本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月01日

東田 陽博 (ひがしだ はるひろ) 特任教授 HIGASHIDA Haruhiro

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

子どものこころの発達研究センター

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻
連合大学院小児発達学研究科

所属研究室等

脳細胞遺伝子学研究分野 TEL:076-265-2455 FAX:076-234-4236

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 医学研究科 生理系環境生理 1975/03 修了
【出身大学】
岐阜大学 医学部 医学科 1971/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

生年月

1947年02月

所属学会

日本生理学会 評議員,大会担当理事(1997-1998)
日本神経化学会 評議員,理事
北米神経科学会
日本神経科学会 評議員
日本生化学会 評議員
国際神経化学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○上原生命記念科学財団助成金(1999/05/01)
○チバガイギ海外派遣助成金(1997/06/01)
○ブレインサイエンス振興財団 第13回海外研究者招聘助成金(2000/10/18)
○厚生省精神・神経疾患研究委託費(分担)(1997/06/01)
○山之内製薬創薬研究本部共同研究助成金(1998/05/01)
○山之内製薬創薬研究本部共同研究助成金(1999/05/01)
○山之内製薬創薬研究本部共同研究助成金(2000/05/01)
○文部省科学研究費 基盤研究B(2)[神経化学・神経薬理学](2001/06/01)
○文部省科学研究費 萠芽研究 [神経筋肉生理学](2001/06/01)
○文部省科学研究費 基盤研究B(2)[神経化学・神経薬理学](2000/06/01)
○文部省科学研究費 基盤研究B(2)[神経化学・神経薬理学](1999/06/01)
○文部省科学研究費 (萠芽研究) [神経筋肉生理学](2000/06/01)
○文部省科学研究費 基盤研究 B(2)[神経化学・神経薬理学](1997/06/01)
○文部省科学研究費 基盤研究B(2)[神経化学・神経薬理学](1998/06/01)
○文部省科学研究費 重点領域(2)[膜輸送分子協関](1997/06/01)

専門分野

サイクリックADPリボ-ス ムスカリン受容体 信号伝達、組みかえDNA関連研究、神経化学・神経薬理学、神経生理学・神経科学一般、神経生理学・神経科学一般

専門分野キーワード

シグナル伝達、神経細胞興奮性、発達障害

研究課題

神経伝達物質受容体反応の研究

神経形成遺伝子の探索

カリウムチャネルの研究

著書

  • ニューロサイエンスラボマニュアル1「神経細胞培養法」 スプリンガフェアラーフ社 1997/12 ①原著書 ②共著 野田百美,横山 茂,金中振国,東田陽博
  • 生化学辞典 東京化学同人社 1997/10 ①原著書 ②共著 東田陽博
  • 日本臨床 九州大学出版会(財) 1998/07 ①原著書 ②共著 東田陽博,横山 茂,星 直人,武田 久,高橋博人,川村哲朗
  • 分子細胞生物学辞典 東京化学同人社 1997/03 ①原著書 ②共著 東田陽博
  • Slow Synaptic Responses and Modulation Springer-Verlag 1999/10 ①原著書 ②共著 Egorova, Alla B., Hoshi, Naoto and Higashida, Haruhiro

全て表示

  • Slow Synaptic Responses and Modulation Springer-Verlag 1999/10 ①原著書 ②共著 Yokoyama, Shigeru, Takeda, Hisashi and Higashida, Haruhiro
  • Slow Synaptic Responses and Modulation Springer-Verlag 1999/10 ①原著書 ②共著 Knijnik, Rimma, Hoshi, Naoto, Zadina, James, Kastin, Abba J. and Higashida, Haruhiro
  • Slow Synaptic Responses and Modulation Springer-Verlag 1999/10 ①原著書 ②共著 Noda, Mami, Higashida, Haruhiro and Akaike Norio
  • Slow Synaptic Responses and Modulation Springer-Verlag 1999/10 ①原著書 ②共著 Zhong, Zhen-Guo, Yokoyama, Shigeru, Moda, Mami and Higashida, Haruhiro
  • Slow Synaptic Responses and Modulation Springer-Verlag 1999/10 ①原著書 ②共著 Higashida, Haruhiro, Yokoyama, Shigeru, Hashii, Minako and Taketo, Megumi
  • Slow Synaptic Responses and Modulation Springer-Verlag 1999/10 ①原著書 ②共著 Hoshi, Naoto, Takahashi, Hiroto, Yokoyama, Shigeru and Higashida, Haruhiro
  • Slow Synaptic Responses and Modulation Springer-Verlag 1999/10 ①原著書 ②共著 Hashii, Minako and Higashida, Haruhiro
  • 標準分子医化学 医学書院 1997/10 ①原著書 ②共著 東田陽博
  • 血漿キニンの受容体と細胞内情報伝達の分子生物学 メディカルビュー社 2000/10 ①原著書 ②共著 東田陽博,横山 茂 他11名
  • イオンチャネルと結合するアンカリングタンパクAKAPの役割 金原出版 2004/02 ①原著書 ②共著 東田陽博、横山 茂、星 直人
  • イオンチャネル 三輪書店 2004/01 ①原著書 ②共著 東田陽博、横山 茂、星 直人

