本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

坂田 憲治 (さかた けんじ) 講師 SAKATA Kenji

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

附属病院 循環器病態内科学
講師

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 循環医科学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 内科学第二 2004/03 修了
【出身大学】
岩手医科大学  1997/03 卒業

職歴

金沢大学医学部附属病院 第二内科 研修医(1997/04-)
スタンフォード大学 医学部循環器内科(2008/08-2010/12)
金沢大学附属病院 循環器内科 助教(2013/07-2014/03)
金沢大学附属病院 講師(2015/04-)

生年月

1972年03月

所属学会

一般社団法人日本内科学会 北陸支部評議員(2016-)
一般社団法人日本心臓病学会 代議員(2016-)
一般社団法人日本心血管インターベンション治療学会 東海北陸支部地方会運営委員(2015-)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○Stanford-St. Jude Medical Scholarship Program 2007(2007/03)
○住友生命社会福祉事業団 海外医学研究助成金(2007/03)
○Young Investigator’s Awards優秀賞(2005/09)

専門分野

循環器内科学

専門分野キーワード

虚血性心疾患、冠動脈インターベンション、冠動脈イメージング、心構造疾患

研究課題

著書

論文

  • Impact of fluoroscopically-visible fluttering flap on clinical diagnosis of acute aortic dissection Journal of the American College of Cardiology 63巻 14号 2014/04/15 
  • Rapid progression of coronary artery disease in a patient with retroperitoneal fibrosis Journal of Cardiology Cases 4巻 1号 e20-e25頁 2011/08/01 
  • Polymorphic ventricular tachycardia in a patient with hypertrophic cardiomyopathy and digitalis intoxication Journal of Cardiology Cases 6巻 6号 e166-e169頁 2012/12/01 
  • Impact of lesion morphology and associated procedures for left main coronary stenting on angiographic outcome after intervention: Sub-analysis of Heart Research Group of Kanazawa, HERZ, Study Cardiovascular Intervention and Therapeutics 29巻 2号 117-122頁 2014/01/01 
  • Intravascular ultrasound appearance of scattered necrotic core as an index for deterioration of coronary flow during intervention in acute coronary syndrome Heart and Vessels 27巻 5号 443-452頁 2012/09/01 

全て表示

  • Impact of thin-cap fibroatheroma on predicting deteriorated coronary flow during interventional procedures in acute as well as stable coronary syndromes: insights from optical coherence tomography analysis Heart and Vessels 2014/07/19 
  • Impact of out-stent plaque volume on in-stent intimal hyperplasia: Results from serial volumetric analysis with high-gain intravascular ultrasound International Journal of Cardiology 158巻 2号 235-239頁 2012/07/12 
  • Impact of combined lipid lowering with blood pressure control on coronary plaque regression: rationale and design of MILLION study Heart and Vessels 2014/06/04 
  • Repeated occurrence of slow flow phenomenon during and late after sirolimus-eluting stent implantation Heart and Vessels 1-4頁 2014/01/30 
  • Fragmented QRS Predicts Heart Failure Progression in Patients With Hypertrophic Cardiomyopathy CIRCULATION JOURNAL 79巻 1号 136-143頁 2015/01/01 

講演・口頭発表等

  • 急性冠症候群における至適抗血小板薬期間(会議名:第81回日本循環器学会学術集会コントロバシー )(2017/03)
  • 高感度CRPが脂質低下および降圧療法で治療された患者における冠動脈硬化症の退縮に及ぼす影響(会議名:アメリア心臓協会学術集会2015)(2015/10)
  • 血管内皮前駆細胞捕促VEGF固定化ステント及び生体分解性ポリマー薬剤溶出性ステントのステント内早期内皮化:ブタモデルによる検討(会議名:第63回日本心臓病学会学術集会シンポジウム)(2015/09)
  • 患者背景、手技、血管造影所見、血管内超音波所見が冠動脈ステント留置後の新生動脈硬化に与える影響:光干渉断層法所見からの洞察(会議名:第63回アメリカ心臓病学会学術集会)(2014/03)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「大動脈弁狭窄症における心筋内微小循環の評価と臨床応用」(2014-2016)

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○臓器機能制御学特論(2017)
○臓器機能制御学特論(2017)
○臓器機能制御学特論(2016)
○臓器機能制御学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