本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年04月13日

源 利成 (みなもと としなり) 教授 MINAMOTO Toshinari

メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

がん進展制御研究所 腫瘍制御

教育分野

【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

腫瘍制御研究分野 TEL:076-265-2792 FAX:076-234-4529

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 病理学 1987/03 修了
【出身大学】
順天堂大学 医学部 医学科 1983/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学 がん進展制御研究所 教授(2001/07/01-)

生年月

所属学会

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会
日本癌学会 評議員(2008-)
日本癌治療学会
日本消化器内視鏡学会 学術評議員,支部評議員(2006-)
日本消化器病学会 評議員,支部評議員(1995-)
日本消化器がん検診学会 評議員,東海北陸支部評議員(2007-)
日本胃癌学会
日本大腸肛門病学会
日本膵臓学会
日本病理学会
日本消化器癌発生学会 理事,評議員(1999-)
日本がん転移学会
日本人類遺伝学会
日本癌病態治療研究会 世話人(2012-)
日本分子腫瘍マーカー研究会 世話人(2013-)
日本がん代謝研究会
American Association for Cancer Research
International Society of Preventive Oncology
World Society of Gastroenterology

学内委員会委員等

受賞学術賞

○原口記念癌研究助成基金平成4年度研究助成(1992/08/01)
○安田記念医学財団平成7年度海外派遣賞(1996/01/06)
○第15回北国がん基金研究助成金(2001/10/11)
○2002年度財団法人澁谷学術文化スポーツ振興財団:大学の新技術研究に対する奨金(2002/11/08)
○第34回(2002年度)内藤記念科学奨励金(2003/03/20)
○日本学術振興会2003年度日米がん研究協力事業派遣研究員(2003/11/05)
○第25回北国がん基金研究助成金(2011/07/27)

専門分野

消化器病 腫瘍外科、腫瘍外科学、がん 分子腫瘍学 分子診断学、消化器外科学、病態医化学

専門分野キーワード

消化器がん、分子腫瘍学、腫瘍外科学

研究課題

ヒト消化管がん組織検体資源化

分子細胞レベルの研究により得られる知見を実際のがん病巣で検証することは,がんの基礎-臨床橋渡し研究に重要である.この目的で,胃がんと大腸がん症例の切除検体からがん病巣組織と非がん部組織を系統的に収集保管し,これらの組織検体から調整する核酸,蛋白質などのバイオマテリアルを,臨床病理学的データや予後情報などとともに資源化する.

消化器がんの腫瘍外科学

消化器がんの多様な腫瘍外科学的特性を明らかにして,がんの診断,治療や研究に応用する.

消化器がんの分子腫瘍学

消化器がんの多様な分子細胞特性を明らかにして,がんの診断や治療法を開発する.

著書

  • 別冊・医学のあゆみ 消化器疾患 Ver.2,-State of arts I. 胃・腸 医歯薬出版 1998/06 原著書 共著 源 利成,磨伊正義
  • 生検鑑別診断アトラス 肝結節の生検診断-診断プロセスを中心に 文光堂 1998/10 原著書 共著 源 利成,山下 要,川島篤弘
  • 臨床家のためのがん遺伝子/がん抑制遺伝子 南江堂 1999/10 原著書 共著 磨伊正義,源 利成
  • 消化器病セミナー・78 特集/消化器内視鏡治療-適応と手技の基本 へるす出版 2000/03 原著書 共著 源 利成,磨伊正義
  • Detection and characterization of oncogene mutations in preneoplastic and early neoplastic lesions Humana Press 2005 原著書 共著 1-59259-840-4 291巻 263-78頁

全て表示

  • Gemcitabine changes the gene expression in human pancreatic cancer cells: search for new therapeutic molecular targets Springer Verlag (ベルリン) Pancreatology, From Bench to Bedside 2009/01 原著書 共著 元雄良治,島崎猛夫,源 利成 消化器がんの分子腫瘍学 33-38頁
  • RNAi in malignant brain tumors: relevance to molecular and translational research Springer Verlag(ベルリン) RNA Technologies and Their Applications 2010/01 原著書 共著 中田光俊,喜多大輔,林 裕,川上和之,濵田潤一郎,源 利成 分子腫瘍学 107-129頁
  • The pivotal roles of GSK3β in glioma biology InTech-Open Access Publisher(クロアチア) Molecular Targets of CNS Tumors 2011/11 原著書 共著 中田光俊,源 利成,Ilya Pyko,林 裕,濵田潤一郎 978-953-307-736-9 分子腫瘍学 印刷中頁
  • Distinct pathologic role for glycogen synthase kinase 3β in colorectal cancer progression InTech -Open Access Publisher-(クロアチア) Colorectal Cancer / Book 1 2012/02 原著書 共著 源 利成,小竹優範,中田光俊,島崎猛夫,も十良治,川上和之 978-953-307-707 消化器がんの腫瘍外科学 印刷中頁

