本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月11日

北村 陽二 (きたむら ようじ) 准教授 KITAMURA Yoji

メール

所属組織・役職等

学際科学実験センター

教育分野

【大学院後期課程】
自然科学研究科 生命科学専攻

所属研究室等

学際科学実験センター トレーサー情報解析分野 TEL:076-265-2474 FAX:076-234-4245

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 2003/03 中退
京都大学 修士課程 2001/03 修了
【出身大学】
京都大学  1999/03 卒業
【取得学位】
博士(薬学)

職歴

金沢大学 学際科学実験センター(2009/10/01-)
岡山大学大学 歯薬学総合研究科(薬学系) 助教(2007/04/01-2009/09/30)
岡山大学大学 歯薬学総合研究科(薬学系) 助手(2005/04/01-2007/04/01)
岡山大学大学 自然科学研究科(薬学系) 助手(2004/06/15-2005/04/01)
神戸学院大学 薬学部 実験助手(2003/04/01-2004/06/14)

生年月

1976年01月

所属学会

日本薬学会
日本核医学会
日本分子イメージング学会
日本癌学会
日本放射線安全管理学会
北陸地域アイソトープ研究会
日本分析化学会
日本微量元素学会
日本食品衛生学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○優秀ポスター賞:第10回日本放射線安全管理学会学術大会 (2011/12/02)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

  • パートナー分析化学Ⅰ 改定第3版 南江堂 2017/03/25 ①原著書 ②共著 萩中 淳,能田 均,山口政俊,北村陽二,他14名 978-4-524-40343-1
  • パートナー分析化学II 改定第3版 南江堂 2017/03/30 ①原著書 ②共著 能田 均,萩中 淳,山口政俊,北村陽二,他28名 978-4-524-40344-8
  • パートナー分析化学II 改定第2版 南江堂 2012/03 ①原著書 ②共著 山口政俊,升島 努,能田 均,北村陽二,他20名
  • パートナー分析化学Ⅰ 改定第2版 南江堂 2012/03 ①原著書 ②共著 萩中 淳,山口政俊,千熊正彦,北村陽二,他20名
  • パートナー分析化学Ⅰ 改定第2版 南江堂 2012/03 ①原著書 ②共著 萩中 淳,山口政俊,千熊正彦,北村陽二,他20名

