本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月22日

山本 靖彦 (やまもと やすひこ) 教授 YAMAMOTO Yasuhiko

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 血管分子生物学

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 循環医科学専攻

所属研究室等

金沢大学医薬保健研究域医学系血管分子生物学 TEL:076-265-2181 FAX:076-234-4217

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 内科系 1996/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1992/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

日本学術振興会リサーチアソシエート(1997/09-1999/03)
金沢大学 助手(1999/04-2001/03)
金沢大学 助教(2001/04-2006/06)
金沢大学 講師(2006/07-2012/04)
ハーバード大学医学部ジョスリン糖尿病センター研究員(2006/10-2009/08)
金沢大学 准教授(2012/05-2015/04)
金沢大学 教授(2015/05-)

生年月

1968年03月

所属学会

日本内科学会
国際メイラード学会 12thISMRプログラム委員長(2015-2015)
日本メイラード学会 シンポジウム/ファンド委員(2009-)
日本腎臓学会
日本癌学会
アメリカ糖尿病学会
日本糖尿病合併症学会 評議員(2015-)
日本血管生物医学会
ヨーロッパ糖尿病学会
日本糖尿病学会
日本生化学会 北陸支部会幹事・副支部長(2014-2016)
糖化ストレス研究会 世話人・幹事(2011-)
日本抗加齢医学会 評議員(2011-)

学内委員会委員等

○学生支援委員会 委員(2017-)
○ライフサイエンス研究戦略委員会 委員(2015-)
○大学院委員会 委員(2016-)
○COCアカデミア委員会 委員(2015-)
○医学類1年生チュートリアル委員会 委員(2016-)
○新分野設置委員会 委員(2016-)
○大学院医薬保健総合研究科先進予防医学研究科合同運営委員会 委員(2016-)
○教育委員会 委員(2016-)
○学生支援委員会 委員(2012-2013)
○ヒトゲノム遺伝子解析研究倫理審査委員 委員(2012-2015)
○メディカルリサーチトレーニング(MRT)プログラム 委員(2012-)
○金澤大学の研究力強化のための若手研究者討論会 委員(2013-2013)

受賞学術賞

○日本糖尿病合併症学会 Young Investigator Award(2008/10/03)
○Sr. Iacocca Visiting Scientist Award(2007/05/08)
○住友生命社会福祉事業団海外医学研究助成(2006/09/27)
○財団法人日本糖尿病財団研究助成(2004/11/26)
○日本生化学会北陸支部奨励賞(2003/05/31)
○財団法人三井生命厚生事業団医学研究助成(2002/09/05)
○財団法人北陸産業活性化センター研究助成(2000/09/01)
○第30回北國がん基金研究助成(2016/09/06)

専門分野

医化学一般、病態医化学

専門分野キーワード

細胞代謝、糖尿病合併症、炎症、神経内分泌

研究課題

肥満と炎症

細胞代謝と疾患

糖尿病血管合併症発症メカニズムの解明と治療法の開発

新たな自然免疫機構の探究

著書

  • 最新医学 糖尿病と合併症 メイラード反応と終末糖化産物(AGEs) 最新医学社 2015/07 原著書 単著 山本靖彦
  • Bグルコサミン研究 糖化反応と細胞応答さらにその制御系―生理的役割と病態形成への関わり グルコサミン研究会 2015/11 原著書 単著 山本靖彦
  • 日本臨床 新時代の臨床糖尿病学(下)X. 糖尿病合併症―発症・進展の分子機序― AGE-RAGE系 日本臨床 2016/02 原著書 共著 原島愛、棟居聖一、山本靖彦
  • BIO Clinica BIOLOGY TOPICS 糖尿病合併症発症の分子機構:避けられない糖化反応とその終末糖化産物受容体RAGE 北隆館 2016/06 原著書 単著 山本靖彦
  • BIO Clinica BIOLOGY TOPICS パターン認識受容体RAGEの切断により糖尿病合併症を制御する 北隆館 2016/03 原著書 単著 山本靖彦