論文

  • Sclerosing pancreatitis showing repidly progressive changes with recurrent mass formation. 元雄良治,源 利成,渡邊弘之,坂井潤太,岡井 高,澤武紀雄 INTERNATIONAL JOURNAL OF PANCREATOLOGY 21巻 1号 85-90頁 1997/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Is p53 overexpression the risk factor for metastases in early invasive colorectal carcinoma? Sory A, 源 利成,太田孝仁,山下 要,澤口 潔,磨伊正義,Misiuna P GI Cancer 2巻 2号 119-27頁 1997/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Quantitative Enriched PCR (QEPCR), a highly sensitive method for detection of K-ras oncogene mutation. Ronai Z, 源 利成 HUMAN MUTATION 10巻 4号 322-5頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Conformation-dependent phosphorylation of p53. Adler V, Pincus MR, 源 利成,Fuchs SY, Bluth MJ, Brandt-Rauf PW, Friedman F, Chen JM, Wang XW, Harris CC, Ronai Z. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 94巻 5号 1686-91頁 1997/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Combined analysis of microsatellite instability and K-ras mutation increases detection incidence of normal and tumor samples from colorectal cancer patients. 源 利成,江角浩安,落合敦志,Belitsky G, 磨伊正義,杉村 隆,Ronai Z. CLINICAL CANCER RESEARCH 3巻 8号 1413-7頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • HNPCCにおける大腸aberrant crypt foci (ACF)-sporadic(単発)症例との比較 山下直行,恩田昌彦,田中宣威,尾田 恭,有村佳昭,源 利成,落合淳志,羽尾邦彦,江角浩安 消化器癌の発生と進展 9巻 281-5頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Does p53 overexpression cause metastases in early invasive colorectal adenocarcinoma? Sory A, 源 利成,太田孝仁,山下 要,澤口 潔,磨伊正義,Misiuna P. EUROPEAN JOURNAL OF SURGERY 163巻 9号 685-92頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Collagen production by cultured human retinal pigment epithelial cells. Kigasawa K, Ishikawa H, Obazawa H, 源 利成,永井 裕,Tanaka Y. Tokai J Exp Clin Med 23巻 3号 147-51頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 器械吻合によるBillroth I法の検討 山下 要,高橋 豊,北方秀一,平野晃一,溝口雅之,渡邊美智夫,源 利成,藤本敏博,磨伊正義 北陸外科学会誌 17巻 1号 21-24頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Environmental factors as regulators and effectors of multistep carcinogenesis. 20巻 4号 519-27頁 1999/04
  • Analysis of JNK, Mdm2 and p14ARF contribution to the regulation of mutant p53 stability. Buschmann T, 源 利成,Wagle N, Fuchs SY, Adler V, Mai M, Ronai Z. JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY 295巻 4号 1009-21頁 2000/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • K-ras mutation: early detection in molecular diagnosis and risk assessment of colorectal, pancreas and lung cancers—a review 源 利成,磨伊正義,Ze'ev Ronai CANCER DETECTION AND PREVENTION 24巻 1号 1-12頁 2000/01 査読有
  • Wnt/beta-catenin signaling induces the expression and activity of bTrCP ubiquitin ligase receptor. Spiegelman VS, Slaga TJ, Pagano M, 源 利成,Ronai Z, Fuchs SY. MOLECULAR CELL 5巻 5号 877-882頁 2000/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Altered expression of beta-catenin and c-erbB-2 in early gastric cancer. Ougolkov A, 磨伊正義,高橋 豊,Bilim V, 清水敦子,源 利成 JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH 19巻 3号 349-355頁 2000/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Altered expression of p53 and p27 proteins, alone or combined, as a predictor of metastatic potential in early invasive carcinomas of colon and rectum ? a comparative clinicopathologic and molecular analysis. 平野晃一,源 利成 CANCER DETECTION AND PREVENTION 24巻 4号 343-355頁 2000/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Early detection of gene mutation in cancer diagnosis Ze’ev Ronai,源 利成 Principle and Practice in Oncology 15巻 1号 1-16頁 2001/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Endosonographic features of advanced gastric carcinoma invading the colon: is it easy to differentiate from pancreatic invasion? Sabet EA, 岡井 高,源 利成,澤武紀雄 ENDOSCOPY 33巻 2号 197頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Presacral ganglioneuroma arising in an elderly man with constipation. 岡井 高,源 利成,大坪公士郎,高橋 豊,北方秀一,角谷真澄,小田恵夫,澤武紀雄  ABDOMINAL IMAGING 26巻 2号 215-217頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Jun NH2-terminal kinase phosphorylation of p53 on Thr-81 is important for p53 stabilization and transcriptional activities in response to stress. Buschman T, Ivanov VN, Henderson S, Fried VA, 源 利成,Alarcon-Vargas D, Pincus MR, Fuchs SY, Ronai Z. MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY 21巻 8号 2743-54頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distinct pattern of p53 phosphorylation in human tumors. 