全て表示

  • 赤外吸収スペクトルおよびラマンスペクトル 南江堂 パートナー分析化学Ⅱ 第4刷 2010/02 ①原著書 ②共著 斎藤 寛,御舩正樹,北村陽二

論文

  • Redesign of negatively charged 111In-DTPA-octreotide derivative to reduce renal radioactivity Nobuhiro Oshima, Hiromichi Akizawa, Hidekazu Kawashima, Songji Zhao, Yan Zhao, Ken-ichi Nishijima, Yoji Kitamura, Yasushi Arano, Yuji Kuge, Kazue Ohkura Nuclear Medicine and Biology 48巻 16-25頁 2017/02/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • In Vivo Differences between Two Optical Isomers of Radioiodinated o-iodo-trans-decalinvesamicol for Use as a Radioligand for the Vesicular Acetylcholine Transporter Uno I., Kozaka T., Miwa D., Kitamura Y., Azim M. A.-u., Ogawa K., Taki J., Kinuya S. and Shiba K. PLoS ONE 11巻 1号 e0146719頁 2016/01/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Chlorella as a Decorporation Agent to Enhance the Elimination of Radioactive Strontium from Body Ogawa K., Fukuda T., Han J., Kitamura Y., Shiba K. and Odani A. Plos One 11巻 2号 2016/02/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The potential of o-bromo-trans-decalinvesamicol as a new PET ligand for vesicular acetylcholine transporter imaging Azim M. A.-u., Kozaka T., Uno I., Miwa D., Kitamura Y., Ogawa K., Makino A., Kiyono Y. and Shiba K. Synapse 68巻 10号 445-453頁 2014/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Synthesis and evaluation of a new vesamicol analog o-[11C]methyl-trans-decalinvesamicol as a PET ligand for the vesicular acetylcholine transporter Kitamura Y., Kozaka T., Miwa D., Uno I., Azim M. A.-u., Ogawa K., Taki J., Kinuya S. and Shiba K. Annals of Nuclear Medicine 30巻 2号 122-129頁 2015/11/25 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Radiogallium Complex-Conjugated Bifunctional Peptides for Detecting Primary Cancer and Bone Metastases Simultaneously Ogawa K., Yu J., Ishizaki A., Yokokawa M., Kitamura M., Kitamura Y., Shiba K. and Odani A Bioconjugate Chemistry 26巻 8号 1561-1570頁 2015/08/19 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anxiety- and depression-like behavior in mice lacking the CD157/BST1 gene, a risk factor for Parkinson's disease Lopatina O., Yoshihara T., Nishimura T., Zhong J., Akther S., Fakhrul A. A., Liang M., Higashida C., Sumi K., Furuhara K., Inahata Y., Huang J. J., Koizumi K., Yokoyama S., Tsuji T., Petugina Y., Sumarokov A., Salmina A. B., Hashida K., Kitao Y., Hori O., Asano M., Kitamura Y., Kozaka T., Shiba K., Zhong F., Xie M. J., Sato M., Ishihara K. and Higashida H. Front Behav Neurosci 8巻 133頁 2014/04/22 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regional brain imaging of vesicular acetylcholine transporter using o-[125I]iodo-trans-decalinvesamicol as a new potential imaging probe Kozaka T., Uno I., Kitamura Y., Miwa D., Anwar-Ul Azim M., Ogawa K. and Shiba K. Synapse 68巻 3/7号 107-113頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Design, synthesis and biological evaluation of negatively charged 111In-DTPA-octreotide derivatives Oshima N., Akizawa H., Zhao S., Zhao Y., Nishijima K., Kitamura Y., Arano Y., Kuge Y. and Ohkura K. Bioorg Med Chem 22巻 4号 1377-82頁 2014/02/15 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of Novel Radiogallium-Labeled Bone Imaging Agents Using Oligo-Aspartic Acid Peptides as Carriers Ogawa K., Ishizaki, A., Takai, K., Kitamura Y., Kiwada T., Shiba K., Odani A. PLoS ONE 8巻 12号 e84335頁 2013/12/31 査読有 ①原著論文
  • Development and Evaluation of a Novel 99mTc-Labeled Annexin A5 for Early Detection of Response to Chemotherapy Ogawa K., Ohtsuki K., Shibata T., Aoki M., Nakayama M., Kitamura Y., Ono M., Ueda M., Doue T., Onoguchi M., Shiba K. and Odani A. PLoS ONE 8巻 12号 e81191頁 2013/12/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Decontamination of radioactivity from contaminated vegetables derived from the Fukushima nuclear accident Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Uno I., Shimizu K., Masumoto K., Hirota M., Higaki S., Miyoshi H., Saze T., Sakama M., Yanaga M. RADIATION MEASUREMENTS 55巻 26-29頁 2013/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of new zinc dithiosemicarbazone complex for use as oral antidiabetic agent. Kadowaki S., Munekane M., Kitamura Y., Hiromura M., Kamino S., Yoshikawa Y., Saji H. BIOLOGICAL TRACE ELEMENT RESEARCH 154巻 1号 111-119頁 2013/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development and evaluation of a radiobromine-labeled sigma ligand for tumor imaging. Ogawa K., Kanbara H., Kiyono Y., Kitamura Y., Kiwada T., Kozaka T., Kitamura M., Mori T., Shiba K., Odani A. NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 40巻 4号 445-450頁 2013/05 査読有 ①原著論文