論文

  • ADP-ribosyl cyclase coupled with receptors via G proteins. Higashida, Haruhiro FEBS Lett. 418巻 3号 355-356頁 1997/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 12-lipoxygenase overexprssion in rodent NG108-15 cells enhances the excitability by inhibiting M-type K+ channels. Takahashi, Yoshitaka, Kawajiri, Hiroo, Yoshimoto, Tanihiro, Hoshi, Naoto and Higashida, Haruhiro J. Physiol. (London) 521巻 Pt 3号 567-574頁 1999/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Angiotensin II stimulates cyclic ADP-ribose formation in neonatal rat cardiac myocytes. Higashida, Haruhiro, Zhang, Jia-Sheng, Hashii, Minako, Shintaku Miyuki, Higashida, Chiharu and Takeda, Yoshiyu Biochem. J. 352巻 Pt 1号 197-202頁 2000/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Both linopirdine- and WAY123,398-sensitive components of IK(M,ng) are modulated by cyclic ADP ribose in NG108-15 cells. Higashida, Haruhiro, David, A. Brown and Jon, Robbins Pflugers Archiv Eur. J. Physiol. 441巻 2-3号 228-234頁 2000/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • cADP-ribose potentiates cytosolic Ca2+ elevation and Ca2+ entry via L-type voltage-activated Ca2+ channels in NG108-15 neuronal cells. Hashii, Minako, Minabe, Yoshio and Higashida, Haruhiro Biochem. J. 345巻 Pt 2号 207-215頁 1999/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Cyclooxygenase-2 stimulates production of amyloid b-peptide in neuroblastoma x glioma hybrid Ng108-15 cells. Kadoyama, Keiichi, Takahashi, Yoshitaka, Higashida, Haruhiro, Tanabe, Tadashi and Yoshimoto,Tanihiro Biochem. Biophys. Res. Commun. 281巻 2号 483-490頁 2001/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differential interactions of the C terminus and the cytoplasmic I-II loop of neuronal Ca2+ channels with G-protein a and bg subunits. Furukawa, Taiji, Miura, Reiko, Mori, Yasuo, Strobeck, Mark, Suzuki, Kazuyuki, Ogihara, Yoshiyasu, Asano, Tomiko, Morishita, Rika, Hashii, Minako, Higashida, Haruhiro, Yoshii, Mitsunori and Nukada,Toshihide J. Biol. Chem. 273巻 28号 17595-17603頁 1998/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Endomorphins inhibit high-threshold Ca2+ channel currents in rodent NG108-15 cells overexpressing m-opioid receptors. Higashida, Haruhiro, Hoshi, Naoto, Knijnik, Rimma, Zadina, James E. and Kastin, Abba, J. J. Physiol. (Lond.) 507巻 Pt 1号 71-75頁 1998/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of Kv1.2 potassium channels in rat sensory ganglia: an immunohistochemical study. Yokoyama, Shigeru, Takeda, Hisashi and Higashida, Haruhiro Ann. NY. Acad. Sci. 868巻 454-457頁 1999/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inositol-1,3,4,5-tetrakisphosphate binding sites in control and ras-transformed NIH/3T3 fibroblasts. Taketo, Megumi, Yokoyama, Shigeru, Fukuda, Mitsunori, Mikoshiba, Katsuhiko and Higashida, Haruhiro Biochem. Biophys. Res. Commun. 239巻 1号 349-352頁 1997/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • KCR1, a membrane protein that facilitates functional expression of non-inactivating K+ currents associates with rat EAG voltage-dependent K+ channels. Hoshi, Naoto, Takahashi, Hiroto, Shahidullah, Mohammad, Yokoyama, Shigeru and Higashida, Haruhiro J. Biol. Chem. 273巻 36,23080-23085号 1998/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Localization of B2 bradykinin receptor mRNA in the rat retina and sclerocornea. Takeda, Hisashi, Kimura, Yasuhiro, Higashida, Haruhiro and Yokoyama, Shigeru Immunopharmacol. 