全て表示

  • 月刊糖尿病学2016年 AGE-RAGE系と糖尿病 医学出版 2016/12 原著書 共著 原島愛、棟居聖一、山本靖彦
  • 日本食生活学会誌 糖化制御と生活習慣病の予防 日本食生活学会 2015/04 原著書 共著 山本靖彦、棟居聖一
  • アンチ・エイジング医学 特集今後期待される新規バイオマーカー 日本抗加齢医学会 2014/01 原著書 共著 山本靖彦, 後藤久典, 山本博
  • 日本薬理学会雑誌 パターン認識受容体RAGEによる病態とそれに対する創薬を考える 日本薬理学会 2014/01 原著書 単著 山本靖彦、山本博
  • 金沢大学十全医学会雑誌 パターン認識受容体RAGEの生理的役割と病態への関与 金沢大学十全医学会 2013/01 原著書 単著 山本靖彦
  • 糖尿病合併症 Glucotoxicityと細小血管症 日本糖尿病合併症学会 2013/01 原著書 共著 山本靖彦、山本博
  • 7章合併症 羊土社 2013/05 原著書 単著 山本靖彦
  • RAGEと敗血症性ショック 医学のあゆみ 2013/08 原著書 共著 原島愛,山本靖彦,山本博
  • 基礎生化学-健康・疾患とのつながり- アイケーコーポレーション 2013/03 原著書 共著 永井竜児、大島寛史編 山本靖彦
  • 血管生物医学事典「AGE受容体」 朝倉書店 2012/12 原著書 共著
  • 第12章AGE受容体RAGEの役割 シーエムシー出版 糖化による疾患と抗糖化食品素材 2010/12 原著書 共著 山本靖彦、山本博 978-4-7813-0294-2
  • AGE受容体 朝倉書店 血管生物医学事典 原著書 共著 山本靖彦、山本博
  • 糖尿尿性細小血管症(第2版)AGEおよびRAGEの役割 日本臨床社 日本臨床 2010/11 原著書 共著 山本靖彦、山本博 68巻 増刊号 39-44頁
  • Identification of mouse ortholog of endogenous secretory receptor for advanced glycation endproducts: structure, function and expression. 2006/01 原著書 共著 396巻 1号  109-115頁
  • A severe diabetic nephropathy model with early development of nodule-like lesions induced by megsin overexpression in the RAGE/ iNOS transgenic mice. 2006 原著書 共著 55巻  356-366頁
  • Development of an ELISA for esRAGE and its application to type 1 diabetic patients. 2006 原著書 共著 73巻  158-165頁
  • Deletion of RAGE causes hyperactivity and increased sensitivity to auditory stimuli in mice. 2009 原著書 共著 4巻 12号 e8309頁
  • Isoflavones inhibit nicotine C-oxidation catalyzed by human CYP2A6. 2006/03 原著書 46巻 3号  337-344頁
  • Expression profiling of endogenous secretory receptor for advanced glycation end products in human organs. 2005/10 原著書 共著 18巻 10号  1385-1396頁
  • 医学書院医学大辞典 医学書院 2003/03 原著書 編著 山本靖彦 4-260-13651-8
  • 医学のための基礎分子細胞生物学 南山堂 2003/04 原著書 編著 山本靖彦 4-525-13003-2
  • 分子糖尿病学8 医学図書出版 1997 原著書 共著 (分担執筆)山本 靖彦,山岸 昌一,原田 真市,米倉秀人,山本 博
  • 分子糖尿病学 8 医学図書出版 1997 原著書 共著 (分担執筆)山岸 昌一,米倉秀人,山本 靖彦,藤森英希,勝野健次,佐藤文康,三田 泉,大岡久芳,里沢 昇,原田 真市,川上卓久,野村素弘,山本 博
  • 糖尿病学の進歩 金原出版 2001 原著書 共著 (分担執筆)山本靖彦、米倉秀人、山本 博
  • 実験医学 増刊 血管研究の最前線2000 羊土社 2000 原著書 共著 (分担執筆)山本靖彦,米倉秀人,Md. Joynal Abedin,田中伸茂,善田貴裕,卯木浩之,山岸昌一,山本 博
  • 実験医学 増刊 血管の分子医学 - その最前線 羊土社 1998 原著書 共著 (分担執筆)山岸昌一,米倉秀人,山本靖彦,山本 博
  • Mebio 別冊 Multiple Risk Factorと動脈硬化 メジカルビュー社 1999/09 原著書 共著 (分担執筆)山岸昌一,米倉秀人,山本靖彦,山本 博

