本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

海野 進 (うみの すすむ) 教授 UMINO Susumu

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類 地球学コース 地球学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 環境科学専攻 Nature Measurement and Analysis
自然科学研究科 環境科学専攻

所属研究室等

地球学教室 TEL:076-264-6522 FAX:076-264-6545

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 理学研究科 地質学専攻博士課程 1987/03 修了
東京大学 修士課程 理学研究科 地質学専攻修士課程 1983/03 修了
【出身大学】
東京大学 理学部 地学科 1981/03 卒業
【取得学位】
理学博士

職歴

1987-1988 日本学術振興会 理学部 特別研究員(1987/04/01-1988/03/31)
1988-1992 静岡大学理学部 理学部 助手(1988/04/01-1992/05/31)
1992-1993 静岡大学理学部 理学部 講師(1992/06/01-1993/03/31)
1993-2004 静岡大学理学部 理学部 助教授(1993/04/01-2004/03/31)
2004-2008 静岡大学理学部 理学部 教授(2004/04/01-2008/03/31)
2008- 金沢大学理工研究域 理工研究域(2008/04/01-)

生年月

1958年06月

所属学会

日本地質学会 日本地質学会執行理事(2014-2016)
日本地質学会 日本地質学会理事(2012-2013)
日本地質学会
日本火山学会 火山編集委員(1994-1995)
日本鉱物科学会
アメリカ地球物理学連合

学内委員会委員等

○理工学域学生委員会 委員長(2016-2017)
○教育企画会議委員 委員(2016-2017)
○学生生活委員会 委員(2016-2017)
○図書館委員会 委員(2014-2017)
○学術情報基盤整備ワーキング・グループ 委員(2014-2015)
○環境科学専攻幹事会 委員長(2014-2015)
○理工学域学生委員会 その他(2014-2015)
○環境科学専攻幹事会 委員(2010-2011)
○自然システム学類代議員会 委員(2010-2011)
○自然システム学類・学系代議員会 委員(2010-2011)

受賞学術賞

専門分野

岩石・鉱物・鉱床学、地質学、固体地球物理学

専門分野キーワード

火山、マグマ、深海底掘削、モホール、無人岩、沈み込み帯

研究課題

海洋地殻の形成過程

海洋地殻の形成過程 中央海嶺系は地球上の火山活動の80%を占める地球最大の火山帯で,プレートの沈み込みを通じて地球表層と内部の間の物質循環を支配しています。とりわけ地球上で最も高速で拡大する東太平洋海膨は,全海洋プレートの50%を生産しています。この高速拡大海嶺のマグマ供給系を解明することは,地球上の火山活動や物質循環を理解する上でもきわめて重要です。そのために私の研究室では,潜水艇や深海掘削船(国際深海掘削計画IODP)などを用いた現在の海洋底の調査や,海洋地殻ー上部マントルの巨大な岩体が地表に露出したオフィオライトを調査しています。

溶岩流噴火と溶岩流の定置プロセス

溶岩流噴火と溶岩流の定置プロセス 地球上の火山活動の80%は深海底の中央海嶺に集中し,海洋性島弧の火山活動も大部分は海底下で発生する。また,月や金星などの地球外の惑星においても噴火活動は溶岩流の流出を主体とする。従って,溶岩流噴火の起こり方や溶岩流の挙動を支配するメカニズムの解明は,主要な火山の噴火活動を理解する上で重要である。

未成熟島弧火山と沈み込み帯の形成プロセス

著書

  • 母島列島地域の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)小笠原諸島(20) 第3号 NG-54-8-16, 9-13. 産業技術総合研究所地質調査総合センター 2016/05 原著書 共著 海野 進・石塚 治・金山恭子
  • 海洋から島弧へ:小笠原諸島はどのようにして生まれたか. 岩波書店 科学 2011/08 原著書 共著 海野 進・金山恭子・石塚 治
  • 無人岩と島弧の誕生. 朝日新聞出版 日本の世界遺産 2012/03 原著書 単著
  • 中部地方 日本地質学会 日本地方地質誌 2006/01 原著書 共著 海野 進・石渡 明 4巻
  • 父島列島地域の地質 産業技術総合研究所地質調査総合センター 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)小笠原諸島(20) 2007/05 原著書 共著 海野 進・中野 俊 1-71頁

