本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

藤井 博 (ふじい ひろし) 助教 FUJII Hiroshi

メール

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類

所属研究室等

リウマチ・膠原病内科 TEL:076-265-2253 FAX:076-234-4251

学歴

【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

1976年06月

所属学会

中部リウマチ学会 評議員
日本リウマチ学会 評議員
炎症・再生学会
日本循環器学会
日本免疫学会
透析医学会
日本腎臓学会
内科学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

膠原病・アレルギー内科学

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • IgG4-related Tubulointerstitial Nephritis and Hepatic Inflammatory Pseudotumor without Hypocomplementemia Kim, Fae;Yamada, Kazunori;Inoue, Dai;Nakajima, Kenichi;Mizushima, Ichiro;Kakuchi, Yasushi;Fujii, Hiroshi;Narumi, Kenta;Matsumura, Masami;Umehara, Hisanori;Yamagishi, Masakazu;Kawano, Mitsuhiro INTERNAL MEDICINE 50巻 11号 1239-1244頁 2011
  • Pneumococcal vertebral osteomyelitis and psoas abscess in a patient with systemic lupus erythematosus disclosing positivity of pneumococcal urinary antigen assay Internal Medicine 50巻 20号 2357-2360頁 2011/10/24 
  • Pulmonary hypertension associated with veno-occlusive disease in systemic sclerosis: Insight into the mechanism of resistance to vasodilator Journal of Cardiology Cases 5巻 1号 e44-e47頁 2012/02/01 
  • Henoch-Sch?nlein purpura nephritis in a patient with IgG4-related disease: A possible association Clinical Nephrology 79巻 3号 246-252頁 2013/03/01 
  • A case of refractory cutaneous polyarteritis nodosa in a patient with hepatitis B carrier status successfully treated with tumor necrosis factor alpha blockade Modern Rheumatology 23巻 5号 1029-1033頁 2013/09/01 

全て表示

  • Ablation of the Ccr2 Gene Exacerbates Polyarthritis in Interleukin-1 Receptor Antagonist-Deficient Mice Fujii, Hiroshi;Baba, Tomohisa;Ishida, Yuko;Kondo, Toshikazu;Yamagishi, Masakazu;Kawano, Mitsuhiro;Mukaida, Naofumi ARTHRITIS AND RHEUMATISM 63巻 1号 96-106頁 2011

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「環境及び併存疾患がIgG4関連疾患の発症進展に与える影響」(2017-2019)
○若手研究(B)「関節炎の発症及び進展における腸内細菌叢の役割の解明」(2014-2016)
○若手研究(B)「ケモカインによる関節炎の制御」(2012-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○臓器機能制御学特論(2017)
○臓器機能制御学特論(2017)
○臓器機能制御学特論(2016)
○臓器機能制御学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