論文

  • Deletion of RAGE causes hyperactivity and increased sensitivity to auditory stimuli in mice Sakatani Sほか PloS ONE 4巻 12号 8309頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 deficiency leads to inhibition of proinflammatory activities of macrophages and atherosclerosis in mice Wang Fほか J Clin Invest 120巻 11号 3979-3995頁 2010/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Significance of advanced glycation endproducts (AGEs) in aging-related disease Nagai Rほか  Anti-aging Medicine 7巻 10号 112-119頁 2010/06 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • The effects of receptor for advanced glycation end products (RAGE) on bone metabolism under physiological and diabetic condition Hamada Yほか Endocrine 38巻 3号 369-376頁 2010/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Blockade of endothelial-mesenchymal-transition by a Smad3 inhibitor delays the early development of streptozotocin-induced diabetic nephropathy. Diabetes 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Regulation of alternative splicing of the receptor for advanced glycation endproducts (RAGE) through G-rich cis-elements and heterogenous nuclear ribonucleoprotein (hnRNP) H. J Biochem 147巻 5号 651-659頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of allergic bronchial asthma by thrombomodulin is mediated by dendritic cells. Am J Respir Crit Care Med 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spontaneous bone loss in RIP-iNOS transgenic mouse: A mouse model for diabetes- mediated osteopenia/osteoporosis. Cell Cycle 8巻 24号 4179-4181頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glycation of a food allergen by the Maillard reaction enhances its T-cell immunogenicity: the role of macrophage scavenger receptor class A type I and II. J Allergy Clin Immunol 125巻 1号 175-183頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • RAGE mediates oxidized LDL-induced pro-inflammatory effects and atherosclerosis in non-diabetic LDL receptor-deficient mice. Cardiovasc Res 82巻 2号  371-381頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Septic shock is associated with receptor for advanced glycation endproducts (RAGE) ligation of LPS Yamamoto Yほか J Immunol 186巻 5号 3248-3257頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The solution structure of variable-type domain of receptor for advanced glycation endproducts: a new insight into AGE-RAGE interaction. Biochemistry 47巻 47号  12299-12311頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Neural activity dependent release of S100B from astrocytes enhances kainite-induced gamma oscillations in vivo. J Neurosci 28巻 43号  10928-10936頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reduced expression of endogenous secretory receptor for advanced glycation endproducts in hippocampal neurons of Alzheimer's disease brains. Arch Histol Cytol 70巻 5号  279-290頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • De-N-glycosylation or G82S mutation of RAGE sensitizes its interaction with advanced glycation endproducts. Biochem Biophy Acta 1770巻 10号  1468-1474頁 2007/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Assaying soluble forms of receptor for advanced glycation endproducts. Arterioscler Thromb Vasc Biol 27巻  33-34頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The role of the receptor for advanced glycation end-products in lung fibrosis. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 2007/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Endogenous secretory receptor for advanced glycation end-products as a novel prognostic marker in chondrosarcoma. Cancer 109巻 12号  2532-2540頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Short-chain aldehyde-derived ligands for RAGE and their actions on endothelial cells. Diabetes Res Clin Pract S1巻  30-40頁 2007/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of diabetic leukostasis and blood-retinal barrier breakdown with a soluble form of a receptor for advanced glycation end products. Invest Ophthal Vis Sci 48巻 2号  858-865頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Endogenous secretory receptor for advanced glycation endproducts levels are correlated with serum pentosidine and CML in patients with type 1 diabetes. Arterioscler Thromb Vasc Biol 27巻 1号  253-254頁 2007/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Endogenous secretory receptor for advanced glycation end products in non-small cell lung carcinoma. Am J Respir Crit Care Med 175巻 2号  184-189頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Receptor for advanced glycation endproducts is involved in impaired angiogenic response in diabetes. Diabetes 55巻 8号  2245-2255頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • RAGE control of diabetic nephropathy in a mouse model: effects of RAGE gene disruption and administration of low molecular weight heparin. Diabetes 55巻 9号  2510-2522頁 2006/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Plasma level of endogenous secretory receptor for advanced glycation endproducts (esRAGE) is associated with components of the metabolic syndrome and atherosclerotic arterial wall thickness. Arterioscler Thromb Vasc Biol 25巻 12号  2587-2593頁 2005/12 査読有 原著論文
  • RAGE is a promising target of diabetic nephropathy. Yamamoto Y. et al. ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES 1013号 1-5頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The N-terminal domain of thrombomodulin sequesters high mobility group-B1. Abeyama, K., Yamamoto, Y. et al. JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 115号 1267-1274頁 2005/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Possible participation of pICln in the regulation of angiogenesis through alternative splicing of VEGF receptor mRNAs. Li H, Yamamoto Y, et al. Endothelium 11巻 5-6号 293-300頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • AGE-RAGE系と糖尿病血管合併症 山本靖彦 生化学 75巻 9号 1230-1233頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • AGE downregulation of monocyte expression of RAGE mRNA and its association with diabetic complications in type 1 diabetes. Miura J. et al. JOURNAL OF DIABETES AND ITS COMPLICATIONS 18巻 53-60頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Advanced glycation end products increase collagen-specific chaperone protein in mouse diabetic nephropathy. Ohashi S, et al. