本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月25日

鷲山 幸信 (わしやま こうしん) 助教 WASHIYAMA, Kohshin

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系
助教

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 放射線技術科学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

 TEL:076-265-2534 FAX:076-234-4366

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 保健学専攻 2005/03 修了
【出身大学】
金沢大学 理学部 化学 1997/03 卒業
【取得学位】
修士(理学)
博士(保健学)

職歴

金沢大学 医学部(1999/04/01-)

生年月

所属学会

日本放射化学会
日本核医学会
米国核医学会
放射性薬品化学会
日本放射線影響学会
欧州核医学会

学内委員会委員等

○Journal of Wellness and Health Care 編集委員 委員(2017-2017)
○つるま保健学会誌編集委員会 委員(2016-2016)

受賞学術賞

専門分野

放射線科学、無機化学、放射線科学

専門分野キーワード

壊変系列核種、アルファ放射体、iv vivoジェネレーター、内用放射療法、アイソトープ治療、放射性医薬品

研究課題

アルファ線を利用した内用放射療法の開発

ラジオアイソトープを標識した薬を体内に投与し癌組織に集め、そこで放射線を照射することによって癌治療を行う方法を、内用放射療法という。内用放射療法で利用する放射線の中で、α線は生体内での飛程が短く、高LETであるため、γ線やX線, β-線と異なり、1)RBEが高い、細胞障害効果は2)酸素効果に依存しない、且つ3)線量率に依存しない、また4)正常組織への被曝が少ない、という特徴を持つ。本研究ではα線を放出する227Th, 223Ra, 225Ac, 213Bi, 226Thなどの核種を利用して、転移性骨腫瘍や悪性黒色腫などの癌の治療法の開発を目指す。

医学利用を目的としたアイソトープの製造と応用

医学的に利用されているアイソトープは国内のメーカーから市販されている。しかし、核特性に優れたアイソトープを新たに発見し利用する場合は、それらを海外から輸入或いは自ら核反応を利用して製造する必要がある。本研究では今後臨床応用の可能性のあるアイソトープを、原子炉や加速器を利用して製造し、臨床での利用を前提とした化学分離精製・標識・動物実験評価を含む広範囲な実験を行う。本研究ではこれまでに国内で未販売のRIである153Sm, 203Pb, 206Biなどを製造し、応用実験を行っている。

鼻腔内投与法を用いた薬物動態イメージング及び脳疾患の治療法の開発

鼻腔内投与法を用いた薬物動態イメージング及び脳疾患の治療法の開発 脳内へ物質を輸送するには脳血液関門や脳脊髄液関門を通過する必要がある。しかし、これらの関門以外に、鼻腔内の嗅上皮から嗅神経を介して脳内へ物質が移行するルートがあり、嗅覚輸送経路という。本研究では鼻腔内に様々なRI標識物質を投与し、いろいろな物質の嗅覚輸送の可能性を探ること、さらに嗅覚輸送を利用して脳疾患の治療に役立つ薬剤の効率的輸送法の開発、標識RIを利用した嗅覚輸送のイメージングを行う。これまでの研究で、診断用RI, 201Tlの嗅覚輸送を確認し、金沢医科大の耳鼻咽喉科グループと共にヒト臨床試験において外傷性嗅覚障害の画像診断の可能性を見いだしている。

著書

  • 放射化学の事典 朝倉書店 2015 原著書 分担執筆 日本放射化学会(編集)鷲山幸信(分担)
  • 新・医用放射線技術実験(基礎編)第2版 共立出版 2015 原著書 分担執筆 田中仁、山田勝彦ほか(編)鷲山幸信(分担)
  • eラーニングを利用した情報処理基礎 Windows 8.1, Office2013対応版 学術図書出版社 2014 原著書 分担執筆 金沢大学情報グループテキスト編集委員会(編集)鷲山幸信(分担)
  • eラーニングを利用した情報処理基礎 第2版 学術図書出版社 2011 原著書 分担執筆 金沢大学情報グループテキスト編集委員会(編集)鷲山幸信(分担)
  • チームで学ぶ乳癌の骨マネジメント 篠原出版新社 2011/11 原著書 共著 赤羽佳子、上西一弘、上野直人、大崎昭彦、奥山裕美、小田美規、金田聡門、黒井克昌、河野範男、佐治重衡、関口建次、高橋俊二、中村清吾、中村直樹、中村めぐみ、新倉直樹、濱岡 剛、林 章敏、林 直輝、細井孝之、穂積高弘、森 諭史、吉村真奈、米田俊之、鷲山幸信

