本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年08月05日

米田 隆 (よねだ たかし) 教授 YONEDA Takashi

メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 循環医科学専攻

所属研究室等

金沢大学医学系大学院 循環病態内科学 内分泌糖尿病研究室 TEL:076-265-2252 FAX:076-234-4251

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 第二内科学 1994 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1990/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学 医学部附属病院(1999/04/01-)

生年月

所属学会

日本内分泌学会 若手臨床内分泌医育成委員会委員(2016-2018)
日本内分泌学会 原発性アルドステロン症ガイドライン作成委員(2011-2017)
日本内分泌学会 評議員(2011-)
日本高血圧学会 評議員(2012-)
日本循環器学会
アメリカ内分泌学会
日本糖尿病学会
日本内科学会
日本心血管内分泌学会 評議員(2012-)
日本甲状腺学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

内分泌学、高血圧、内分泌学、代謝学、循環器内科学、医療社会学

専門分野キーワード

内分泌腫瘍、高血圧、メディカルイノベーション、レギュラトリーサイエンス、 遠隔診療(IoT診療)、健康増進

研究課題

内分泌腫瘍の成因に対する研究

高血圧、心血管内分泌学

メデイカルイノベーション

著書

論文

  • Insulin Secretion and Risk for Future Diabetes in Subjects with a Nonpositive Insulinogenic Index.  Aono D, Oka R, Kometani M, Takeda Y, Karashima S, Yoshimura K, Takeda Y, Yoneda T. J Diabetes Res. 2018/05 査読有 原著論文
  • The Occurrence of Apparent Bilateral Aldosterone Suppression in Adrenal Vein Sampling for Primary Aldosteronism. Shibayama Y, Wada N, Naruse M, Kurihara I, Ito H, Yoneda T, Takeda Y, Umakoshi H, Tsuiki M, Ichijo T, Fukuda H, Katabami T, Yoshimoto T, Ogawa Y, Kawashima J, Ohno Y, Sone M, Fujita M, Takahashi K, Shibata H, Kamemura K, Fujii Y, Yamamoto K, Suzuki T.  J Endocr Soc.  2巻 5号 398-407頁 2018/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of primary aldosteronism without hypertension in the general population: Results in Shika study. Karashima S, Kometani M, Tsujiguchi H, Asakura H, Nakano S, Usukura M, Mori S, Ohe M, Sawamura T, Okuda R, Hara A, Takamura T, Yamagishi M, Nakamura H, Takeda Y, Yoneda T. Clin Exp Hypertens. 40巻 2号 118-125頁 2018/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of sodium glucose cotransporter 2 inhibitors on obstructive sleep apnea in patients with type 2 diabetes.  Sawada K, Karashima S, Kometani M, Oka R, Takeda Y, Sawamura T, Fujimoto A, Demura M, Wakayama A, Usukura M, Yagi K, Takeda Y, Yoneda T. Endocr J.  2018/02/20 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of Cardiovascular Disease and Its Risk Factors in Primary Aldosteronism: A Multicenter Study in Japan.  Ohno Y, Sone M, Inagaki N, Yamasaki T, Ogawa O, Takeda Y, Kurihara I, Itoh H, Umakoshi H, Tsuiki M, Ichijo T, Katabami T, Tanaka Y, Wada N, Shibayama Y, Yoshimoto T, Ogawa Y, Kawashima J, Takahashi K, Fujita M, Watanabe M, Matsuda Y, Kobayashi H, Shibata H, Kamemura K, Otsuki M, Fujii Y, Yamamoto K, Ogo A, Okamura S, Miyauchi S, Fukuoka T, Izawa S, Yoneda T, Hashimoto S, Yanase T, Suzuki T, Kawamura T, Tabara Y, Matsuda F, Naruse M; Nagahama Study; JPAS Study Group. Hypertension 71巻 3号 530-537頁 2018/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Reply to Kawada: One-hour plasma glucose as a predictor of Type 2 diabetes mellitus.  Oka R, Aizawa T, Yoneda T, Yamagishi M. Diabet Med. 34巻 5号 734.頁 2017 査読有 論説
  • Renal glucosuria is not associated with atherosclerotic cardiovascular disease outcome in a general Japanese community. Tada H, Kawashiri MA, Sakata K, Yoneda T, Yasuda K, Yamagishi M, Hayashi K. Atherosclerosis. 261巻 111-116.頁 2017/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cortisol overproduction results from DNA methylation of CYP11B1 in hypercortisolemia.  Kometani M, Yoneda T, Demura M, Koide H, Nishimoto K, Mukai K, Gomez-Sanchez CE, Akagi T, Yokota T, Horike SI, Karashima S, Miyamori I, Yamagishi M, Takeda Y. Sci Rep.  7巻 1号 11205頁 2017/09/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Trajectories of Postload Plasma Glucose in the Development of Type 2 Diabetes in Japanese Adults. Oka R, Shibata K, Sakurai M, Kometani M, Yamagishi M, Yoshimura K, Yoneda T. J Diabetes Res. 5307523. 頁 2017 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ventricular Fibrillation Associated With Dynamic Changes in J-Point Elevation in a Patient With Silent Thyroiditis.  Karashima S, Tsuda T, Wakabayashi Y, Kometani M, Demura M, Ichise T, Kawashiri MA, Takeda Y, Hayashi K, Yoneda T. J Endocr Soc.  2巻 2号 135-139.頁 2017/12/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • One-hour plasma glucose as a predictor of the development of Type 2 diabetes in Japanese adults.  Oka R, Aizawa T, Miyamoto S, Yoneda T, Yamagishi M. Diabet Med. 33巻 10号 1399-405. 