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 279巻 19816-19823頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of a novel AGE-capturable soluble variant of the RAGE in human sera. Sakurai S, Yamamoto Yほか Excerpta Medical International Congress Series 163-167頁 2002/10 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • RAGE engagement and vascular cell derangement by short chain sugar-derived advanced glycation endproducts. Yonekura H, Yamamoto Yほか Excerpta Medical International Congress Series 129-135頁 2002/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The role of AGE-RAGE system in the development of diabetic nephropathy in vivo. Yamamoto Yほか Excerpta Medica International Congress Series 45-50頁 2002/10 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Advanced glycation endproduct-induced calcium handling impairment in mouse cardiac myocytes. Petrova R, Yamamoto Yほか JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY 34巻 1425-1431頁 2002/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel splice variants of the RAGE expressed in human vascular endothelial cells and pericytes, and their putative roles in diabetes-induced vascular injury. Yonekura H, Yamamoto Yほか BIOCHEMICAL JOURNAL 370巻 3号 1097-1109頁 2003/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • AGE-deriven angiogenesis in vitro: induction of the growth and tube formation of human microvascular endothelial cells through autocrine VEGF. Yamagishi S, Yamamoto Yほか JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 272巻 13号 8723-8730頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 血管系細胞の"co-culture"と"hypoxic culture 山本博、山本靖彦ほか 口腔組織培養研究会誌 4巻 1号 1-7頁 1996/01 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 諸糸球体疾患におけるsuperoxidase dismutaseの表出について 三崎嗣穂 腎とフリーラジカル第2集 272-274頁 1996/02 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 中高年糖尿病患者におけるノボペンRの使用経験 能登裕、山本靖彦ほか PRACTICE 13巻 1号 1996/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 末端肥大症患者における血清リポ蛋白(a)(Lp(a))濃度について 永井幸広、山本靖彦ほか 日本内分泌学会雑誌 72巻 6号 1035-1041頁 1996/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 後期糖化反応生成物(AGE)による血管内皮細胞・周皮細胞傷害とその分子機構 山岸昌一、山本靖彦ほか 分子糖尿病学 7巻 29-34頁 1996/07 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • The regulation of soluble receptor for AGEs contributes to carbonyl stress in schizophrenia Miyashita M, Watanabe T, Ichikawa T, Toriumi K, Horiuchi Y, Kobori A, Kushima I, Hashimoto R, Fukumoto M, Koike S, Ujike H, Arinami T, Tatebayashi Y, Kasai K, Takeda M, Ozaki N, Okazaki Y, Yoshikawa T, Amano N, Washizuka S, Yamamoto H, Miyata T, Itokawa M, Yamamoto Y, Arai M Biochemical and Biophysical Research Communications 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Targeting of RAGE-ligand signaling impairs breast cancer cell invasion and metastasis Hudson B, Kwak TY, Drews-Elger K, Ergonul A, Braley A, Zhao D, Besser A, El-Ashry D, Slingerland J, Lippman M, Miller P, Yamamoto Y, Yamamoto H, Hwang G Oncogene 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical relevance of peroxisome proliferator-activated receptor-gamma expression in myxoid liposarcoma Takeuchi A, Yamamoto N, Shirai T, Hayashi K, Miwa S, Munesue S, Yamamoto Y, Tsuchiya H BMC Cancer 16巻 442頁 2016/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atf6α deficiency suppresses microglial activation and ameliorates pathology of experimental autoimmune encephalomyelitis Ta H, Le T, Ishii H, Takarada-Iemata M, Hattori, T, Hashida K, Yamamoto Y, Mori K, Takahashi R, Kitao Y, Hori O J Neurochem 2016/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclic ADP-ribose and heat regulate oxytocin release via CD38 and TRPM2 in the hypothalamus during social or psychological stress in mice Zhong J, Amina S, Liang M, Akther S, Yuhi T, Nishimura T, Higashida C, Tsuji T, Liu HX, Hashii M, Furuhara K, Yokoyama S, Yamamoto Y, Okamoto H, Zhao YJ, Lee HC, Tominaga M, OLopatina O, Higashida H Front Neurosci 10巻 304頁 2016/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adipose natural killer cells regulate adipose tissue macrophages to promote insulin resistance in obesity Lee BC, Kim MS, Pae M, Yamamoto Y, Eberlé D, Shimada T, Kamei N, Park HS, Sasorith S, Woo JR, You J, Mosher W, Brady HJM, Shoelson SE, Lee J Cell Metab 23巻 4号 685-698頁 2016/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modulation of leukotriene B4 receptor 1 signaling by RAGE Ichiki T, Koga T, Okuno T, Saeki K, Yamamoto Y, Yamamoto H, Sakaguchi M, Yokomizo T FASEB J 30巻 5号 1811-1822頁 2016/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tumor-associated macrophages of the M2 phenotype contribute to progression in gastric cancer with peritoneal dissemination Yamaguchi T, Fushida S, Yamamoto Y, Tsukada T, Kinoshita J, Oyama K, Miyashita T, Tajima H, Ninomiya I, Munesue S, Harashima A, Harada S, Yamamoto H, Ohta T Gastric Cancer 2015/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The receptor for advanced glycation end-products is associated with apoptosis of alveolar epithelial cells in hyperoxia exposure in vitro and in vivo Ota C, Ishizawa K, Yamada M, Tando Y, Mei H, Takahashi T, Yamamoto Y, Yamamoto H, Kubo H Respiratory Invest 54巻 2号 98-108頁 2016/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epidermal expression of receptor for advanced glycation end-products (RAGE) is related to inflammation and apoptosis in human skin Iwamura M, Yamamoto Y, Kitayama Y, Higuchi K, Fujimura T, Hase T, Yamamoto H Exp Dermatology 25巻 3号 235-237頁 2016/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • RAGE mediates the interactivation of nAChRs in sympathetic neurons during high glucose conditions Chandna AR, Baskaran MN, Chang C, Pennington PR, Mousseau DD, Yamamoto Y, Campanucci VA Eur J Neurosci 41巻 3号 341-351頁 2015/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gadd34 regulates liver regeneration in hepatic steatosis Inaba Y, Furutani T, Kimura K, Watanabe H, Haga S, Kido Y, Yamamoto Y, Harada K, Kaneko S, Oyadomari S, Ozaki M, Kasuga M, Inoue H Hepatology 61巻 4号 1343-1356頁 2015/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Emphysema requires the receptor for advanced glycation end products triggering on structural cells Waseda K, Miyahara N, Taniguchi A, Kurimoto E, Ikeda G, Koga H, Fujii U, Yamamoto Y, Gelfand EW, Yamamoto H, Tanimoto M, Kanehiro A Am J Respir Cell Mol Biol 52巻 4号 482-491頁 2015/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contrasting Roles for the Receptor for Advanced Glycation End-Products on Structural Cells in Allergic Airway Inflammation versus Airway Hyperresponsiveness Taniguchi A, Miyahara N, Waseda K, Kurimoto E, Fuji U, Tanimoto Y, Kataoka M, Yamamoto, Y, Gelfand E, Tanimoto