源 利成,Buschmann T, Habelhah H, Matusevich E, Tahara H, Boerresen-Dale A-L, Harris C, Ronai Z. ONCOGENE 20巻 26号 3341-3347頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene mutation as target for early detection in cancer diagnosis 源 利成,Ze'ev Ronai CRITICAL REVIEWS IN ONCOLOGY HEMATOLOGY 40巻 3号 195-213頁 2001/12 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Oncogenic beta-catenin and MMP-7 (matrilysin) cosegregate in the late-stage clinical colon cancer. Ougolkov AV, 山下 要,磨伊正義,源 利成 GASTROENTEROLOGY 122巻 1号 60-71頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Non-Hodgkin lymphoma in a patient with probable hereditary nonpolyposis colorectal cancer. Report of a case and review of the literature. 平野晃一,山下直行,太田孝仁,山下 要,中積泰人,江角浩安,川島篤弘,磨伊正義,源 利成 DISEASES OF THE COLON & RECTUM 45巻 2号 273-279頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Three-dimensional endoscopic ultrasonography for the assessment of gastric carcinoma invasion: could it provide diagnostic innovations? Sabet EA, 岡井 高,源 利成,磨伊正義,澤武紀雄 Digestive Endoscopy 14巻 53-60頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of oncogenes in the diagnosis of cancers with active oncogenic signaling 源 利成,ウゴルコフ アンドレイ,磨伊正義 Expert Reviews in Molecular Diagnostics 2巻 6号 565-575頁 2002/11 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Abnormal expression of E-cadherin, beta-catenin and c-erbB-2 in gastric cancer with liver metastasis Ougolkov A, 山下 要,Bilim V, 高橋 豊,磨伊正義,源 利成 INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE 18巻 2号 160-166頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Visualizing the gastric wall with a 30-MHz ultrasonic miniprobe: ex vivo imaging of normal gastric sites and sites of early gastric cancer Sabet EA, 岡井 高,源 利成,磨伊正義,澤武紀雄 ABDOMINAL IMAGING 28巻 2号 252-256頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Collagenofibrotic glomerulopathy with a widespread expression of type V collagen Morita H, Hasegawa T, 源 利成,小田恵夫,Inui K, Tayama H, Nakao N, Nakamoto Y, Ideura T, Yoshimura A VIRCHOWS ARCHIV-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF PATHOLOGY 442巻 2号 163-168頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Endosonographic evaluation of c-kit-positive gastrointestinal stromal tumor 岡井 高,源 利成,大坪公士郎,湊 宏,小田恵夫,磨伊正義,澤武紀雄 ABDOMINAL IMAGING 28巻 3号 301-307頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of alpha-v integrin family in gastric carcinomas: increased alpha-v beta-6 is associated with lymph node metastasis 川島篤弘,Tsugawa S, Boku A, Kobayashi M, 源 利成,中西功夫,小田恵夫 PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE 199巻 2号 57-64頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • beta-catenin and ras oncogenes detect most human colorectal cancers Zhang B, Ougolkov A, 山下 要,高橋 豊,磨伊正義,源 利成 CLINICAL CANCER RESEARCH 9巻 8号 3073-9頁 2003/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pilot study of low-dose, divided maximum tolerated dose of CPT-11 in 21 consecutive patients with metastatic colorectal or gastric cancer 高橋 豊,北方秀一,山下 要,安本和生,表 和彦,源 利成,磨伊正義 SURGERY TODAY 34巻 3号 246-50頁 2004/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epidermoid cyst of the intrapancreatic accessory spleen producing CA19-9 渡邊弘之,山口泰志,大坪公士郎,毛利久継,元雄良治,山下 要,源 利成,Gabata T, 澤武紀雄 DIGESTIVE ENDOSCOPY 16巻 3号 244-248頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Associations among beta-TrCP, an E3 ubiquitin ligase receptor, beta-catenin and NF-kappaB in colorectal cancer Ougolkov A, 張 濱,山下 要,Bilim V, 磨伊正義,Fuchs SY, 源 利成 JOURNAL OF THE NATIONAL CANCER INSTITUTE 96巻 15号 1161-1170頁 2004/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A full genome scan for gastric cancer. Aoki M, Yamamoto K, Noshiro H, Sakai K, Yokota J, Kohno T, Tokino T, Ishida S, Ohyama S, Ninomiya I, Uesaka K, Kitajima M, Shimada S, Matsuno S, Yano M, Hiratsuka M, Sugimura H, Itoh F, 源 利成,Maehara Y, Takenoshita S, Aikou T, Katai H, Yoshimura K, Takahashi T, Akagi K, Sairenji