本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

水上 知行 (みずかみ ともゆき) 助教 MIZUKAMI Tomoyuki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類 地球学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

構造岩石学研究室

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 理学研究科 地球惑星科学専攻 2004/05 修了
京都大学 修士課程 理学研究科 地球惑星科学専攻 2000/03 修了
【出身大学】
京都大学 理学部 1996/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

研究拠点形成特別研究員(東京大学) 東京大学 研究拠点形成特別研究員(2004/06/01-2005/03/31)
日本学術振興会特別研究員PD(名古屋大学) 名古屋大学 日本学術振興会特別研究員PD(2005/04/01-2008/03/31)

生年月

1972年08月

所属学会

日本地質学会
日本鉱物科学会
日本地震学会
米国地球物理学連合

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本岩石鉱物鉱床学会 第50回研究奨励賞(2007/09/21)
○ラマンタッチ賞(2008/09/04)
○日本地質学会 柵山雅則賞(2009/09/04)
○Island Arc Award(2013/09/14)
○日本地質学会論文賞(2015/09/11)

専門分野

岩石・鉱物・鉱床学、地質学、固体地球惑星物理学

専門分野キーワード

岩石学、構造地質学、分光学、テクトニクス、地球ダイナミクス

研究課題

沈み込み帯プレート境界の不均質すべりの解明

マントルウェッジの物質・物性構造

プレート収束域のダイヤモンド

沈み込み帯深部のテクトニクス

著書

  • 新居浜地域の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅). 産総研地質調査総合センター 2013/04/26 原著書 共著 青矢 睦月, 野田 篤, 水野 清秀, 水上 知行, 宮地 良典, 松浦 浩久, 青木 正博, 利光 誠一, 遠藤 俊祐