M, Yamamoto H, Kanehiro A Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 309巻 8号 L789-800頁 2015/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Thrombomodulin modulates dendritic cells via both antagonism of high mobility group protein B1 and an independent mechanism Toda M, D'Alessandro-Gabazza CN, Takagi T, Chelakkot-Govindalayathila AL, Taguchi O, Roeen Z, Munesue S, Yamamoto Y, Yamamoto H, Gabazza EC, Morser J Allergology Int 63巻 1号 57-66頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Maltitol endows foods with lower 3-deoxyglucosone content and less RAGE agonism as a sweetener against sucrose Kuretani A, Kawamura R, Munesue S, Yamamoto Y, Honda J, Yamamoto H Glycative Stress Res 1巻 2号 25-31頁 2014/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glycyrrhizin inhibits traumatic brain injury in rats by reducing HMGB1-RAGE interaction Okuma Y, Liu K, Wake H, Liu R, Nishimura Y, Hui Z, Teshigawara K, Haruma J, Yamamoto Y, Yamamoto H, Date I, Takahashi HK, Mori S, Nishibori M Neuropharmacology 85巻 18-26頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • cAMP ameliorates inflammation in macrophages by modulation of receptor for advanced glycation end-products Motoyoshi S, Yamamoto Y, Munesue S, Igawa H, Harashima A, Saito H, Han H, Watanabe T, Sato H, Yamamoto H Biochem J 463巻 1号 72-82頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Longistatin secreted with tick saliva blocks RAGE Anisuzzaman, Hatta T, Miyoshi T, Mtsubayashi M, Islam MK, Alim MA, Anas MA, Hasan MM, Matsumoto Y, Yamamoto Y, Yamamoto H, Fujisaki K, Tsuji N J Clin Invest 124巻 10号 4429-4444頁 2014/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of RAGE by tumor macrophages promotes angiogenesis in gliomas Chen X, Zhang L, Zhang IY, Liang J, Wang H, Ouyang M, Wu S, da Fonseca ACC, Weng L, Yamamoto Y, Yamamoto H, Natarajan R, Badie B Cancer Res 74巻 24号 7285-7297頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sivelestat sodium hydrate inhibits neutrophil migration to the vessel wall and suppresses hepatic ischemia-reperfusion injury Sakai S, Tajima H, Miyashita T, Nakanuma SI, Makino I, Hayashi H, Nakagawara H, Kitagawa H, Fushida S, Fujimura T, Saito H, Munesue S, Yamamoto Y, Ohta T Dig Dis Sci 59巻 4号 787-794頁 2014/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Alteration of energy metabolism in the pathogenesis of bile duct lesions in primary biliary cirrhosis Harada K, Kakuda Y, Sato Y, Ikeda H, Shimoda S, Yamamoto Y, Inoue H, Ohta H, Kasashima S, Kawashima A, Nakanuma Y J Clin Pathol  67巻 5号 396-402頁 2014/05 査読有 原著論文
  • Validated Liquid Culture Monitoring System for Lifespan Extension of Caenorhabditis elegans through Genetic and Dietary Manipulations. Myat TTW, Yamamoto Y, Munesue S, Han D, Harada S, Yamamoto H Aging Dis 4巻 4号 178-185頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD38 in the nucleus accumbens and oxytocin are related to paternal behavior in mice Akther S, Korshnova N, Zhong J, Liang M, Cherepanov SM, Lopatina O, Komleva YK, Salmina AB, Nishimura T, Fakhrul AAKM, Hirai H, Kato I, Yamamoto Y, Takasawa S, Okamoto H, Higashida H Mol Brain 6巻 41頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of diet-induced adipose tissue and systemic inflammation by salicylates and pioglitazone Kim MS, Yamamoto Y, Kim K, Kamei N, Shimada T, Liu L, Moore K, Woo JR, Shoelson SE, Lee J PLoS ONE 8巻 12号 e82847頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • RAGE-mediated inflammation, type 2 diabetes and diabetic vascular complication.  Yamamoto Y et al. Front Endocrinol 2013/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of RAGE by insufficient leptin action triggers pancreatic b-cell failure in type 2 diabetes. Han D et al. Genes Cells 18巻 4号 302-314頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Receptor for Advanced Glycation End Products Regulates Adipocyte Hypertrophy and Insulin Sensitivity in Mice: Involvement of Toll-Like Receptor 2. Monden M et al. Diabetes 62巻 2号 478-489頁 2013/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of cell-cell interactions in HMGB1 cytokine activity in human PBMCs and mouse splenocytes. Takahashi HK et al. Eur J Pharmacol 701巻 1-3号 194-202頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low molecular weight heparin inhibits RAGE-dependent human fibrosarcoma cell growth and metastasis. Takeuchi A et al. Cancer Sci 104巻 6号 740-749頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CCR5 plays a critical role in obesity-induced adipose tissue inflammation and insulin resistance by regulating both macrophage recruitment and M1/M2 status.  Kitade H et al. Diabetes  2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • RAGE mediates vascular injury and delayed neuronal death after global cerebral ischemia.  Kamide T et al. Neurochem Int 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Controlling RAGE to conquer diabetic vascular complications. Yamamoto Y et al. J Diabetes Invest 2012/06 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Diabetes alters the subsets of mouse endothelial progenitor cells that reside in blood, bone marrow and spleen. Saito H et al. Am J Physiol Cell Physiol  2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anti-HMGB1 monoclonal antibody ameliorates fluid percussion-induced brain injury in rats through protection of BBB and inhibition of inflammatory responses.  Okuma Y et al. Ann Neurol 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Interaction of receptor for advanced glycation end products with advanced oxidation protein products induces podocyte injury. Yamamoto Y et al. Kidney Int 2012/07 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Advanced end products and their receptors as risk factors for aging. Nagai R et al. Anti-aging Med 2012/09 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Endogenous secretory receptor for advanced glycation end-products inhibits amyloid-beta1-42 uptake into mouse brain. Sugihara T et al. J Alzheimer’s Dis 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Significance of advanced glycation end-products (AGE) and the receptor for AGE (RAGE) in diabetic nephropathy.  Kamal Tら Diabetic Nephropathy (Ed Chan JSD)  2012/12 査読有 総説 その他