M, Yamamura Y, JOURNAL OF MEDICAL GENETICS 42巻 1号 83-7頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Correlation of gamma-catenin expression with good prognosis in medulloblastomas. Misaki K, Marukawa K, 林 裕,Fukusato T, 源 利成,Hasegawa M, Yamashita J, 藤沢弘範 JOURNAL OF NEUROSURGERY 102巻 2 suppl号 197-206頁 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary minute invasive de novo colonic adenocarcinoma appearing as submucosal tumor. Zenda T, Masunaga T, Shinozaki K, Hashiba A, Fuwa B, 岡田俊英,源 利成,湊 宏  INTERNATIONAL JOURNAL OF GASTROINTESTINAL CANCER 40巻 3号 177-81頁 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adhesiveness of beta5 integrin variant lacking FNK767-769 is similar to that of the prototype containing FNKFNK764-769. 河原 栄,Saito A, Kobayashi J, Maenaka S, 源 利成,今井美和,小田恵夫 CELL BIOLOGY INTERNATIONAL 29巻 7号 521-8頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Deregulated GSK3beta activity in colorectal cancer: its association with tumor cell survival and proliferation. Shakoori A, Ougolkov A, Yu ZW, Zhang B, Modarressi MH, Billadeau DD, 磨伊正義,高橋 豊,源 利成 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 334巻 4号 1365-73頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A genetic variant in the gene encoding the stress70 protein chaperone family member STCH is associated with gastric cancer in the Japanese population. Aoki M, Yamamoto K, Ohyama S, Yamamura Y, Takenoshita S, Sugano K, 源 利成,Kitajima M, Sugimura H, Shimada S, Noshiro H, Hiratsuka M, Sairenji M, Ninomiya I, Yano M, Uesaka K, Matsuno S, Maehara Y, Aikou T, Sasazuki T. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 335巻 2号 566-74頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oncogenic β-catenin signaling network in colorectal cancer Fuchs SY, Ougolkov AV, Spiegelman VS, 源 利成 Cell Cycle 4巻 11号 1522-1539頁 2005/11 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • c-kit gene mutation is common and widely distributed in intracranial germinomas. Kamakura Y, Hasegawa M, Kida S, Tachibana O, Okamoto Y, 源 利成,Yamashita J, 藤沢弘範 JOURNAL OF NEUROSURGERY 104巻 3 Suppl)号 173-80頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of gemcitabine on the expression of apoptosis-related genes in human pancreatic cancer cells. Jiang PH, 元雄良治,澤武紀雄,源 利成 WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 12巻 10号 1597-602頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Loss of imprinting in IGF2 in colorectal carcinoma assessed by microdissection. Maenaka S, Hikichi T, Imai-Akasofu M, 源 利成,河原 栄 ONCOLOGY REPORTS 15巻 4号 791-5頁 2006/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CRD-BP mediates stabilization of betaTrCP1 and c-myc mRNA in response to beta-catenin signaling. Noubissi F, Elcheva I, Bhatia N, Shakoori A, Ougolkov A, Liu J, 源 利成,Ross J, Fuchs SY, Spiegelman VS. NATURE 441巻 7095号 898-901頁 2006/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 膵癌細胞における塩酸ゲムシタビンによるアポトーシス関連遺伝子発現の変化. 島崎猛夫,石垣靖人,源 利成,元雄良治 膵臓 22巻 1号 14-20頁 2007/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of active fraction of GSK3beta in cancer cells by nonradioisotopic in vitro kinase assay. 麦 威,宮下勝吉,アッバス シャクーリ,張 濱,Yu ZW,高橋 豊,源 利成 ONCOLOGY 71巻 3-4号 297-305頁 2007/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adjuvant immunochemotherapy with protein-bound polysaccharide K for colon cancer in relation to oncogenic beta-catenin activation. 山下 要,Ougolkov A, Nakazato H, Ito K, Ohashi Y, 北方秀一,安本和生,表 和彦,磨伊正義,高橋 豊,源 利成 DISEASES OF THE COLON & RECTUM 50巻 8号 1182-11187頁 2007/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of GSK-3beta activity attenuates proliferation of human colon cancer cells in rodents. アッバス シャクーリ,麦 威,宮下勝吉,安本和生,高橋 豊,大井章史,川上和之,源 利成 Cancer Sci 98巻 9号 1388-93頁 2007/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Methylation levels of LINE-1 repeats and CpG island loci are are inversely related in normal colonic mucosa. Iacopetta B, Grieu F, Phillips M, Ruszkiewicz A, Moore J, 源 利成,川上和之 Cacer Science 98巻 9号 1454-60頁 2007/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low expression of gamma-glutamyl hydrolase mRNA in primary colorectal cancer with the CpG island methylator phenotype. 