  • Development and evaluation of a novel radioiodinated vesamicol analog as a sigma receptor imaging agent Ogawa K., Kanbara H., Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Kiwada T. and Odani A EJNMMI Research 2巻 1号 54頁 2012/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics of radioactive contamination of vegetables derived from the Fukushima nuclear accident. Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Uno I., Miyoshi H., Yanaga M. Radiation Safety Management 11巻 1号 23-26頁 2012/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chemical removal of radionuclides in contaminated spinach derived from the Fukushima nuclear accident Shiba K., Kitamura Y., Kozaka T., Uno I., Miyoshi H. and Yanaga M. Radiation Safety Management 11巻 1号 in press頁 2012/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Syntheses and in vitro evaluation of decalinvesamicol analogues as potential imaging probes for vesicular acetylcholine transporter (VAChT) Kozaka T., Uno I., Kitamura Y., Miwa D., Ogawa K., Shiba K. Bioorganic & Medicinal Chemistry 20巻 16号 4936-4941頁 2012/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Endogenous Secretory Receptor for Advanced Glycation End-Products Inhibits Amyloid-beta1-42 Uptake into Mouse Brain. Sugihara T., Munesue S., Yamamoto Y., Sakurai S., Akhter N., Kitamura Y., Shiba K., Watanabe T., Yonekura H., Hayashi Y., Hamada J. and Yamamoto H. J Alzheimers Dis 28巻 709-720頁 2012/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and evaluation of a radiogallium complex-conjugated bisphosphonate as a bone scintigraphy agent. Ogawa K., Takai K., Kanbara H., Kiwada T., Kitamura Y., Shiba K. and Odani A. NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 38巻 631-636頁 2011/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 5-Iodo-A-85380, a specific ligand for alpha4beta2 nicotinic acetylcholine receptors, prevents glutamate neurotoxicity in rat cortical cultured neurons. Ueda M., Iida Y., Kitamura Y., Kawashima H., Ogawa M., Magata Y. and Saji H. BRAIN RESEARCH 1199巻 46-52頁 2008/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peroxidase-like catalytic activity of aqueous- and immobilized-Mn3+-octabromo- porphyrins on ion-exchange resin supplied as mimetic of horseradish peroxidase. Kitamura Y., Mori K., Yamamoto M., Nozaki A., Saito M., Tsukamoto I., Mifune M. and Saito Y. CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 56巻 1364-1366頁 2008/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ion-exchange resins modified with metal-porphyrin as a catalysis for oxidation of epinephrine (adrenaline). Kitamura Y., Mifune M., Takatsuki T., Iwasaki T., Kawamoto M., Iwado A., Chikuma M. and Saito Y. Catalysis Communications 9巻 224-228頁 2008/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Catalytic activity of silica gels bound manganese(III)-porphyrin on oxidative reaction of adrenaline. Kitamura Y., Takatsuki T., Kawamoto M., Saito M., Iwado A., Tsukamoto I., Mifune M. and Saito Y. CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 55巻 500-502頁 2007/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chemical Control of Biological Activity and Biodistribution of Metal Compounds: Drug Design of Metal Complexes with Biological Activity and Target-Specific Biodistribution.  Saji H., Ogawa K., Kitamura Y., Kubota-Akizawa M. and Kawashima H. Biomed Res Trace Elements 18巻 255-263頁 2007/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Carboxyl-Group of D-Glutamic Acid or gamma-Carboxy-D-glutamic Acid as N-Terminal Amino Acid of (111)In-Diethylenetriaminepentaacetic Acid-Octreotide on Accumulation of Radioactivity in Kidney.  Akizawa H., Saito M., Tsukamoto I., Ohkura T., Shimizu T., Kitamura Y.(Corresponding Authre), Mifune M., Saito Y., Arano Y. and Saji H. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 30巻 2226-2228頁 2007/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peroxidase-like catalytic activity of Mn3+-octabromo-tetrakis(4-sulfophenyl)porphine on linoleate hydroperoxide and its analytical application. Mifune M., Kamiguchi H., Tai T., Kuremoto S., Yamamoto M., Tsukamoto I., Saito M., Kitamura Y., and Saito Y. Talanta 71巻 456-461頁 2007/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 食品添加物確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討 (会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/26)
  • 環サイズの異なるvesamicol類縁体の小胞アセチルコリントランスポーター及びシグマ受容体との構造活性相関 (会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/26)
  • 5員環を有するvesamicol類縁体のシグマ-1受容体イメージング剤としての有用性 (会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/26)
  • ヒト染色体15番長腕重複モデルマウスのストレス負荷によるドーパミン受容体への影響(会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/25)
  • 111In標識八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍イメージング剤としての開発研究(会議名:第11回日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2016/05/29)