45巻 1-3号 51-55頁 1999/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Membrane-bound form of ADP-ribosyl cyclase in rat cortical astrocytes in culture. Hottra, Taeko, Asai, Kiyofumi, Fujita, Kaori, Kato, Taiji and Higashida, Haruhiro J. Neurochem. 74巻 2号 669-675頁 2000/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Muscarinic acetylcholine receptor subtypes in the human iris. Ishizaka, Nobuto, Noda, Mami, Yokoyama, Shigeru, Kawasaki, Kazuo, Yamamoto, Miyuki and Higashida, Haruhiro Brain Res. 787巻 2号 344-347頁 1998/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Muscarinic receptor-mediated dual regulation of ADP-ribosyl cyclase in NG108-15 neuronal cell membranes. Higashida, Haruhiro, Yokoyama, Shigeru, Hashii, Minako, Taketo, Megumi, Higashida, Masaharu, Takayasu, Tatsunori, Ohshima, Tohru, Takasawa, Shin, Okamoto, Hiroshi and Noda, Mami J. Biol. Chem. 272巻 50号 31272-31277頁 1997/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of rat synapsins in NG108-15 neuronal cells enhances functional synapse formation with myotubes. Zhong, Zhen-Guo, Noda, Mami, Takahashi, Hiroto and Higashida, Haruhiro Neurosci. Lett. 260巻 2号 93-96頁 1999/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of rat frequenin in rodent NG108-15 cells enhances functional synapse formation and release of acetylcholine. Chen, Xian-Liang, Zhong, Zhen-Guo, Yokoyama, Shigeru, Bark Christina, Berggren, Per-Olaf, Meister, Bjom, Roder, John, Higashida, Haruhiro and Jeromin, Andreas J. Physiol. (London) 523巻 Pt 3号 649-659頁 2001/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sympathetic potentiation of cyclic ADP-ribose formation in rat cardiac myocytes. Higashida, Haruhiro, Egorova, Alla, Higashida, Chiharu, Zhong, Zhen-Guo, Yokoyama, Shigeru, Noda, Mami and Zhang, Jia-Sheng J. Biol. Chem. 274巻 47号 33348-33354頁 1999/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Measurement of adenylyl cyclase by separating cyclic AMP on silica gel thin-layer chromatography. Higashida, H., Hossain, H. et al. ANALYTICAL BIOCHEMISTRY 308巻 1号 106-111頁 2002/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Subtype-specific coupling with ADP-ribosyl cyclase of metabotropic glutamate receptors in retina, cervical superior ganglion and NG108-15 cells. Higashida, H., Zhang, JA. et al. Journal Neurochemistry 85巻 5号 1148-1158頁 2003/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • AKAP150 signaling complex promotes suppression of the M-current by muscarinic agonists. Hoshi, N., Higashida, H. et al NATURE NEUROSCIENCE 6巻 6号 564-571頁 2003/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Measurement of adenylyl cyclase by separating cyclic AMP on silica gel thin-layer chromatography. Higashida, H., Hossain, H. et al. ANALYTICAL BIOCHEMISTRY 308巻 1号 106-111頁 2002/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Recombinant human serotonin 5A receptors stably expressed in C6 glioma cells couple to multiple signal transduction pathways. 84巻 2号 222-232頁 2003/01 ①原著論文
  • Clinical and electrophysiological characterization of a novel mutation (F193L) in the KCNQ1 gene associated with long QT syndrome. 104巻 4号 377-382頁 2003/04 ①原著論文
  • Multiple signal transduction pathways mediated by 5-HT receptors. Noda, Mami, Aoki, Shunsuke and Wada Keiji MOLECULAR NEUROBIOLOGY 29巻 1号 31-39頁 2004/02 査読有 ①原著論文
