本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

川尻 剛照 (かわしり まさあき) 准教授 KAWASHIRI Masaaki

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科循環器病態内科学

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 循環医科学専攻

所属研究室等

金沢大学大学院医学系研究科臓器機能制御学 TEL:076-265-2251 FAX:076-234-4251

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 内科学第二 修了
【出身大学】
新潟大学 医学部 医学科 1994/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

金沢大学医学部附属病院 第二内科 研修医(1994/05/12-1995/03/31)
金沢大学医学部保健学科 看護学専攻(2002/07/01-2003/04/30)
金沢大学医学部附属病院 内科 医員(2003/05/01-)
ペンシルバニア大学医学部 遺伝子治療研究所 研究員(1998/10/01-2000/10/31)

生年月

1968年07月

所属学会

日本動脈硬化学会 評議員(2004-)
日本内科学会
日本循環器学会 評議員(2012-)
日本心臓病学会 FJCC(2013-)
日本老年医学会 北陸支部評議員(2016-)
日本人類遺伝学会
日本心血管画像動態学会 評議員(2013-)
欧州心臓学会 FESC(2015-)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

循環器内科学、代謝学

専門分野キーワード

動脈硬化、冠動脈疾患、高脂血症

研究課題

動脈硬化発症の分子遺伝学研究

動脈硬化性心血管病の危険因子

遺伝性脂質代謝異常症

動脈硬化症の画像診断

著書

  • 動脈硬化症 本の泉社 分子予防環境医学 2010/12 原著書 共著 山岸正和
  • 心不全(慢性心不全) 中山書店 循環器診療マニュアル 2009/08 原著書 共著 藤野陽、山岸正和
  • 虚血性心疾患、動脈硬化症 朝倉書店 炎症・再生医学事典 2009/06 共著 多田隼人、山岸正和
  • コレステロール逆転送の分子機構 日本臨床社 脂質代謝異常—高脂血症、低脂血症 2007/07 原著書 共著 小林淳二、稲津明広、馬渕宏、山岸正和
  • ケースアプローチ 南江堂 動脈硬化診療マニュアル 2006/10 原著書 共著 馬渕宏

全て表示

  • 高脂血症 南江堂 循環器疾患最新の治療2004-2005 2004/02 原著書 共著 馬渕宏
  • 動脈硬化、高脂血症 中山書店 看護のための最新医学講座 2003/04 原著書 共著 馬渕宏
  • FHの遺伝子治療 医歯薬出版 別冊医学のあゆみ「高脂血症と動脈硬化」 2002/07 単著