全て表示

  • Development of a radiobromine-labeled compound as a sigma receptor ligand for tumor imaging.(会議名:2016SNMMI 63th annual meeting)(2016/06/12)
  • In vitro evaluation meta-bromo benzovesamicol as PET VAChT imaging Probe.(会議名:The 2nd Asian Nuclear Medicine Academic Forum 2016,(ANMAF 2016))(2016/05/06)
  • CD157/BST1ノックアウトマウスのドーパミン神経系の局所脳内分布変化(会議名:日本薬学会 第136年会)(2016/03/29)
  • ストレス性疾患の早期画像診断のターゲットとしてのシグマ受容体の可能性(会議名:日本薬学会 第136年会)(2016/03/28)
  • Vesamicol を母核とする新規σ-2 受容体選択的リガンドの開発研究(会議名:日本薬学会 第136年会)(2016/03/28)
  • 15q重複モデルマウスにおける脳内ドーパミン神経系の変化(会議名:日本薬学会第135年会)(2015/03/28)
  • 光学活性体(-)-[11C]OMDVのVAChTイメージング剤としての評価(会議名:日本薬学会第135年会)(2015/03/27)
  • 新規vesamicol類縁体PIDVのσ-2受容体イメージング剤としての可能性(会議名:日本薬学会第135年会)(2015/03/27)
  • SPECT用σ-2受容体イメージング剤の合成と基礎的評価(会議名:第54回日本核医学会学術総会)(2014/11/06)
  • PET用イメージング剤[11C]OMDVの光学分割と動態評価(会議名:第54回日本核医学会学術総会)(2014/11/06)
  • 放射性金属-八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍診断薬としての検討(会議名:第25回 日本微量元素学会学術集会)(2014/07/04)
  • σ-2受容体イメージング剤PIDVの開発研究(会議名:第9回日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2014/05/23)
  • Study of radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor diagnostic agent(会議名:第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2014)(2014/06/14)
  • A new and promising VAChT imaging probe for PET: Radiobromine labeled analogue of decalinvesamicol(会議名:日本薬学会 第134年会)(2014/03/28)
  • 生理活性放射性金属キレート化合物(会議名:日本薬学会 第134年会)(2014/03/28)
  • n vivo evaluation of radiobromine-labeled o-bromo-trans-decalinvesamicol (OBDV) as a potential VAChT imaging probe(会議名:第13回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2013/12/14)
  • Introduction of radiobromine labeled decalinvesamicol analogue as a new and promising PET vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging probe(会議名:2014 SNMMI 61th annual meeting)(2014/06/08)
  • Evaluation of Radiolabeled o-Bromo-decalinvesamicol (OBDV) as a PET Ligand for the Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT)(会議名:International Workshop for Molecular Functional Imaging -Brain and Gynecologic Oncology-(Fukui2014: The Fifth International Workshop on Biomedical Imaging))(2014/03/03)
  • 前シナプスコリン作動性神経描画用新規VAChTイメージング剤の開発,第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会,(アクトシティ浜松,静岡県),2012年5月24日. (2012)
  • Study on a radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor imaging agent,第22回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2012(金沢大学,石川県),2012年5月31日. (2012)
  • アスパラギン酸で負電荷を導入した 111In-DTPA-D-Phe1-オクトレオチド誘導体の in vitro 腫瘍集積性および体内動態の評価,日本薬学会北海道支部第 139 回例会(北海道大学 学術交流会館,北海道),2012年12月8日. (2012)
  • PET 用VAChT イメージング剤の開発研究,第12回放射性医薬品・画像診断薬研究会(京都テルサ,京都府),2012年12月15日 (2012)
