本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年04月02日

櫻井 武 (さくらい たけし) 特任教授 SAKURAI Takeshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

国際基幹教育院 化学コース•生物化学
大学院自然科学研究科副研究科長

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース 生物化学
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻 物質機能
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻 物質創成

所属研究室等

生物化学講座 TEL:076-264-5685 FAX:076-264-5742

学歴

【出身大学院】
大阪大学 博士課程 基礎工学研究科 化学系化学専攻 1978/03 修了
大阪大学 修士課程 基礎工学研究科 化学系化学専攻 1975/03 修了
【出身大学】
大阪大学 基礎工学部 合成化学科 1973/03 卒業
【取得学位】
工学博士
工学修士

職歴

大阪大学 教養部 助手(1978/06/01-1988/01/31)
オレゴン健康科学大学 医学部 Research Associate(1983/10/01-1984/10/30)
金沢大学 教養部(1988/02/01-1995/06/30)
金沢大学  薬学部(1995/07/01-1996/03/31)
岡崎国立共同研究機構 錯体化学実験施設 助教授(1996/04/01-1998/03/31)
金沢大学 大学院自然科学研究科(1998/04/01-2000/03/31)
金沢大学 理学部(2000/04/01-)
金沢大学 理工研究域  教授(2008/04/01-)

生年月

1950年05月

所属学会

日本化学会 代議員(2012-)
日本生化学会 代議員(2011-2013)
日本生化学会 北陸支部 監事(2001-2003)
生物無機化学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○若い世代の特別講演会(第3回)(1988/09/27)
○山本文二郎漆科学研究助成(1994/08/20)
○京都市・山本二郎漆科学研究助成 漆の科学的研究に対する助成(2001/08/22)

専門分野

生化学 無機生化学 臨床検査、生物分子化学、機能生物化学

専門分野キーワード

金属タンパク質、生物無機化学、プロテインエンジニアリング

研究課題

生物燃料電池

カソード電極触媒に利用可能な酵素の開拓と改変

酵素によるNOxの分子変換

酵素によるNOxの分子変換 脱窒過程は異化的硝酸呼吸とも言われ、硝酸を窒素にまで還元することによってエネルギーを獲得する。この過程は、地球的規模での窒素の循環に関わっており、脱窒菌は環境浄化にも利用されている。われわれは、亜硝酸還元や一酸化窒素還元に関わる酵素やタンパク質の構造や機能に関する研究を行っている。一酸化窒素還元酵素は好気呼吸における末端酸化酵素(シトクロムオキシダーゼ)の先祖酵素と考えられており、分子進化の観点から基礎的研究を行っている。また、亜硝酸還元酵素は他の研究テーマであるマルチ銅オキシダーゼと共通の先祖から進化してきた酵素であり、両酵素の相互変換を模索している。

マルチ銅オキシダーゼの機能と改変および生物燃料電池への応用

マルチ銅オキシダーゼの機能と改変および生物燃料電池への応用 マルチ銅オキシダーゼ(ラッカーゼ、CueO、ビリルビンオキシダーゼなど)と総称される酵素は微生物から人に至るまで幅広く存在しており、物質変換、ホメオスタシス、解毒等に関与している。また、マルチ銅オキシダーゼは広く産業利用されており、われわれは、変異源性のないヘアカラー、生物燃料電池、臨床検査などへの応用を目指す応用的研究と活性酸素を生じること無く酸素を水へと変換する反応機構の解明という基礎的研究を、分子生物学、生物無機化学、構造生物学的、タンパク質工学的な観点から推進している。

うるしの酸素化学

うるしの酸素化学 ウルシは少なくとも9000年前から塗料や接着剤として利用されている。我が国におけるウルシ研究は明治とともに始まり、ウルシ(ウルシオール)を酸化•重合させるラッカーゼの発見は19世紀にさかのぼる。しかし、ラッカーゼのアミノ酸配列を我々が明らかにしたのは 21世紀のことであり、今なお、この銅含有酵素の構造解明は行われていない。また、異種発現系の構築も完成して おらず、我々は古くてかつ最先端のテーマに挑戦している。われわれはまた、高い熱安定性などユニークな性質をもつラッカーゼ関連酵素を探索している。

酵素によるNOの分子変換

マルチ銅オキシダーゼの活性中心と機能

うるしの酸素化学

重金属イオンの解毒とホメオスタシス

ビリルビンオキシダーゼの機能変換

プロテインエンジニアリング

生物燃料電池

著書

  • 生物無機化学 朝倉書店 2012/06 原著書 共著 山内脩, 鈴木晋一郎, 櫻井武 978-4-254-14642-4
  • Multicopper Proteins John-Wiley & Sons Copper Oxygen Chemistry 2011/08 原著書 共著 T. Sakurai, K. Kataoka 978-0-470-52835-8
  • バイオ電気化学の実際ーバイオセンサバイオ電池の実用展開ー 2007/03 原著書 共著 池田篤治他33名
  • 生命元素辞典 オーム社 2006/03 原著書 共著
  • ベーシック無機化学 化学同人 2004/01 原著書 共著 鈴木晋一郎,中尾安男,櫻井 武 4-7598-0903-1

全て表示

  • 大学院錯体化学 講談社サイエンティフィク 2000/02 原著書 共著 櫻井 武
  • Multicopper Oxidases World Scientific 1997/10 原著書 共著 Takeshi Sakurai and Shinnichiro Suziki

