本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年03月28日

小林 昌彦 (こばやし まさひこ) 助教 KOBAYASHI Masahiko

メール

所属組織・役職等

がん進展制御研究所 遺伝子・染色体構築研究分野

教育分野

【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻 遺伝子・染色体構築研究分野
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻 遺伝子・染色体構築研究分野

所属研究室等

遺伝子・染色体構築研究分野

学歴

【出身大学院】
東北大学 博士課程 理学研究科 生物学 1996/03 中退
【出身大学】
東北大学 理学部 生物 1993/03 卒業
【取得学位】
修士(理学)
博士(理学)

職歴

岩手医科大学 歯学部 助手(助教)(1996/04/01-2000/12/31)
金沢大学 がん研究所(2001/01/01-)

生年月

所属学会

日本癌学会
日本分子生物学会
日本遺伝学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

細胞分子病態、分子生物学、病態医化学

専門分野キーワード

腫瘍生物学

研究課題

著書

  • ATM, a paradigm for a stress-responsive signal transducer in higher vertebrate cells. 2006/10 共著
  • 高等動物におけるチェックポイント制御とアポトーシス,DNA修復因子とのクロストーク. 放射線生物研究 2004/09 山本健一,小林昌彦,清水弘子 39巻 3号 276-285頁

論文

  • Spred1 Safeguards Hematopoietic Homeostasis against Diet-Induced Systemic Stress. Tadokoro Y, Hoshii T, Yamazaki S, Eto K, Ema H, Kobayashi M, Ueno M, Ohta K, Arai Y, Hara E, Harada K, Oshima M, Oshima H, Arai F, Yoshimura A, Nakauchi H, Hirao A. Cell Stem Cell 22巻 5号 713頁 2018/05/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • JLP-JNK signaling protects cancer cells from reactive oxygen species-induced cell death. Li R, Gunarta IK, Suzuki R, Boldbaatar J, Nakazato R, Yuliana D, Davaakhuu G, Oyunsuren T, Takamatsu N, Kobayashi M, Hirao A, Yoshioka K. Biochem Biophys Res Commun 501巻 3号 724頁 2018/06/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Autophagy inhibition synergizes with calcium mobilization to achieve efficient therapy of malignant gliomas. Vu HT, Kobayashi M, Hegazy AM, Tadokoro Y, Ueno M, Kasahara A, Takase Y, Nomura N, Peng H, Ito C, Ino Y, Todo T, Nakada M, Hirao A Cancer Science 109巻 8号 2497頁 2018/06/14 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional dissection of hematopoietic stem cell populations with a stemness-monitoring system based on NS-GFP transgene expression. 7巻 1号 11442頁 2017/09/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distinct roles of Rheb and Raptor in activating mTOR complex 1 for the self-renewal of hematopoietic stem cells. 495巻 1号 1129頁 2018/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Identification of antipsychotic drug fluspirilene as a potential anti-glioma stem cell drug. 8巻 67号 111728頁 2017/12/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic Strategy for Targeting Aggressive Malignant Gliomas by Disrupting Their Energy Balance Hegazy AM, Yamada D, Kobayashi M, Kohno S, Ueno M, Ali MAE, Ohta K, Tadokoro Y, Ino Y, Todo T, Soga T, Takahashi C, Hirao A The Journal of Biological Chemistry 291巻 41号 21496–21509頁 2016/10/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Loss of Tsc1 accelerates malignant gliomagenesis when combined with oncogenic signals Yamada D, Hoshii T, Tanaka S, Hegazy AM, Kobayashi M, Tadokoro Y, Ohta K, Ueno M, Ali MAE, Hirao A The Journal of Biochemistry 155巻 4号 227頁 2014/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regulatory interaction between NBS1 and DNMT1 responding to DNA damage Hayashi N, Kobayashi M, Shamma A, Morimura Y, Takahashi C, Yamamoto K The Journal of Biochemistry 154巻 5号 429頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ATM mediates pRB function to control DNMT1 protein stability and DNA methylation Shamma A, Suzuki M, Hayashi N, Kobayashi M, Sasaki N, Nishiuchi T, Doki Y, Okamoto T, Kohno S, Muranaka H, Kitajima S, Yamamoto K, Takahashi C Molecular and Cellular Biology 33巻 16号 3113頁 2013/06/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Association of a murine leukaemia stem cell gene signature based on nucleostemin promoter activity with prognosis of acute myeloid leukaemia in patients Mohamed A.E. Ali, Kazuhito Naka, Akiyo Yoshida, Kyoko Fuse, Atsuo Kasada, Takayuki Hoshii, Yuko Tadokoroa, Masaya Ueno, Kumiko Ohta, Masahiko Kobayashi, Chiaki Takahashi, Atsushi Hirao Biochem Biophys Res Commun 450巻 1号 837頁 2014/07/18 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ATR-ATRIP kinase complex triggers activation of the Fanconi anemia DNA repair pathway Shigechi T, Tomida J, Sato K, Kobayashi M, Eykelenboom JK, Pessina F, Zhang Y, Uchida E, Ishiai M, Lowndes NF, Yamamoto K, Kurumizaka H, Maehara Y, Takata M CANCER RESEARCH 72巻 5号 1149頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • NBS1 directly activates ATR independently of MRE11 and TOPBP1 Masahiko Kobayashi, Naoyuki Hayashi, Minoru Takata, Ken-ichi Yamamoto GENES TO CELLS 18巻 3号 238頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional relationship between Claspin and Rad17 Akari Yoshimura, Motomu Akita, Yoshifumi Hosono, Takuya Abe, Masahiko Kobayashi, Ken-ichi Yamamoto, Shusuke Tada, Masayuki Seki, Takemi Enomot Biochemical and Biophysical Research Communications 414巻 2号 298頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Antigenic characterization of a novel Streptococcus anginosus antigen that induces nitric oxide synthesis by murine peritoneal exudate cells. Sasaki M, Kobayashi M ほか4名 JOURNAL OF MEDICAL MICROBIOLOGY 50巻 11号 952-958頁 2001/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Temperature-sensitive defects of the GSP1 gene, yeast Ran homologue, activate the Tel1-dependent pathway. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 353巻 2号 330-336頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A critical role for the ubiquitin-conjugating enzyme Ubc13 in initiating homologous recombination. MOLECULAR CELL 25巻 5号 663-675頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rad9 modulates the P21WAF1 pathway by direct association with p53. BioMed Central 8巻 37頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mutations in Ran system affected telomere silencing in Saccharomyces cerevisiae. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 363巻 3号 788-794頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DNA damage response protein ASCIZ links base excision repair with immunoglobulin gene conversion BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 371巻 2頁 2008/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dual Functions of ASCIZ in the DNA Base Damage Response and Pulmonary Organogenesis PLoS Genetics 6巻 10号 2010/10
  • c-ABL tyrosine kinase stabilizes RAD51 chromatin association Biochem Biophys Res Commun 382巻 2号 286-291頁 2009/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A novel role for Rad17 in homologous recombination GENES & GENETIC SYSTEMS 83巻 5号 427-431頁 2008/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The Rad9-Hus1-Rad1 (9-1-1) clamp activates checkpoint signaling via TopBP1 GENES & DEVELOPMENT 21巻 12号 1472-7頁 2007/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 1996年から1997年2月までに岩手県で分離した腸管出血性大腸菌O157:H7のゲノタイプ分析 根本優子,小林昌彦,金子克 感染症学雑誌 71巻 12号 1232頁 1997/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌のパルスフィールドゲル電気泳動およびAP-PCRによるゲノムタイピング 根本優子,小林昌彦,金子克 感染症学雑誌 71巻 7号 620頁 1997/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation of cDNAs encoding GTP cyclohydrolase II from Arabidopsis thaliana Gene 160巻 2号 303-304頁 1995/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Purification and characterization of a glutamic acid-specific protease from Staphylococcus epidermidis. Minoru Sasaki, Yuko Ohara-Nemoto, Shihoko Tajika, Masahiko Kobayashi, Yoriko Ikeda, Masaru Kaneko and Takashi Takagi Japanese Journal of Oral Biology 40巻 5号 542頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of a lipid peroxidation product as a potential trigger of the p53 pathway JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 281頁 2006/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lysosome is a primary organelle in B cell receptor-mediated apoptosis: an indispensable role of Syk in lysosomal function. He, Tohyama, Yamamoto, Kobayashi ほか5名 GENES TO CELLS 10巻 1号 23-35頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Potential of Escherichia coli GTP cyclohydrolase II for Hydrolyzing 8-Oxo-dGTP, a Mutagenic Substrate for DNA Synthesis. Masahiko Kobayashi, Yuko Ohara-Nemoto, Masaru Kaneko, Hiroshi Hayakawa, Mutuo Sekiguti and Kazuo Yamamoto The Journal of Biological Chemistry 273巻 41号 26394頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Critical role for chicken Rad17 and Rad9 in the cellular response to DNA damage and stalled DNA replication Kobayashi, Hirano, Kumano, Xiangほか5名 GENES TO CELLS 9巻 4号 291-303頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of the ATR- and ATM-dependent checkpoint responses in cell cycle arrest evoked by pierisin-1 Molecular Cancer Research 4頁 2006/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization and molecular cloning of a glutamyl endopeptidase from Staphylococcus epidermidis 0hara-Nemoto Y, Kobayashi M ほか4名 MICROBIAL PATHOGENESIS 33巻 1号 33-41頁 2002/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ATM Activation by a Sulfhydryl-Reactive Inflammatory Cyclopentenone Prostaglandin GENES TO CELLS 11頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 塩谷裕司,小林昌彦,松郷誠一,山本健一 「親電子性代謝産物によるATM活性化経路の解析」 日本分子生物学会,第11回春季シンポジウム,金沢国際がん生物学シンポジウム 2011年5月25-26日(2011)
  • Masahiko Kobayashi, Naoyuki Hayashi, Ken-ichi Yamamoto 「A role for NBS1 in ATR activation」 日本分子生物学会,第11回春季シンポジウム,金沢国際がん生物学シンポジウム 2011年5月25-26日(2011)
  • Naoyuki Hayashi, Masahiko Kobayashi, Yoko Morimura, Ken-ichi Yamamoto 「The checkpoint regulatory protein, NBS1 interacts with DNA methyltransferase 1, DNMT1」 日本分子生物学会,第11回春季シンポジウム,金沢国際がん生物学シンポジウム 2011年5月25-26日(2011)
  • Junya Tomida, Akiko Itaya, Emi Uchida, Tomoko Shigechi, Masahiko Kobayashi, Ken-ichi Yamamoto, Masae Ikura, Tsuyoshi Ikura, Agata Smogorzewska, Masamichi Ishiai, Minoru Takata 「FANCI phosphorylation by ATR kinase proceeds in a Rad17/TopBP1-independent manner」 第33回日本分子生物学会年会,神戸ポートアイランド 2010年12月7−10日(2010)
  • Naoyuki Hayashi, Masahiko Kobayashi, Takeshi Sekiguchi, Ken-ichi Yamamoto 「Nuclear GTPase Ran system is involved in the telomere silencing regulation in Saccharomyces cerevisiae」 The 3R (Replication, recombination and repair) meeting of 2010, The 7th 3R (replication, recombination and repair) Symposium of 2010, Toyama Conference Center 2010年10月26ー30日(2010)