  • 確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討, 日本薬学会 第133年会(パシフィコ横浜,神奈川県),2013年3月29日. (2012)
  • アルツハイマー病の早期診断を目的とした新規PET用VAChTイメージング剤[11C]OMDVの合成とin vivo評価, 日本薬学会 第133年会(パシフィコ横浜,神奈川県),2013年3月30日. (2012)
  • OIDVのジアステレオマー分離とその選択的VAChTイメージング剤としての評価, 日本薬学会 第133年会(パシフィコ横浜,神奈川県),2013年3月30日. (2012)
  • Syntheses and in vitro evaluation of OBBV as a potential σ-1 receptor imaging probe, 第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会,(横浜赤レンガ倉庫1号館,神奈川県),2013年5月30日. (2013)
  • 111In標識八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍診断薬としての検討, 第8回日本分子イメージング学会総会・学術集会,(横浜赤レンガ倉庫1号館,神奈川県),2013年5月30日. (2013)
  • In vivo evaluation of radioiodinated o-iodo-trans-decalinvesamicol(OIDV) as a vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging agent. 2013 SNMMI 60th annual meeting, Vancouber Convention Centre, Vancouber, BC, Canada., June 8-12, 2013(2013)
  • The development of potential vesicular acetylcholine transporter (VAChT) PET imaging probes. 2013 SNMMI 60th annual meeting, Vancouber Convention Centre, Vancouber, BC, Canada., June 8-12, 2013(2013)
  • In vivo evaluation of radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor imaging agent, 第23回金属の関与する生体関連反応シンポジウムSRM2013(武蔵野大学,東京都),2013年6月28日(2013)
  • 脳内小胞アセチルコリントランスポーター(VAChT)のPETイメージングプローブ[11C]OMDVの開発,第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(清水テルサおよび三保園ホテル,静岡県)2013年8月30日 (2013)
  • VAChTイメージング用[125I]OIDVのジアステレオマー分離と in vivo 脳内動態変化, 第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(清水テルサおよび三保園ホテル,静岡県)2013年8月30日(2013)
  • o-Iodo-trans-decalinvesamicol (OIDV);新規VAChTイメージング剤としての可能性,第6回 日本分子イメージング学会総会・学術集会日(神戸国際会議場,兵庫),2011年5月26-27日. (2011)
  • 放射標識DOTA結合octreotide 誘導体の腎集積低減に関する検討,第6回 日本分子イメージング学会総会・学術集会(神戸国際会議場,兵庫),2011年5月26-27日.(2011)
  • アスパラギン酸で負電荷を付与した111In-DTPA-オクトレオチドの腎集積性および in vitro における腫瘍集積性の評価,日本薬学会北海道支部会(北海道),2011年5月21-22日. (2011)
  • Study on the reduction of renal uptake of radio-labeled octreotide derivatives,3rd International Symposium on Metallomics 2011(ISM2011)( Munster,Germany),2011.6.15-18.(2011)
  • 経口糖尿病治療薬を目的としたZn-DTS錯体の開発,第22回日本微量元素学会学術集会(京都テルサ,京都),2011年7月2日. (2011)
  • 脳虚血時における亜鉛の挙動と神経細胞への影響に関する基礎的検討,第22回日本微量元素学会学術集会(京都テルサ,京都),2011年7月2日.(2011)
  • Development of Zn-DTS complexes for antidiabetic agent on oral administration,The 5th International Conference on Metals and Genetics(ICMG2011)(KOBE,Japan),2011年9月5-8日. (2011)
  • Study on the reduction of renal uptake of radio-labeled octreotide derivatives,The 5th International Conference on Metals and Genetics(ICMG2011)( KOBE,Japan), 2011年9月5-8日.(2011)
  • アルツハイマー病の早期診断を目的としたデカリンベサミコール誘導体の開発,第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(ホテル箱根アカデミー,箱根),2011年9月12日. (2011)