川上和之,Ooyama A, Ruszkiewicz A, 金 明姫,渡邊 剛Moore J, Oka T, Iacopetta B, 源 利成 Br J Cancer 98巻 9号 1555-61頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of NLRP7 (PYPAF3, NALP7) protein in endometrial cancer tissues. 大野 智,Kinoshita T, Ohno Y, 源 利成,Suzuki N, 井上正樹,須田貴司 Anticancer Res 28巻 4C号 2493-7頁 2008/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Potential therapeutic effect of glycogen synthase kinase 3β inhibition against human glioblastoma 宮下勝吉,川上和之,麦 威,シャクーリ アッバス,藤沢弘範,中田光俊,林 裕,濵田潤一郎,源 利成 CLINICAL CANCER RESEARCH 15巻 3号 887-97頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The IL-6 family cytokine IL-11 regulates homeostatic epithelial cell turnover and promotes gastric tumor development Howlett M, Giraud AS, Lescesen H, Jackson CB, Kalantzis A, van Driel IR, Robb L, Van der Hoek M, Ernst M, 源 利成,Boussioutas A, 大島浩子,大島正伸,Judd LM GASTROENTEROLOGY 136巻 3号 967-977頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction and downregulation of Sox17and its possible roles during the course of gastrointestinal tumorigenesis Du YC, 大島浩子,Oguma K, Kitamura T, Itadani H, 藤村 隆,Piao YS, Yoshimoto T, 源 利成,Kotani H, Taketo MM, 大島正伸 GASTROENTEROLOGY 134巻 4号 1346-1357頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Wnt signaling stimulates transcriptional outcome of the Hedgehog pathway by stabilizing GLI1 mRNA Noubissi FK, Sanek NA, Kawakami K, 源 利成, Moser A, Grinblat Y, Spiegelman VS CANCER RESEARCH 69巻 22号 8572-8578頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Different histological types of non-small cell lung cancer have distinct folate and DNA methylation levels 金 明姫,川上和之,Fukui Y,Tsukioka S,小田 誠,渡邊 剛,源 利成 CANCER SCIENCE 100巻 12号 2325-2330頁 2009/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Deregulated glycogen synthase kinase 3β sustains gastrointestinal cancer cells survival by modulating human telomerase reverse transcriptase and telomerase 麦 威,川上和之,シャクーリ アッバス,京 哲,宮下勝吉,横井健二,金 明姫,島崎猛夫,元雄良治,源 利成 CLINICAL CANCER RESEARCH 15巻 22号 6810-6819頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An emerging strategy for cancer treatment targeting aberrant glycogen synthase kinase 3β 宮下勝吉,中田光俊,シャクーリ アッバス,石垣靖人,島崎猛夫,元雄良治,川上和之,源 利成 Anticancer Agents in Medicinal Chemistry 9巻 10号 1114-1122頁 2009/11 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Long interspersed nuclear element 1 hypomethylation is a marker of poor prognosis in stage IA non–small cell lung cancer 斉藤健一郎,川上和之,松本 勲,小田 誠,渡邊 剛,源 利成 CLINICAL CANCER RESEARCH 16巻 8号 2418-2426頁 2010/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of HITS, a newly identified family with sequence similarity 107 protein (FAM107B), in cancer cells by heat shock stimulation 中島日出夫, 石垣靖人, Xia QS, Ikeda T, Yoshitake Y, Yonekura H, Nojima T, 田中卓二, Umehara H, 友杉直久, Takata T, 島崎猛夫, 中谷直喜, Sato I, 川上和之, Koizumi K, 源 利成, 元雄良治 INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 37巻 3号 583-593頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Helicobacter pylori infection promotes methylation and silencing of trefoil factor 2, leading to gastric tumor development in mice and humans Peterson AJ, Menheniott TR, O'Connor L, Walduck AK, Fox JG, 川上和之, 源 利成, Ong EK, Wang TC, Judd LM, Giraud AS GASTROENTEROLOGY 139巻 6号 2005-2017頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long interspersed nuclear element-1 hypomethylation is a potential biomarker for the prediction of response to oral fluoropyrimidines in microsatellite stable and CpG island methylator phenotype-negative colorectal cancer 川上和之,松之木愛香,金子真美,斉藤健一郎,渡邊 剛,源 利成 Cancer Science 102巻 1号 166-174頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic disorder, inflammation, and deregulated molecular pathways converging in pancreatic cancer development: implications for new therapeutic strategies 元雄良治,島崎猛夫,石垣靖人,中島日出夫,川上和之,源 利成 Cancers 3巻 1号 446-460頁 2011/03 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of gastric carcinogenesis by the hormone gastrin is mediated by suppression of TFF1 epigenetic silencing Tomita H, Takaishi S, Menheniott TR, Yang X, Shibata W, Jin G, Betz KS, 川上和之, 源 利成, Tomasetto C, Rio MC, Lerkowit N, Varro A, Giraud AS, Wang TC GASTROENTEROLOGY 140巻 3号 879-891頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • AP1B