本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年04月05日

橋本 憲佳 (はしもと のりよし) 准教授 HASHIMOTO, Noriyoshi

メール

所属組織・役職等

学際科学実験センター

教育分野

【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻 遺伝子改変動物学
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻 遺伝子改変動物学分野

所属研究室等

遺伝子改変動物分野 TEL:076-234-4241 FAX:076-234-4240

学歴

【出身大学院】
北海道大学 博士課程 獣医学研究科 形態機能学専攻 1992/03 単位取得満期退学
【出身大学】
北海道大学 獣医学部 獣医学科 1987/03 卒業
【取得学位】
博士(獣医学)

職歴

金沢大学 医学系研究科(1992/04/01-2003/07/31)
金沢大学 学際科学実験センター 准教授(2003/08/01-)

生年月

1963年11月

所属学会

日本実験動物学会 評議員(2013-)
日本実験動物医学会
日本獣医学会 評議員(2015-)

学内委員会委員等

○交通計画小委員会 委員(2016-2017)

受賞学術賞

○(財)放射線影響協会 研究奨励助成(1996/04/01)

専門分野

実験動物学、疾患モデル ノックアウトマウス 糖転移酵素

専門分野キーワード

糖鎖抗原、アスパラギンエンドペプチダーゼ

研究課題

骨髄ホーミングにおけるシアル酸糖鎖の役割

アスパラギンエンドペプチダーゼ欠損による血球貪食症候群様病態の解析

アスパラギンエンドペプチダーゼの免疫系での機能解析

著書

論文

  • Mice lacking asparaginyl endopeptidase develop disorders resembling hemophagocytic syndrome PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 106巻 2号 468-473頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Asparaginyl endopeptidase欠損マウスにおける血球貪食症候群様病態について 浅野雅秀,橋本憲佳 血液内科 63巻 6号 634-639頁 2011/12 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Development of immunoglobulin A nephropathy- like disease in beta-1,4-galactosyltransferase-I-deficient mice 西江敏之,橋本憲佳,他8名 AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 170巻 2号 447-456頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of IgA nephropathy-like disease with high serum IgA levels and increased proportion of polymeric IgA in Beta-1,4-galactosyltransferase-deficient mice CONTRIBUTIONS TO NEPHROLOGY 157巻 125-128頁 2007/06 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • RAGE control of diabetic nephropathy in a mouse model: effects of RAGE gene disruption and administration of low-molecular weight heparin Diabetes 55巻 9号 2510-2522頁 2006/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Functional Relevance of Carnitine Transporter OCTN2 to Brain Distribution of L-Carnitine and Acetyl-L-Carnitine across the Blood-Brain Barrier Kido, Y., Tamai, I., Ohnari, A., Sai, Y., Kagami, T., Nezu, J., Nikaido, H., Hashimoto, N., Asano, M., Tsuji, A. J Neurochem. 79巻 5号 959-969頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Receptor for advanced glycation end products is a promising target of diabetic nephropathy Annals of the New York Academy of Sciences 1043巻 562-566頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impaired selectin-ligand biosynthesis and reduced inflammatory responses in beta-1,4-galactosyltransferase-I-deficient mice 浅野雅秀,中江進,橋本憲佳, 他8名 BLOOD 102巻 5号 1678-1685頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biosynthetic processing of cathepsins and lysosomal degradation are abolished in asparaginyl endopeptidase-deficient mice 白浜佳苗,橋本憲佳,他5名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 278巻 35号 33194-33199頁 2003/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene-dose effect on carnitine transport activity in embryonic fibroblasts of JVS mice as a model of human carnitine transporter deficiency Hashimoto N, Suzuki F, Tamai I, Nikaido H, Kuwajima M, Hayakawa J, Tsuji A. Biochem Pharmacol. 55巻 10号 1729-1732頁 1998/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of gamma-butyrobetaine on fatty liver in juvenile visceral steatosis mice Higashi, Y., Yokogawa, K., Takeuchi, N., Tamai, I., Nomura, M., Hashimoto, N., Hayakawa, J., Miyamoto, K., Tsuji, A. J. Pharm. Pharmacol. 53巻 4号 527-533頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular and physiological evidence for multifunctionality of carnitine/organic cation transporter OCTN2 Ohashi, R., Tamai, I., Nezu, J., Nikaido, H., Hashimoto, N., Oku, A., Sai, Y., Shimane, M., Tsuji, A. Mol. Pharmacol. 