本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

和田 直樹 (わだ なおき) 助教 WADA Naoki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

生理活性物質工学 TEL:076-234-4808

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 工学研究科 高分子化学専攻 2007/03 修了
【出身大学】
京都大学 工学部 工業化学科 2002/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

2007.04-07 京都大学博士研究員 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻 博士研究員(学術研究奨励)(2007/04/01-2007/07/31)
2007.08-2008.03 金沢大学助教 自然科学研究科 物質科学専攻(2007/08/01-2008/03/31)
2008.04- 金沢大学助教 金沢大学理工研究域自然システム学系(2008/04/01-)

生年月

1978年12月

所属学会

日本化学会
高分子学会
日本酸化ストレス学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

生理活性物質、抗酸化物質、酸化ストレス

研究課題

著書

  • 炎症・再生医学事典「フリーラジカル・スカベンジャー」 朝倉書店 2009/06 原著書 共著 978-4-254-30099-4 C3547

論文

  • Novel Conjugated Polymers Containing [2.2]Paracyclophane and Carbazole Units with Efficient Photoluminescence. Polymer Bulletin 53巻 2号 73-80頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel pi-Conjugated Cyclophane Polymers Containing Phenylamine Moieties with Strong Blue-light Emission. 46巻 16号  5884-5889頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Application of Fluorescent Substrates for Lipoamidase Assay. 43巻 1号  468-472頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Effect of Biothiol on UV Irradiated a-Lipoic Acid Biofactors in press頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Degradation and Regeneration of a-Lipoic Acid under the Irradiation of UV Light in the Existence of Homocysteine. Hirotaka Wakami, Tetsuya Konishi, Seiichi Matsugo J. Clin. Biochem. Nutr. 44巻 3号 218-222頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Synthesis of Through-space Conjugated Polymers Containing the Pseudo-ortho-linked [2.2]Paracyclophane Moiety. Polym. Bull. 62巻 3号 305-314頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polymethylenes Containing [2.2]Paracyclophane in the Side Chain Macromolecules 42巻 5号 1439-1442頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Properties of Carbazole-layered Polymers 1. Y. Morisaki, J.-A. Fernandes, Y. Chujo J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. 47巻 17号 4279-4288頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure Effect on Antioxidant Activity of Catecholamines toward Singlet Oxygen and Other ROS in vitro 1. T. Shimizu, Y. Nakanishi, M. Nakahara, Y. Moro-oka, T. Hirano, T. Konishi, and S. Matsugo J. Clin. Biochem. Nutr. 47巻 3号 181-190頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Vanadium-based Chemical Oscillator 2. K. Kanamori, Y. Shirosaka, Y. Sakai, T. Kanamori, Y. Mukai, K. Kubo, Y. Nakajima, S. Matsugo Chem. Lett. 39巻 624-626頁 2010/01 研究論文(学術雑誌)
  • Radical Scavenging Activity of the Japanese Traditional Food, Amazake S. Yamamoto, Y. Nakashima, J. Yoshikawa, S. Matsugo Food Sci. Technol. Res. 17巻 3号 209-218頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel glycosylated mycosporine-like amino acids with radical scavenging activity from the cyanobacterium Nostoc commune 2. K. Matsui, E. Nazifi, S. Kunita, S. Matsugo, T. Sakamoto J. Photochem. Photobiol. 105巻 1号 81-89頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simple HPLC evaluation of lipoamidase activity in tissue using a newly synthesized fluorescent substrate, dansyl-α-lipoyllysine. R. Motafakkerazad, M.-Y. Wang, N. Wada, S. Matsugo, T. Konishi J. Nutr. Sci. Vitaminol. 57巻 377-382頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The cyanobacterial UV-absorbing pigment scytonemin displays radical scavenging activity. K. Matsui, E. Nazifi, Y. Hirai, N. Wada, S. Matsugo, T. Sakamoto  J. Gen. Appl. Microbiol. 58巻 137-144頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple Roles of Photosynthetic and Sunscreen Pigments in Cyanobacteria Focusing on the Oxidative Stress. N. Wada, T. Sakamoto, S. Matsugo Metabolites 3巻 463-483頁 2013 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Glycosylated Porphyra-334 and Palythine-Threonine from the Terrestrial Cyanobacterium Nostoc commune. E. Nazifi, N. Wada, M. Yamaba, T. Asano, T. Nishiuchi, S. Matsugo, T. Sakamoto Marine Drugs 105巻 1号 81-89頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of the chemical diversity of glycosylated mycosporine-like amino acids in the terrestrial cyanobacterium Nostoc commune. E. Nazifi, N. Wada, T. Asano, T. Nishiuchi, Y. Iwamura, S. Chinaka, S. Matsugo, T. Sakamoto J. Photochem. Photobiol. B 142巻 154-168頁 2015/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「呼吸鎖複合体の会合と解離によって制御されるミトコンドリア呼吸活性変動の解明」(2013-2015)

学域・学類担当授業科目

○初学者ゼミⅠ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○バイオ工学実験A(2017)
○機器分析化学2(2017)
○機器分析化学1(2017)
○有機化学2A(2017)
○有機化学2B(2017)
○バイオメディカル工学(2017)
○有機化学1B(2017)
○バイオ工学実験B(2017)
○有機化学1A(2017)
○バイオ工学概論2(2017)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2017)
○生体分子機能学(2017)
○バイオメディカル工学(2017)
○バイオメディカル工学(2017)
○バイオ工学概論1(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○バイオ工学概論(2016)
○機器分析化学(2016)
○バイオ工学実験B(2016)
○有機化学2(2016)
○バイオ工学実験A(2016)
○有機化学1(2016)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2015)
○バイオ工学概論(2015)
○バイオメディカル工学(2015)
○機器分析化学(2015)
○バイオメディカル工学(2015)
○有機化学1(2015)
○有機化学2(2015)
○バイオ工学実験A(2015)
○バイオ工学実験B(2015)
○化学技術の最前線(2015)
○化学技術の最前線(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○有機化学2(2014)
○機器分析化学(2014)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2014)
○バイオ工学概論(2014)
○バイオ・物質循環工学実験B(2014)
○バイオ工学実験B(2014)
○バイオ工学実験A(2014)
○バイオ・物質循環工学概論(2014)
○バイオ・物質循環工学演習D(2014)
○物質循環工学演習D(2014)
○有機化学1(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