plays an important role in intestinal tumorigenesis with the truncating mutation of an APC gene 三村美津子, Masuda A, Nishiumi S, 川上和之, Fujishima Y, Yoshie T, Mizuno S, Miki I, Ohno H, Hase K, 源 利成, 東 健, 吉田 優 INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER 130巻 5号 1011-20頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glycogen synthase kinase 3β inhibition sensitizes pancreatic cancer cells to gemcitabine Shimasaki T, Ishigaki Y, Nakamura Y, Takata T, Nakaya N, Nakajima H, Sato I, Zhao X, Kitano A, Kawakami K, Tanaka T, Takegami T, Tomosugi N, Minamoto T, Motoo Y. Journal of Gstroenterology 47巻 3号 321-333頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inflammation-induced repression of tumor suppressor miR-7 in gastric tumor cells Kong D, Piao YS, Yamashita S, Oshima H, Oguma K, Fushida S, Fujimura T, Minamoto T, Seno H, Yamada Y, Satou K, Ushijima T, Ishikawa TO, Oshima M. Oncogene 31巻 35号 3949-3960頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Can population differences in chemotherapy outcomes be inferred from differences in pharmacogenetic frequencies? Loh M, Chua D, Yao Y, Soo RA, Garrett K, Zeps N, Platell C, Minamoto T, Kawakami K, Iacopetta B, Soong R. Pharmacogenomics Journal in press巻 in press号 in press頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Loss of HITS (FAM107B) expression in cancers of multiple organs: tissue microarray analysis Nakajima H, Koizumi K, Tanaka T, Ishigaki Y, Yoshitake Y, Yonekura H, Sakuma T, Fukushima T, Umehara H, Ueno S, Minamoto T, Motoo Y. International Journal of Oncology 41巻 4号 1347-1357頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The strategy for enhancing temozolomide against malignant glioma Nakada M, Furuta T, Hayashi Y, Minamoto T, Hamada J Frontiers in Oncology 14巻 2号 98頁 2012/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • LINE-1 methylation shows little intra-patient heterogeneity in primary and synchronous metastatic colorectal cancer Matsunoki A, Kawakami K, Kotake M, Kaneko M, Kitamura H, Ooi A, Watanabe G, Minamoto T BMC Cancer 12巻 574頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aberrant glycogen synthase kinase 3β in the development of pancreatic cancer Shimasaki T, Kitano A, Motoo Y, Minamoto T Journal of Carcinogenesis 11巻 15頁 2012/09 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Aberrant glycogen synthase kinase 3β is involved in pancreatic cancer cell invasion and resistance to therapy Kitano A, Shimasaki T, Chikano Y, Nakada M, Hirose M, Higashi T, Ishigaki Y, Endo Y, Takino T, Sato H, Sai Y, Miyamoto K, Motoo Y, Kawakami K, Minamoto T PLoS One 8巻 2号 e55289頁 2013/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glycogen synthase kinase 3β inhibition sensitizes human glioblastoma cells to temozolomide by affecting O6-methylguanine DNA methyltransferase promoter methylation via c-Myc signaling Pyko IV, Nakada M, Sabit H, Teng L, Furuyama N, Hayashi Y, Kawakami K, Minamoto T, Fedulau AS, Hamada JI Carcinogenesis in press巻 in press号 in press頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • TNF-α/TNFR1 signaling promotes gastric tumorigenesis through induction of Noxo1 and Gna14 in tumor cells Oshima H, Ishikawa T, Yoshida GJ, Naoi K, Maeda Y, Naka K, Ju X, Yamada Y, Minamoto T, Mukaida N, Saya H, Oshima M Oncogene in press巻 in press号 in press頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of angiopoietin 2 attenuates lumen formation of tumour-associated vessels in vivo Suzuki R, Yamamoto H, Ngan CY, Ohtsuka M, Kitani K, Uemura M, Nishimura J, Takemasa I, Mizushima T, Sekimoto M, Minamoto T, Doki Y, Mori M International Journal of Oncology in press巻 in press号 in press頁 2013/08 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Biochemical and immunohistochemical Studies on the scirrhous carcinoma of human stomach(会議名:The New York Academy of Science)(1984)
  • Abnormal distributions of type IV collagen in tumor tissues(会議名:International Symposium on Biology and Chemistry of Basement Membrane)(1985)
  • ラット皮膚線維芽細胞コラーゲン代謝の加齢変化(会議名:第58回日本生化学会大会)(1985)
  • プロテオグリカンコア蛋白はムコ多糖成分に特異的か(会議名:第33回コラーゲン研究会)(1986)
  • 妊娠時子宮頚部におけるコラーゲンの型分布(会議名:第33回コラーゲン研究会)(1986)