  • Regulation of RAGE for attenuating progression of diabetic vascular complications Thu Thu Win Mほか Exp Diabetes Res 2011/12 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • OxLDL mediated survival of macrophages does not require LDL internalization or signalling by major pattern recognition receptors Riazy Mほか Biochem Cell Biol 89巻 4号 387-395頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • RAGE-mediated inflammation and diabetic vascular complications Yamamoto Yほか J Diabetes Invest 2巻 3号 155-157頁 2011/06 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • RAGE binds phophatidylserine and mediates clearance of apoptotic cells He Mほか EMBO Rep 12巻 4号 358-364頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Advanced glycation endproducts-receptor interactions stimulate the growth of human pancreatic cancer cells through the induction of PDGF-B. Yamamoto Y ほか BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 222巻 3号 700-703頁 1996/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spinal cord compression by heterotopic ossification associated with Pseudohypoparathyroidism. Yamamoto Y, ほか4名 Jounal of International Medical Research 25巻 364-368頁 1997/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Roles of the AGE-RAGE system in vascular injury in diabetes. Yasuhiko Yamamoto, Shoichi Yamagishi, Hideto Yonekura, Toshio Doi, Hiroko Tsuji, Ichiro Kato, Shin Takasawa, Hiroshi Okamoto, Md. Joynal Abedin, Nobushige Tanaka, Shigeru Sakurai, Hideyuki Migita, Hiroyuki Unoki, Hua Wang, Takahiro Zenda, Pingsheng Wu, Ya Ann. N. Y. Acad. Sci. 902巻 163-172頁 2000/05 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Vascular endothelial growth factor acts as a pericyte mitogen under hypoxic conditions. Shoichi Yamagishi, Hideto Yonekura, Yasuhiko Yamamoto, Hideki Fujimori, Shigeru Sakurai, Nobushige Tanaka and Hiroshi Yamamoto Lab. Invest. 79巻 4号 501-509頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The receptor for advanced glycation endproducts is induced by the glycation products themselves and TNF-a through NF-kB, and by 17b-estradiol through Sp-1 in human vascular endothelial cells. Nobushige Tanaka, Hideto Yonekura, Shoichi Yamagishi, Hideki Fujimori, Yasuhiko Yamamoto and Hiroshi Yamamoto J. Biol. Chem. 275巻 33号 25781-25790頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between interindividual differences of nicotine metabolism and CYP2A6 genetic polymorphism in humans. Miki Nakajima, Kwon Jun-Tack, Takahiro Zenta, Nobushige Tanaka, Yasuhiko Yamamoto, Hiroshi Yamamoto, Hiroshi Yamazaki, Toshinori Yamamoto, Yukio Kuroiwa and Tsuyoshi Yokoi Clin. Pharmacol. Ther. 69巻 1号 72-78頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 長期罹患IDDM患者の末梢血単球におけるAGEレセプター遺伝子の発現 三浦順之助、山本靖彦ほか 分子糖尿病学 7巻 35-39頁 1996/07 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Molecular heterogeneity of the receptor for advanced glycation endproducts. Md. Joynal Abedin, Hideto Yonekura, Hideyuki Migita, Jun-ichi Karasawa, Yasuhiko Yamamoto and Hiroshi Yamamoto J. Biochem. Mol. Biol. Biophys. 4巻 373-381頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Insulin stimulates the growth and tube formation of human microvascular endothelial cells through autocrine vascular endothelial growth factor. Shoichi Yamagishi, Takuhisa Kawakami, Hideki Fujimori, Hideto Yonekura, Nobushige Tanaka, Yasuhiko Yamamoto, Hiroshi Urayama, You Watanabe and Hiroshi Yamamoto Microvasc. Res. 57巻 3号 329-339頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development and prevention of advanced diabetic nephropathy in RAGE-overexpressing mice. Yasuhiko Yamamoto, Ichiro Kato, Toshio Doi, Hideto Yonekura, Seiji Ohashi, Masayoshi Takeuchi, Takuo Watanabe, Shoichi Yamagishi, Shigeru Sakurai, Shin Takasawa, Hiroshi Okamoto and Hiroshi Yamamoto J. Clin. Invest. 108巻 2号 261-268頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD38 disruption impairs glucose-induced increases in cyclic ADP-ribose, [Ca2+]i,and insulin secretion. Ichiro Kato, Yasuhiko Yamamoto, Miki Fujimura, Naoya Noguchi, Shin Takasawa, Hiroshi Okamoto J. Biol. Chem. 274巻 4号 1869-1872頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Advanced glycation endproducts inhibit prostacyclin production and induce plasminogen activator inhibitor-1 in human microvascular endothelial cells. Shoichi Yamagishi, Hideki Fujimori, Hideto Yonekura, Yasuhiko Yamamoto and Hiroshi Yamamoto Diabetologia 41巻 12号 1435-1441頁 1998/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Antisense display - A new method for functional gene screen and its application to angiogenesis-related gene isolation. Hideto Yonekura, Kiyoshi Yasui, Shigeru Sakurai, Hui Li, Yasuhiko Yamamoto and Hiroshi Yamamoto Ann. N. Y. Acad. Sci. 947巻 382-386頁 2001/12 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Placenta growth factor and vascular endothelial growth factor B and C expressions in microvascular endothelial cells and pericytes: implication in autocrine and paracrine regulation of angiogenesis. Hideto Yonekura, Shigeru Sakurai, Xiaoxu Liu, Hideyuki Migita, Hua Wang, Shoichi Yamagishi, Motohiro Nomura, Md. Joynal Abedin, Hiroyuki Unoki, Yasuhiko Yamamoto and Hiroshi Yamamoto J. Biol. Chem. 274巻 49号 35172-35178頁 1999/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Receptor-mediated toxicity to pericytes of advanced glycosylation end products: a possible mechanism of pericyte loss in diabetic microangiopathy. Yamagishi S, Yamamoto Yほか BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 213巻 2号 681-687頁 1995/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Advanced glycosylation end products could not only stimulate the growth , but also inhibit the prostacyclin-producing ability of endothelial cells. Yamagishi S, Yamamoto Yほか FEBS LETTERS 384巻 103-106頁 1996/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory effect of cyclosporin A on prolactin synthesis in GH3 cells. Nagai Y, Yamamoto Yほか TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE 180巻 337-346頁 1996/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DDAVP点鼻にて頭痛、鼻出血を来し、皮下注投与にて尿量調節可能となった中枢性尿崩症の一例 山本靖彦ほか 第23集ホルモンと臨床 39-41頁 1995/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 後期糖化反応生成物によるヒト膵癌細胞の増殖促進とその分子機構 山本靖彦 金沢大学十全医学会雑誌 105巻 1号 162-169頁 1996/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The first case of IDDM with prominent spurious hyperglucagonemia due to interference of IgG in glucagon RIA (OAL-123). Yamamoto Y ほか HORMONE RESEARCH 45巻 295-299頁 1996/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 糖尿病血管障害とグリケーション(会議名:第59回日本糖尿病学会年次学術集会)(2016/05/19)
  • 代謝内分泌からみたスンクスのおもしろさ(会議名:第9回スンクス研究会)(2015/03/20)
  • 糖尿病合併症発症におけるグリケーション(会議名:第50回糖尿病学の進歩)(2016/02/19)
  • 糖尿病を理解するための生化学・生理学と病態の基礎(会議名:石川県栄養士会研修会)(2013/07/14)
  • 糖尿病を理解するための病態の基礎(会議名:石川県栄養士会研修会)(2013/09/28)