全て表示

  • 20万分の1地質図幅「小笠原諸島」 産業技術総合研究所地質調査総合センター 2009/10 原著書 共著 海野 進・中野 俊・石塚 治・駒澤正夫
  • 小笠原諸島の地質と成り立ち~無人岩と島弧の誕生~ 自然公園財団 パークガイド小笠原 2010/03 原著書 単著 40-41頁
  • The Hard Yards: Deep basement drilling of an in situ section of oceanic crust formed at a superfast spreading rate. Recent results from IODP Expedition 309 to Hole 1256D, Eastern Equatorial Pacific InterRidge  InterRidge News 2005/10 原著書 共著 Teagle, D.A.H., Banerjee, N.R. and the Expedition 309 Shipboard Scientific Party 14巻 8-11頁
  • 小笠原の地形・地質 日本地図センター 地図中心 2008/07 原著書 単著 430巻 6-7頁
  • 海洋から島弧へ--小笠原諸島はどのようにして生まれたか (特集 島に生きる--世界遺産の小笠原から日本へ) 岩波書店 2011/08 海野 進,金山 恭子,石塚 治 81巻 8号 765-771頁
  • 地球内部掘削:モホール,孔内計測,島弧地殻—マントル進化 海洋出版 月刊地球 2010/03 原著書 共著 阿部なつ江・田村芳彦・田中 聡・海野 進・石塚 治・木村純一 32巻 94-103頁