59巻 2号 358-366頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Loss of wild-type carrier-mediated L-carnitine transport activity in hepatocytes of juvenile visceral steatosis mice. Yokogawa K, Yonekawa M, Tamai I, Ohashi R, Tatsumi Y, Higashi Y, Nomura M, Hashimoto N, Nikaido H, Hayakawa J, Nezu J, Oku A, Shimane M, Miyamoto K, Tsuji A. Hepatology 30巻 4号 997-1001頁 1999/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Murine plasmacytomas, carrier of the t(12;15) chromosomal translocation, develop from immature/mature B cells not from differentiated plasma cells. Ohno S, Hayakawa J, Hashimoto N, Wiener F. Carcinogenesis 20巻 4号 529-538頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary systemic carnitine deficiency is caused by mutations in a gene encoding sodium ion-dependent carnitine transporter Nezu J, Tamai I, Oku A, Ohashi R, Yabuuchi H, Hashimoto N, Nikaido H, Sai Y, Koizumi A, Shoji Y, Takada G, Matsuishi T, Yoshino M, Kato H, Ohura T, Tsujimoto G, Hayakawa J, Shimane M, Tsuji A. NATURE GENETICS 21巻 1号 91-94頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • SCID-bg mice as xenograft recipients Shibata S, Asano T, Ogura A, Hashimoto N, Hayakawa J, Uetsuka K, Nakayama H, Doi K. Lab Anim. 31巻 2号 163-168頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • TCR beta-independent development of CD4+ CD8+ thymocytes observed in a strain of scid mice Shibata S, Asano T, Ogura A, Hashimoto N, Hayakawa J, Naiki M, Doi K. Immunol Cell Biol. 75巻 2号 154-160頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced human tumor cell transplantability in a new congenic immunodeficient mouse; KSN-BNX Ishigaki Y, Yasuda K, Hashimoto N, Nikaido H, Nikaido O, Hayakawa JI Folia Microbiol 43巻 5号 493-494頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Decreased tissue distribution of L-carnitine in juvenile visceral steatosis mice. Yokogawa K, Higashi Y, Tamai I, Nomura M, Hashimoto N, Nikaido H, Hayakawa J, Miyamoto K, Tsuji A. J Pharmacol Exp Ther. 289巻 1号 224-230頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of CD4+CD8+ thymocytes observed in SCID-bg mice Shibata S, Asano T, Noguchi A, Kimura H, Hashimoto N, Hayakawa J, Ogura A, Doi K. Immunol Cell Biol 75巻 5号 472-477頁 1997/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A comparison of UVB-carcinogenesis between nude mice and nude beige mice Ishigaki Y, Yasuda K, Hashimoto N, Hayakawa J, Hiai H, Nikaido O. J Radiat Res 39巻 2号 119-127頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • AEP/Legumain欠損マウス骨髄における血球貪食症候群様病態の解析(会議名:第58回日本実験動物学会総会)(2011)
  • AEP/Legumain欠損マウス骨髄における血球貪食症候群様病態の解析(会議名:第56回日本実験動物学会総会)(2009)
  • AEP/Legumain欠損マウスにおける血球貪食症候群様病態の解析(会議名:第56回日本実験動物学会)(2009)
  • 第58回日本実験動物学会 「AEP/Legumain欠損マウス骨髄における血球貪食症候群様病態の解析」(2011.5)(2011)
  • 第56回日本実験動物学会 「AEP/Legumain欠損マウスにおける血球貪食症候群様病態の解析」(2009.5)(2009)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的萌芽研究「骨髄幹細胞の新規ホーミング分子の同定と糖鎖修飾による効率的骨髄移植法の開発」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(C)「血球貪食症候を主徴とするリソソーム病の新規病態モデルの確立」(2009-2011) 代表者
○基盤研究(C)「血球貪食症候を自然発症する新規動物モデルの開発と発症機構の解析」(2006-2008) 代表者
○基盤研究(C)「遺伝子改変による癌特異糖鎖抗原機能解析のための基幹糖鎖構造転換マウスモデルの確立」(2003-2004) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「カルニチン欠乏症(JVS)マウスの病態発生に及ぼす環境ストレスの影響」(1998-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「カルニチン欠乏症(JVS)マウスの病態発生に及ぼす環境ストレスの影響」(1997-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○動物実験と再生医学(2017)
○動物実験と再生医学(2016)
○動物実験と再生医学(2015)

大学院担当授業科目

○遺伝子改変動物学特論(2017)
○発生工学基礎技術コース(2017)
○学際センターセミナー(2017)
○遺伝子改変動物学特論(2017)
○動物実験学演習(2017)
○動物実験学演習(2016)
○基礎系領域融合セミナー(2016)
○動物実験学演習(2015)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○国立大学法人動物実験施設協議会(2010-2013) 組織委員会および教育・研修委員会の委員 また,2011年度からは,相談室員として全国の動物飼養保管施設の教員・技術職員からの質問に対応している。
○石川県(2007-2008) いしかわ動物愛護管理推進計画検討会委員として,石川県の動物愛護行政に参画した

このページの先頭へ