  • Probucol aggravates long QT syndrome associated with a novel missense mutation M124T in the N terminus of HERG. Hayashi, Kenshi, Shimizu, Masami, Ino, Hidekazu, Yamaguchi, Masato, Terai, Hidenobu, Hoshi, Naoto, Terashima, Nariaki, Uno, Yoshihide, Kanaya, Honin and Mabuchi, Hiroshi CLINICAL SCIENCE 107巻 2号 175-182頁 2004/08 査読有 ①原著論文
  • Draper-mediated and phosphatidylserine-independent phagocytosis of apoptotic cells by Drosophila hemocytes/macrophages. Manaka, Junko, Kuraishi, Takayuki, Shiratsuchi, Akiko, Nakai, Yuji, Henson, Peter and Nakanishi, Yoshinobu JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 279巻 46号 48466-48476頁 2004/11 査読有 ①原著論文
  • Genes required for Drosophila nervous system development identified by RNA interference. Ivanov AI, Rovescalli AC, Pozzi P, Yoo S, Mozer B, Li HP, Yu SH, Guo V, Spencer M, Nirenberg M. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AME 101巻 46号 16216-16221頁 2004/11 査読有 ①原著論文
  • Compound heterozygosity for mutations (D611Y in KCNQ1, D609G in KCNH2) associated with severe Long QT syndrome. Yamaguchi, Masato, Shimizu, Masami, Ino, Hidekazu, Terai, Hidenobu, Hayashi, Kenshi, Kaneda, Tomoya, Mabuchi, Hiroshi, Sumita, Ryo, Oshima, Tohru, Hoshi, Naoto. CLINICAL SCIENCE 108巻 2号 143-150頁 2005/02 査読有 ①原著論文
  • Protein kinase C bound with A-kinase anchoring protein is involved in muscarinic receptor-activated modulation of M-type KCNQ potassium channels. Hoshi N, Zhang JS, Yokoyama S, Hashii M, Jin D, Noda M, Robbins J. NEUROSCIENCE RESEARCH 51巻 3号 231-234頁 2005/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of interleukin-6 in dorsal root ganglion neurons after gradual elongation of rat sciatic nerve. Osamura N, Ikeda K, Ito T, Tomita K, Yokoyama S. EXPERIMENTAL NEUROLOGY 195巻 1号 61-70頁 2005/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of stable and cell-type selective analogues of cyclic ADP-ribose, a Ca(2+)-mobilizing second messenger. Structure--activity relationship of the N1-ribose moiety. Kudoh T, Fukuoka M, Ichikawa S, Murayama T, Ogawa Y, Hashii M, Kunerth S, Weber K, Guse AH, Potter BV, Matsuda A, Shuto S. JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 127巻 24号 8846-8855頁 2005/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Amplification of depolarization-induced and ryanodine-sensitive cytosolic Ca2+ elevation by synthetic carbocyclic analogs of cyclic ADP-ribose and their antagonistic effects in NG108-15 neuronal cells. Hashii M, Shuto S, Fukuoka M, Kudoh T, Matsuda A JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY 94巻 2号 316-323頁 2005/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acetylcholine stimulates cyclic ADP-ribose formation via M1 muscarinic receptors in rat superior cervical ganglion. Zhang JS, Jin D BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 335巻 3号 920-924頁 2005/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of tumor necrosis factor-alpha in Schwann cells after gradual elongation of rat sciatic nerve. Hagiwara N, Ikeda K, Tomita K, Yokoyama S. J Orthop Sci. 10巻 6号 614-621頁 2005/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bradykinin activates ADP-ribosyl cyclase in neuroblastoma cells: intracellular concentration decrease in NAD and increase in cyclic ADP-ribose. Salmina A, Hashii M, Yokoyama S, Zhang JS, Noda M, Zhong ZG, Jin D. FEBS LETTERS 580巻 20号 4857-4860頁 2006/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of calreticulin as a marker for phagocytosis