論文

  • Isolation and purification of 95mTc and 96Tc from Ag target irradiated with heavy ion. R. Amano, K. Washiyamaほか4名 RIKEN Review 35巻 94頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Photofission of 197Au at Intermediate Energies. H. Haba、K. Washiyamaほか8名 J. Nucl. Radiochem. Sci. 1巻 2号 53-61頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Targeted-dependence of light fragment production in photonuclear reactions at intermediate energies. H. Matsumura, K. Washiyamaほか10名 Radiochimica Acta 88巻 6号 313頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biodistribution of 225Ra and its daughter nuclides in the neptunium series. K. Washiyama, S. Kinuyaほか2名 Proceedings of the International Symposium on Bio-Trace Elements 2002 173-176頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Brain regional distributions of the minor and trace elements in mice bred under Zn-deficient, -adequate and -excessive diets. Y. Yabushita, K. Washiyamaほか4名 JOURNAL OF RADIOANALYTICAL AND NUCLEAR CHEMISTRY 257巻 2号 399-403頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Photofission of 209Bi at Intermediate Energies. H. Haba, K. Washiyamaほか8名 RADIOCHIMICA ACTA 90巻 7号 371-382頁 2002/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biodistribution of 227Th-EDTMP: comparison with 227Th-citrate, 153Sm-EDTMP, and 223Ra-chloride. K. Wahiyama、R. Amanoほか6名 JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS 48巻 supplement 1号 In press頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rapid clearance of daughter 211Pb by DOTMP co-administered with 223Ra K. Wahiyama、D. Ogawa, Sほか6名 JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 46巻 supplement 2号 225P頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 227Th-EDTMP: A potential therapeutic agent for bone metastasis. K. Wahiyama、R. Amanoほか5名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 31巻 7号 901-908頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Yield measurement for 7Be and 10Be productions from natCu, natAg and 197Au by bremsstrahlung irradiation at E0=200MeV. H. Matsumura、K. Washiyamaほか11名 NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIO 223-224巻 807-811頁 2004/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Elemental concentration of manganese and potassium in brain and other organs of fetal, sucking and developmental mice. T. Tsuji、K. Washiyamaほか4名 JOURNAL OF RADIOANALYTICAL AND NUCLEAR CHEMISTRY 258巻 1号 49-53頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Olfactory transport of 86Rb and 201Tl by intranasal administration –Animal experiment–. Y. Kanayama, K. Washiyamaほか5名 EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 30巻 supplement 2号 S296頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The possibility of 225Ra for targeted therapy of bone metastases. K. Washiyama, Y. Shiokawaほか3名 EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 30巻 supplement 2号 S320頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Olfactory transport of