論文

  • A new occurrence of titanian (hydro)andradite from the Nagaland ophiolite, India: Implications for element mobility in hydrothermal environments. Ghosh B., Morishita T., Ray J., Tamura A., Mizukami T., Soda Y., Ovung T. N. Chemical Geology 2017/03/18 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-temperature hydrothermal activities around suboceanic Moho: an example from diopsidite and anorthosite in Wadi Fizh, Oman ophiolite. Lithos 263巻 66-81頁 2016/10/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Neoproterozoic serpentinites from the Eastern Desert of Egypt: Insights into Neoproterozoic mantle geodynamics and processes beneath the Arabian-Nubian Shield. Precambrian Research 286巻 213-233頁 2016/10/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Structural analysis of crystalline R(+)-α-lipoic acid-α-cyclodextrin complex based on microscopic and spectroscopic studies. International Journal of Molecular Sciences 16巻 10号 24614-24628頁 2015/10/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Orthopyroxene-rich rocks from the sanbagawa belt (SW Japan): Fluid-rock interaction in the forearc slab-mantle wedge interface. Endo, S., Mizukami, T., Wallis, S.R., Tamura, A. and Arai, S. Journal of Petrology 56巻 6号 1113-1137頁 2015/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Reply to comment by Nozaka (2014) on Dehydration breakdown of antigorite and the formation of B-type olivine CPO Earth and Planetary Science Letters 408巻 406-407頁 2014/12/05 
  • Two types of antigorite serpentinite controlling heterogeneous slow-slip behaviours of slab-mantle interface. Mizukami, T., Yokoyama, H., Hiramatsu, Y., Arai, S., Kawahara, H., Nagaya, T. and Wallis, S. R. Earth and Planetary Science Letters 401巻 148-158頁 2014/09 査読有 原著論文
  • Spectroscopic studies of R(+)-α-lipoic acid-cyclodextrin complexes International Journal of Molecular Sciences 15巻 11号 20469-20485頁 2014/09/07 
  • A new approach to develop the Raman carbonaceous material geothermometer for low-grade metamorphism using peak width. Kouketsu, Y., Mizukami, T., Mori, H., Endo, S., Aoya, M., Hara, H., Nakamura, D. and Wallis, S.  Island Arc 23巻 33-50頁 2014/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dehydration breakdown of antigorite and the formation of B-type olivine CPO Nagaya,T., Wallis, S. R., Kobayashi, H., Michibayashi, K., Mizukami, T., Seto, Y., Miyake, A. and Matsumoto, M. Earth and Planetary Science Letters 387巻 67-76頁 2014/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Shear wave anisotropy beneath the volcanic front in south Kyushu area, Japan: Development of C-type olivine CPO under H2O-rich conditions.  Terada, T., Hiramatsu, Y. and Mizukami, T. Journal of Geophysical Research 118巻 4253-4264頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Paleo-mantle wedge preserved in the Sambagawa high-pressure metamorphic belt and the thickness of forearc continental crust. Geology 41巻 4号 451-454頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Structural changes of synthetic opal by heat treatment Arasuna, Akane;Okuno, Masayuki;Okudera, Hiroki;Mizukami, Tomoyuki;Arai, Shoji;Katayama, Shin'ichi;Koyano, Mikio;Ito, Nobuaki PHYSICS AND CHEMISTRY OF MINERALS 40巻 9号 747-755頁 2013 
  • Podiform chromitite classification revisited: A comparison of discordant and concordant chromitite pods from Wadi Hilti, northern Oman ophiolite.  Miura,M., Arai, S., Ahmed, H.A., Mizukami, T., Okuno, M., and Yamamoto, S. Journal of Asian Earth Sciences 59巻 52-61頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Methane and propane micro-inclusions in olivine in titanoclinohumite-bearing dunites from the Sanbagawa high-P metamorphic belt, Japan: Hydrocarbon activity in a subduction zone and Ti mobility. Earth and Planetary Science Letters 353-354巻  1-11頁 2012/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Subduction related Antigorite CPO patterns from forearc mantle in the Sanbagawa belt, southwest Japan. Nishii, A., Wallis, S. R., Mizukami, T. and Michibayashi, K. JOURNAL OF STRUCTURAL GEOLOGY 33巻 1436-1445頁 2011/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Raman spectroscopy of hydrous inclusions in olivine and orthopyroxene in ophiolitic barzburgite: Implications for elementary processes in serpentinization. Miura, M., Arai, S. and Mizukami, T. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences 106巻 91-96頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct evidence for upper mantle structure in the NW Pacific Plate: Microstructural analysis of a petit-spot peridotite xenolith. Harigane, Y., Mizukami, T., Morishita, T., Michibayashi, K., Abe, N., and Hirano, N. EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS 302巻 194-202頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Extending the applicability of the Raman carbonaceous-material geothermometer using data from contact metamorphic rocks. Aoya, M., Kouketsu, Y., Endo, S., Shimizu, H., Mizukami, T., Nakamura, D. and Wallis, S. JOURNAL OF METAMORPHIC GEOLOGY 28巻 895-914頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Seawater-derived noble gases and halogens preserved in exhumed mantle wedge peridotite. Sumino, H., Burgess, R., Mizukami, T., Holland, G., Wallis, S. and Ballentine, C. J.  EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS 294巻 163-172頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 東赤石岩体--含アンチゴライトかんらん岩の変形に関する天然の実験結果 (総特集 蛇紋岩と沈み込み帯プロセス) Wallis Simon,水上 知行 月刊地球 32巻 3号 172-178頁 2010/03
  • Omphacite-bearing metapelite from the Besshi region, Sambagawa metamorphic belt, Japan: Prograde eclogite facies metamorphism recorded in metasediment. Kouketsu, Y., Enami, M. and Mizukami, T. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences 105巻 9-19頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Subduction of mantle wedge peridotites: Evidence from the Higashi-akaishi ultramafic body in the Sanbagawa metamorphic belt. Hattori, K., Wallis, S., Enami, M. and Mizukami, T. Island Arc 19巻 192-207頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-P metamorphism, pattern of induced flow in the mantle wedge, and the link with plutonism in paired metamorphic belts. TERRA NOVA 21巻  67-73頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Forearc diamond from Japan. GEOLOGY 36巻  219-222頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 日本の天然ダイヤモンド 水上 知行 日本地球惑星科学連合ニュースレター 4巻 1号 3-5頁 2008/02
  • Pressure-induced change in the compressional behavior of the O-H bond in chrysotile: A Raman high-pressure study up to 4.5 GPa. AMERICAN MINERALOGIST 92巻  1456-1463頁 2007/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Factors determining the stability, resolution, and precision of a conventional Raman spectrometer. APPLIED SPECTROSCOPY 60巻  946-950頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structural and petrological constraints on the tectonic evolution of the garnet-lherzolite facies Higashi-akaishi peridotite body, Sanbagawa belt, SW Japan. TECTONICS 24巻 2004TC001733頁 2005/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Natural examples of olivine lattice preferred orientation patterns with a flow-normal a-axis maximum. NATURE 427巻  432-436頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 四国中央部・三波川帯, 東赤石超苦鉄質岩体のP-T-D履歴 : ウェッジ・マントル カンラン岩の沈み込み過程 榎並 正樹,水上 知行 地學雜誌 113巻 5号 617-632頁 2004/10
  • Metamorphic evolution of garnet-bearing ultramafic rocks from the Gongen area, Sanbagawa belt, Japan. JOURNAL OF METAMORPHIC GEOLOGY 22巻  1-15頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ミカブ帯菅島超苦鉄質岩体の斜方輝石の産状と組成層状構造 水上 知行 岩石鉱物科学 31巻 2号 87-96頁 2002/03