全て表示

  • ヒト培養網膜色素上皮細胞のコラーゲン産生に関する研究(会議名:第90回日本眼科学会総会)(1986)
  • Distribution of tissue plasminogen activator in the eye tissue with special reference to collagenolysis(会議名:7th International Congress of Eye Research)(1986)
  • 胃硬癌の間質におけるI型,III 型,IV型およびV型コラーゲンの電顕的局在(会議名:第34回コラーゲン研究会)(1987)
  • Dimethyl sulfoxide (DMSO) の培養平滑筋細胞のコラーゲン合成能に及ぼす影響(会議名:第34回コラ−ゲン研究会)(1987)
  • 乳癌および胃癌の間質における型別コラーゲンの局在(会議名:第76回日本病理学会総会)(1987)
  • 培養平滑筋細胞のコラーゲン合成能に及ぼすDimethyl sulfoxideの影響(会議名:第76回日本病理学会総会)(1987)
  • 骨肉腫間質における型別コラ−ゲンの検討 −組織分布と培養細胞での産生−(会議名:第19回日本結合組織学会総会)(1987)
  • 慢性間接リウマチ (RA)滑膜細胞由来matrix metalloprotease-1, 2, 3 の I - V 型コラ−ゲンに対する作用(会議名:第19回日本結合組織学会総会)(1987)
  • 胃硬癌間質の成因について −型別コラ−ゲンの免疫組織化学的局在による検討−(会議名:第29回日本消化器病学会大会)(1987)
  • 胃のリンパ球浸潤性髄様癌 (medullary carcinoma with lymphoid stroma) の内視鏡像とその臨床的意義(会議名:第34回日本消化器内視鏡学会総会)(1987)

芸術・フィールドワーク

特許

○特願2005-000133:GSK3β阻害効果に基づく抗がん剤の評価方法(2005.1. 4 出願)(公開年月:2005/02/01)(出願国名:日本)(特許番号:特願2005-000133)
○GSK3beta阻害効果に基づくがんの抑制と抗がん剤の評価方法(出願国名:国際出願)(特許番号:PCT/JP2006/300160)
○多型部位の遺伝子配列及びヘテロ接合性の消失の判定方法、並びにそれに基づいた癌に対する医薬(公開年月:2007/02)(出願国名:日本)(特許番号:特願2007-19068号)
○多型部位の遺伝子配列及びヘテロ接合性の消失の判定方法、並びにそれに基づいた癌に対する医薬(出願国名:日本)(特許番号:特願2007−19068号)
○GSK3beta阻害効果に基づくがんの抑制および抗がん剤の評価方法(出願国名:日本(国際特許))(特許番号:特願2006-550915)
○Suppression of cancer and method for evaluating anticancer agent based on the effect of inhibiting GSK3beta(出願国名:アメリカ合衆国)(特許番号:アメリカ合衆国特許出願 No. 11/794,716)
○Suppression of cancer and method for evaluating anticancer agent based on the effect of inhibiting GSK3beta(出願国名:イギリス)(特許番号:ヨーロッパ特許出願 No. 06700524.9)
○Suppression of cancer and method for evaluating anticancer agent based on the effect of inhibiting GSK3beta(出願国名:ドイツ)(特許番号:ヨーロッパ特許出願 No. 06700524.9)
○Suppression of cancer and method for evaluating anticancer agent based on the effect of inhibiting GSK3beta(出願国名:フランス)(特許番号:ヨーロッパ特許出願 No. 06700524.9)
○癌患者の外科的手術後の治療選択方法及び予後診断(公開年月:2008/12/01)(特許番号:特願2008-264695)
○脳腫瘍治療用キット及び脳腫瘍治療方法(出願国名:日本)
○膵臓癌治療剤(公開年月:2014/11/17)(出願国名:日本)

