本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月29日

仲正 昌樹 (なかまさ まさき) 教授 NAKAMASA Masaki

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 法学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 法学類 公共法政策コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 法学・政治学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻

所属研究室等

 TEL:076-264-5834 FAX:

学歴

職歴

生年月

1963年02月

所属学会

日本法哲学会
日本法社会学会
日本独文学会

学内委員会委員等

○動物実験委員会 ④委員(2012-)

受賞学術賞

専門分野

思想史、基礎法学、文学一般

専門分野キーワード

ポストモダン法、金沢大付属病院無断臨床試験訴訟、ポストモダンの正義

研究課題

正義論

ポスト・モダン系法哲学

医療倫理

著書

  • ハイデガー哲学入門 2015 ①原著書 ①単著 仲正昌樹
  • 〈日本哲学〉入門講義 作品社 2015 ①原著書 ①単著 仲正昌樹
  • プラグマティズム入門講義 作品社 2015 ①原著書 ①単著 仲正昌樹
  • ジャック・デリダ入門講義 2016 ①原著書 ①単著 仲正昌樹
  • マックス・ウェーバーを読む 講談社 2014/08 ①原著書 ①単著

全て表示

  • ハンナ・アーレント『人間の条件』入門講義 作品社 2014/05 ①原著書 ①単著
  • 精神論ぬきの保守主義 新潮社 2014/05 ①原著書 ①単著
  • カール・シュミット入門講義 作品社 2013/03 ①原著書 ①単著 978-4-86182-426-5
  • 法と自由 2013/11 ①単著
  • 「不自由」論 筑摩書房 2003/09 ①原著書 ①単著 仲正昌樹
  • 「みんな」のバカ! 光文社 2004/06 ①原著書 ①単著 仲正昌樹
  • 自己再想像の〈法〉 お茶の水書房 2005/01 ①原著書 ①単著 仲正昌樹 4-275-00360-8
  • 今こそアーレントを読み直す 講談社 2009/05 ①原著書
  • 日本とドイツ 光文社 2005/07 ①原著書 ①単著
  • 集中講義!アメリカ現代思想 NHK出版 2008/09 ①原著書 ①単著
  • 日本とドイツ 光文社 2006/07 ①原著書
  • 「プライバシー」の哲学 ソフトバンク 2007/11 ①原著書
  • 『人体実験』と患者の人格権 御茶の水書房 2003/05 ①原著書 ②共著 仲正昌樹、打出喜義、仁木恒夫 4-275-01983-0
  • 現代ドイツ思想講義 作品社 2011/03 ①原著書 ①単著
  • ヴァルター・ベンヤミン 作品社 2011/03 ①原著書 ①単著
  • ポスト・モダンの左旋回 情況出版 2002/04 ①原著書 ①単著 仲正昌樹 4-915252-62-0
  • 法の共同体 御茶の水書房 2002/12 ①原著書 ①単著 仲正昌樹
  • 貨幣空間 情況出版 2000/07 ①原著書 ①単著 仲正昌樹 4-915252-46-9
  • 〈法〉と〈法外なもの〉 御茶の水書房 2001/04 ①原著書 ①単著 仲正昌樹 4-275-01858-3

