本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

山田 敏弘 (やまだ としひろ) 准教授 YAMADA Toshihiro

メール

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院後期課程】
自然科学研究科 環境科学専攻
自然科学研究科 システム創成科学専攻

所属研究室等

植物自然史研究室 TEL:076-264-6207 FAX:076-264-6207

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 理学系研究科 生物科学専攻 2004/03 修了
【出身大学】
京都大学 理学部 地質学鉱物学教室 1999/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

2004-2006 国立科学博物館地学研究部研究員 国立科学博物館地学研究部 研究員(2004/04/01-2006/09/30)
2001-2004 日本学術振興会特別研究員(2001/04/01-2004/03/31)
2006- 金沢大学自然科学研究科 自然科学研究科(2006/10/01-)

生年月

1975年09月

所属学会

日本植物学会
日本植物分類学会
アメリカ植物学会
日本植物形態学会
日本地質学会
日本古生物学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本植物形態学会奨励賞(2004/09/18)
○日本植物分類学会奨励賞(2009/03/14)
○日本植物学会奨励賞(2012/09/16)
○科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2013/04/16)

専門分野

生物多様性・分類

専門分野キーワード

形態学、進化、エボデボ

研究課題

外珠皮と内乳の祖先器官推定に基づく被子植物の起源に関する研究

裸子植物と被子植物の胚珠構造の比較に基づく被子植物の起源に関する研究

著書

論文

  • Developmental morphology of the ovules and seeds of Nymphaeales. AMERICAN JOURNAL OF BOTANY 88巻 6号 963-974頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Developmental morphology of the ovules of Amborella trichopoda (Amborellaceae) and Chloranthus serratus Chloranthaceae). 137巻 00号 277-290頁 2001/11
  • Regnellites nagashimae gen. et sp. nov., the oldest macrofossil of Marsileaceae, from the Upper Jurassic to Lower Cretaceous of western Japan INTERNATIONAL JOURNAL OF PLANT SCIENCES 163巻 5号 715-723頁 2002/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The outer integument and funicular outgrowth in the ovule of Magnolia grandiflora (Magnoliaceae) JOURNAL OF PLANT RESEARCH 116巻 3号 189-198頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression pattern of INNER NO OUTER homologue in Nymphaea (Water lily family, Nymphaeaceae) DEVELOPMENT GENES AND EVOLUTION 213巻 00号 510-513頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Developmental morphology of ovules and seeds of Austrobaileyales AUSTRALIAN JOURNAL OF BOTANY 51巻 5号 555-564頁 2003/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • YABBY2-homologue expression in lateral organs of Amborella trichopoda (Amborellaceae) INTERNATIONAL JOURNAL OF PLANT SCIENCES 165巻 6号 917-924頁 2004/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Taxonomic study of Asterococcus (Chlorophyceae) based on comparative morphology and rbcL gene sequences PHYCOLOGIA 43巻 6号 711-721頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Revision of the stratigraphy of the Toyora and Toyonishi Groups in the Ouchi-Kikugawa area, Yamaguchi Prefecture, West Japan 地質学雑誌 111巻 7号 389-403頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Lower Tithonian (Upper Jurassic) Ammonite Prarapallasiceras newly discovered from the Itoshiro Subgroup (Tetori Group) in Izumi Village, Fukui Prefecture, central Japan PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES B-PHYSICAL AND BIOLOGICAL SCIENCES 81巻 7号 267-272頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression patterns of class I KNOX and YABBY genes in Ruscus aculeatus (Asparagaceae) with implications for phylloclade homology 217巻 5号 363-372頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • AINTEGUMENTA homologue expression in Gnetum (gymnosperms) and implications for the evolution of ovulate axes in seed plants 10巻  280-287頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oldest record of Trimeniaceae from the Early Cretaceous of northern Japan 8巻  135頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The plant fossils from the Kaizara Formation (Callovian, Jurassic) of the Tetori Group in the Izumi district, Fukui Prefecture, Central Japan 12巻 1号  1-17頁 2008/04 査読有 原著論文
  • Platanoid leaves from Cenomanian to Turonian Mikasa Formation, northern Japan and their mode of occurrence 12巻 1号  81-88頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structurally preserved Nilssoniopteris from the Arida Formation (Barremian, Lower Cretaceous) of Japan. doi:10.1016巻 j.revpalbo.2009.04号 006頁 2009/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stopesia alveolata, a Fossil Seed of Trimeniaceae from the Lower Cretaceous (Albian) of Hokkaido, Northern Japan vol. 59巻  228-230頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structurally preserved Zamites bayeri Kvaček from the Coniacian Kashima Formation (Yezo Group) of Hokkaido, Japan doi:10.1016巻 j.cretres.2009.07号 007頁 2009/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stratigraphy of the Upper Jurassic to Lower Cretaceous Tetori Group in the Asuwa River area, Fukui Prefecture, Japan. vol. 7巻  83-89頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Barremian palynofloras from the Ashikajima and Kimigahama formations (Choshi Group, Outer Zone of south-west Japan) Legrand J. Pons D. Nishida H. Yamada T. Geodiversitas 33巻 1号 87-135頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ancestral expression patterns and evolutionary diversification of YABBY genes in angiosperms *Yamada T. *Yokota S. Hirayama Y. Imaichi R. Kato M. Gasser C. S. *Equally contributed PLANT JOURNAL 67巻 26-36頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative anatomy of embryogenesis in three species of Podostemaceae and evolution of the loss of embryonic shoot and root meristems Katayama N. Nishiuchi T. Kato M. Yamada T. EVOLUTION & DEVELOPMENT 13巻 4号 333 –342頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unusual coelom formation in the direct-type developing sand dollar Peronella japonica.  240巻 2432-2439頁 2011/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Origin and development of the cryptic shoot meristem in Zeylanidium lichenoides.  100巻 635-646頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○特別研究員奨励費「外珠皮・内乳の祖先器官推定に基づく被子植物の進化に関する研究」(2001-) 代表者
○若手研究(B)「裸子植物と被子植物の胚珠構造の比較に基づく被子植物の起源に関する研究」(2006-) 代表者
○若手研究(B)「珠皮と葉の平行進化過程の解明」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)「シダ類の頂端細胞型シュートを形成する遺伝子の機能解析」(2012-2014) 代表者
○若手研究(B)「珠皮と葉の平行進化過程の解明」(2009-2010) 代表者