全て表示

  • Naoyuki Hayashi, Masahiko Kobayashi, Ken-ichi Yamamoto 「Interaction between checkpoint regulator, NBS1, and DNA methyltransferase 1, DNMT1 in DNA replication checkpoint」 第69回日本癌学会学術総会,大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 2010年9月22ー24日(2010)
  • Masahiko Kobayashi, Naoyuki Hayashi, Ken-ichi Yamamoto 「Activation of ATM by sulfhydryl-reactive metabolites」 第69回日本癌学会学術総会,大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 2010年9月22−24日(2010)
  • Masahiko Kobayashi, Naoyuki Hayashi, Ken-ichi Yamamoto 「A role for NBS1 in ATR activation」 The Joint Symposium of the 5th International Symposium of Institute Network and The International Symposium Commemorating Inauguration of Kanazawa University Cancer Research Institute, Molecular and Cellular Targets for Cancer, Infectious Diseases and Regeneration, KKR Hotel Kanazawa 2010年6月24−25(2010)
  • Masahiko Kobayashi, Naoyuki Hayashi, Bunsyo Shiotani, Keiji Wakabayashi, Ken-ichi Yamamoto 「A role for NBS1 in ATR activation」 第32回日本分子生物学会年会,パシフィコ横浜 2009年12月9−12日(2009)
  • Ken-ichi Yamamoto, Masahiko Kobayashi, Bunsyo Shiotani, Keiji Wakabayashi 「NBS1 is directly involved in ATR activation」 第68回日本癌学会学術総会,パシフィコ横浜 2009年10月1−3日(2009)
  • 冨田純也,内田亜希子,北尾洋之,木下英司,内田恵美,小林昌彦,山本健一,小池透,石合正道,高田穣 「ファンコニ貧血経路の制御とFANCIタンパク質のリン酸化メカニズム」 第31回日本分子生物学会年会,第81回日本生化学会大会合同大会,神戸ポートピアホテル,神戸国際展示場,神戸国際展示場,ワールド記念ホール 2008年12月9−12日(2008)
  • 小林昌彦,塩谷文章,高田穣,若林敬二,山本健一 「A critical role for NBS1 in DNA replication checkpoint activation」 第31回日本分子生物学会年会,第81回日本生化学会大会合同大会,神戸ポートピアホテル,神戸国際展示場,神戸国際展示場,ワールド記念ホール 2008年12月9−12日(2008)
  • 山本健一,小林昌彦,塩谷文章,若林敬二 「DNA複製チェックポイントにおけるNBS1の役割」 第67回日本癌学会学術総会,名古屋国際会議場 2008年10月28−30日(2008)
  • 小林昌彦,山本健一 「ATM activation by a sulfhydryl-reactive cyclopentenone prostaglandin」 第30回日本分子生物学会年会,第80回日本生化学会大会合同大会,パシフィコ横浜 2007年12月11ー15日(2007)