全て表示

  • 抗炎症・抗加齢に働く内在性分泌型デコイタイプ受容体の機能解析技術(会議名:中部地区 医療・バイオ系シーズ発表会)(2013/12/12)
  • 「食」による生活習慣病予防医学の展開(会議名:第2回 脳・肝インターフェースメディシン研究センター シンポジウム)(2011/12/02)
  • 「食」による生活習慣病予防医学の展開(会議名:第3回 脳・肝インターフェースメディシン研究センター シンポジウム)(2012/12/06)
  • 「食」による生活習慣病予防医学の展開(会議名:第4回 脳・肝インターフェースメディシン研究センター シンポジウム)(2013/11/21)
  • パターン認識受容体RAGEの機能(会議名:脳・肝インターフェースメディシン研究センター生体統御部門外部評価シンポジウム)(2016/03/08)
  • RAGE: a pattern-recognition receptor(会議名:12th International congress on amino acids, peptides and proteins)(2011/08/01)
  • 多機能受容体RAGEの分子多様性とアンチエージングへの応用(会議名:第14回日本補完代替医療学会学術集会)(2011/11/05)
  • RAGE: a pattern-recognition receptor(会議名:International Guest Lecture for the Scientific Community of the University of Barcelona)(2012/02/23)
  • GRs受容体に着目した糖化ストレス対策(会議名:第2回糖化ストレス研究会)(2012/05/25)
  • Glucotoxicityと細小血管症(会議名:第27回日本糖尿病合併症学会)(2012/11/02)
  • 糖化制御と未病~AGEs-RAGE系からみた未病対策(会議名:第19回日本未病システム学会学術総会)(2012/10/28)
  • AGE, diabetes and its vascular complications(会議名:International Conference on Diabetes and Metabolism 2012)(2012/11/09)
  • 糖尿病網膜症の病態(会議名:第19回日本糖尿病眼学会総会)(2013/08/25)
  • メイラード反応による糖化ストレスと生活習慣病(会議名:第49回日本食生活学会)(2014/11/29)
  • 糖化反応と細胞応答さらにその制御系(会議名:第9回グルコサミン研究会・研修会)(2014/08/08)
  • Glycation and diabetic vascular complication -lessons from animal models-(会議名:Tuft University Invited Lecture)(2008/02)
  • Role of the receptor for AGE(会議名:Satellite Symposium on Medical Science, 7th International Symposium on the Maillard Reaction)(2004/08)
  • AGEレセプター過剰発現糖尿病マウスにおける糖尿病性腎症の増悪(会議名:第14回日本糖尿病合併症学会)(2004/04)
  • AGEとそのレセプター遺伝子(会議名:第15回日本糖尿病合併症学会)(2003/10)
  • 糖尿病血管合併症の分子メカニズム(会議名:第十二回北陸MMC研究会)
  • AGE-RAGE系と糖尿病腎症(会議名:新潟糖尿病性腎症研究会)
  • (会議名:第25回日本糖尿病合併症学会)(2010/10)
  • 加齢関連疾患におけるAGEsの意義(会議名:第10回日本抗加齢医学会総会)(2010/06)
  • Monocyte heterogeneity in obesity and T2D(会議名:Joslin Diabetes Center Internal Seminar)(2009/05)
  • Glycation, RAGE and diabetic vascular complications(会議名:Joslin Diabetes Center Internal Seminar)(2008/01)
  • 動物モデルから見た糖尿病合併症「糖尿病腎症におけるAGE-RAGE系の役割」(会議名:第17回日本糖尿病動物研究会年次学術集会)
  • AGE-RAGE系と糖尿病細小血管症(会議名:第46回日本糖尿病学会年次学術集会)
  • AGE-RAGE系と糖尿病血管合併症(会議名:日本生化学会北陸支部第21回大会)
  • RAGE is a promising target of diabetic nephropathy(会議名:8th International Symposim on the Maillard Reaction)

