本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月19日

小藤 累美子 (こふじ るみこ) 助教 KOFUJI Rumiko

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

植物自然史研究室 TEL:076-264-6208 FAX:076-264-6208

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 生命科学 1997/03 修了
【出身大学】
金沢大学 理学部 生物学 1990
【取得学位】
博士(理学)

職歴

金沢大学 自然科学研究科(2001/04/01-)
基礎生物学研究所 種分化機構第二研究部門 特別協力研究員(1997/04/01-2000/03/31)

生年月

1968年03月

所属学会

日本植物学会 代議員(2012-2014)
日本分子生物学会
日本植物分類学会 第17回大会実行委員(2017-2017)
日本進化学会
植物地理・分類学会 幹事(会計)(2005-2009)
北陸植物学会 連絡幹事(2011-)
日本植物学会北陸支部会 連絡幹事(2001-2010)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

進化生物学、生物多様性・分類、形態進化 系統 種分化

専門分野キーワード

進化、形態形成、ヒメツリガネゴケ

研究課題

陸上植物の形態形成機構の進化

造卵器・造精器から見た陸上植物の生殖器官の進化

異質倍数体種における遺伝子発現に関する研究

著書

  • Gametangia development in the moss Physcomitrella patens. In The moss Physcomitrella, D. Cove, F. Perroud, and C. Knight, eds. Annual Plant Reviews, Volume36, pp. 167-181. 2009/06 原著書 共著 978-1-4051-8189-1

論文

  • Antheridial development in the moss Physcomitrella patens: implications for understanding stem cells in mosses Philosophical Transactions B XX巻 XX号 in press頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Plastid genome sequences of Gymnochlora stellata, Lotharella vacuolata, and Partenskyella glossopodia reveal remarkable structural conservation among chlorarachniophyte species Journal of Plant Research 129巻 4号 581-90頁 2016/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Eight types of stem cells in the life cycle of the moss Physcomitrella patens Rumiko Kofuji and Mitsuyasu Hasebe CURRENT OPINION IN PLANT BIOLOGY 17巻 13-21頁 2014/02 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • AP2-type transcription factors determine stem cell identity in the moss Physcomitrella patens. Development 139巻 17号 3120-3129頁 2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular genetic and chemotaxonomic characterization of the terrestrial cyanobacterium Nostoc commune and its neighboring species. FEMS MICROBIOLOGY ECOLOGY 79巻 1号 34-45頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Transient transformation of a chlorarachniophyte alga, Lotharella amoebiformis (Chlorarachniophyceae), with uidA and egfp reporter genes JOURNAL OF PHYCOLOGY 44巻 3号  814-820頁 2008/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogeny and nucleomorph karyotype diversity of Chlorarachniophyte algae JOURNAL OF EUKARYOTIC MICROBIOLOGY 54巻 5号 403-410頁 2007/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A novel treatment system of wastewater contaminated with copper by a moss. BIOCHEMICAL ENGINEERING JOURNAL 28巻 3号 295-298頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evolution and divergence of the MADS-box gene family based on genome-wide expression analyses. Kofuji R, Hasebe M.ほか5名 MOLECULAR BIOLOGY AND EVOLUTION 20巻 12号 1963-77頁 2003/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of auxin and a homeodomain-leucine zipper I gene in rhizoid development of the moss Physcomitrella patens. Sakakibara K, Kofuji R, Hasebe M.ほか3名 DEVELOPMENT 130巻 20号 4835-46頁 2003/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Two ancient classes of MIKC-type MADS-box genes are present in the moss Physcomitrella patens. Henschel K, Kofuji R, Hasebe M 他3名 MOLECULAR BIOLOGY AND EVOLUTION 19巻 6号 801-814頁 2002/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MADSボックス遺伝子と植物の生殖器官の進化 蛋白質核酸酵素 46巻 10号 1358-1366頁 2001/08 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation and phylogenetic analysis of MADS genes from the fern Ceratopteris richardii. Kofuji, R., Yamaguchi, K. J. Phytogeogr. & Taxon. 45巻 83-91頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 花器官形成調節遺伝子; 酵母, 高等植物, ヒトに広がるMADSボックス遺伝子ファミリーの一員としての考察 蛋白質核酸酵素 39巻 15号 2570-2579頁 1994/11 査読無 展望 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular phylogeny in the Lardizabalaceae. Kofuji R, Ueda K, Yamaguchi K, Shimizu T JOURNAL OF PLANT RESEARCH 107巻 339-348頁 1994/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic relationships of ferns deduced from rbcL gene sequence. JOURNAL OF MOLECULAR EVOLUTION 37巻 5号 476-482頁 1993/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogeny of gymnosperms inferred from rbcL gene sequences. JOURNAL OF PLANT RESEARCH 105巻 1080号 673-679頁 1992/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic relationships in Gnetophyta deduced from rbcL gene sequences. JOURNAL OF PLANT RESEARCH 105巻 1079号 385-391頁 1992/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アケビ科の系統 種生物学研究 16巻 1号 21-28頁 1992/01 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • rbcLの塩基配列と裸子植物の系統 遺伝 46巻 6号 24-29頁 1992/01 査読無 総説 その他

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○分子マーカーを用いた植物の遺伝的変異の解析

科研費

○基盤研究(S)「植物発生進化のグランドプランとしての細胞分裂軸制御機構とその時空間制御機構の解明」(2016-2020) 分担者
○基盤研究(B)「花期に関与する遺伝子を指標とした交雑起源種の種分化機構の解析」(2002-2004) 代表者
○基盤研究(C)「低温依存的雑種形成が切り拓く植物多様性研究の新展開」(2015-2017) 分担者
○萌芽的研究(1996-2001)「造卵器・造精器から見た陸上植物における生殖器官の進化」(2001-2002) 代表者
○基盤研究(B)「コモウセンゴケ複合体におけるジェネティック、エピジェネティックな種分化機構の解析」(2007-2009) 分担者

学域・学類担当授業科目

○機能植物科学(2017)
○生理学1(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○進化系統学実験(2017)
○分類学実験(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○進化発生学(2017)
○生物学実験(2017)
○生物学実験(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○生理学1A(2017)
○基礎生物学実験(2016)
○生物学実験(2016)
○進化発生学(2016)
○進化系統学実験(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○生物学課題演習(2)(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○生物学課題研究(2)(2016)
○生命・地球学概論(2016)
○生理学1(2016)
○分類学実験(2016)
○生物学課題演習(2)(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○生物学課題研究(2)(2015)
○進化系統学実験(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○生理学1(2015)
○進化発生学(2015)
○初学者ゼミ(2014)
○生理学1(2014)
○進化系統学実験(2014)
○進化発生学(2014)
○生物学課題演習(1)(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○植物のかたちをつくる遺伝子の進化(キーワード:陸上植物,系統進化,エボデボ)

その他公的社会活動

このページの先頭へ