  • Ken-ichi Yamamoto, Masahiko Kobayashi, Bunsyo Shiotani, Keiji Wakabayashi 「A critical role for NBS1 in DNA replication checkpoint activation」 第66回日本癌学会学術総会,パシフィコ横浜 2007年10月3ー5日(2007)
  • Masahiko Kobayashi, Ken-ichi Yamamoto 「Activation mechanisms for ATM checkpoint kinase by oxidative stress」 第66回日本癌学会学術総会,パシフィコ横浜 2007年10月3ー5日(2007)
  • 山本健一,小林昌彦,塩谷文章,若林敬二 「DNA損傷シグナリングにおけるDNA修復因子の機能解析」 第65回日本癌学会学術総会,パシフィコ横浜 2006年9月28ー30日(2006)
  • 小林昌彦,山本健一 「酸化ストレスに対する細胞応答における高等動物ATMの役割」 第65回日本癌学会学術総会,パシフィコ横浜 2006年9月28ー30日(2006)
  • 西野克明,関政幸,吉村明,小林昌彦,山本健一,多田周右,榎本武美 「DNA複製チックポイントの染色体の安定な維持における役割」 第28回日本分子生物学会年会,福岡Yahoo! JAPANドーム,JALリゾートシーホークホテル福岡,Zepp Fukuoka,国立病院機構九州医療センター,福岡SRPセンタービル,九州大学西新プラザ 2005年12月7ー10日(2005)
  • 小林昌彦,山本健一 「アルキル化剤刺激に対する細胞応答における高等動物ATMの役割」 第64回日本癌学会総会,ロイトン札幌,北海道厚生年金会館,札幌市教育文化会館,札幌プリンスホテル(国際館パミール) 2005年9月14−16日(2005)
  • 平野龍洋,小林昌彦,塩谷文章,若林敬二,山本健一 「チェックポイントタンパクRad17活性化におけるMMR及びNERDNA修復系の役割」 第27回日本分子生物学会年会,神戸国際展示場,神戸国際展示場,ポートピアホテル,ワールド記念ホール,神戸商工会議所会館 2004年12月8−11日(2004)
  • 塩谷文章,渡辺雅彦,小林昌彦,山本健一,小山恒太郎,杉村隆,若林敬二 「Pierisin-1処理により誘導されるCheckpoint応答」 第63回日本癌学会総会,福岡国際会議場,福岡サンパレス,マリンメッセ福岡 2004年9月29−10月1日(2004)
  • 小林昌彦,山本健一 「アルキル化剤刺激に対する細胞応答における高等動物ATMの役割」 第63回日本癌学会総会,福岡国際会議場,福岡サンパレス,マリンメッセ福岡 2004年9月29−10月1日(2004)
  • 小林昌彦,平野淳,熊野智康,山本健一 「DNA複製チェックポイント制御における高等動物Rad17,Rad9の役割」 第26回日本分子生物学会年会,神戸国際展示場,神戸国際展示場,ポートピアホテル,ワールド記念ホール,神戸商工会議所会館 2003年12月10−13日(2003)
  • 小林昌彦,山本健一 「アルキル化剤刺激によるATMの活性化機構の解析」 第62回日本癌学会総会 2003年9月25−27日(2003)
  • 平野淳,向双林,小林昌彦,熊野智康,山本健一 「S期チェックポイント制御における高等動物Rad17の役割」 第25回日本分子生物学会年会,パシフィコ横浜 2002年12月11−14日(2002)
  • 小林昌彦,渡辺雅彦,杉村隆,若林敬二,山本健一 「蝶毒Pierisinの細胞毒性効果のトリDT40ノックアウト細胞株を用いた解析」 第61回日本癌学会総会, 2002年10月(2002)
  • 小林昌彦,山本健一 「酸化ストレス応答におけるATMの役割の解析」 第60回日本癌学会総会 2001年9月(2001)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○GS科目「細胞・分子生物学」(2018)
○GS科目「細胞・分子生物学」(2017)
○GS科目「細胞・分子生物学」(2016)

大学院担当授業科目

○がん研セミナー(2018)
○幹細胞生物学特論(2018)
○幹細胞生物学特論(2017)
○幹細胞生物学特論(2017)
○がん研セミナー(2016)
○幹細胞生物学特論(2016)
○幹細胞生物学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