intranasal rubidium and thallium. R. Amano, K. Washiyamaほか5名 JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS 46巻 supplement 1号 S355頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Photofission of 197Au and 209Bi at intermediate energies. H. Haba, K. Washiyamaほか8名 CZECHOSLOVAK JOURNAL OF PHYSICS 53巻 supplement号 A265-A271頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Element-element interrelationship in brain under deficient and excessive states of an essential trace element. Y. Yabushita, K. Washiyamaほか4名 Riken Review 35巻 64-66頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Recoil Properties of Radionuclides Formed in Photonuclear Reactions on 197Au at Intermediate Energies. H. Haba, K. Washiyama,ほか8名 J Nucl Radiochem Sci 1巻 2号 69-74頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 標的アイソトープ治療に対するα放射体からのアプローチ 鷲山幸信 放射線 41巻 4号 211-220頁 2016 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • アルファ放射体への展開 鷲山幸信 PETjournal 25号 41-43頁 2014 査読無 解説 その他
  • Reduced nasal transport of insulin-like growth factor-1 to the mouse cerebrum with olfactory bulb resection [6] Shiga H, Nagaoka M, Washiyama K, Yamamoto J, Yamada K, Noda T, Harita M, Amano R, Miwa T Chemical Senses 39巻 7号 595-9頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Extraction of astatine isotopes for development of radiopharmaceuticals using a 211Rn–211At generator Maeda E, Yokoyama A, Taniguchi T, Washiyama K, Nishinaka I Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry 303巻 2号 1465-8頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Production and separation of astatine isotopes in the 7Li + natPb reaction I. Nishinaka, A. Yokoyama, K. Washiyama, E. Maeda, S. Watanabe, K. Hashimoto, N. S. Ishioka, H. Makii, A. Toyoshima, N. Yamada, R. Amano Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry 304巻 3号 1077-1083頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of olfactory nerve by SPECT-MRI image with nasal thallium-201 administration in patients with olfactory impairments in comparison to healthy volunteers. Shiga H, Taki J, Washiyama K, Yamamoto J, Kinase S, Okuda K, Kinuya S, Watanabe N, Tonami H, Koshida K, Amano R, Furukawa M, Miwa T. PLoS One 8巻 2号 1-8頁 2013/02 査読有 原著論文
  • Binding Affinity, Specificity and Comparative Biodistribution of the Parental Murine Monoclonal antibody MX35 (anti-NaPi2b) and its Humanized Version Rebmab200 PLos One 10巻 5号 e0126298頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and evaluation of an astatine-211-labeled sigma receptor ligand for alpha radionuclide therapy Nuclear Medicine and Biology 42巻 11号 875-9頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アイソトープ治療のためのアルファ放射体の製造 鷲山幸信 放射化学 32号 11-33頁 2015 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • α線放出核種による放射免疫療法の可能性 鷲山幸信 癌の臨床 59巻 2号 161-168頁 2013/05 査読無 原著論文
  • α線を出すアイソトープを利用したがん治療法 鷲山幸信 放射線と産業  133号 16-20頁 2012/12 査読無 原著論文
  • Bone target radiotracers for palliative therapy of bone metastases. Ogawa K, Washiyama K. Curr Med Chem. 19巻 20号 3290-3300頁 2012/07 査読有 総説