  • シグマ受容体を介した癌イメージング剤の開発,第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(ホテル箱根アカデミー,箱根),2011年9月12日. (2011)
  • Development and evaluation of a radiobromine labeled sigma ligand for tumor imaging,EANM'11 - Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (Birmingham,UK),2011年10月15-19日. (2011)
  • Vesamicol誘導体を用いた新規VAChTイメージング剤の開発,第51回日本核医学会学術総会(筑波大学,筑波),2011年10月29日. (2011)
  • シグマ受容体イメージングを目的とした放射性臭素標識化合物の開発,第51回日本核医学会学術総会(筑波大学,筑波),2011年10月29日.(2011)
  • 福島第一原発事故により汚染した野菜の放射能除去の可能性,第10回日本放射線安全管理学会学術大会(東京工業大学すずかけホール,横浜)2011年11月30日-12月2日.(2011)
  • シグマ受容体イメージングを目的とした放射性臭素標識化合物の開発,第51回日本核医学会学術総会(筑波大学,筑波),2011年10月29日.(2011)
  • 福島第一原発事故により汚染した野菜の放射能除去の可能性,第10回日本放射線安全管理学会学術大会(東京工業大学すずかけホール,横浜)2011年11月30日-12月2日.(2011)
  • VAChTイメージング用新規プローブの合成とその評価,第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会(京都テルサ,京都),2011年12月3日. (2011)
  • シグマ受容体を標的とした放射性薬剤開発に向けた基礎検討,第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会(京都テルサ,京都),2011年12月3日. (2011)
  • The radioactivity removal of contaminated vegetables caused by the Fukushima nuclear accident,The 7th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring Oarai(Oarai Park Hotel,Ibaraki) 2011年12月3-4日. (2011)
  • 食品添加物の赤外スペクトル測定におけるATR 法の適用に関する検討,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月31日.(2011)
  • PETによるアルツハイマー病の早期診断を目的とした新規VAChTイメージング剤の開発,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月30日.(2011)
  • アスパラギン酸で負電荷を付与し111In-DTPA-D-Phe1-オクトレオチド誘導体の受容体親和性および体内動態の評価,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月29日. (2011)
  • 自閉症の治療に効果があるとされるオキシトシンの脳内移行性と代謝に関する検討,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月29日. (2011)
  • 福島第一原発事故で汚染した野菜の放射能除去法の検討,日本薬学会 第132年会(北海道大学,札幌),2012年3月29日. (2011)
  • Evaluation of 99mTc-labeled Annexin A5 using a bis(hydroxamamide) derivative for detection of tumor response to therapy(Miami Beach Convention Center, Miami,USA),2012.6.9-13. (2012)
  • N末端構造を変換した111In-DOTA-octreotide の体内動態に関する検討,第7回日本分子イメージング学会総会・学術集会,(アクトシティ浜松,静岡県),2012年5月24日. (2012)
  • 食品添加物ネオテームの赤外スペクトルの測定法に関する検討,日本薬学会 第131年会,2011年3月(2010)
  • Metal-tetrakis(4-(N-trimethylammonnio)phenyl)porphine水溶液のペルオキシダーゼ様機能,日本薬学会 第126年会,2006年3月(2006)
  • 111In-DOTA-D-Phe1-octreotide誘導体の負電荷が腎放射能集積に与える影響, 第46回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,2007年11月 (2007)
  • 金属-八臭素化ポルフィリン固定化シリカゲルの残存極性基修飾とそのHPLCに及ぼす影響,第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,2008年11月 (2008)
  • 新規HPLC用充填剤としての金属octabromo-tetrakis(4-carboxyphenyl)porphine固定化シリカゲル-多環芳香族炭化水素との相互作用に及ぼす中心金属の影響-,日本薬学会 第127年会,2007年3月(2006)
  • N末アミノ酸を置換した111In-DOTA結合octreotide誘導体の腎放射能集積に関する検討, 第1回メタロミクス研究フォーラム2008年11月(2008)
