本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年04月10日

川口 和紀 (かわぐち かずのり) 特任教授 KAWAGUCHI, Kazunori

メール

所属組織・役職等

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 2005/09 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 1997/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

所属学会

日本内科学会
日本肝臓学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本分子生物学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○公益財団法人ウイルス肝炎研究財団 研究奨励金(2016/02/12)

専門分野

消化器内科学

専門分野キーワード

肝臓病学、消化器内科学

研究課題

著書

  • 内科学(第11版) 朝倉書店 2017/03/08 原著書 分担執筆

論文

  • Detection of hepatitis B virus DNA in sera from patients with chronic hepatitis B virus infection by DNA microarray method. JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY 41巻 4号 1701-4頁 2003/04 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differential gene alteration among hepatoma cell lines demonstrated by cDNA microarray-based comparative genomic hybridization. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 329巻 1号 370-80頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mutational analysis of the hepatitis C virus E1 glycoprotein in retroviral pseudoparticles and cell-culture-derived H77/JFH1 chimeric infectious virus particles. JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS 16巻 9号 621-32頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reproduction in vitro of a quasispecies from a hepatitis C virus-infected patient and determination of factors that influence selection of a dominant species. JOURNAL OF VIROLOGY 85巻 7号 3408-14頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Jagged1 DNA Copy Number Variation Is Associated with Poor Outcome in Liver Cancer. AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 186巻 8号 2055-67頁 2016/04/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Serum Wisteria floribunda agglutinin-positive Mac-2 binding protein predicts hepatocellular carcinoma incidence and recurrence in nucleos(t)ide analogue therapy for chronic hepatitis B. JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 53巻 6号 740-51頁 2017/08/17 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distinct notch signaling expression patterns between nucleoside and nucleotide analogues treatment for hepatitis B virus infection. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 501巻 3号 682-7頁 2018/06/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Notch signaling facilitates hepatitis B virus covalently closed circular DNA transcription via cAMP response element-binding protein with E3 ubiquitin ligase-modulation. SCIENTIFIC REPORTS 9巻 1号 1621頁 2019/02/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Serum aldo-keto reductase family 1 member B10 predicts advanced liver fibrosis and fatal complications of nonalcoholic steatohepatitis. JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 54巻 6号 549-57頁 2019/06/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