本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年09月25日

WONG WING CHUEN RICHARD (うおんぐ ういん ちえん りちやーど) 教授 WONG, Richard W.

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

新学術創成研究機構 ナノ生命科学研究所

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
東京大学大学院医学系研究科 博士課程 2004/03 修了
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学フロンティアサイエンス機構 特任准教授(2008/04-2012/03)
金沢大学 理工学域自然システム学類 教授(2012/04-2018/03)
金沢大学 バイオAFM先端研究センター 分子・細胞研究部門 (教授、部門長)(2015/04-2018/03)
金沢大学 新学術創成研究機構 ユニットリーダー / 教授(2015/04-)
金沢大学 ナノ生命科学研究所 教授(2017/10-)

生年月

所属学会

米国細胞生物学会  Ambassador (2017-2019)
The Royal Society of Medicine、United Kingdom Fellow(2017-)
日本蛋白質科学会
日本解剖学会
日本細胞生物学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

核膜孔複合体蛋白,分子細胞生物,細胞周期,有糸分裂紡錘体,キネシン,核膜孔 高速原子間力顕微鏡

研究課題

核孔構成蛋白質群Nucleoporinsの開発研究

私達は、物質輸送に関与する核膜孔複合体蛋白質群の動的構造と機能の解明を主とした目標としている。

著書

論文

  • Targeting Nucleoporin POM121-Importin β Axis in Prostate Cancer. Lim KS, Wong RW. Cell Chem Biol.  25巻 9号 1056-1058頁 2018/09/20 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Colorectal cancer cells require glycogen synthase kinase-3β for sustaining mitosis via translocated promoter region (TPR)-dynein interaction Dewi FRP, Domoto T, Hazawa M, Kobayashi A, Douwaki T, Minamoto T and Wong RW (Correspondence)  Oncotarget 9巻 13337-13352.頁 2018/01/30 査読有 原著論文
  • Rock-dependent phosphorylation of NUP62 regulates p63 nuclear transport and cell fate of squamous cell carcinoma Hazawa M, Lin D, Kobayashi A, Jiang YY, Dewi FRP, Mohamed MS, Hartono H, Nakada S, Meguro-Horike M, Horike S, Koeffler H and Wong RW EMBO rep 19巻 1号 73-88頁 2018/01/15 査読有 原著論文
  • High-Speed Atomic Force Microscopy Reveals Loss of Nuclear Pore Resilience as a Dying Code in Colorectal Cancer Cells. ACS Nano.  11巻 6号 5567-5578頁 2017/06/17 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ZNF750 is a lineage-specific tumor suppressor in squamous cell carcinoma.  Hazawa M, Lin D, Handral H, Xu L, Chen Y, Jiang YY, Thippeswamy A, Ding LW, Meng X, Sharma A, Samuel S, Movahednia M, Wong RW, Yang H, Tong C, and Koeffler H Oncogene   doi: 10.1038/onc.2016.377.巻 36(16):号 2243-2254.頁 2017/04/20 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Nucleoporinの準安定状態複合体間の相互作用解析に関する探索 (会議名:新学術領域研究「動的構造生命」班会議)(2017/06/06)
  • 核膜孔複合体蛋白群の動的構造と機能と病態 金沢大学・北陸先端科学技術大学院大学融合科学共同専攻第2回共同ワークショップ(会議名:金沢大学・北陸先端科学技術大学院大学融合科学共同専攻第1回共同ワークショップ)(2017/02/02)
  • High-speed atomic force microscopy visualization of the nuclear pores dynamics in colon cancer cells (会議名:第17回日本蛋白質科学会年会)(2017/06/21)
  • Structure, dynamics and function of nuclear pore complexes () 2017/07/13(会議名:革新的統合バイオ研究コア ワークショップ-多様な生命現象数理モデル研究)(2017/07/13)
  • Identifying nanoscopic spider cobweb features of native nuclear pores in cancer cells. (会議名:International Symposium on Atomic Force Microscopy at Solid-Liquid Interfaces)(2017/11/08)

全て表示

  • 動的核膜孔複合体の構造と機能と病態(会議名:金沢大学・北陸先端科学技術大学院大学融合科学共同専攻第2回共同ワークショップ )(2017/09/25)
  • Nuclear Pore Complex Dynamics Revealed by High-Speed Atomic Force Microscopy in Colorectal Cancer Cells. (会議名:International Symposium on Atomic Force Microscopy at Solid-Liquid Interfaces)(2017/11/08)
  • Colorectal cancer cells require glycogen synthase kinase3 for sustaining mitosis via translocated promotor region (Tpr)‐dynein interaction. (会議名:The 2017 ASCB | EMBO Meeting)(2017/12/05)
  • Nuclear Pore Selective Barrier Dynamics as Revealed by HigSpeed Atomic Force Microscopy in Colorectal Cancer cells (会議名:The 2017 ASCB | EMBO Meeting)(2017/12/04)
  • ROCK-dependent phosphorylation of NUP62 regulates p63 nuclear transport in squamous cell carcinoma(会議名:The 2017 ASCB | EMBO Meeting)(2017/12/04)
  • Colorectal cancer cells require glycogen synthase kinase-3 for Sustaining mitosis via translocated promoter region(Tpr)-dynein interaction(会議名:日本生化学会北陸支部第35回大会)(2017/06/03)
  • Dynamics and Behavior of Cancer Nuclear Pore Complexes as Revealed by High-Speed Atomic Force Microscopy (会議名:日本生化学会北陸支部第35回大会)(2017/06/13)
  • Mitotic crosstalks between translocated promoter region (Tpr) and Aurora A are key determinants of Ependymoma.(会議名:第69回細胞生物学会大会.)(2017/06/14)
  • 皮膚組織幹細胞におけるNup153 の役割 .(仙台), 2017年6月13-15日.(会議名:第69回細胞生物学会大会)(2017/06/13)
  • High-speed atomic force microscopy visualization of the nuclear pores dynamics in colon cancer cells (会議名:第17回日本蛋白質科学会年会)(2017/06/21)
  • 高速AFMが大腸がん細胞における核膜孔の選択的なゲートの喪失を明らかにした  (会議名:日本生物物理学会第55回年会 )(2017/09/20)

芸術・フィールドワーク

特許

○高速原子間力顕微鏡による細胞小器官の観察のための試料調製方法(出願国名:日本)

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○生理学2(2017)
○遺伝子組換え実験(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○生物学課題研究(2)(2016)
○生理学2(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○生物学課題演習(2)(2016)
○遺伝子組換え実験(2016)
○遺伝子組換え実験(2016)
○生物学Ⅰ(2015)
○生物学課題演習(2)(2015)
○生物学課題研究(2)(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○生理学2(2015)
○生物学Ⅰ(2014)
○生理学2(2014)
○生物学課題演習(1)(2014)

大学院担当授業科目

○分子細胞生物学(2017)
○生命高次システム学A(2017)
○分子細胞生物学(2017)
○分子細胞生物学(2017)
○分子細胞生物学(2017)
○生命高次システム学B(2017)
○生命高次システム学B(2016)
○生命高次システム学A(2016)
○分子細胞生物学(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