of apoptotic cells in Drosophila. Kuraishi T, Manaka J, Kono M, Ishii H, Yamamoto N, Koizumi K, Shiratsuchi A, Lee BL,Nakanishi Y. EXPERIMENTAL CELL RESEARCH 313巻 3号 500-510頁 2007/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of human CD38/ADP-ribosyl cyclase enhances acetylcholine-induced Ca(2+) signalling in rodent NG108-15 neuroblastoma cells. Bowden SE, Yokoyama S, Salmina A, Hashii M, Hoshi N, Zhang JS, Knijnik R, Noda M, Zhong ZG, Jin D, Higashida K, Takeda H, Akita T, Kuba K, Yamagishi S, Shimizu N, Takasawa S, Okamoto H, Robbins J. NEUROSCIENCE RESEARCH 57巻 3号 339-346頁 2007/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD38 is critical for social behaviour by regulating oxytocin secretion. Jin, D., Liu, HX., Hirai, H., Torashima, T., Nagai, T., Lopatina, O., Shnayder, NA., Yamada, K., Noda, M., Seike, T., Fujita, K., Takasawa, S., Yokoyama, S., Koizumi, K., Shiraishi, Y., Tanaka, S., Hashii, M., Yoshihara, T., Higashida, K., Islam, MS., Yamada, N., Hayashi, K., Noguchi, N., Kato, I., NATURE 446巻 7131号 41-45頁 2007/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oxytocin-induced elevation of ADP-ribosyl cyclase activity, cyclic ADP-riboseor Ca(2+) concentrations is involved in autoregulation of oxytocin secretionin the hypothalamus and posterior pituitary in male mice 2009/06 ①原著論文
  • Design and synthesis of 4",6"-unsaturated cyclic ADP-carbocyclic ribose as a Ca2+ -mobilizing agent. Kudou, T., Weber, K., Guse, A. H., Potter, B. V. L., Hashii, M., Arisawa, M., Matsuda, A. & Shuto, S. TETRAHEDRON LETTERS 49巻 3976-3979頁 2008 査読有 ①原著論文
  • Design and synthesis of 4",6"-unsaturated cyclic ADP-carbocyclic-ribose, a Ca2+ -mobilizing agent selectively active in T cells. Kudou, T., Murakami, T., Hashii, M., Sakurai, T., Maechling, C., Spiess, B., Weber, K., Guse, A. H., Potter, B. V. L., Arisawa, M., Matsuda, A. & Shuto, S. TETRAHEDRON 64巻 9754-9765頁 2008 査読有 ①原著論文
  • Locomotor activity, ultrasonic vocalization and oxytocin levels in infant CD38 knockout mice. Liu HX, Lopatina O, Higashida C, Tsuji T, Kato I, Takasawa S, Okamoto H, Yokoyama S, Neurosci Lett. 448巻 1号 67-70頁 2008/12 査読有 ①原著論文
  • Genetic analyses of roundabout (ROBO) axon guidance receptors in autism. Anitha A, Nakamura K, Yamada K, Suda S, Thanseem I, Tsujii M, Iwayama Y, Hattori E, Toyota T, Miyachi T, Iwata Y, Suzuki K, Matsuzaki H, Kawai M, Sekine Y, Tsuchiya K, Sugihara G, Ouchi Y, Sugiyama T, Koizumi K, Takei N, Yoshikawa T, Mori N. Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet. 147B巻 7号 1019-1027頁 2008/10 査読有 ①原著論文
  • Cyclic ADP-ribose as a universal calcium signal molecule in the nervous system. Salmina AB, Olovyannikova RY, Hashii M, Yokoyama S, Koizumi K, Jin D, Liu HX, Lopatina O, Amina S, Islam MS, Huang JJ, Noda M NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL 51巻 2-4号 192-199頁 2007/07 査読有 ①原著論文
  • RNA interference screen to identify genes required for Drosophila embryonic nervous system development. Koizumi K, Yoo S, Islam MS, Ivanov AI, Guo V, Pozzi P, Yu SH, Rovescalli AC, Tang D, Nirenberg M. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AME 104巻 13号 5626-5631頁 2007/03 査読有 ①原著論文
  • Cyclin-dependent kinase 5 activators p35 and p39 facilitate formation of functional synapses. Johansson JU, Lilja L, Chen XL, Meister B, Noda M, Zhong ZG, Yokoyama S, Berggren PO, Bark C Brain Res Mol Brain Res 138巻 2号 215-227頁 2005/08 査読有 ①原著論文