論文

  • Crystal structures of the CueO Mutants at Glu506, the Key Amino Acid Located in the Proton transfer Pathway for Dioxygen Reduction 小森博文 ほか4名 Biochemical and Biophyscical Research Communications 438巻 686-690頁 2013/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • New Insight into the Catalytic Active-site Structure of Multicopper Oxidase 小森博文 他5名 Acta Crystallography, Sec D D70巻 772-779頁 2014/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Study on Dioxygen Reduction by Mutational Modifications of the Hydrogen Bond Network Leading from Bulk Water to the Trinuclear Copper Center in Bilirubin Oxidase 森下浩稔他3名 Biochemical and Biophyscical Research Communications 450巻 767-772頁 2014/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Role of the Hydrogen Bond Connecting the Ligands for Substrate and Type I Copper in the Cuprous Oxidase, CueO 片岡邦重、櫻井武 Chem. Lett. 42巻 9号 1102-1104頁 2013/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Electrochemical characterization of a unique, "neutral" laccase from Fammulina velutipes  Kaori Saito ほか6名 Journal of Bioscience and Bioengeering 115巻 2号 159-167頁 2013/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Modifications of laccase activities of a copper efflux oxidase, CueO by synergistic mutations in the first and second coordination spheres of the type I copper center Kunishige Kataoka, Hiroki Kogi, Seiya Tsujimura, Takeshi Sakurai Biochemical and Biophysical Research Communications 431巻 3号 393-397頁 2013/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modifications on the hydrogen bond network by mutations of Escherichia coli copper efflux oxidase affect the process of proton transfer to dioxygen leading to alterations of enzymatic activities Takao Kajikawa, Kunishige Kataoka, Takeshi Sakurai Biochemical and Biophysical Research Communications 422巻 1号 152-156頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An O-Centered Structure of the Trinuclear Copper Center in the Cys500Ser/Glu506Gln Mutant of CueO and Structural Changes in Low to High X-Ray Dose Conditions H. Komori, R. Sugiyama, K. Kataoka, Y. Higuchi, Takeshi Sakurai Angewandte Chemie International Edition 51巻 8号 1961-1864頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A mononuclear peracetatoiron(III) complex: Structural and spectroscopic characterization, and oxidation reactivity Xi Zhang 他6名 Chemistry Letters 40巻 5号 515-517頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhancement of laccase activity through the construction and breakdown of a hydrogen bond at the type I copper center in Escherichia coli CueO and the deletion mutant Da5-7CueO K. Kataoka, T. Sakurai他5名 Biochemistry 50巻 558-565頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and preliminary X-ray studies of ferredoxin-NADP+ oxidoreductase encoded by Bacillus subtilis yumC Hirofumo Komori, Saisuke Seo, Takeshi Sakurai, Yoshiki Higuchi Acta Crystallographica Sec F 66巻 3号 301-303頁 2010/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Asymmetric dimeric structure of ferredoxin-NAD(P)+ oxidoreductase from the green sulfur bacterium Chlorobacterium tedium: Implications for binding ferredoxin and NADP+ Norifumi Muraki 他4名 Journal of Molecular Biology 401巻 3号 403-414頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crystal Structure analysis of Bascillus subtilis ferredoxin-NADP+ oxidoreductase and the structural basis for its substrate selectivity Hirofumi Komori, Daiske Seo, Takeshi Sakurai, Yoshiki Higuchi protein science 19巻 12号 2279-2290頁 2010/12 原著論文
  • ATR-FTIR study of the protonation states of the Glu residue in the multicopper oxidases, CueO and bilirubin oxidase K. Iwaki, T, Sakurai 他4名 FEBS Letters 584巻 4027-4031頁 2010/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modification of Spectroscopic Properties and Catalytic Activity of Escherichia coli CueO by Mutations of Methionine 510, the Axial Ligand to the Type I Cu Bull. Chem. Soc. Jpn. 82巻 4号 504-508頁 2009/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Four-electron reduction of dioxygen by multicoppe oxidase, CueO, and roles of Asp112 and Glu506 located adjacent to the trinucelar copper center K. Kaktaoka,T. T. Sakurai 他7名 Journal of Biological Chemistry 284巻 21号 14405-14413頁 2009/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Studies of Interaction of Homo-Dimeric Ferredoxin-NAD(P)+ Oxidoreductases of Bacillus subtiis and Rhodopseudomonas palustris, That Are Closely Related to Thioredoxin Reductase in Amino Acid Sequence, with Ferredoxins and Pyridine Nucleotide Coenzymes Biochmica et Biophysica Acta- Proteins and Proteomics 1794巻 3号 594-601頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct Electrochemistry of CueO and Its Mutants at Residues to and near Type I Cu for Oxygen-Reducing Biocathode M. Miura, T. Sakurai 他5名 Fuel Cells 9巻 1号 70-78頁 2009/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and preliminary X-ray studies of ferredoxin-NAD(P)+ reductase from Chlorobium tepidum Acta crystallographica Sec F 64巻 186-189頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Compensatory binding of an asparagine residue to the coordination-unsaturated type I Cu center in bilirubin oxidase mutants BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 371巻 3号 416-419頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and function of type I copper in multicopper oxidases T. Sakurai, K. Kataoka Cell. Mol. Life Sci. 64巻 2642-2656頁 2007/10 査読有
  • Basic and Applied Features of Multicopper Oxidases, CueO, Bilirubin Oxidase, and Laccase Chem. Rec. 7巻 4号 220-229頁 2007/09