論文

  • Thermal and chemical evolution of the subarc mantle revealed by spinel-hosted melt inclusions in boninite from the Ogasawara (Bonin) Archipelago, Japan. Umino, S., Kitamura, K., Kanayama, K., Tamura, A., Sakamoto, N., Ishizuka, O. and Arai, S. Geology 43巻 151-154頁 2015/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of slab-derived fluid and sedimentary melt in the incipient arc magmas with development of the paleo-arc in the Oman Ophiolite. Kusano, Y., Umino, S., Shinjo, R., Ikei, A., Adachi, Y., Miyashita, S., and Arai, S. Chemical Geol. 449巻 206-225頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evidence for hydrothermal activity in the earliest stages of intraoceanic arc formation: implication to ophiolite-hosted hydrothermal activity. Ishizuka, O., Umino, S., Taylor, R.N. and Kanayama, K. Economic Geology 109巻 2159-2177頁 2014/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Shallow submarine volcano group in the early stage of island arc development: geology and petrology of small islands south off Hahajima main island, the Ogasawara Islands. Kanayama, K., Umino, S., and Ishizuka, O. JOURNAL OF ASIAN EARTH SCIENCES 85巻 1-25頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evolution of volcanism and magmatism during initial arc stage: Constraints for the tectonic setting of the Oman ophiolite, Tectonic Evolution of the Oman Mountains. Kusano, Y. Hayashi, M., Adachi, Y., Umino, S. and Miyashita, S. Special Publication, Geological Society of London 329巻 177-193頁 2014/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Drilling to Earth’s mantle. Kusano, Y. Hayashi, M., Adachi, Y., Umino, S. and Miyashita, S. Physics Today 66巻 8号 36-41頁 2013/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Eocene volcanism during the incipient stage of Izu–Ogasawara Arc: Geology and petrology of the Mukojima Island Group, the Ogasawara Islands. Island Arc in press巻 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Emplacement mechanism of off-axis large submarine lava field from the Oman Ophiolite. Umino, S. J. Geophys. Res. 117巻 B11210号 DOI: 10.1111/iar.120頁 2012/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lava accretion system around mid-ocean ridges: Volcanic stratigraphy in the Wadi Fizh area, northern Oman ophiolite. Kusano, Y., Adachi, Y., Miyashita, S. and Umino, S. Geochem. Geophys. Geosyst. 13巻 Q05012, doi:10.1029/号 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The timescales of subduction initiation and subsequent evolution of an oceanic island arc. Ishizuka, O., Tani, K., Reagan, M.K., Kanayama, K., Umino, S., Harigane, Y., Sakamoto, I., Miyajima, Y., Yuasa, M. and Dunkley, D.J. Ishizuka, O., Tani, K., Reagan, M.K., Kanayama, K., Umino, S., Harigane, Y., Sakamoto, I., Miyajima, Y., Yuasa, M. and Dunkley, D.J. 306巻 229-240頁 2011/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • M2Mモホール計画:地球深部探査船「ちきゅう」によるマントル超深度海底掘削への挑戦. 海野 進 土木学会論文集A2 18巻 2-10頁 2016/02 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 月より遠いマントルへの道. 草野有紀・海野 進(訳) パリティー 29巻 4-11頁 2014/05 査読無 総説 その他
  • 富士山溶岩流の特性. 2011/03 査読有
  • 中部マリアナトラフ拡大軸における火山活動位置についての考察―深海曳航式サイドスキャンソナーと「しんかい6500」による高解像度観察の記録から. 浅田美穂・富士原敏也・海野 進 火山 57巻 1-18頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lava deposition history in ODP Hole 1256D: Insights from log-based volcanostratigraphy. Tominaga, M. and Umino, S. Geochemistry, Geophysics, Geosystems Q05003, doi: 10.1029巻 2009GC002933頁 2010/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 海洋下部地殻への挑戦:1256D掘削孔での成果(Exps 309/312/335). 宮下純夫・海野 進 月刊地球号外 64巻 74-80頁 2014/04 査読無 総説 研究論文(プロシーディング)
  • Determination of the volcanostratigraphy of oceanic crust formed at superfast spreading ridge: electrofacies analyses of ODP/IODP Hole 1256D. Tominaga, M., Teagle, D.A.H., Alt, J.C. and Umino, S. Geochemistry, Geophysics, Geosystems Q01003, doi:10.1029巻 2008GC002143頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 大洞窟軽石の主要成分化学組成 北村 晃寿,海野 進,山本 なぎさ 静岡大学地球科学研究報告 36巻 0号 27-29頁 2009/10
  • 「しんかい6500」に搭載されたサブボトムプロファイラを用いたマリアナトラフ背弧拡大軸付近の表層堆積物観察. 小池悠己・富士原敏也・海野 進・浅田美穂・岡田 聡 JAMSTEC Rep. Res. Dev. 8巻 29-36頁 2008/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simulations of measures to control lava flows. BULLETIN OF VOLCANOLOGY doi 10.1007巻 s00445-008-0229-7頁 2008/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The origin of the sheeted dike complex at superfast spread East Pacific Rise revealed by deep ocean crust drilling at ODP Hole 1256D. Umino, S., Crispini, L., Tartarotti, P., Teagle, D.A.H., Alt, J.C., Miyashita, S. and Banerjee, N.R. Geochemistry, Geophysics, Geosystems 2007GC001760RR頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 東太平洋海膨のオフリッジ火山はモホ遷移帯起源か? 海野 進・下司信夫・熊谷英憲・岸本清行 地学雑誌 117巻 190-219頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 海洋地殻の構造と形成プロセス 宮下 純夫,足立 佳子,海野 進 地學雜誌 117巻 1号 168-189頁 2008/02
  • Textural variation of Units 1256C-18 and 1256D-1 lava pond, with special reference to recrystallization of the base of Unit 1256C-18 206頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Discrete plumbing systems and heterogeneous magma sources of a 24 km3 off-axis lava field on the western flank of East Pacific Rise, 14°S. 258巻 61-72頁 2007/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ODP-IODP Site 1256 (East Pacific Rise): an in-situ section of upper oceanic crust formed at a superfast spreading rate Tartarotti, P., Crispini, L. and the IODP Expeditions 309 and 312 Shipboard Scientific Parties Ofioliti 31巻 107-116頁 2006/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Microstructural features of a subaqueous lava from basaltic crust off the East Pacific Rise (ODP Site 1256, Cocos Plate) Crispini, L., Tartarotti, P. and Umino, S. Ofioliti 31巻 117-127頁 2006/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Drilling to Gabbro in Intact Ocean Crust Wilson, D.S. et al. Science 312巻 1016-1020頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Emplacement of subaerial pahoehoe lava sheet flows into water: 1990 Kūpaianaha flow of Kilauea Volcano at Kaimū Bay, Hawai`i Umino, S., Nonaka, M. and Kauahikaua, J.  Bulletine of Volcanology 69巻 125-139頁 2006/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transition from seamount chain to intraplate volcanic ridge at the East Pacific Rise White, S.M., Umino, S. and Kumagai, H. Geology 34巻 293-296頁 2006/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 富士山溶岩流の特性. 2007/03 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • 沖縄県伊江島の海底洞窟堆積物から見つかった軽石散在層 北村 晃寿,加瀬 友喜,海野 進,山本 なぎさ,大橋 秀一,平本 真弓,若山 奈々美,雨宮 真理子 第四紀研究 = The Quaternary research 45巻 2号 141-144頁 2006/04
  • Formation and Evolution of Oceanic Lithosphere: New Insights on Crustal Structure and Igneous Geochemistry from ODP/IODP Sites 1256, U1309, and U1415 Developments in Marine Geology 7巻 449-505頁 2014/01/01 
  • Evidence for hydrothermal activity in the earliest stages of intraoceanic arc formation: Implications for ophiolite-hosted hydrothermal activity Economic Geology 109巻 8号 2159-2177頁 2014/01/01 