共同研究希望テーマ

○大腸癌の分子診断
○がん分子治療法の開発

科研費

○「ラットの実験食道発がんモデルを用いた発がん抑制因子の検索(1993)」(1993-) 分担者
○基盤研究(B)「消化器癌(胃癌・大腸癌)の転移の予知とその対策−分子腫瘍マーカーよりの検討 (1995-1997)」(1995-) 分担者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「罹患同胞対法を用いた胃がん関連遺伝子の解明 (1999-2000)」(1998-) 分担者
○基盤研究(C)「ヒト胃癌における遺伝子発現異常の連鎖解析(SAGE)を用いた包括的解明 (1999-2000)」(1999-) 代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「胃がん発症に関与する遺伝子の解明 (2000-2001)」(2000-) 分担者
○特定領域研究(B)(1998-2001)「消化器癌における転移分子機構の解明とその制御-特に,マトリックスメタロプロテイナーゼと血管新生ならびにその阻害物質による微小転移の抑制− (2000-2002)」(2000-) 分担者
○基盤研究(C)「ヒト大腸癌におけるbeta-カテニンシグナル伝達系活性化と制御機構の解析 (2001-2002)」(2001-) 代表者
○重点領域研究(1987-1997)「胃がん発症に関与する遺伝子の解明 (2002-2004)」(2002-) 分担者
○特別研究員奨励費「消化器癌におけるbeta-カテニンがん遺伝子シグナル伝達活性化と制御機構の解明:がん分子診断と検診への応用 (2002-2004)」(2002-) 代表者
○特定領域研究(B)(1998-2001)「大腸癌におけるがん化シグナルの特異的活性化・制御機構の個別的ならびに網羅的解析-beta-カテニンシグナル伝達関連遺伝子群を中心に- (2003-2005)」(2003-) 代表者
○特別研究員奨励費「大腸癌の発生進展に関わる新世代がん遺伝子の活性化機構:遺伝子診断と分子標的治療の開発を目指して(Activation of the new generation oncogenes in colorectal cancer as targets for diagnosis and therapy)(2003-2005)」(2003-) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「糖代謝調節キナーゼのWntシグナル非依存的がん化作用の解明と大腸癌制御 (2004-2005)」(2004-) 代表者
○基盤研究(C)「alpha-V beta8インテグリンによるTGF-beta1の活性化が大腸癌の浸潤・転移に及ぼす影響 (2004-2005)」(2004-) 分担者
○研究活動スタート支援「がん生物学に基づく新しい治療法に関する研究:細胞調節システム破綻の解析と大腸がん制御への応用 (2004-2008)」(2004-2008) 分担者
○基盤研究(C)「Tailored dose化学療法の確立とその基礎的研究 (2005-2006)」(2005-) 分担者
○基盤研究(B)「Wntを中心とする基幹的細胞シグナル破綻機構の解明と大腸がん制御への応用 (2006-2008)」(2006-) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「beta-catenin/Tcf複合体の新規転写標的分子の同定と大腸癌における機能解析 (2006-2007)」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「樹状細胞による自己癌標的免疫療法を増強させる,各種抗癌剤の適量に関する検討 (207-2008)」(2007-) 分担者
○若手研究(B)「GSK3betaのがん細胞生存・増殖維持機能の解明と分子標的がん治療法の開発 (2007-2008)」(2007-) 分担者
○萌芽研究(2002-2008)「塩酸ゲムシタビンによる膵がん細胞のEMT誘導の検証と分子細胞機構の解明 (2007-2008)」(2007-2008) 分担者
○若手研究(スタートアップ)(2006-2009)「GSK3beta阻害に基づく新しいがん治療法と抗がん剤,放射線感受性の修飾効果 (2008-2009)」(2008-) 分担者
○特定領域研究「GSK3betaのがん促進機能の分子機構解明とその阻害に基づく消化器がん制御法の開発 (2008-2009)」(2008-2009) 代表者
○基盤研究(B)「大腸癌におけるDNAメチル化の調節機構解明と遺伝子診断・治療への応用 (2008-2010)」(2008-2010) 分担者
○基盤研究(A)(一般)「基幹的細胞調節経路の異常に起因する消化器がんの病態解明とがん制御への応用」(2010-2012) 代表者
○挑戦的萌芽研究「がん特異的ネルギー代謝を標的とする消化器がん治療法の開発」(2011-2012) 代表者
○基盤研究(B)「ゲノムの低メチル化とレトロポゾンの活性化を特徴とする大腸がんの診断・治療開発」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(C)「GSK3beta阻害による消化器がん治療法の開発と分子機構の解明」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(C)「がん温熱療法の新規分子マーカー候補FAM107ファミリー蛋白質の発現・機能解析」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(C)「悪性グリオーマの浸潤シグナルを狙った分子標的療法の確立」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(C)「化学療法により誘発されるEMT誘導因子の同定とその制御による膵がん治療法の開発」(2011-2013) 分担者
○挑戦的萌芽研究「蛋白質リン酸化特性の網羅的解析による大腸がんの病態解明と制御への応用」(2013-2014) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○臨床分子腫瘍学特論(2017)
○臨床分子腫瘍学特論(2017)
○臨床分子腫瘍学特論(2017)
○分子腫瘍学(2017)
○臨床分子腫瘍学特論(2016)
○臨床分子腫瘍学特論(2016)
○臨床分子腫瘍学特論(2016)
○分子腫瘍学(2016)
○臨床分子腫瘍学特論(2015)
○分子腫瘍学(2015)
○分子腫瘍学(2014)
○臨床分子腫瘍学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○集検事業管理指導委員会 胃がん部会委員長代行
○集検事業管理指導委員会 大腸がん部会委員長代行
○日本外科学会認定医認定委員会試験委員(2003/06/19-)
○日本外科学会認定医認定試験試験委員(2004/08/26-)
○日本外科学会認定医認定試験試験委員(2005/06/15-)
○科学研究費委員会専門委員(2006/01/01-2006/12/31)
○科学研究費委員会専門委員(2007/01/01-2007/12/31)
○日本外科学会専門医認定試験試験委員(2007/09/04-)
○日本外科学会専門医認定試験試験委員(2008/09/04-)
○日本外科学会専門医認定試験試験委員(2009/06/15-)
○スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員(2009/06/01-2010/03/31)
○科学研究費委員会専門委員(2009/12/01-2010/11/30)
○スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員(2010/04/01-)
○日本外科学会専門医認定試験試験委員(2010/09/07-)
○科学研究費委員会専門委員(2010/12/01-2011/11/30)

講演可能なテーマ

○大腸がん(キーワード:大腸がん,早期発見,治療と予防)
○遺伝する大腸がん(キーワード:大腸がん,遺伝,遺伝子検査)
○がんの遺伝子医療(キーワード:がん,遺伝子診断・治療,遺伝と遺伝子)
○難治がんの治療

その他公的社会活動

このページの先頭へ