  • Structure and Function of the Engineered Multicopper Oxidase CueO from Escherichia coli - Deletion of the Methionine-Rich Helical Region Covering the Substrate-Binding Site Journal of Molecular Biology 373巻 2号 141-152頁 2007/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Type III Cu Mutants of Myrothecium verrucaria Bilirubin Oxidase Shimuzu Atsushim Takeshi Sakurai 他4名 JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 133巻 6号 767-772頁 2003/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Authetic and Recombinant Bilirubn Oxidases Are in Different Resting Forms Takeshi Sakurai 他5名 BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 67巻 5号 1157-1159頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary Structure of a Japanese Lacquer Tree Kazutomo Nitta, Takeshi Sakurai 他1名 JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY 91巻 2号 125-131頁 2002/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Reversible Change in the Redox Sate of Type I Cu in Myrothecium verrucaria Bilirubin Oxidase Depending on pH Giorgio Zoppellaro, Takeshi Sakurai他2名 Biosci. Biotichnol. Biochem. 68巻 9号 1998-2000頁 2004/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Point Mutations at the Type I Cu Ligands, Cys457 and Met467, and at the Putative Proton Donor, Asp105, in Myrothecium verricaria Bilirubin Oxidase and Reactions with Dioxygen Kunishige Kataoka, Takeshi Sakurai 他4名 Biochemistry 44巻 18号 7004-7012頁 2005/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-level Expression of Myrothecium verrucaria bilirubin oxidase in Pichia pastoris, and its Facile Purification and Characterization Kataoka Kunishige, Takeshi Sakurai 他2名 PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION 41巻 1号 77-83頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diverse NO Reduction by Halomonas halodenitrificans NitricOxide Reductase Takeshi Sakurai他4名 Biochemical and Biophysical Research Communications 333巻 3号 483-487頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Alkaline Transition of Blue Copper Proteins, Cucumis sativus Plastocyanin and Pseudomonas aeruginosa Azurin FEBS LETTERS 580巻 7号 1729-1732頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mutations at Asp112 Adjacent to the Trinuclear Cu Center in CeuO as the Proton Donor in the Four-electron Reduction of Dioxygen 580巻 10号 4069-4072頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enzymaric and Spectroscopic Studies on the Activation or Inhibition effects by Substituted Phenolic Compounds in the Oxidation of Arylamines and Catechols Catalyzed by Rhus vernicifera Laccase JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY 100巻 7号 2127-2139頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bioelectrocatalytic Reduction of O2 Catalyzed by CueO from Escherichia coli Addsorbed on a Highly Oriented Pyrolytic Graphite Electrode CHEMISTRY LETTERS 36巻 1号 132-133頁 2007/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Promotion of Laccase Activities of Escherichia coli Cuprous Oxidase, CueO by Deleting the Segment Covering the Substrate Binding Site CHEMISTRY LETTERS 30巻 2号 232-233頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Probimg Electron Transfer Reactios between Two Azurins from Alcaligenes xylosoxidans GIFU 1051 with Optically Active Ru Complexes as Molecular Recognition Probes: Importance of the 43th Residue 360巻 8号 1555-1567頁 2007/08 査読有 原著論文
  • Effects of Axial Ligand Mutation of t he Type I Copper Site in Bilirubin Oxidase on Direct Electron-Transfer Type Bioelectrocatalytic Reduction of Dioxygen 601巻 2号 119-124頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Perturbations at the High Spin Heme b Center in the Membrane-Bound Nitric Oxide Reductase Shinji Kurose, Nobuhiko Sakurai and Takeshi Sakurai Journal of Inorganic Biochemistry 83巻 4号 281-286頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tandem and Single Genes of Three membrane-Bound Nitrate Reductase Transporeters in the nar Gene Cluster of the Moderatory Halophilic Denitrifier, Halomonas halodenitrificns 17巻 5号 363-369頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Orbital Analysis of Active Site of Oxidized Azurin: Dependency of Electronic Properties on Molecular Structure 24巻 9号 2665-2670頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Solvent Effects on elerctronic Structure of Active Site of Azurin by Polymerizable Continum Model 24巻 9号 2671-2675頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purification and Characterization of an Aldehyde Oxidase from Pseudomonas sp. KY 4690 229巻 1号 31-36頁 2003/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purificatin, Characterization, and Genetic Analysis of Cu-Containing Dissimilatory Nitrite reductase from a Denitrifying Halophilic Arcaeon,Haloarcula marismortui Hirotaka Ichiki, Takeshi Sakurai, Taketomo Fujiwara 他3名 Journal of Bacteriology 183巻 14号 4149-4156頁 2001/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Mixed Valence Form of Rhus vernicifera Laccase and Its Reaction with Dioxygen to Give a Peroxide Intermedaite Bound to the Trinuclear Center Giorgio Zoppellaro, Takeshi Sakurai and Hong-wei Huang Journal of Biochemistry 129巻 6号 949-953頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization and Potential Application of Purified Aldehyde Oxidase from Pseudomonas stutzeri IFO12695 68巻 1号 53-56頁 2005/07
  • Purification and Characterization of Dissimilatory Nitrate reductase from a Denitrifying Halophilic Archaeon, Haloarcula marismortui Katshuhiko Yoshimatsu, Takeshi Sakuai and Taketomo Fujiwara FEBS Letters 470巻 3号 216-220頁 2000/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genomic Studies of Lacquer Tree Laccase and Bulirubin Oxidase and Oxygen Reduction Takeshi Sakurai Journal of Inorganic Biochemistry 86巻 1号 95頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Kinetics and Mechanism of Photoinduced Electron-transfer reaction between Cytochrome c and Zinc Myuglobin Modified with Diethylenetriaminepentaacetic Acid Keiichi Tsukahara, Takeshi Sakurai 他5名 Inorgaic Reaction Mechanisms 2巻 1-2号 49-56頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Trinuclear Mized-valent Cu(II)Cu(I)Cu(I) Cluster Supported by the Tripod Ligand 2-Quinolyl-2,2'-dipyrrolylmethane Jun-ichiro Setsune, Tatsuo Yokoyama, Setsuo Muraoka, Hong-wei Huang and Takeshi Sakurai Angewandte Chemie Int. Ed. 39巻 6号 1115-1117頁 2000/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Four-Electron Reduction of Dioxygen by Rhus Vernicifera Laccase 0/3 Journal of Inorganic Biochemistry 74巻 1-4号 169頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Kinetic Studies on the Reaction of the Fully reduced Laccase with Dioxygen 3/3 Inorgaic Reaction Mechanisms 2巻 1-2号 