頁 2016/10 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PEP-on-DEP: A competitive peptide-based disposable electrochemical aptasensor for renin diagnostics.   Biyani M, Kawai K, Kitamura K, Chikae M, Biyani M, Ushijima H, Tamiya E, Yoneda T, Takamura Y. Biosens Bioelectron.   84巻 120-5頁 2016/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Protective effects of mineralocorticoid receptor blockade against neuropathy in experimental diabetic rats.  Takata H, Takeda Y, Zhu A, Cheng Y, Demura M, Yagi K, Karashima S, Yamagishi M. Diabetes Obes Metab. 14巻 2号 155-162頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unilateral Primary Aldosteronism with Spontaneous Remission after Long-Term Spironolactone Therapy.   Demura M, Takata H, Kometani M, Karashima S, Yamagishi M, Takeda Y.  J Clin Endocrinol Metab.  2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple noncoding exons 1 of nuclear receptors NR4A family (nerve growth factor-induced clone B, Nur-related factor 1 and neuron-derived orphan receptor 1) and NR5A1 (steroidogenic factor 1) in human cardiovascular and adrenal tissues.  Demura M, Wang F, Karashima S, Mori S, Oe M, Kometani M, Sawamura T, Cheng Y, Maeda Y, Namiki M, Ino H, Fujino N, Uchiyama K, Tsubokawa T, Yamagishi M, Nakamura Y, Ono K, Sasano H, Demura Y, Takeda Y. J Hypertens 29巻 6号 1185-95頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of primary aldosteronism among prehypertensive and stage 1 hypertensive subjects.  Ito Y, Takeda R, Karashima S, Yamamoto Y, Takeda Y.  Hypertens Res. 34巻 1号 98-102頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical characteristics of primary hyperaldosteronism due to adrenal microadenoma.  Karashima S, Takeda Y, Cheng Y, Demura M, Kometani M, Ohe M, Mori S, Yagi K, Yamagishi M Steroids 76巻 12号 1363-6頁 2011/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of high sodium intake on cardiovascular aldosterone synthesis in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. Takeda Y, Yoneda T, Demura M, Furukawa K, Miyamori I, Mabuchi H. J Hypertens. 19巻 7号 635-639頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cardiac aldosterone production in genetically hypertensive rats. Takeda Y, Yoneda T, Demura M, Miyamori I, Mabuchi H. Hypertension. 36巻 10号 495-500頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calcineurin inhibition attenuates mineralocorticoid-induced cardiac hypertrophy. Takeda Y, Yoneda T, Demura M, Usukura M, Mabuchi H. Circulation. 105巻 6号 677-679頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic analysis of the cytochrome P-450c17alpha (CYP17) and aldosterone synthase (CYP11B2) in Japanese patients with 17alpha-hydroxylase deficiency. Takeda Y, Yoneda T, Demura M, Furukawa K, Koshida H, Miyamori I, Mabuchi H. Clin Endocrinol 54巻 6号 751-758頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Two novel types of contiguous gene deletion of the AVPR2 and ARHGAP4 genes in unrelated Japanese kindreds with nephrogenic diabetes insipidus. Demura M, Takeda Y, Yoneda T, Furukawa K, Usukura M, Itoh Y, Mabuchi H. Human Mutation 19巻 1号 23-29頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sodium-induced cardiac aldosterone synthesis causes cardiac hypertrophy. Takeda Y, Yoneda T, Demura M, Miyamori I, Mabuchi H. Endocrinology. 141巻 5号 1901-1904頁 2000/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Brain nitric oxide synthase messenger RNA in central mineralocorticoid hypertension. Takeda Y, Miyamori I, Yoneda T, Furukawa K, Inaba S, Takeda R, Mabuchi H. Hypertension. 30巻 4号 953-956頁 1997/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○高血圧の成因における心血管系ホルモンの役割

科研費

○奨励研究(A)(1968-2001)「末端肥大症の成因における遺伝子学的研究」(2001-) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「生活習慣病における多機能携帯電話を用いた遠隔診療システムの構築」(2017-2019) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「地域医療における軽症糖尿病患者に対する在宅健康サービスの継続研究」(2013-2015)
○基盤研究(C)「地域医療における軽症糖尿病患者に対する在宅健康サービスの構築」(2010-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○メディカル・イノベーション演習(2017)
○レギュラトリーサイエンスセミナー(2017)
○レギュラトリーサイエンスセミナー(2017)
○メディカル・イノベーション演習(2017)
○メディカル・イノベーション演習(2017)
○レギュラトリーサイエンスセミナー(2016)
○メディカル・イノベーション演習(2016)
○レギュラトリーサイエンスセミナー(2016)
○メディカル・イノベーション演習(2016)
○メディカル・イノベーション演習(2016)
○レギュラトリーサイエンスセミナー(2015)
○レギュラトリーサイエンスセミナー(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○高血圧

その他公的社会活動

このページの先頭へ