講演・口頭発表等

  • M2Mモホール計画―人類初のマントル掘削を目指して(会議名:日本鉱物科学会2016年年会)(2016/09/24)
  • From Birth to Death: Fate of The Extremely High-T Subduction Zone of The Oman Ophiolite.(会議名:地球惑星科学連合2016年大会)(2016/05/23)
  • M2Mモホール計画:地球深部探査船「ちきゅう」によるマントルへの超深度海底掘削の実現へむけて.(会議名:第18回応用力学シンポジウム特別講演)(2015/05/17)
  • 海洋掘削が拓く地球最後のフロンティア.(会議名:日本火山学会60周年記念シンポジウム)(2014/11/03)
  • Fate of high-T subduction zone and the obduction of the Oman Ophiolite.(会議名:アジア-オセアニア地球科学会)(2014/07/28)

全て表示

  • Prolonged vs. Failed Subduction Zone.(会議名:ゴールドシュミット国際会議)(2014/06/11)
  • Is High-Silica Boninite of Recycled Slab Origin? (会議名:Asia Oceania Geosciences Society)(2015/08/14)
  • Insight Into the Thermal Structure of the Upper Oceanic Crust Using Crystal-size Geothermometer - Method. (会議名:アジア-オセアニア地球科学会―アメリカ地球物理学連合)(2012/08/17)

芸術・フィールドワーク

特許

○火山溶岩流予測システム(公開年月:2005/01/01)(特許番号:特許公開2005-24366)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「巨大海底溶岩流の定置過程の解明」(2013-2015) 代表者
○基盤研究(B)「オフリッジ火山から高速拡大海嶺のモホ遷移帯マグマプロセスを探る」(2010-2013) 代表者
○基盤研究(B)「オフリッジ火山から高速拡大海嶺のモホ遷移帯マグマプロセスを探る」(2010-) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「大河流域を規制する地球物理・地質学的構造」(2008-) 分担者
○基盤研究(C)「シート状岩脈群の結晶粒径変化による中央海嶺系上部地殻温度構造の推定」(2006-2008) 代表者

学域・学類担当授業科目

○地学実験(2017)
○地学実験(2017)
○地学Ⅱ(2017)
○地殻化学特論(2017)
○生命・地球学概論(2017)
○インターンシップ実習(2017)
○地球学野外調査法(2017)
○地球変動学概論(2017)
○自然システム序論B(2017)
○地球学巡検2(2017)
○岩石学(2017)
○地球学野外実習A(2017)
○応用地球化学実験(2017)
○試料解析実験(2017)
○岩石学実験(2017)
○岩石学実験(2016)
○地球変動学概論(2016)
○試料解析実験(2016)
○岩石学実験(2016)
○生命・地球学概論(2016)
○応用地球化学実験(2016)
○地球学野外調査法(2016)
○地殻化学特論(2016)
○岩石学(2016)
○地球学巡検2(2016)
○地球学野外実習A(2016)
○地学Ⅱ(2016)
○地学実験(2016)
○地球学課題研究(2)(2016)
○地球学課題研究(1)(2016)
○地球学文献演習(2)(2016)
○地球学文献演習(1)(2016)
○地球学ゼミナール2(2)(2016)
○地球学ゼミナール2(1)(2016)
○地球学ゼミナール1(2)(2016)
○地球学ゼミナール1(1)(2016)
○特別講義C3/地史・構造地質(2016)
○地学Ⅱ(2015)
○インターンシップ実習(2015)
○地球学野外実習A(2015)
○岩石学(2015)
○地殻化学特論(2015)
○応用地球化学実験(2015)
○岩石学実験(2015)
○地球学野外調査法(2015)
○地球学課題研究(2)(2015)
○地球学課題研究(1)(2015)
○地球学文献演習(2)(2015)
○地球学文献演習(1)(2015)
○地球学ゼミナール2(2)(2015)
○地球学ゼミナール2(1)(2015)
○地球学ゼミナール1(2)(2015)
○地球学ゼミナール1(1)(2015)
○地球学野外実習A(2014)
○地学Ⅱ(2014)
○岩石学実験(2014)
○地球変動学概論(2014)
○岩石学(2014)
○インターンシップ実習(2014)
○応用地球化学実験(2014)
○岩石学(2014)
○地学Ⅱ(2014)
○岩石学実験(2014)
○応用地球化学実験(2014)
○地球学野外実習A(2014)
○地球学課題研究(2)(2014)
○地球学課題研究(1)(2014)
○地球学文献演習(2)(2014)
○地球学文献演習(1)(2014)
○地球学ゼミナール2(2)(2014)
○地球学ゼミナール2(1)(2014)
○地球学ゼミナール1(2)(2014)
○地球学ゼミナール1(1)(2014)
○応用地球化学実験(2013)
○地学Ⅱ(2013)
○応用地球化学実験(2013)
○地球学野外実習A(2013)
○地球学ゼミナール1(1)(2013)
○地球学ゼミナール1(2)(2013)
○地球学ゼミナール2(1)(2013)
○地球学ゼミナール2(2)(2013)
○地球学文献演習(1)(2013)
○地球学文献演習(2)(2013)
○地球学課題研究(1)(2013)
○地球学課題研究(2)(2013)
○岩石学(2013)
○岩石学実験(2013)