79-84頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stereoselective Electron-transfer Reactions of the Optically Active Ruthenium(III) Complexes with Hydrophobic Side-Chains aith Azurin(I) from Alcaligenes xylosoxidans GIFU 1051 Hideyuki Kumita, Nobuo Asa, Takeshi Sakurai 他4名 Inorganic Chemistry Communications 3巻 1号 185-187頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • EPR and Magnetic Susceptibility Studies of the trinuclear Copper Center in Native and Azide-Reacted Zucchini Ascorbate Oxidase Hong-wei Huang, Takeshi Sakurai 他3名 Journal ofInorganic Chiochemistry 75巻 1号 19-25頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroscopic Distinction between Two Co(II) Ions Substituted for Types1 and 2 Cu in Nitrite reductase Shinniciro Suzuki, Deligeer, Kazuya Yamaguchi, Kunishige Kataoka, Sohsuke Shidara, Hidekazu Iwasaki and Takeshi Sakurai Inorganica Chimica Acta 275-276巻 1号 289-294頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Four Iron Centers in Paracoccus helodenitrificans Nitric Oxide reductase and the Putative Proton-Transfer Pathway in Connection with Proton transfers in Heme-Cu Oxidases Takeshi Sakurai and Nobuhiko Sakurai Journal of Inorganic Biochemistry 74巻 1-4号 285頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Spectroscopic and Kinetic Studies on the Oxygen-Centered Radical Formed during the Four-Electron Reduction Process ofDioxygen by Rhus vernicifera Laccase Hong-wei Huang, Giorgio Zoppellaro and Takeshi Sakurai The Journal of Biological Chemistry 274巻 46号 32718-32724頁 1999/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Site-Directed Mutagenesis of a Possible Type I Copper Ligands of Bilirubin Oxidase; a Met456Gln Mutant Shows Stellacyanin-Like Properties Atsushi Shimizu, Takeshi Sakurai 他7名 Journal of Biochemistry 125巻 4号 662-668頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Myrothecium verrucaria Bilirubin Oxidase and its Mutants for Potential Copper Ligands Atsushi Shimizu, Takeshi Sakurai 他6名 Biochemistry 38巻 10号 3034-3042頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation and Characterization of Vanadium Bromoperoxidase from a Marine Macroalga, Ecklonia stolonifera Isao Hara and Takeshi Sakurai Journal ofInorganic Chiochemistry 72巻 1号 23-28頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Observation of Cu-N3- Stretching and N3- Asymmetric Stretching Bands for mono-Azide Adduct of Rhus vernicifera Laccase Shun Hirota, Hiroki Matsumoto, Hong-wei Huang, Takeshi Sakurai, Teizo Kitagawa and Osamu Yamauchi Biochemical and Biophysical research Communications 243巻 4号 435-437頁 1998/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genomic DNA Cloning of the Regiion Encoding Nitric Oxide Reductase in Paracoccus halodenitrificans and a Structure Model relevant to Cytochrome Oxidase Nobuhiko Sakurai and Takeshi Sakurai Biochemical and Biophysical research Communications 243巻 3号 400-406頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic Studies of the trinuclear Center in Laccase and Ascorbate Oxidase Approached by EPR Spectroscopy and Magnetic Susceptibility Measurements Hong-wei Huang, Takeshi Sakurai, Mideaki Monjushiro and Sadamu Takeda Biochimica et Biophysica Acta 1384巻 2号 160-170頁 1998/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spectral Properties of Cytochrome c553 and a Membrane-Boundcytochrome b from Alcaligenes xylosoxidans GIFU 1051 Nobihiko Sakurai, Hedeyuki Kumita, Takeshi Sakurai and Hideki Masuda Bulletin of the Chemical Socirty of Japan 71巻 1号 135-140頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Roles of Four Iron Centers in Paracoccus halodenitrificans Nitric Oxide reductase Takeshi Sakurai, Nobuhiko Sakurai, Hiroki Matsumoto, Shun Hirota and Osamu Yamauchi Biochemical and Biophysical research Communications 251巻 3号 248-251頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intracomplex Quenching by Copper(II) Ion of Excited Singlet and Triplet States of Zinc Myoglobin Modified with Diethylenetriaminepentaacetic Acid Keiichi Tsukahara, Chieko Kimura and Takeshi Sakurai Chemistry Letters 1997巻 5号 601-602頁 1997/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation and Characterization of Nitric Oxide Reductase from Paracoccus halodenitrificans Nobuhiko Sakurai and Takeshi Sakurai Biochemistry 36巻 45号 13809-13815頁 1997/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isoaltion and Characterzation of Nitric Oxide (NO) Reductase from a Denitrifying Bacterium, Paracoccus halodenitrificans Nobihuko Sakurai and Takeshi Sakurai Journal of Inorganic Biochemistry 67巻 1-4号 105頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Mutation of Bilirubin Oxidase by Protein Engineering for Elucidating Electron Pathway Atshushi Shimizu, Takesgi Sakurai 他2名 Journal of Inorganic Biochemistry 67巻 1-4号 56頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Preparation and Characterization of Myuglobin Modified with Diethylenetriaminepentaacetatocobaltate(III) Keiichi Tsukahara, Miho Matsui and Takeshi Sakurai Journal of Inorganic Biochemistry 67巻 1-4号 409頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • SQUID and EPR of the Trinuclear Center in Laccase ans Ascorbate Oxidse Takeshi Sakurai, Hong-wei Huang,Hideak Monjushuro and Sadamu Takeda Journal of Inorganic Biochemistry 67巻 1-4号 57頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Intramolecular Electron-Transfer Reaction within a Diprotein Complex of Cytochrome cwith Ferrylmyoglobin Modified with Diethylenetriaminepentaacetic Acid Keiichi Tsukahara,Takeshi Sakurai 他4名 Journal of Inorganic Biochemistry 5巻 6号 765-773頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 第85回日本生化学会大会 12月14-16日(博多) 1. 膜結合型NO還元酵素に由来するC型ヘム中心の機能改変によるペルオキシダーゼ活性の発現 ○片岡邦重, 吉田大輝, 坪井公宏, 五島雄太, 櫻井武 2. ヘアカラー触媒への応用を指向したビリルビンオキシダーゼの表面電荷改変 ○押川直美, 片岡邦重, 辻野義雄, 櫻井武 3. Clostridium属細菌ゲノムに見出された新規2ドメインラッカーゼの異種発現 ○原唯歩, 木村祐二, 谷村孝将, 片岡邦重, 櫻井武 4. 枯草菌ferredoxin-NADP+酸化還元酵素のイソアロキサジン環si面にスタックしたTyr50への変異導入 ○瀬尾悌介, 内藤洋, 西村恵里夏, 櫻井武 平成24年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 11月17日(福井大) 1. 中度好塩菌Halomonashalodenitrificansの脱窒系への電子ドナーとしてのシトクロムcの単離と性質 ○高橋祐樹, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 2. 