日本薬学会 第133年会)(2013/03/29)
  • In vivo evaluation of radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor imaging agent(会議名:第23回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2013)(2013/06/28)
  • In vivo evaluation of radioiodinated o-iodo-trans-decalinvesamicol(OIDV) as a vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging agent. (会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting)(2013/06/10)
  • The development of potential vesicular acetylcholine transporter (VAChT) PET imaging probes (会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting)(2013/06/10)
  • Syntheses and in vitro evaluation of OBBV as a potential σ-1 receptor imaging probe (会議名:第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2013/05/30)
  • 111In標識八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍診断薬としての検討(会議名:第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2013/05/30)
  • 脳内小胞アセチルコリントランスポーター(VAChT)のPETイメージングプローブ[11C]OMDVの開発(会議名:第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム)(2013/08/30)
  • VAChTイメージング用[125I]OIDVのジアステレオマー分離とin vivo脳内動態変化 (会議名:第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム)(2013/08/30)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B) 「アルツハイマー病の早期診断用シナプス前コリン作動性神経分子イメージング剤の開発」(2014-2017) 分担者
○若手研究(B)「固形腫瘍の早期発見・増殖能診断を目的としたσ-2受容体イメージング剤の開発研究」(2014-2016) 代表者
○若手研究(B)「脳内σ—1受容体イメージングによる老化及びストレス性疾患の客観的評価に関する研究」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)「アルツハイマー病の早期診断を目的としたコリントランスポーターイメージング剤の開発」(2011-2013) 分担者

学域・学類担当授業科目

○放射線計測学実験Ⅱ(2017)
○放射化学実験(2017)
○放射性同位元素検査技術学演習(2017)
○放射化学実験(2016)
○放射性同位元素検査技術学演習(2016)
○放射線計測学実験Ⅱ(2016)
○放射化学実験(2015)
○放射線計測学実験Ⅱ(2015)
○放射性同位元素検査技術学演習(2015)
○放射性同位元素検査技術学演習(2014)

大学院担当授業科目

○学際センターセミナー(2017)
○基礎系領域融合セミナー(2016)
○学際センターセミナー(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