本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

渡辺 達雄 (わたなべ たつお) 准教授 WATANABE Tatsuo

メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

所属研究室等

 TEL:076-264-5793 FAX:076-234-4172

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 教育学研究科 教育学専攻 2002/12 単位取得満期退学
【出身大学】
福井大学 教育学部 情報社会文化課程 1995/03 卒業
【取得学位】
教育学修士

職歴

COE研究員(広島大学高等教育研究開発センター) 広島大学高等教育研究開発センター(2003/01-2006/02)

生年月

1973年02月

所属学会

日本教育社会学会
日本高等教育学会
日本比較教育学会
大学教育学会
日本産業教育学会 理事(2016-2018)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

教育社会学

専門分野キーワード

FD・SD、大学評価、韓国高等教育

研究課題

大学評価

大学教職員の資質開発に関する比較社会学的研究

高等教育レベルの職業教育に関する研究

著書

論文

  • 韓国における大学教授職の変容 21世紀型アカデミック・プロフェッション展開の国際比較研究 2014 査読無
  • 東アジア圏の教育における大学間交流と質保証システム(2) 大阪大学高等教育研究 2巻 21-34頁 2014
  • 短期大学のインパクト―JJCSS2012より―  堺完、森利枝、渡辺達雄、相原総一郎 高等教育学会第16回大会要旨収録集 2013/05 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 非大学型高等教育教員の日韓比較 非大学画型高等教育と学位・資格制度 1巻 2011/03 その他
  • 韓国の専門大学教員の資質に関する研究 日本産業教育学会発表要旨収録 2010/10 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • 韓国資格枠組(KQF)の動向 日本比較教育学会発表要旨収録 2011/06
  • 韓国の専門大学教員と職業的レリバンスから 日本高等教育学会大会発表要旨集録 2010/05
  • 韓国における専門大学構造調整の動向 日本高等教育学会大会発表要旨集録 2009/05
  • 韓国における大学教育の質保証システム 学生の大学卒業程度の学力を認定する仕組みに関する調査研究 2009 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 教員の所属組織再編の動向--文部科学省委託調査をふまえ (シンポジウム 教員の所属のあり方とカリキュラム) 渡辺 達雄 大学教育学会誌 29巻 1号 138-143頁 2007/05
  • 大学競争力強化のための改革と評価 週刊教育資料 2007/04
  • 韓国における教員資質開発 (FDの制度化と質的保証(前編) : 第1部 : 外国におけるFDの制度化と質的保証 : 訪問調査 : 第6章 : 韓国) 渡辺 達雄 RIHE 91巻 0号 113-120頁 2007/03
  • 第4章 大学教育改革の方向と課題 : 特色GPに着目して (21世紀型高等教育システム構築と質的保証 : FD・SD・教育班の報告 : 第3部 : 大学教育の到達目標(指標), 到達課程, 効果, 質的保証) 渡辺 達雄 COE研究シリーズ 26巻 0号 175-178頁 2007/02
  • IV 韓国編「韓国の大学職員」 (諸外国の大学職員 : フランス・ドイツ・中国・韓国編) 渡辺 達雄 高等教育研究叢書 87巻 0号 99-118頁 2006/03
  • 在学生からみたカリキュラム特性とそのインパクト-教育・学習経験に関するプレ調査報告 日本高等教育学会発表要旨収録 2005/05
  • 大学教育の質的保証に関する研究(3)-教育目的からみた教育改善意識・活動の特徴 日本教育社会学会大会発表要旨収録 2005/09
  • 官僚制下の大学から自治的大学への移行 : キングモンクット工科大学トンブリ校の構想と経験に関する考察 (COE国際セミナー/8ヵ国会議 : 21世紀型高等教育システム構築と質的保証 : 報告6) Kirtikara Krissanapong,渡辺 達雄 COE研究シリーズ 13巻 0号 101-123頁 2004/12
  • 大学のパラダイム転換と韓国高等教育システムの改革 (COE国際セミナー/8ヵ国会議 : 21世紀型高等教育システム構築と質的保証 : 報告5) 李 鉉清,渡辺 達雄 COE研究シリーズ 13巻 0号 89-99頁 2004/12
  • 大学における教育活動の質的保証に関する研究(2) : 教育・授業の改善活動を中心として(大学教育の方法と評価) 有本 章,北垣 郁雄,大場 淳,大膳 司,黄 福涛,渡辺 達雄,小方 直幸,福留 東土 日本教育社会学会大会発表要旨集録 0巻 56号 196-199頁 2004/09
  • 第3章 大学の教育支援体制の意識と行動 : 現状把握 (FDの制度化に関する研究(1) : 2003年大学長調査報告) 渡辺 達雄 COE研究シリーズ 9巻 0号 45-64頁 2004/03
  • 第4章 FD活動と支援体制の今後の課題 (FDの制度化に関する研究(1) : 2003年大学長調査報告) 渡辺 達雄 COE研究シリーズ 9巻 0号 65-82頁 2004/03
  • 第2章 過渡期の講座制 : ドイツ高等教育における任用, 昇任及び評価 (構造改革時代における大学教員の人事政策 : 国際比較の視点から) Enders Jurgen,渡辺 達雄 COE研究シリーズ 5巻 0号 19-37頁 2004/03
  • 大学における教育活動の質的保証に関する研究(1) : 教育・授業の改善活動を中心として(III-2 高等教育(1)) 有本 章,北垣 郁雄,大膳 司,黄 福涛,小方 直幸,大場 淳,渡辺 達雄,葛城 浩一,福留 東土 日本教育社会学会大会発表要旨集録 0巻 55号 164-169頁 2003/09
  • 博士課程における教育と学位授与に関する研究(II-1 大学院教育) 山崎 博敏,福留 東土,山野井 敦徳,村澤 昌崇,渡辺 達雄,葛城 浩一 日本教育社会学会大会発表要旨集録 0巻 55号 96-99頁 2003/09
  • 大学教員の任期制に関する研究 : 現状分析を中心に(I-5 大学教員) 山野井 敦徳,村澤 昌崇,葛城 浩一,山崎 博敏,渡辺 達雄 日本教育社会学会大会発表要旨集録 0巻 55号 42-47頁 2003/09
  • 学校・進路・学歴の日韓比較 : 中学生・高校生調査をもとに(2) 藤田 武志,中村 高康,有田 伸,熊谷 信司,金 美蘭,渡辺 達雄 20巻 2号 343-372頁 2001
  • 学校・進路・学歴の日韓比較 : 中学生・高校生調査をもとに(2)(IV-5部会 進路と教育(4)) 藤田 武志,熊谷 信司,金 美蘭,中村 高康,有田 伸,渡辺 達雄 日本教育社会学会大会発表要旨集録 0巻 52号 253-257頁 2000/09
  • 学校・進路・学歴の日韓比較 : 中学生・高校生調査をもとに(1)(II-5部会 進路と教育(2)) 中村 高康,有田 伸,渡辺 達雄,藤田 武志,熊谷 信司,金 美蘭 日本教育社会学会大会発表要旨集録 0巻 52号 76-81頁 2000/09
  • 韓国大学教授職のリクルート構造 渡辺 達雄 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学 47巻 1号 127-139頁 2000/09