銅のホメオスタシスに関与するCueOの酸素4電子還元機構の解明 ○山本萌, 片岡邦重, 櫻井武 3. 一酸化窒素還元酵素のNorCサブユニットの機能変換 ○五島雄太, 吉田大輝, 坪井公宏, 片岡邦重, 櫻井武 平成24年度日本結晶学会年会 10月25-26日(東北大) 1. X線照射によるマルチ銅活性中心の構造変化 ○小森博文, 片岡邦重, 櫻井武, 宮崎健太郎, 樋口芳樹 第50回生物物理学会年会 9月22-24日(名古屋大) 1. Role of the Tyr residue stacked on the si-face of the isoalloxazine ring moiety in ferredoxin-NADP+ oxidoreductase from Bacillus subtilis ○瀬尾悌介, 内藤洋, 西村恵里夏, 櫻井武 錯体化学会第62回討論会 9月21-23日(富山大) 1. 膜結合型NO還元酵素に由来する電子受容C型ヘム中心のペルオキシダーゼ活性制御 ○吉田大輝, 坪井公宏, 五島雄太, 片岡邦重, 櫻井武 2, Modifications of Hydrogen Bond Network by Mutations of CueO Affect the Process of Proton Transfer to Dioxygen Leading to Alterations of Enzymatic Activities 梶川敬雄, 片岡邦重, ○櫻井武 2012年度 酵素補酵素研究会 7月27-28日(名古屋大) 1. マルチ銅酸化酵素CueOにおける酸素還元反応中心へのプロトン輸送 ○片岡邦重, 梶川敬雄, 櫻井武 第19回 光合成の色素系と反応中心に関するセミナー 6月30-7月1日(大阪大) 1. 枯草菌ferredoxin-NADP+酸化還元酵素 FADのsi 面にスタックしたTyr残基の機能 ○瀬尾悌介, 内藤洋, 西村恵里夏, 櫻井武 第22回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2012) 5月31-6月1日(金沢大) 1. Heterologous expression and characterization of a multicopper oxidase from a thermophilic bacterium Geobacillus kaustophilus ○中佐英利加, 瀬尾悌介, 櫻井武 The 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering May 28-31 (Kanazawa) 1. Enhancement in Enzymatic Activities for the Copper Efflux Oxidase, CueO by Tuning the Redox Potential of Type I Cu ○K. Kataoka, H. Kogi, Y. Maeda, and T. Sakurai 2. Modifications in the Affinity of CueO to Keratin Fiber by the Introduction of Positive Charges on the Protein Surface ○Y. Hara, G. Miura, K. Kataoka, Y. Tsujino, and T. Sakurai 3. Hair-Coloring Catalyzed by Bilirubin Oxidase with Altered Surface Charge ○N. Oshikawa, K. Kataoka, Y. Tsujino, and T. Sakurai(2012)
  • 平成23年度日本化学会近畿支部会北陸地区研究発表会 11月18日(金沢大) 1. マルチ銅オキシダーゼCueOにおけるプロトン輸送と酸素の4電子還元 ○梶川敬雄, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼのタイプ I 銅への配位可能圏に存在するAsn459への変異導入 ○栗田大輔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. マルチ銅オキシダーゼCueOのType I Cu軸配位子と第二配位圏への変異導入の相乗効果 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 4. 脱窒菌Halomonas halodenitrificansのNOレダクターゼ遺伝子破壊 ○坪井公宏, 片岡邦重, 下平隆樹, 北村愛, 岩本美絵, 櫻井宣彦, 櫻井武 5. 枯草菌由来マルチ銅オキシダーゼCotAのtypeI 銅配位子への水素結合の導入 ○舟橋卓志, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 6. 昆虫培養細胞を用いた昆虫ラッカーゼの発現系構築 ○朝本康太, 片岡邦重, 櫻井武 7. ビリルビンオキシダーゼの酸素還元中心を構成するタイプⅢ銅配位残基への変異導入 ○越智理行, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 8. E506A変異型CueOの酵素活性に対するカルボン酸塩の添加効果 ○田中咲子, 梶川敬雄, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 9. 表面にヒスチジン集積部位を有する好熱性グラム陽性細菌由来マルチ銅オキシダーゼの異種発現と諸性質 ○中佐英利加, 瀬尾悌介, 櫻井武 10. 枯草菌由来マルチ銅オキシダーゼCotAのtype I 銅近傍ループへの変異導入による基質特異性の改変 ○柚原一輝, 安倍康太郎, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 11. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素のFAD にスタックした芳香族アミノ酸の機能 ○内藤洋, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 第84回日本生化学会大会 9月21-24日(京都) 1. Type I銅部位の電位制御によるマルチ銅オキシダーゼCueOの反応特性改変 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼのType I銅近傍に存在するAsn459への変異導入 ○栗田大輔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. 好熱性細菌Geobacillus kaustophilus由来マルチ銅オキシダーゼの異種発現と諸性質 ○中佐英利加, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. 枯草菌Bacillus subtilis由来ferredoxin-NADPH酸化還元酵素のC末端へリックス構造の機能解析 ○瀬尾悌介, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 5. マルチ銅オキシダーゼCueOの酸素の4電子還元における水素結合ネットワークによるプロトンリレー ○梶川敬雄, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 6. マルチ銅酸化酵素のX線結晶構造解析 ○小森博文, 片岡邦重, 櫻井武, 宮崎健太郎, 樋口芳樹 錯体化学会第61回討論会 9月17-19日(岡山理科大) 1. High-Resolution X-ray Crystal Structure Analysis of a Multicopper Oxidase, CueO and Structure Change in the Trinuclear Copper Center by Hydrated Electron H. Komori, K. Kataoka, Y. Higuchi, ○T. Sakurai 2. マルチ銅オキシダーゼCueOのタイプI銅第二配位圏への変異導入による酸化還元電位の制御と酵素活性 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 第2回光合成学会大会 6月3-4日(京大) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH oxidoreductaseのC末端へリックスの機能 ○瀬尾悌介, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 第21回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2011) 5月30-31日(千葉大) 1. マルチ銅オキシダーゼによる酸素の4電子還元における水素結合ネットワークと酸性アミノ酸残基の役割 梶川敬雄, 栗田大輔, 森下浩稔, 田中咲子, 片岡邦重, ○櫻井武 日本生化学会北陸支部第29回大会 5月28日(金沢大) 1. Glu463Gln及びGlu463Ala変異型ビリルビンオキシダーゼの酵素活性とカルボン酸塩添加効果 ○栗田大輔, 森下浩稔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. マルチ銅オキシダーゼCueOの触媒残基Glu506のAla置換と反応 ○梶川敬雄, 田中咲子, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 日本農芸化学会2011年度大会 3月25-28日(京都女子大)(大会中止,発表成立) 1. マルチ銅酸化酵素CueOの酸素還元中心に隣接するGlu506の触媒機能 ○片岡邦重, 梶川敬雄, 杉山良輔, 櫻井武(2011)
  • The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) Dec. 15-20 (Honolulu, U.S.A.) 1. Diverse Structure and Property of the Trinuclear Copper Center in CueO and Mutants ○T. Sakurai, K. Kataoka, H. Komori, Y. Higuchi, R. Sugiyama, H. Morishita, T. Kajikawa 2. Enhancements in Activities and Alterations in Specificity of Cuprous Oxidase, CueO to Organic Substrates by Forming or Breaking Down Hydrogen Bonds between Ligand Groups and the Type I Copper Center ○K. Kataoka, H. Kogi, D. Kurita, Y. Maeda, N. Shinohara, T. Sakurai 第83回日本生化学会大会(BMB2010) 12月7-10日(神戸) 1. ウルシラッカーゼの異種発現系の構築 ○木村祐二, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼの活性部位近傍に配置された非配位性アミノ酸の役割 ○森下浩稔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. 基質結合部位への酸性残基導入によるビリルビンオキシダーゼの反応制御 ○栗田大輔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 4. マルチ銅オキシダーゼCueOの酸素分子還元における非配位性アミノ酸残基Glu506の役割 ○梶川敬雄, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 5. 緑色硫黄細菌Chlorobaculum tepidum由来ホモダイマー型Ferredoxin-NAD(P)+還元酵素の結晶構造 ○瀬尾悌介, 村木則文, 志波智夫, 櫻井武, 栗栖源嗣 平成22年度日本化学会近畿支部会北陸地区研究発表会 11月19日(富山大) 1. Ser231Asp変異型ビリルビンオキシダーゼのフェノール酸化活性 ○栗田大輔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. 水素結合系の改変によるマルチ銅オキシダーゼCueOの活性制御 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. タンパク質電子ドナーを用いた一酸化窒素還元酵素の活性測定 ○正田宗大, 早川慎二, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 15th International Congress on Photosynthesis (PS2010) Aug. 22-27(Beijing, China) 1. Crystal Structure of Ferredoxin-NAD(P)+ Reductase from the Green Sulfur Bacterium Chlorobaculum tepidum; ○D. Seo, N. Muraki, T. Shiba, T. Sakurai, G. Kurisu International Symposium on Biodiversity Sciences 2010 Jul. 31‐Aug. 3(Nagoya) 1. Phylogenetic and Functional Diversity of Ferredoxins and Ferredoxin-Related Enzymes: Insight into the Origins and Evolutions of Photosynthetic Organisms; ○D. Seo, N. Muraki, G. Kurisu, H. Sakurai, T. Sakurai 第20回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2010) 6月25-26日(徳島文理大) 1. マルチ銅オキシダーゼのタイプI銅部位におけるNH-S水素結合の役割 小木裕貴, 栗田大輔, 前田康雄, 伊藤喬洋, 片岡邦重, ○櫻井武 日本生化学会北陸支部第28回大会 5月29日(福井大) 1. タイプI銅配位残基へのNH-S水素結合形成による一価銅オキシダーゼCueOの活性制御 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 日本農芸化学会2010年度大会 3月27-30日(東大駒場) 1. 水素結合によるマルチ銅酸化酵素CueOのレドックス制御 ○片岡邦重, 前田康雄, 小木裕貴, 篠原尚也, 関本まどか, 櫻井武 日本化学会第90春期年会 3月26-29日(近畿大) 1. 変異導入によるマルチ銅オキシダーゼの触媒機能の改変と創製 ○櫻井武, 片岡邦重 2. 枯草菌Bacillus subtilis胞子由来マルチ銅オキシダーゼの高収量を目指した発現系の構築と変異導入による高活性化の試み ○瀬尾悌介, 安部康太郎, 片岡邦重, 櫻井武(会議名:2010)