芸術・フィールドワーク

特許

○可溶型RAGEタンパク質(出願国名:アメリカ合衆国)(特許番号:7485697)
○AGE-RAGE拮抗剤(特許番号:-)
○生活習慣病予知因子(特許番号:-)
○可溶型RAGE測定法(特許番号:-)
○早期肺癌の術後予後検査方法(特許番号:-)
○RAGE阻害剤(特許番号:-)
○RAGEポリペプチドの新規用途(特許番号:-)
○RAGEポリペプチドの新規用途(特許番号:第4951755 号)
○神経細胞障害を検出するための新しい指標esRAGE(特許番号: 第4933159 号)
○GLO1の発現が関与する疾患の存在の検出方法、該検出方法に使用するマーカー、GLO1酵素活性向上剤及びGLO1酵素活性低減剤
○線維化判定方法
○オキシトシントランスポーター
○オキシトシン検出のためのサンプルの前処理方法
○esRAGE過剰発現マウス(出願国名:日本)(特許番号:第5565786号)
○RAGE遺伝子の2種類のスプライシングバリアントを区別して増幅可能なプライマーセット及びプローブ(出願国名:日本)

共同研究希望テーマ

○糖尿病合併症の防止
○糖尿病腎症モデル動物の確立とその利用
○内在性分泌型RAGEの生理的・病理学的役割の解明と応用
○信頼・愛情ホルモンのトランスポーター
○がん幹細胞の発生分子メカニズム
○RAGE標的薬の開発研究

科研費

○奨励研究(A)(1968-2001)「発生工学的手法を用いた糖尿病性血管合併症発症機構の解明」(2000-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「発生工学的手法を用いた糖尿病性血管合併症発症機構の解明」(2001-) 代表者
○若手研究(B)「遺伝子ターゲティングによる糖尿病血管合併症の原因・治療の解明」(2002-) 代表者
○若手研究(B)「遺伝子ターゲティングによる糖尿病血管合併症の原因・治療の解明」(2003-) 代表者
○若手研究(B)「グライコミクスによる糖尿病合併症発症の新機序の解明」(2004-) 代表者
○若手研究(B)「グライコミクスによる糖尿病合併症発症の新機序の解明」(2005-) 代表者
○特定領域研究(B)(1998-2001)「新しい機能性遺伝子同定技術の創出と成人病性血管障害関連遺伝子探索への応用」(2000-) 分担者
○基盤研究(C)「糖化蛋白レセプター(RAGE)情報伝達系の解明―糖尿病性血管病変発生の新機構」(2001-) 分担者
○基盤研究(C)「新規糖化蛋白質分子種による血管障害機序の解明」(2002-) 分担者
○基盤研究(C)「多機能受容体RAGEのシグナリングネットワークの解明」(2004-) 分担者
○萌芽研究(2002-2008)「内在性分泌型RAGEタンパクの病原微生物に対する防御作用」(2004-) 分担者
○基盤研究(C)「血管新生・糖尿病血管症罹患感受性を制御する選択的mRNAスプライシングの新機構」(2005-) 分担者
○基盤研究(C)「マルチリガンド受容体RAGEによる細胞内シグナル生成機構の解明」(2006-) 分担者
○基盤研究(C)「食品に含まれるRAGEシグナル阻害成分の同定と阻害機構の解明」(2014-2016)
○基盤研究(C)「スンクスにおける脂肪幹細胞の分布と分化能の解析」(2013-2016) 分担者
○基盤研究(C)「関節リウマチ滑膜の上皮間葉移行の分子機構の解析と新規治療法への応用」(2015-2017) 分担者
○基盤研究(C)「RAGEにより誘導される骨肉腫幹細胞モデルの確立とその分子機構の解明」(2015-2017) 分担者
○基盤研究(C)「パターン認識受容体の切断により糖尿病血管合併症を制御する」(2012-2014) 代表者
○基盤研究(C)「2型糖尿病の膵β細胞不全におけるRAGE・糖脂肪毒性・レプチンの役割の解明 」(2013-2016) 分担者
○基盤研究(B)「新規血管保護因子-分泌型RAGEの発現機構と病態生理の解明」(2007-2010) 分担者

学域・学類担当授業科目

○医学研究実践(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○最新医学研究(2017)
○生化学(2017)
○地域概論(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○医薬保健学基礎(2017)
○生化学Ⅱ(2017)
○英語コミュニケーション(2017)
○実践医学英語(2017)
○医学研究プレゼンテーション(2017)
○生化学(2016)
○病態生理・基本的基礎配属(2016)
○応用基礎配属(2016)
○実践医学英語(2016)
○細胞分子化学(2016)
○英語コミュニケーション(2016)
○医学研究実践(2016)
○医学研究プレゼンテーション(2016)
○生体分子と細胞の機能(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○最新医学研究(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○地域概論(2016)
○最新医学研究(2015)
○最新医学研究(2015)
○英語コミュニケーション(2015)
○実践医学英語(2015)
○医学研究実践(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○生体分子と細胞の機能(2015)
○細胞分子化学(2015)
○医薬保健学基礎(2015)
○初学者ゼミ(2014)
○医薬保健学基礎(2014)
○細胞分子化学(2014)
○生体分子と細胞の機能(2014)

大学院担当授業科目

○血管分子生物学特論(2017)
○血管分子生物学特論(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○血管分子生物学特論(2017)
○生命倫理(2017)
○基礎系領域融合セミナー(2016)
○血管分子生物学特論(2016)
○血管分子生物学特論(2016)
○血管分子生物学特論(2016)
○基礎系教育セミナー(2015)
○基礎系教育セミナー(2014)

他大学の客員教授

○University of Barcelona

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○糖尿病合併症の発生とその防止(キーワード:糖尿病,合併症,予防・治療)
○生活習慣病としての糖尿病(キーワード:生活習慣病,糖尿病,診断・治療)
○信頼・愛情ホルモンとしてのオキシトシン(キーワード:愛情、信頼、オキシトシン)
○がんと代謝(キーワード:がん、代謝)

その他公的社会活動

このページの先頭へ