講演・口頭発表等

  • 藤原かんらん岩(愛媛県三波川帯)のtheophrastite(テオフラスタイト;Ni(OH)2)の産状と成因(会議名:日本鉱物科学会2016年会)(2016/09/24)
  • 衝撃圧縮による斜長石の非晶質化に離溶ラメラが与える影響(会議名:日本鉱物科学会2016年会)(2016/09/24)
  • 加熱によるガラス海綿の構造変化(会議名:日本鉱物科学会2016年会)(2016/09/24)
  • ブルース石のFe固溶によるラマンスペクトル変化(会議名:日本鉱物科学会2016年会)(2016/09/22)
  • アンチゴライトかんらん岩中のかんらん石の転位観察(会議名:日本鉱物科学会2016年会)(2016/09/22)

全て表示

  • アンチゴライト蛇紋岩化に伴う酸化還元状態の変化(会議名:日本鉱物科学会2016年会)(2016/09/22)
  • 重力異常解析から推定した西南日本下の地下密度構造とマントルウェッジの蛇紋岩化率 (会議名:日本惑星地球科学連合2016年会)(2016/05/22)
  • 三波川帯の層状アンチゴライト蛇紋岩の構造岩石学:マントルの含水化における反応と物質移動の速度論的関係(会議名:日本地質学会2016年会)(2016/09/13)
  • 組成改変によるクロムスピネルのプルアパート構造形成(会議名:日本地質学会2016年会)(2016/09/13)
  • 東赤石カンラン岩体のカンラン石格子定向配列(会議名:日本地球惑星科学連合大会)(2007/05)
  • Natural examples of olivine lattice preferred orientation patterns with a flow-normal a-axis maximum(会議名:米国地球物理学連合 Fall Meeting)(2004/12)
  • Higashi-akaishi peridotite body from a hanging wall of an oceanic subduction zone at the east Eurasi(会議名:Goldschmidt2010 (Geochemistry Conference))(2010/06)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「大陸下マントルの形成とその改変過程:世界最古のかんらん岩体での物質科学的検証」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(B)「南海プレート境界の不均質すべりと前弧テクトニクスの相関抽出」(2012-2015) 代表者
○基盤研究(C)「気候・地殻変動への流域の多重尺度応答性:室内実験と年代測定による地形発達史解読」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(B)「ハロゲン・希ガス多元素同時測定によるマントルに沈み込んだ水の起源と輸送過程の解明」(2011-2014) 分担者
○基盤研究(A)「ラマン分光岩石学:含マイクロ・ダイヤモンド捕獲岩に記録されたプルーム活動の解読」(2009-) 分担者
○特別研究促進費「プレート収束域のダイヤモンド探索へ向けた岩石学」(2008-) 代表者
○基盤研究(B)「微細包有物のマルチ揮発性元素トレーサー分析によるマントル内水循環の解明」(2014-2016) 分担者
○特別研究員奨励費「マントルウェッジ内におけるカンラン石格子定向配列の空間分布」(2005-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○岩石学実験(2017)
○地学実験(2017)
○地球学野外調査法(2017)
○地学実験(2017)
○地球学野外実習A(2017)
○応用地球化学実験(2017)
○教職地学(2017)
○教職地学(2017)
○教職地学(2017)
○試料解析実験(2017)
○地球学野外実習A(2016)
○地球学ゼミナール2(2)(2016)
○地球学ゼミナール2(1)(2016)
○地球学ゼミナール1(2)(2016)
○地球学ゼミナール1(1)(2016)
○教職地学(2016)
○試料解析実験(2016)
○岩石学実験(2016)
○地学実験(2016)
○応用地球化学実験(2016)
○地球学野外調査法(2016)
○教職地学(2016)
○教職地学(2016)
○地球学巡検1(2015)
○地球学ゼミナール2(2)(2015)
○地球学ゼミナール1(2)(2015)
○地球学ゼミナール2(1)(2015)
○応用地球化学実験(2015)
○試料解析実験(2015)
○岩石学実験(2015)
○地球学野外調査法(2015)
○地球学ゼミナール1(1)(2015)
○地学実験(2015)
○教職地学(2015)
○教職地学(2015)
○教職地学(2015)
○地学実験(2014)
○教職地学(2014)
○岩石学実験(2014)
○地球学野外調査法(2014)
○試料解析実験(2014)
○応用地球化学実験(2014)
○地球学野外実習A(2014)
○地球学ゼミナール1(1)(2014)
○地球学ゼミナール1(2)(2014)
○地球学ゼミナール2(1)(2014)
○地球学ゼミナール2(2)(2014)

大学院担当授業科目

○地球環境学課題研究(2016)
○地球環境学基礎(2016)
○地球環境学総合演習(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