  • Evaluation of the olfactory nerve transport function by SPECT-MRI fusion image with nasal thallium-201 administration Shiga H, Taki J, Yamada M, Washiyama K, Amano R, Matsuura Y, Matsui O, Tatsutomi S, Yagi S, Tsuchida A, Yoshizaki T, Furukawa M, Kinuya S, Miwa T. Mol Imaging Biol 13巻 6号 1262-1266頁 2011/12 査読有 原著論文
  • Biological safety of nasal thallium-201 administration: a preclinical study for olfacto-scintigraphy. Washiyama K, Shiga H, Hirota K, Tsuchida A, Yamamoto J, Yagi S, Yoshizaki T, Furukawa M, Amano R, Miwa T. Journal of Radiation Research 52巻 4号 450-5頁 2011/08 査読有 原著論文
  • Thallium transport and the evaluation of olfactory nerve connectivity between the nasal cavity and olfactory bulb. Kinoshita Y, Shiga H, Washiyama K, Ogawa D, Amano R, Ito M, Tsukatani T, Furukawa M, Miwa T. Chemical Senses 33巻 1号 73-8頁 2008/01 査読有 原著論文
  • Odor detection ability and thallium-201 transport in the olfactory nerve of traumatic olfactory-impaired mice. Shiga H, Kinoshita Y, Washiyama K, Ogawa D, Amano R, Hirota K, Tsukatani T, Furukawa M, Miwa T.  Chemical Senses 33巻 7号 633-7頁 2008/09 査読有 原著論文
  • タリウム-201経鼻投与における安全性 •広田京子,志賀英明, 土田明日香, 鷲山幸信, 天野良平, 三輪高喜, 古川 仭 日本味と匂学会誌 15巻 3号 527-528頁 2008/12 査読有 原著論文
  • 臨床応用可能な嗅神経アイソトープイメージングの開発. •志賀英明, 鷲山幸信, 広田京子, 土田明日香, 小川数馬, 山口博司, 間賀田泰寛, 天野良平, 三輪高喜, 古川 仭 日本味と匂学会誌 15巻 3号 281-284頁 2008/12 査読有 原著論文
  • SPECT/CTを用いた嗅神経イメージング. •志賀英明, 鷲山幸信, 小川数馬, 山口博司, 間賀田泰寛, 天野良平, 古川 仭, 三輪高喜 日本鼻科学会誌 48巻 2号 138-141頁 2009/08 査読無 原著論文
  • Use of thallium transport to visualize functional olfactory nerve regeneration in vivo. •Shiga, H., Washiyama, K., Hirota, K., Amano R., Furukawa, M., Miwa, T. Rhinology 47巻 4号 460-4頁 2009/12 査読有 原著論文
  • Preliminary study of biodistribution of 203PbCl2 and 203Pb-DOTMP in mice. Wahiyama K, Haba H, Kanayama Y, Enomoto S, Amano R. RIKEN Accel Prog Rep. 39巻 122頁 2006/09 査読有 原著論文
  • Biodistribution of Riken multitracer (MT) and MT-EDTMP, MT-DOTMP in mice. •Wahiyama K, Nakamura R, Koshida H, Haba H, Enomoto S, Amano R. RIKEN Accel Prog Rep. 42巻 264頁 2009/09 査読有 原著論文
  • Evaluation of radioiodinated vesamicol analogs for sigma receptor imaging in tumor and radionuclide receptor therapy. •Ogawa K, Shiba K, Akhter N, Yoshimoto M, Washiyama K, Kinuya S, Kawai K, Mori H. Cancer Science 100巻 11号 2188-92頁 2009/11 査読有 原著論文
  • alpha(v)beta(3) Integrin-targeting radionuclide therapy and imaging with monomeric RGD peptide. •Yoshimoto M, Ogawa K, Washiyama K, Shikano N, Mori H, Amano R, Kawai K. International Journal of Cancer 123巻 3号 709-15頁 2008/08 査読有 原著論文
  • 自動血球計数装置 pocH-100iVとKX-21NVを用いたマウス血球計測に関する基礎的検討 鷲山幸信、大波加真弘、天野良平 Sysmex Journal 31巻 25-37頁 2008/12 査読有 原著論文
  • Development of [(90)Y]DOTA-conjugated bisphosphonate for treatment of painful bone metastases. •Ogawa K, Kawashima H, Shiba K, Washiyama K, Yoshimoto M, Kiyono Y, Ueda M, Mori H, Saji H. Nuclear Medicine and Biology 36巻 2号 129-35頁 2009/02 査読有 原著論文
  • アルファ線を利用した核医学治療 PETjournal 9号 36-38頁 2010/03 査読無 解説