  • 平成21年度日本化学会近畿支部会北陸地区研究発表会 11月28日(北陸先端大) 1. 枯草菌マルチ銅オキシダーゼCotAの高発現条件と変異導入による活性向上 ○安部康太郎, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 2. ウルシラッカーゼの異種発現系の構築 ○木村祐二, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. 脱窒菌一酸化窒素還元酵素の複核中心近傍に存在する酸性アミノ酸残基の機能解析 ○正田宗大, 堀内始, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. ビリルビンオキシダーゼの三核銅部位に存在するGlu463の酸素還元過程における役割 ○森下浩稔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 5. ビリルビンオキシダーゼのタイプI銅酸化還元電位および酵素活性における水素結合の役割 ○栗田大輔, 伊藤喬洋, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 6. 一価銅オキシダーゼCueOの水素結合による酵素活性制御 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 7. 脱窒菌の可溶性cyt cの精製と電子受容タンパク質との反応 ○早川慎二, 正田宗大, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 第15回錯体化学若手の会 中部・東海地区勉強会 11月21日(名古屋工大) 1. タンパク質工学によるマルチ銅含有酸化還元酵素の反応特性変換 ○片岡邦重 第82回日本生化学会大会 10月21-24日(神戸) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素における基質阻害反応機構 ○瀬尾悌介, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 2. マルチ銅酸化酵素の触媒機能改変 ○森口祐衣, 片岡邦重, 櫻井武 優秀プレゼンテーション賞受賞 3. 一価銅オキシダーゼCueOにおけるType I銅配位残基Cys500への水素結合の役割 ○木村祐二, 前田康雄, 小木裕貴, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. ビリルビンオキシダーゼおよびCueOの三核銅部位近傍に保存されたグルタミン酸残基への変異導入 ○森下浩稔, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 5. 変異導入と電子供与体との反応によるHalomonas halodenitirificans一酸化窒素還元酵素の機能解明 ○正田宗大, 近藤修史, 堀内始, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井宣彦, 櫻井武 第59回錯体化学討論会 9月25-27日(長崎大) 1. マルチ銅オキシダーゼのタイプI銅に配位したシステインS原子へのNH-S水素結合と酵素機能 ○片岡邦重, 前田康雄, 小木裕貴, 伊藤喬洋, 栗田大輔, 櫻井 武 2. マルチ銅オキシダーゼの三核銅部位に水素結合した酸性アミノ酸の酸素還元過程における役割 ○杉山良輔, 小森博文, 森下浩稔, 永尾俊博, 樋口芳樹, 片岡邦重, 櫻井武 3. 酸素還元反応中心への変異導入によるマルチ銅酸化酵素の反応特性変換 ○森口祐衣, 片岡邦重, 櫻井武 14th International Conference on Bioinorganic Chemistry (ICBIC14) Jul. 25-30 (Nagoya) 1. Four-Electron Reduction of Dioxygen by a Multicopper Oxidase, CueO, and Roles of Asp112 and Glu506 Located Adjacent to the Trinuclear Copper Center ○T. Sakurai, K. Kataoka, R. Sugiyama, S. Hirota, M. Inoue, K. Urata, Y. Minagawa, D. Seo 2. Modifications in the Redox Potential of the Type I Cu Center of CueO by the Mutations on the Coordinating and Non-Coordinating Amino Acids ○K. Kataoka, Y. Maeda, S. Kurose, M. Sekimoto, N. Shinohara, M. Tsutsumi, Y. Miura, S. Tsujimura, K. Kano, T. Sakurai 光合成の色素系と反応中心に関するセミナーXVII 7月11-12日(京大) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素の立体構造 ○瀬尾悌介, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 第36回生体分子科学討論会 6月19-20日(北大) 1. マルチ銅酸化酵素のタイプⅠ銅酸化還元電位および酵素活性における水素結合の役割 ○片岡邦重, 前田康雄, 伊藤喬洋, 小木裕貴, 栗田大輔, 櫻井武 第19回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2009) 6月11-12日(阪大) 1. 水素結合によるマルチ銅オキシダーゼCueOの酸化還元活性の制御 前田康雄, 関本まどか, 篠原尚也, 黒瀬伸治, 片岡邦重, 三浦侑子, 堤麻衣子, 辻村清也, 加納健司, ○櫻井武 日本化学会第89春期年会 3月27-30日(日大(船橋)) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素における基質阻害反応機構 ○瀬尾悌介, 岡部誠介, P. Stetif, 片岡邦重, 櫻井武 日本農芸化学会2009年度大会 3月27-29日(福岡) 1. Halomonas halodenitrificansの一酸化窒素還元酵素欠損株の作製と性質 ○北村愛, 片岡邦重, 下平隆樹, 岩本美絵, 櫻井宣彦, 櫻井武(2009)
  • 第81回日本生化学会大会(BMB2008) 12月9-12日(神戸) 1. タイプI銅軸配位子への変異導入によるビリルビンオキシダーゼの改変 ○伊藤喬洋, 塚本桂史, 北川理映子, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. 大腸菌を宿主とするウルシラッカーゼの異種発現 ○前田康雄, 鈴木健太, 新田一朋, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 3. 枯草菌由来の組換え型マルチ銅オキシダーゼCotAの性質 ○安部康太郎, 多田直子, 足立保典, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. 銅排出系酵素CueOによる酸素の4電子還元過程の解明 ○杉山良輔, 浦田香苗, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 5. Cu(I)オキシダーゼCueOの三核銅部位への変異導入 ○森口祐衣, 片岡邦重, 櫻井武 日本中性子科学会第8回年会(JSNS2008) 12月1-2日(名古屋大) 1. CueO Δα5-7 変異体の結晶成長 ○友寄克亮, 新村信雄, 櫻井武, 片岡邦重, 黒瀬伸治, 樋口芳樹, 小森博文, 梶野勉 214th The Electrochemical Society (ECS) Meeting Oct. 12-17 (Honolulu, U.S.A.) 1. Bioelectrocatalytic Reduction of O2 Catalyzed by Multi-Copper Oxidase CueO and Its Mutants ○S. Tsujimura, Y. Miura, Y. Kamitaka, S. Kurose, K. Kataoka, T. Sakurai, and K. Kano 第58回錯体化学討論会 9月20-22日(金沢大) 1. 枯草菌型FNRにおける基質阻害作用の反応速度論解析 ○瀬尾悌介, 岡部誠介, 片岡邦重, 櫻井武 2. 銅排出系酵素CueOによる酸素の4電子還元における2種の中間体捕捉 ○杉山良輔, 浦田香苗, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. CueOのタイプI銅軸配位子への変異導入による電気化学的特性の改変 黒瀬伸治, 三浦侑子, ○片岡邦重, 辻村清也, 加納健司, 櫻井武 4. ビリルビンオキシダーゼのタイプI銅軸配位子への変異導入 ○伊藤喬洋, 塚本桂史, 北川理映子, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 5. 基質からタイプI銅への電子伝達系を構成する水素結合遮断によるCueOの酵素機能改変 ○篠原尚也, 関本まどか, 片岡邦重, 辻村清也, 加納健司, 櫻井武 6. 耐熱性マルチ銅オキシダーゼCotAの異種発現と組換え体の性質 ○安部康太郎, 多田直子, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 7. 銅型亜硝酸還元酵素への機能改変を目的としたマルチ銅オキシダーゼへの変異導入 ○森口祐衣, 片岡邦重, 櫻井武 8. E190A変異型一酸化窒素還元酵素の分光学的性質 ○正田宗大, 近藤修史, 堀内始, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井宣彦, 櫻井武 21th Congress of the International Union of Crystallography Aug. 23-31 (Osaka) 1. Crystal Growth of Multicopper Oxidase CueO Δα5-7 Mutant ○K. Tomoyori, N. Niimura, T. Sakurai, K. Kataoka, S. Kurose, Y. Higuchi, H. Komori, and T. Kajino 第35回生体分子科学討論会 6月25-27日(兵庫県立大) 1. 枯草菌型ferredoxin-NADPH oxidoreductaseのFd還元反応機構の解析 ○瀬尾悌介, Pierre Setif, 片岡邦重, 櫻井武 第16回光合成の色素系と反応中心に関するセミナー 6月14-15日(京大) 1. 枯草菌型FNRのFd還元反応速度解析 ○瀬尾悌介, Pierre Setif, 櫻井武 第18回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2008) 6月5-6日(名古屋市立大) 1. Cu(I)オキシダーゼCueOによる酸素4電子還元 杉山良輔, 浦田香苗, 井上めぐみ, 片岡邦重, ○櫻井武 第8回日本光合成研究会公開シンポジウム 5月30-31日(名古屋大) 1. 枯草菌型Ferredoxin-NADPH 酸化還元酵素のFd還元反応機構の解析 ○瀬尾悌介, Pierre Setif, 片岡邦重, 櫻井武 213th The Electrochemical Society (ECS) Meeting May 18-23 (Phoenix, U.S.A.) 1. Bioelectrocatalytic Reduction of O2 Catalyzed by Multi-Copper Oxidase CueO from Escherichia coli ○S. Tsujimura, Y. Miura, Y. Kamitaka, S. Kurose, K. Kataoka, T. Sakurai, and K. Kano 日本農芸化学会2008年度大会 3月25-29日(名城大) 1. 三配位型タイプI銅部位を持つビリルビン酸化酵素の作製 ○片岡邦重, 塚本桂史, 北川理映子, 櫻井武(2008)