論文

  • Plasma homocysteine level and development of coronary artery disease. Kawashiri M et al. CORONARY ARTERY DISEASE 10巻 7号 443-7頁 1999/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prolonged correction of hyperlipidemia in mice with familial hypercholesterolemia using an adeno-associated viral vector expressing VLDL receptor. Chen SJ, Rader DJ et al. MOLECULAR THERAPY 2巻 3号 256頁 2000/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of common methylenetetrahydrofolate reductase gene mutation on coronary artery disease in familial hypercholesterolemia. Kawashiri M et al. AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY 86巻 8号 840-5頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-density lipoprotein metabolism: molecular targets for new therapies for atherosclerosis. Curr Atheroscler Rep.  2巻 5号 363-72頁 2000/09 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of coexpression of the LDL receptor and apoE on cholesterol metabolism and atherosclerosis in LDL receptor-deficient mice. Kawashiri M et al. JOURNAL OF LIPID RESEARCH 42巻 6号 943頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Circulating matrix metalloproteinases and their inhibitors in premature coronary atherosclerosis. Noji Y et al. CLINICAL CHEMISTRY AND LABORATORY MEDICINE 39巻 5号 380-384頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hyperhomocysteinemia, diabetes mellitus, and carotid atherosclerosis independently increase atherosclerotic vascular disease outcome in Japanese Haraki T et al. CLINICAL NEPHROLOGY 56巻 2号 132-139頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of serum B vitamins on elevated plasma homocysteine levels associated with the mutation of methylenetetrahydrofolate reductase gene in Japanese. Moriyama Y et al. ATHEROSCLEROSIS 164巻 2号 321-328頁 2002/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Combined effects of cholesterol reduction and apolipoprotein A-I expression on atherosclerosis in LDL receptor deficient mice. Kawashiri M et al. ATHEROSCLEROSIS 165巻 1号 15頁 2002/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dual effects on HDL metabolism by cholesteryl ester transfer protein inhibition in HepG2 cells. Huang Z et al. AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM 284巻 6号 E1210-1219頁 2003/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Haplotype analyses of cholesteryl ester transfer protein gene promoter: a clue to an unsolved mystery of TaqIB polymorphism. Lu H et al. JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE-JMM 81巻 4号 246-255頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Apolipoprotein A-I deficiency results in markedly increased atherosclerosis in mice lacking the LDL receptor. Moore RE, Kawashiri MA, Kitajima K, Secreto A, Millar JS, Pratico D, Rader DJ. ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 23巻 10号 1914-20頁 2003/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In vivo modulation of HDL phospholipid has opposing effects on SR-BI- and ABCA1-mediated cholesterol efflux. JOURNAL OF LIPID RESEARCH 45巻 2号 337-46頁 2003/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical applications of long-term LDL-apheresis on and beyond refractory hypercholesterolemia. TRANSFUS APHER SCI. 30巻 3号 233-43.頁 2004/06 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Detailed analysis of serum lipids and lipoproteins from Japanese type III hyperlipoproteinemia with apolipoprotein E2/2 phenotype. CLINICA CHIMICA ACTA 348巻 1-2号 35-40頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of two novel missense mutations (p.R1221C and p.R1357W) in the ABCC6 (MRP6) gene in a Japanese patient with pseudoxanthoma elasticum (PXE). INTERNAL MEDICINE 43巻 12号 1171-6.頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cutoff point separating affected and unaffected familial hypercholesterolemic patients validated by LDL-receptor gene mutants. JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS 12巻 1号 35-40.頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ATP-binding cassette transporter G8 M429V polymorphism as a novel genetic marker of higher cholesterol absorption in hypercholesterolaemic Japanese subjects. CLINICAL SCIENCE 109巻 2号 183-8頁 2005/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Efficacy of colestimide coadministered with atorvastatin in Japanese patients with heterozygous familial hypercholesterolemia (FH). Kawashiri M et al. Circulation Journal 69巻 5号 515-520頁 2005/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Type III hyperlipoproteinemia exaggerated by Sheehan\'s syndrome with advanced systemic atherosclerosis: a 28-year clinical course. Kawashiri M et al. Circulation Journal 69巻 6号 746-751頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reduction of serum ubiquinol-10 and ubiquinone-10 levels by atorvastatin in hypercholesterolemic patients. JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS 12巻 2号 111-9頁 2005/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term course of lipoprotein lipase (LPL) deficiency due to homozygous LPL(Arita) in a patient with recurrent pancreatitis, retained glucose tolerance, and atherosclerosis.  JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM 2005/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cholesterol-years score is associated with development of senile degenerative aortic stenosis in heterozygous familial hypercholesterolemia.  J Atheroscler Thromb. 2006/12 査読有 原著論文
  • Comparison of effects of pitavastatin and atorvastatin on plasma coenzyme Q10 in heterozygous familial hypercholesterolemia: results from a crossover study.  CLINICAL PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Marked aortic valve stenosis progression after receiving long-term aggressive cholesterol-lowering therapy using low-density lipoprotein apheresis in a patient with familial hypercholesterolemia.  Circ J.  2009/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Apolipoprotein B gene mutations and fatty liver in Japanese hypobetalipoproteinemia.  CLINICA CHIMICA ACTA 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impact of severe earthquake on the occurrence of acute coronary syndrome and stroke in a rural area of Japan.  Circ J.  2009/06 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pictures in clinical medicine. Huge apertures in the aortic valve due to Libman-Sachs endocarditis.  INTERNAL MEDICINE 2009/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • An enhanced device for transluminal retrieval of vascular stents without surgical procedures: experimental studies.  J Interv Cardiol. 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Occult aneurysms in aorto-coronary saphenous vein grafts.  INTERNAL MEDICINE 2010/06 査読有
  • Impact of out-stent plaque volume on in-stent intimal hyperplasia: Results from serial volumetric analysis with high-gain intravascular ultrasound.  INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impact of bezafibrate and atorvastatin on lipoprotein subclass in patients with type III hyperlipoproteinemia: result from a crossover study.  CLINICA CHIMICA ACTA 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High frequency of a retinoid X receptor gamma gene variant in familial combined hyperlipidemia that associates with atherogenic dyslipidemia.  ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 2007/04 査読有 原著論文
  • Intravascular ultrasound appearance of scattered necrotic core as an index for deterioration of coronary flow during intervention in acute coronary syndrome.  HEART AND VESSELS 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A novel type of familial hypercholesterolemia: Double heterozygous mutations in LDL receptor and LDL receptor adaptor protein 1 gene.  ATHEROSCLEROSIS 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「LDL受容体遺伝子変異を認めない家族性高コレステロール血症のPCSK9遺伝子解析」(2004-) 代表者
○若手研究(B)「LDL受容体遺伝子変異を認めない家族性高コレステロール血症のPCSK9遺伝子解析」(2005-2005) 代表者
○基盤研究(C)「家族性高コレステロール血症の原因遺伝子別系統的病態解析」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)「家族性高コレステロール血症の原因遺伝子別系統的病態解析」(2009-2011) 代表者
○基盤研究(C)「家族性高コレステロール血症の新規原因遺伝子が臨床像と生命予後に与える影響」(2012-2014) 代表者
○基盤研究(C)「新規原因遺伝子PSCK9による家族性高コレステロール血症のアポ蛋白代謝異常の解明」(2013-2015) 分担者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○臓器機能制御学特論(2017)
○臓器機能制御学特論(2017)
○臓器機能制御学特論(2016)
○臓器機能制御学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○高脂血症と動脈硬化性疾患(キーワード:高脂血症,動脈硬化,動脈硬化診療ガイドライン)
○動脈硬化に対する遺伝子治療(キーワード:遺伝子治療,動脈硬化,アデノウイルス)

その他公的社会活動

このページの先頭へ