講演・口頭発表等

  • α核種への展開(会議名:第52回日本核医学会学術総会)(2012/10/03)
  • Production and utilization of astatine and iodine radioisotopes using 7Li ion beams at the JAEA tandem accelerator(会議名:the 16th International Workshop on Targetry and Target Chemistry (WTTC16))(2016/08/29)
  • Measurement of the 209Bi(7Li, 5n)211Rn, 209Bi(7Li, 6n)210Rn reaction cross sections towards the development of a 211Rn/211At generator(会議名:the 16th International Workshop on Targetry and Target Chemistry (WTTC16))(2016/08/29)
  • Production of alpha-emitting radioisotopes using the cyclotron facilities at Osaka University and JAEA Takasaki, and the Tandem accelerator at Tokai, JAEA(会議名:環太平洋国際化学会議2015)(2015/12/15)
  • Biodistribution of alpha-emitting bone-seeking radiopharmaceuticals, 223Ra-chloride, 227Th-EDTMP, and 226Th-EDTMP(会議名:7th Symposium on Targeted Alpha Therapy)(2011/07/17)

全て表示

  • Comparative study of biodistribution of alpha-emitting bone-seeking radiopharmaceuticals(会議名:The 5th Japan-Korea-China conference on nuclear medicine)(2011/10/27)
  • Comparison between 99mTc-HMDP as a bone scintigraphic agent and 18F-FDG using a bone metastasis animal model(会議名: World Molecular Imaging Congress 2012)(2012/09/05)
  • Nuclear and Radiochemical Study of Production and utilization of radioactive astatine isotopes in the 7Li+natPb reaction(会議名:8th International Conference on Nuclear and Radiochemistry (NRC-8) )(2012/09/16)
  • Biodistribution of gadolinium-based contrast agent, and concentration of trace elements in normal and nephrectomized micel(会議名:8th International Conference on Nuclear and Radiochemistry (NRC-8) )(2012/09/16)
  • Assesment of nasally administered insulin-like growth factor-1 accumulation in the cerebrum of mice with resected olfactory bulb(会議名:AChemS XXXV-35th Annual Meeting of the Association for Chemoreception Sciences)(2013/04/17)
  • Production and separation of radioactive astatine isotopes in the 7Li+natPb reaction, 8th International symposium on targeted alpha therapy(会議名:8th International symposium on targeted alpha therapy)(2013/06/04)
  • Preclinical evaluation of [211At]-astatinated humanized MX35 for targeted alpha therapy: Comparison with murine MX35 in an s.c. ovarian tumor model(会議名:8th International symposium on targeted alpha therapy)(2013/06/04)
  • Usefulness of DOTMP co-administered with 223Ra in targeted alpha therapy for bone metastases(会議名:8th International symposium on targeted alpha therapy)(2013/06/04)
  • Extraction of astatine isotopes for development of radiopharmaceuticals(会議名:APSOC13 -5th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry'13-)(2013/09/22)
  • Production and Utilization of Radioactive Astatine Isotopes in the 7Li+natPb Reaction(会議名:APSOC13 -5th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry'13-)(2013/09/22)
  • Evaluation and Optimization of Direct Radioiodination of an ε-Lysyl-3-(Trimethylstannyl)Benzamide Immunoconjugates(会議名:27th Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM’14))(2014/10/18)
  • Development of a 211Rn/211At generator using a wet chemistry approach for targeted alpha therapy applications(会議名:9th Symposium on Targeted Alpha Therapy)(2015/05/20)
  • 鼻腔内に投与した201TlClによる被ばく線量の推定. 鷲山幸信,木名瀬栄,滝純一,志賀英明,中西勇介,越田吉郎,三輪高喜,絹谷清剛,天野良平. 第52回日本核医学会学術総会. 10月1-3日 . 2012.北海道(2012)
  • Gd造影剤投与マウス体内のGdおよび微量元素定量に関する基礎的検討―アクチバブルトレーサ法の生命科学への応用―. 鷲山幸信,辻井陽香,松本高史,奥村良,高宮幸一,天野良平. 第56回放射化学討論会. 10月3-5日. 2012. 東京(2012)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○アルファ核種を用いた内用放射療法の開発
○新規アイソトープの製造と医療応用
○鼻腔内投与法を用いた薬物動態イメージングおよび内用療法

科研費

○若手研究(A)「遠隔地RI治療を目指した短半減期アルファ放射体211Atジェネレータの製造と応用」(2011-2013) 代表者
○挑戦的萌芽研究「進行期悪性黒色腫に対する連続壊変型アルファ線放出薬剤を用いたRI治療の挑戦」(2011-2012) 代表者
○若手研究(B)「加速器生産α線放出核種の内用放射療法への適応」(2008-2010) 代表者
○若手研究(B)「非平衡型複数α線放出インビボジェネレーターを利用した転移性骨腫瘍治療法の開発」(2006-2007) 代表者
○若手研究(B)「壊変系列を伴うα線放出核種の化学的変化に対応できるビオチン誘導キレート薬剤の開発」(2002-2004) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「物質の三態を制御したRn/Atジェネレータの開発とα線内用療法への展開」(2014-2016) 代表者
○国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)「物質の三態を制御したRn/Atジェネレータの開発とα線内用療法への展開」(2016-2018) 代表者

学域・学類担当授業科目

○放射化学(2016)
○臨床化学特論(2016)
○放射線計測学実験Ⅱ(2016)
○臨床実習Ⅱ(2016)
○臨床実習Ⅰ(2016)
○放射化学実験(2016)
○情報処理基礎(2016)
○臨床実習Ⅱ(2015)
○臨床実習Ⅰ(2015)
○放射化学(2015)
○放射化学実験(2015)
○放射線計測学実験Ⅱ(2015)
○臨床化学特論(2015)
○情報処理基礎(2015)
○情報処理基礎(2014)
○臨床化学特論(2014)
○放射線計測学実験Ⅱ(2014)
○放射化学実験(2014)
○臨床実習Ⅰ(2014)
○臨床実習Ⅱ(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