  • 金属ポルフィリン固定化シリカゲルとそのグルタチオンペルオキシダーゼ様機能,第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,2008年11月(2008)
  • Studies on the movement and effect of vesicular zinc in brain ischemia, International Conference on Brain Function and Development, January 25-26, 2010(2009)
  • 経口糖尿病治療薬としてのZn-DTS錯体の開発,第8回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム,2010年3月(2009)
  • N末アミノ酸を置換した111In-DOTA結合octreotide誘導体の体内動態に関する検討,日本薬学会 第130年会,2010年3月(2009)
  • 糖尿病治療薬剤としてのZn-DTS錯体の開発,日本薬学会 第130年会,2010年3月(2009)
  • 抗糖尿病作用を有する亜鉛DTS錯体の合成とインスリン様作用の解析,日本薬学会 第131年会,2011年3月(2010)
  • Development of radiogallium- DOTA complex conjugated bone seeking compounds for PET bone imaging,第20回金属の関与する成体関連反応シンポジウムSRM2010,2010年6月(2010)
  • Development and evaluation of a novel radiogallium labeled peptide as a bone imaging agent for PET, ACS 240th National Meeting (2010 fall) , August 22 , 2010(2010)
  • Reducing renal uptake of radiolabeled DOTA-octreotide by replacing N-terminal amino acid, 2010 World Molecular Imaging Congress, September 11, 2010(2010)
  • Development of zinc-dithiosemicarbazone complexes for diabetic therapeutic agents, The 60th Fujihara Seminar Zinc signal and cellular functions, October 30, 2010(2010)
  • N末アミノ酸を置換した放射能標識DOTA 結合octreotide 誘導体の体内動態に関する検討,第2回メタロミクス研究フォーラム2010年11月(2010)
  • 癌を標的とした放射標識シグマリガンドの開発,第10回放射性医薬品・画像診断薬研究会2010年12月(2010)
  • 放射性ガリウム標識骨イメージング薬剤の開発研究,第10回放射性医薬品・画像診断薬研究会2010年12月(2010)
  • アスパラギン酸を導入した 111In-DTPA-オクトレオチド誘導体の腎集積性および in vitro における腫瘍集積性の評価, 第10回放射性医薬品・画像診断薬研究会2010年12月(2010)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○厚生科研「食品添加物の安全性確保のための研究」(2016-2018) ②分担者
○基盤研究(B)一般「アルツハイマー病の早期診断用シナプス前コリン作動性神経分子イメージング剤の開発」(2014-2017) ②分担者
○基盤研究(C)(一般)「腫瘍イメージング剤としての放射性金属-八臭素化ポルフィリンの開発研究」(2015-2017) ①代表者
○基盤研究(C)(一般)「腫瘍イメージング剤としての放射性金属-八臭素化ポルフィリンの開発と応用」(2012-2014)
○基盤研究(C)「アルツハイマー病の早期診断を目的としたコリントランスポーターイメージング剤の開発」(2011-2013) ②分担者
○厚生科研「食品添加物の規格試験法の向上及び摂取量推定等に関する研究」(2013-2015) ②分担者
○基盤研究(C)「腫瘍イメージング剤としての放射性金属-八臭素化ポルフィリンの開発と応用」(2012-2014) ①代表者
○厚生科研「食品添加物の規格の向上と使用実態の把握等に関する研究」(2010-2012) ②分担者
○厚生科研「種々のγ線放出核を用いた早期疾患診断プローブ開発とコンプトンカメラによる複数核種同時イメージング 」(2009-2009) ②分担者
○若手研究(B)「新規腫瘍放射性医薬品としての放射性金属-八臭素化ポルフィリン錯体の開発」(2008-2009) ①代表者
○厚生科研「国際的動向を踏まえた食品添加物の規格,基準の向上に関する調査研究」(2008-2009) ②分担者
○若手研究(B)「放射性金属-八臭素化ポルフィリンを用いた新規核医学診断・治療薬剤の開発と応用」(2010-2011) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○放射線衛生管理学実験(2017)
○放射性同位元素検査技術学演習(2017)
○放射性同位元素検査技術学演習(2016)
○放射線衛生管理学実験(2016)
○放射線衛生管理学実験(2015)
○放射性同位元素検査技術学演習(2015)
○放射線衛生管理学実験(2014)
○放射性同位元素検査技術学演習(2014)

大学院担当授業科目

○基礎系領域融合セミナー(2016)
○放射性同位元素取扱新規登録者実習(2016)
○生命工学トレーニングコース(2016)
○認知行動生物学演習(2016)
○機能画像解析学(2016)
○学際センターセミナー(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