全て表示

  • 2013年度 酵素補酵素研究会 6月21-22日(立命館大) 1. マルチ銅酸化酵素CueOにおける酸素還元反応中心へのプロトン輸送経路 ○片岡邦重, 梶川敬雄, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 第23回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2013) 6月21-6月22日(武蔵野大) 1. Contribution from a tryptophan residue stacked on the histidine ligand to a type III copper in multicopper oxidases on the four-electron reduction process of dioxygen ○山本萌, 築田有紀, 片岡邦重, 櫻井武 第40回生体分子科学討論会 6月7-8日(大阪大) 1. マルチ銅オキシダーゼCueOの三核銅部位近傍に配置された酸性アミノ酸残基の酸素4電子還元における役割 ○櫻井武, 小森博文, 梶川敬雄, 片岡邦重, 樋口芳樹 日本農芸化学会2013年度大会 3月24-27日(東北大) 1. マルチ銅オキシダーゼの分子表面電荷の改変によるケラチン繊維への親和性増大 ○押川直美, 原唯歩, 片岡邦重, 辻野義雄, 櫻井武 2. Clostridium属細菌に由来する新規金属オキシダーゼの異種発現と性質 ○原唯歩, 木村祐二, 谷村孝将, 片岡邦重, 櫻井武(2013)
  • 平成23年度日本化学会近畿支部会北陸地区研究発表会 11月18日(金沢大) 1. マルチ銅オキシダーゼCueOにおけるプロトン輸送と酸素の4電子還元 ○梶川敬雄, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼのタイプ I 銅への配位可能圏に存在するAsn459への変異導入 ○栗田大輔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. マルチ銅オキシダーゼCueOのType I Cu軸配位子と第二配位圏への変異導入の相乗効果 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 4. 脱窒菌Halomonas halodenitrificansのNOレダクターゼ遺伝子破壊 ○坪井公宏, 片岡邦重, 下平隆樹, 北村愛, 岩本美絵, 櫻井宣彦, 櫻井武 5. 枯草菌由来マルチ銅オキシダーゼCotAのtypeI 銅配位子への水素結合の導入 ○舟橋卓志, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 6. 昆虫培養細胞を用いた昆虫ラッカーゼの発現系構築 ○朝本康太, 片岡邦重, 櫻井武 7. ビリルビンオキシダーゼの酸素還元中心を構成するタイプⅢ銅配位残基への変異導入 ○越智理行, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 8. E506A変異型CueOの酵素活性に対するカルボン酸塩の添加効果 ○田中咲子, 梶川敬雄, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 9. 表面にヒスチジン集積部位を有する好熱性グラム陽性細菌由来マルチ銅オキシダーゼの異種発現と諸性質 ○中佐英利加, 瀬尾悌介, 櫻井武 10. 枯草菌由来マルチ銅オキシダーゼCotAのtype I 銅近傍ループへの変異導入による基質特異性の改変 ○柚原一輝, 安倍康太郎, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 11. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素のFAD にスタックした芳香族アミノ酸の機能 ○内藤洋, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 第84回日本生化学会大会 9月21-24日(京都) 1. Type I銅部位の電位制御によるマルチ銅オキシダーゼCueOの反応特性改変 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼのType I銅近傍に存在するAsn459への変異導入 ○栗田大輔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. 好熱性細菌Geobacillus kaustophilus由来マルチ銅オキシダーゼの異種発現と諸性質 ○中佐英利加, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. 枯草菌Bacillus subtilis由来ferredoxin-NADPH酸化還元酵素のC末端へリックス構造の機能解析 ○瀬尾悌介, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 5. マルチ銅オキシダーゼCueOの酸素の4電子還元における水素結合ネットワークによるプロトンリレー ○梶川敬雄, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 6. マルチ銅酸化酵素のX線結晶構造解析 ○小森博文, 片岡邦重, 櫻井武, 宮崎健太郎, 樋口芳樹 錯体化学会第61回討論会 9月17-19日(岡山理科大) 1. High-Resolution X-ray Crystal Structure Analysis of a Multicopper Oxidase, CueO and Structure Change in the Trinuclear Copper Center by Hydrated Electron H. Komori, K. Kataoka, Y. Higuchi, ○T. Sakurai 2. マルチ銅オキシダーゼCueOのタイプI銅第二配位圏への変異導入による酸化還元電位の制御と酵素活性 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 第2回光合成学会大会 6月3-4日(京大) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH oxidoreductaseのC末端へリックスの機能 ○瀬尾悌介, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 第21回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2011) 5月30-31日(千葉大) 1. マルチ銅オキシダーゼによる酸素の4電子還元における水素結合ネットワークと酸性アミノ酸残基の役割 梶川敬雄, 栗田大輔, 森下浩稔, 田中咲子, 片岡邦重, ○櫻井武 日本生化学会北陸支部第29回大会 5月28日(金沢大) 1. Glu463Gln及びGlu463Ala変異型ビリルビンオキシダーゼの酵素活性とカルボン酸塩添加効果 ○栗田大輔, 森下浩稔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. マルチ銅オキシダーゼCueOの触媒残基Glu506のAla置換と反応 ○梶川敬雄, 田中咲子, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 日本農芸化学会2011年度大会 3月25-28日(京都女子大)(大会中止,発表成立) 1. マルチ銅酸化酵素CueOの酸素還元中心に隣接するGlu506の触媒機能 ○片岡邦重, 梶川敬雄, 杉山良輔, 櫻井武(2011)
  • 第85回日本生化学会大会 12月14-16日(博多) 1. 膜結合型NO還元酵素に由来するC型ヘム中心の機能改変によるペルオキシダーゼ活性の発現 ○片岡邦重, 吉田大輝, 坪井公宏, 五島雄太, 櫻井武 2. ヘアカラー触媒への応用を指向したビリルビンオキシダーゼの表面電荷改変 ○押川直美, 片岡邦重, 辻野義雄, 櫻井武 3. Clostridium属細菌ゲノムに見出された新規2ドメインラッカーゼの異種発現 ○原唯歩, 木村祐二, 谷村孝将, 片岡邦重, 櫻井武 4. 枯草菌ferredoxin-NADP+酸化還元酵素のイソアロキサジン環si面にスタックしたTyr50への変異導入 ○瀬尾悌介, 内藤洋, 西村恵里夏, 櫻井武 平成24年度日本化学会近畿支部北陸地区研究発表会 11月17日(福井大) 1. 中度好塩菌Halomonashalodenitrificansの脱窒系への電子ドナーとしてのシトクロムcの単離と性質 ○高橋祐樹, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 2. 銅のホメオスタシスに関与するCueOの酸素4電子還元機構の解明 ○山本萌, 片岡邦重, 櫻井武 3. 一酸化窒素還元酵素のNorCサブユニットの機能変換 ○五島雄太, 吉田大輝, 坪井公宏, 片岡邦重, 櫻井武 平成24年度日本結晶学会年会 10月25-26日(東北大) 1. X線照射によるマルチ銅活性中心の構造変化 ○小森博文, 片岡邦重, 櫻井武, 宮崎健太郎, 樋口芳樹 第50回生物物理学会年会 9月22-24日(名古屋大) 1. Role of the Tyr residue stacked on the si-face of the isoalloxazine ring moiety in ferredoxin-NADP+ oxidoreductase from Bacillus subtilis ○瀬尾悌介, 内藤洋, 西村恵里夏, 櫻井武 錯体化学会第62回討論会 9月21-23日(富山大) 1. 膜結合型NO還元酵素に由来する電子受容C型ヘム中心のペルオキシダーゼ活性制御 ○吉田大輝, 坪井公宏, 五島雄太, 片岡邦重, 櫻井武 2, Modifications of Hydrogen Bond Network by Mutations of CueO Affect the Process of Proton Transfer to Dioxygen Leading to Alterations of Enzymatic Activities 梶川敬雄, 片岡邦重, ○櫻井武 2012年度 酵素補酵素研究会 7月27-28日(名古屋大) 1. マルチ銅酸化酵素CueOにおける酸素還元反応中心へのプロトン輸送 ○片岡邦重, 梶川敬雄, 櫻井武 第19回 光合成の色素系と反応中心に関するセミナー 6月30-7月1日(大阪大) 1. 枯草菌ferredoxin-NADP+酸化還元酵素 FADのsi 面にスタックしたTyr残基の機能 ○瀬尾悌介, 内藤洋, 西村恵里夏, 櫻井武 第22回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2012) 5月31-6月1日(金沢大) 1. Heterologous expression and characterization of a multicopper oxidase from a thermophilic bacterium Geobacillus kaustophilus ○中佐英利加, 瀬尾悌介, 櫻井武 The 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering May 28-31 (Kanazawa) 1. Enhancement in Enzymatic Activities for the Copper Efflux Oxidase, CueO by Tuning the Redox Potential of Type I Cu ○K. Kataoka, H. Kogi, Y. Maeda, and T. Sakurai 2. Modifications in the Affinity of CueO to Keratin Fiber by the Introduction of Positive Charges on the Protein Surface ○Y. Hara, G. Miura, K. Kataoka, Y. Tsujino, and T. Sakurai 3. Hair-Coloring Catalyzed by Bilirubin Oxidase with Altered Surface Charge ○N. Oshikawa, K. Kataoka, Y. Tsujino, and T. Sakurai(2012)