大学院担当授業科目

○マグマ進化学Ⅰ(2017)
○地球進化学B(2017)
○地球進化学A(2017)
○火山学(2017)
○火山学(2017)
○火山学(2017)
○火山学(2017)
○リサーチスキルA地球環境学コース(2016)
○リサーチスキルB地球環境学コース(2016)
○地球環境学特別講義(2016)
○地球進化学(2016)
○地球進化学A(2016)
○地球進化学B(2016)
○海洋リソスフェア構造学(2016)
○火山学(2016)
○リサーチスキルA地球環境学コース(2015)
○リサーチスキルB地球環境学コース(2015)
○海洋リソスフェア進化学(2015)
○マグマ進化学Ⅱ(2015)
○マグマ進化学Ⅰ(2015)
○地球進化学(2015)
○火山学(2015)
○地球進化学(2014)
○自然解析概論(2014)
○リサーチスキルA地球環境学コース(2014)
○リサーチスキルB地球環境学コース(2014)
○火山学(2014)
○海洋底地球科学(2014)
○火山地質学(2014)
○自然解析概論(2014)
○海洋リソスフェア構造学(2014)
○マグマ進化学Ⅰ(2014)
○地球進化学(2014)
○地球進化学(2013)
○自然解析概論(2013)
○海洋底地球科学(2013)
○地球環境学総合演習平成25年度入学生用(2013)
○地球環境学課題研究平成25年度入学生用(2013)
○地球環境学課題研究平成25年10月入学者用(2013)
○リサーチスキルA地球環境学コース(2013)
○リサーチスキルB地球環境学コース(2013)
○火山地質学(2013)

他大学の客員教授

○新潟大学
○神戸大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○小笠原世界自然遺産候補地科学委員会小笠原世界自然遺産候補地科学委員会委員(2006/11/29-2007/03/30)
○小笠原世界自然遺産候補地科学委員会小笠原世界自然遺産候補地科学委員会委員(2007/11/29-2008/03/30)
○小笠原世界自然遺産候補地科学委員会小笠原世界自然遺産候補地科学委員会委員(2008/06/01-2009/03/27)
○小笠原世界自然遺産候補地科学委員会小笠原世界自然遺産候補地科学委員会委員(2009/05/18-2010/03/26)
○小笠原世界自然遺産候補地科学委員会小笠原世界自然遺産候補地科学委員会委員(2010/06/01-2011/03/26)
○小笠原世界自然遺産候補地科学委員会小笠原世界自然遺産候補地科学委員会委員(2011/06/01-2012/03/26)
○小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会委員(2012/06/15-2013/03/26)
○小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会委員(2013/07/10-2014/03/26)
○小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会委員(2014/07/01-2015/03/31)
○小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会委員(2015/06/01-2016/03/31)
○小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会委員(2016/09/15-2017/03/31)

講演可能なテーマ

○ちきゅうとモホール(キーワード:モホール,ちきゅう,国際統合深海掘削計画IODP)
○世界自然遺産~小笠原諸島(キーワード:世界自然遺産,小笠原諸島,地質)

その他公的社会活動

このページの先頭へ