講演・口頭発表等

  • ●学会名:カロリンスカ医科大学シンポジウム 発表年月日:2005年5月30日 ●学会名:第5回日韓合同脳科学・心筋・平滑筋シンポジウム 発表年月日:2005年7月23日 ●学会名:クラスノヤルスク医科大学シンポジウム  発表年月日:2005年9月21日 ●学会名:国立衛生研究所シンポジウム 発表年月日:2005年10月27日 ●学会名:クラスノヤルスク医科大学シンポジウム  発表年月日:2006年7月21日 ●学会名:Invitrogenシンポジウム 発表年月日:2006年8月31日 ●学会名:全北大学シンポジウム 演題名:CD38社会認識記憶喪失マウス 発表年月日:2007年4月12日 ●学会名:PARENTAL BRAIN CONFERENCE 発表年月日:2007年6月10日 ●学会名:トリノ大学シンポジウム 演題名:CD38 and cyclic ADP-ribose:A novel role in the hypothalamus and pituitary on social behavior 発表年月日:2007年9月17日 ●学会名:内分泌オキシトシンバゾプレッシン会議 演題名:Oxytocin releasedfrom mouse hypothalamus and nerve endings by extracellular application of b-NAD+ and cyclic ADP-ribose 発表年月日:2007年9月19日 ●学会名:クラスノヤルスク医科大学シンポジウム  発表年月日:2007年10月3日 ●学会名:全北大学シンポジウム 演題名:CD38 is critical for social behavior by regulating oxytocin secretion. 発表年月日:2007年11月16日 ●学会名:カリフォルニア大学シンポジウム 発表年月日:2007年12月2日 ●学会名:ワシントン大学シンポジウム 発表年月日:2007年12月5日 ●学会名:クラスノヤルスク医科大学シンポジウム  発表年月日:2008年8月20日 ●学会名:第51回日本神経化学会大会 発表年月日:2008年9月11日 ●学会名:NAD2008会議 発表年月日:2008年9月16日 ●学会名:WCPG2008 発表年月日:2008年10月13日 ●学会名:2008Annual International Conference 韓国生物分子生化学会 発表年月日:2008年10月29日 ●学会名:第5回産業医科大学大学院シンポジウム 発表年月日:2008年11月25日(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○神経変性疾患薬又は遺伝性脳疾患薬のスクリ-ニング方法(出願国名:日本)(特許番号:特願2007-523965)
○パーキンソン病の治療のための医薬(特許番号:特願2007-523965)
○CD38による自閉症の診断と治療(特許番号:PCT/JP2007/072603)
○自閉症スペクトラムの検査方法。 (公開年月:2016/08/22)
○オキシトシントランスポーター (公開年月:2016/06/23)
○オキシトシン検出のためのサンプルの前処理方法 (公開年月:2016/06/23)

共同研究希望テーマ

○ADPリボース合成酵素
○ショウジョウバエ遺伝子RNAi

科研費

○重点領域研究(1987-1997)「膜電位依存性カリウムMチャンネルの遺伝子クローニング」(1997-) ①代表者
○基盤研究(B)「脳型ADPリボシールシクラーゼの精製とcDNAクローニング」(1997-) ①代表者
○基盤研究(B)「脳型ADPリボシールシクラーゼの精製とcDNAクローニング」(1998-) ①代表者
○基盤研究(B)「脳型ADPリボシールシクラーゼの精製とcDNAクローニング」(1999-) ①代表者
○萌芽的研究(1996-2001)「神経細胞でサイクリックADPリボースは真のセカンドメッセンジャーか」(2000-) ①代表者
○基盤研究(B)「受容体とカップルするADPリボシールシクラーゼ分子の個体レベルでの解析」(2000-) ①代表者
○萌芽的研究(1996-2001)「神経細胞でサイクリックADPリボースは真のセカンドメッセンジャーか」(2001-) ①代表者
○基盤研究(B)「受容体とカップルするADPリボシールシクラーゼ分子の固体レベルでの解析」(2001-) ①代表者
○基盤研究(B)「ドーパミン受容体とカップルするADPリボース環状化酵素:パーキンソン病脳への応用」(2003-2005) ①代表者
○挑戦的萌芽研究「ラット新生仔脳及びCD38ノックアウトマウス脳のADPリボシルシクラーゼの精製」(2004-2006) ①代表者
○特定領域研究「Aキナーゼアンカータンパク(AKAP)依存的シナプス後電位:終止の分子メカニズム」(2005-2005) ①代表者
○基盤研究(A)「社会認識に関わる分子の神経化学的解析による自閉症の解明と治療」(2007-2009) ①代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

○クラスノヤルスク州立医科大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○宇宙環境利用研究委員会ライフサイエンス専門委員会専門委員(1998/06/11-1999/03/31)
○宇宙環境利用研究委員会ライフサイエンス専門委員会専門委員(1999/06/15-2000/03/31)
○研究推進委員会委員(1997/05/16-1998/03/31)
○学術審議会専門委員(1998/01/21-1999/01/20)
○特別研究員等審査会専門委員(2000/08/01-2002/03/31)
○一般生理学審議会専門委員(2000/01/01-)
○日本学術振興会特別研究員審査会専門委員(2000/12/06-)
○日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(2002/01/01-)

講演可能なテーマ

○脳
○自閉症
○記憶

その他公的社会活動

○金沢大学(2002-2004) 金沢大学公開講座

このページの先頭へ