論文

  • リア充/非リア充の構造 仲正昌樹 角川インターネット講座 4巻 237-264頁 2014/09/30 査読無 その他

講演・口頭発表等

  • 万人に分かるような報道がよい報道なのか(会議名:マスコミ倫理懇談会報道分科会E)(2016/10/01)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○ドイツ語A4-2(2017)
○ドイツ語A1-1(2017)
○ドイツ語A2-2(2017)
○ドイツ語A2(2017)
○ゼミ/政治哲学入門(2017)
○ケーススタディによる応用倫理学(2017)
○基礎演習(2017)
○政治思想史演習(2017)
○政治思想史(2017)
○学域GS言語科目I(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(2017)
○ドイツ語A3(2017)
○ドイツ語A4-1(2017)
○ケーススタディによる応用倫理学(2017)
○ドイツ語A3-2(2017)
○ドイツ語A2-1(2017)
○ドイツ語A1(2017)
○ドイツ語A1-2(2017)
○ドイツ語A4(2017)
○ドイツ語A3-1(2017)
○ゼミ/政治哲学入門(2017)
○ゼミ/政治哲学入門(2016)
○政治思想史(2016)
○外国書講読(ドイツ語)(2016)
○基礎演習(2016)
○ドイツ語A4(2016)
○ゼミ/政治哲学入門(2016)
○ケーススタディによる応用倫理学(2016)
○政治思想史演習(2016)
○ドイツ語A2(2016)
○ドイツ語A3(2016)
○ドイツ語A1(2016)
○ドイツ語A2(2015)
○ドイツ語A1(2015)
○基礎演習(2015)
○政治思想史演習(2015)
○政治思想史(2015)
○基礎演習(2015)
○政治思想史演習(2015)
○政治思想史(2015)
○ゼミ/政治哲学入門(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○ドイツ語A3(2015)
○ドイツ語A4(2015)
○基礎演習(2014)
○外国書講読(英語)(2014)
○政治思想史(2014)
○政治思想史演習(2014)
○ゼミ/政治哲学入門(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○政治思想史(2014)
○基礎演習(2014)
○政治思想史演習(2014)
○外国書講読(英語)(2014)

大学院担当授業科目

○政治思想史演習Ⅳ(2017)
○社会哲学演習(2017)
○政治思想史演習Ⅲ(2017)
○政治思想史特論Ⅰ(2017)
○政治思想史研究Ⅱ(2017)
○政治思想史特論Ⅲ(2017)
○政治思想史演習Ⅱ(2017)
○政治思想史研究Ⅰ(2017)
○政治思想史特論Ⅱ(2017)
○政治思想史研究(2017)
○政治思想史演習Ⅰ(2017)
○政治思想史演習(2017)
○政治思想史特論Ⅳ(2017)
○政治思想史演習Ⅱ(2017)
○政治思想史特論Ⅱ(2017)
○政治思想史演習Ⅰ(2017)
○政治思想史演習Ⅱ(2017)
○政治思想史特論Ⅰ(2017)
○政治思想史演習Ⅰ(2017)
○社会哲学(2017)
○政治思想史特論Ⅱ(2016)
○政治思想史演習Ⅰ(2016)
○政治思想史演習(2016)
○政治思想史研究Ⅰ(2016)
○社会哲学(2016)
○社会哲学演習(2016)
○政治思想史研究(2016)
○政治思想史演習Ⅱ(2016)
○政治思想史研究Ⅱ(2016)
○政治思想史特論Ⅲ(2016)
○政治思想史特論Ⅱ(2016)
○政治思想史演習Ⅱ(2016)
○政治思想史演習Ⅱ(2016)
○政治思想史演習Ⅲ(2016)
○政治思想史演習Ⅰ(2016)
○政治思想史特論Ⅰ(2016)
○政治思想史演習Ⅳ(2016)
○政治思想史演習Ⅰ(2016)
○政治思想史特論Ⅳ(2016)
○政治思想史特論Ⅰ(2016)
○政治思想史研究(2015)
○政治思想史演習(2015)
○社会哲学(2015)
○社会哲学演習(2015)
○政治思想史演習Ⅱ(2015)
○政治思想史演習Ⅰ(2015)
○政治思想史特論Ⅱ(2015)
○政治思想史特論Ⅰ(2015)
○社会哲学演習(2014)
○政治思想史演習(2014)
○政治思想史研究(2014)
○社会哲学(2014)
○政治思想史事例研究(2014)
○政治思想史理論研究(2014)
○政治思想史演習Ⅰ(2014)
○政治思想史演習Ⅱ(2014)
○政治思想史特論Ⅰ(2014)
○政治思想史特論Ⅱ(2014)
○政治思想史事例研究(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○金大付属病院無断臨床試験訴訟の経緯(キーワード:金沢大付属病院,インフォームド・コンセント,比較臨床試験)
○ポストモダンの法哲学(キーワード:法哲学,ポスト・モダン哲学,自己決定権)
○松本清張の社会推理小説の記号学的分析(キーワード:松本清張,記号学,社会派推理小説)

その他公的社会活動

このページの先頭へ