講演・口頭発表等

  • 「韓国の教育熱と家族のかたち」「グローバリゼーションと韓国中間層家族戦略のジレンマ」へのコメント(会議名:国際シンポジウム「多様化する家族の肖像-グローバル化と韓国社会の変容」)(2013/01/12)
  • 学位資格枠組みのグローバル展開の先にあるもの(会議名:高等教育複線化と国家学位資格枠組みの国際的展開)(2015/09/17)
  • 短期大学のインパクト―JJCSS2012より― (会議名:日本高等教育学会)(2013)
  • 韓国専門大学における職業基礎能力教育の動向(会議名:日本高等教育学会)(2012)
  • 韓国資格枠組(KQF)の動向(会議名:日本比較教育学会)(2011)

全て表示

  • 韓国の専門大学教員と職業的レリバンスから (会議名:日本高等教育学会)(2010)
  • 韓国の専門大学教員の資質に関する研究(会議名:日本産業教育学会)(2010)
  • 韓国における専門大学構造調整の動向(会議名:日本高等教育学会)(2009)
  • 教員の所属組織再編の動向(会議名:日本高等教育学会)(2006)
  • 教員の所属組織再編の動向--文部科学省委託調査をふまえ (会議名:大学教育学会課題研究集会)(2006)
  • 大学における教育活動の質的保証に関する研究(2)-教育・授業の改善活動を中心として、第7回日本高等教育学会(2004)
  • 在学生からみたカリキュラム特性とそのインパクト-教育・学習経験に関するプレ調査報告、第8回日本高等教育学会(2005)
  • 韓国の専門大学教員と職業的レリバンスから、日本高等教育学会第13回大会課題研究部会(2010)
  • 韓国の専門大学教員の資質に関する研究、日本産業教育学会第51回大会(2010)
  • 韓国資格枠組(KQF)の動向、日本比較教育学会第47回大会(2011)
  • 韓国における専門大学構造調整の動向、第12回日本高等教育学会(2009)
  • 学生支援の位置づけとその評価―認証評価・GP・FD、第14回大学教育研究フォーラム(2008)
  • 教員の所属組織の動向-文部科学省委託調査を踏まえ、大学教育学会2006年度課題研究集会(2006)
  • 教員組織改革の現状と方向性-文部科学省委託に関するアンケート調査の中間結果をもとに、第9回日本高等教育学会(2006)
  • 大学教育の質的保証に関する研究(3)-教育目的からみた教育改善意識・活動の特徴、第55回日本教育社会学会大会(2005)
  • 韓国の専門大学の近年の動向-非大学型高等教育の日韓比較-(会議名:短大将来構想研究会)(2010/03)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○東アジア社会と教育A1(2017)
○キャリアディベロップメント実践-インターンシッププログラム-(2017)
○東アジア社会と教育A2(2017)
○東アジア社会と教育B(2016)
○東アジア社会と教育A(2016)
○大学・学問論(2016)
○大学・学問論(2016)
○アクティブラーニング入門-反転教室,協同による学び-(2016)
○キャリアディベロップメント実践-インターンシッププログラム-(2016)
○キャリアディベロップメント実践-インターンシッププログラム-(2016)
○グローバル時代の社会学(2016)
○アクティブラーニング入門-反転教室,協同による学び-(2016)
○社会学基礎演習(2015)
○現代社会と教育(2015)
○実践力入門(2015)
○実践力入門(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

○大学の教育支援体制の意識と行動-現状把握(2004)
○FD活動と支援体制の今後の課題(2004)
○韓国におけるFDの動向(2004)
○韓国の教職員資質開発(2005)

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