学域・学類担当授業科目

○生物学実習5(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○教職生物学(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○生物多様性と進化(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○植物自然史科学2(2017)
○教職生物学(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○教職生物学(2017)
○生物学グループ演習(2015)
○分類学実験(2015)
○生物学課題演習(2)(2015)
○生物学課題研究(2)(2015)
○生物学実習5(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○生物多様性と進化(2015)
○生理学1(2015)
○基礎生物学実験1(2015)
○基礎生物学実験2(2015)
○植物自然史科学2(2015)
○生命・地球学概論(2015)
○教職生物学(2015)
○教職生物学(2015)
○教職生物学(2015)
○基礎生物学実験1(2014)
○生物学グループ演習(2014)
○基礎生物学実験2(2014)
○教職生物学(2014)
○教職生物学(2014)
○教職生物学(2014)
○生物多様性と進化(2014)
○生理学1(2014)
○生物学実習5(2014)
○植物自然史科学2(2014)
○生物学課題研究(2)(2014)
○生物学課題演習(1)(2014)
○生物学課題研究(1)(2014)
○生物学課題演習(2)(2014)
○分類学実験(2014)

大学院担当授業科目

○生命形態システム学B(2017)
○生命形態システム学A(2017)
○進化古植物学(2017)
○進化古植物学(2017)
○進化古植物学(2017)
○進化古植物学(2017)
○生命システム基礎B(2016)
○生命形態システム学A(2016)
○生命形態システム学B(2016)
○生命システム基礎(2015)
○生命形態システム学(2015)
○生命システム演習2(2015)
○生命システム基礎演習平成25年度以前入学生用(2015)
○生命システム演習1(2015)
○生命システム課題研究平成27年10月入学者用(2015)
○生命システム課題研究平成27年度入学生用(2015)
○リサーチスキルB生命システムコース(2015)
○リサーチスキルA生命システムコース(2015)
○進化古植物学(2015)
○進化古植物学(2014)
○植物形態学(2014)
○植物進化学(2014)
○生命システム演習1(2014)
○生命システム基礎演習平成25年度以前入学生用(2014)
○生命システム演習2(2014)
○生命システム課題研究平成26年10月入学者用(2014)
○リサーチスキルB生命システムコース(2014)
○生命形態システム学(2014)
○リサーチスキルA生命システムコース(2014)
○生命システム課題研究平成26年度入学生用(2014)
○生命システム基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