  • 2013年度 酵素補酵素研究会 6月21-22日(立命館大) 1. マルチ銅酸化酵素CueOにおける酸素還元反応中心へのプロトン輸送経路 ○片岡邦重, 梶川敬雄, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 第23回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2013) 6月21-6月22日(武蔵野大) 1. Contribution from a tryptophan residue stacked on the histidine ligand to a type III copper in multicopper oxidases on the four-electron reduction process of dioxygen ○山本萌, 築田有紀, 片岡邦重, 櫻井武 第40回生体分子科学討論会 6月7-8日(大阪大) 1. マルチ銅オキシダーゼCueOの三核銅部位近傍に配置された酸性アミノ酸残基の酸素4電子還元における役割 ○櫻井武, 小森博文, 梶川敬雄, 片岡邦重, 樋口芳樹 日本農芸化学会2013年度大会 3月24-27日(東北大) 1. マルチ銅オキシダーゼの分子表面電荷の改変によるケラチン繊維への親和性増大 ○押川直美, 原唯歩, 片岡邦重, 辻野義雄, 櫻井武 2. Clostridium属細菌に由来する新規金属オキシダーゼの異種発現と性質 ○原唯歩, 木村祐二, 谷村孝将, 片岡邦重, 櫻井武(2013)
  • 平成18年度日本化学会近畿支部会北陸地区研究発表会 11月18日(富山大) 1. マルチ銅オキシダーゼによる酸素4電子還元反応中間体の捕捉 ○浦田香苗, 井上めぐみ, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼの基質特異性改変 ○伊藤喬洋, 酒井陽子, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 3. Cu(I)オキシダーゼCueOの基質特異性改変 ○中谷泰子, 黒瀬伸治, 植木優作, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武  4. 枯草菌ferredoxin-NADPH oxidoreductaseの電子伝達機構 ○岡部誠介, 柳瀬充宏, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 5. ブルー銅タンパク質のアルカリ遷移 ○柳瀬充宏, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 6. ビリルビンオキシダーゼのタイプICu部位への変異導入 ○塚本桂史, 北川理映子, 成瀬大作, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 International Symposium on Bioinorganic Chemistry of New Age. Oct. 26-27 (Kansai Univ.) 1. Protein Engineering of Multicopper Oxidases, CueO and Bilirubin Oxidase, Aimed at Elucidating and Modifying Substrate Specificity and Four-Electron Reduction of Dioxygen ○T. Sakurai 日本化学会バイオ関連合同シンポジウム 9月28-30日(京大) 1. Cu(I)オキシダーゼとしてのCueOの基質特異性と多機能酵素への変換 植木優作, 黒瀬伸治, 今野佑介, 片岡邦重, ○櫻井武 第56回錯体化学討論会 9月16-18日(広島) 1. Cu(I)オキシダーゼとしてのCueOの基質特異性とその改変 ○植木優作, 今野佑介, 片岡邦重, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼのタイプICu部位への変異導入 ○塚本桂史, 北川理映子, 成瀬大作, 片岡邦重, 櫻井武 3. ブルー銅タンパク質のアルカリ遷移 ○柳瀬充宏, 片岡邦重, 櫻井武 2006年電気化学秋季大会 9月14-15日(同志社大) 1. マルチ銅オキシダーゼCueOの電気化学的特性評価 ○三浦侑子, 上高雄二, 黒瀬伸治, 辻村清也, 加納健司, 片岡邦重, 櫻井武 12th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes (ISPP2006) Aug. 27-Sep. 1 (Pau, France) 1. Biochemical Properties and Reaction Mechanism of Chlorobium Type Ferredoxin-NADPH Oxidoreductase ○D. Seo, S. Okabe, M. Yanase, K. Kataoka, and T. Sakurai 第19回生物無機化学夏期セミナー 8月5-7日(神戸) 1. マルチ銅オキシダーゼ基質認識部位の分子設計と応用 ○片岡邦重 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress. June 18-23 (Kyoto) 1. Substrate Specificity of a Multicopper Oxidase CueO Concerned in Homeostasis of Copper ○Y. Ueki, Y. Konno, S. Kurose, K, Kataoka, and T. Sakurai 2. Site Directed Mutagenesis at the Type I Cu Site of Bilirubin Oxidase ○K. Tsukamoto, Y. Sakai, R. Kitagawa, D. Naruse, K. Kataoka, and T. Sakurai 3. Introduction of a Sugar Group Near the Substrate-Binding Site of the Bilirubin Oxidase from Myrothecium verrucaria ○K. Kataoka, Y. Sakai, D. Seo, and T. Sakurai 第17回 日本微量元素学会 7月12-14日(静岡) 1. CueO, Cuprous Oxidase Concerned in the Copper Efflux System of E. coli ○Y. Ueki, Y. Konno, K. Kataoka, and T. Sakurai 第16回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2006) 6月1-2日(東大) 1. Substrate Specificity of the Multicopper Oxidase, CueO Concerned in the Copper Efflux System Y. Ueki, Y. Konno, S. Kurose, K. Kataoka, and ○T. Sakurai 電気化学会第73回大会 4月1-3日(首都大学東京) 1. マルチ銅酵素を用いた酵素触媒機能電極の基礎検討 ○上高雄二, 石橋賢士, 辻村清也, 片岡邦重, 櫻井武, 加納健司 日本農芸化学会2006年度大会 3月26-28日(京都女子大) 1. ビリルビン酸化酵素Trp396Thr変異体のキャラクタリゼーション ○片岡邦重, 酒井陽子, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. Flammulina velutipes由来ラッカーゼのcDNAクローニング,異種発現,およびキャラクタリゼーション ○黒瀬伸治, 片岡邦重, 民谷栄一, 辻野義雄, 櫻井武(2006)
  • The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) Dec. 15-20 (Honolulu, U.S.A.) 1. Diverse Structure and Property of the Trinuclear Copper Center in CueO and Mutants ○T. Sakurai, K. Kataoka, H. Komori, Y. Higuchi, R. Sugiyama, H. Morishita, T. Kajikawa 2. Enhancements in Activities and Alterations in Specificity of Cuprous Oxidase, CueO to Organic Substrates by Forming or Breaking Down Hydrogen Bonds between Ligand Groups and the Type I Copper Center ○K. Kataoka, H. Kogi, D. Kurita, Y. Maeda, N. Shinohara, T. Sakurai 第83回日本生化学会大会(BMB2010) 12月7-10日(神戸) 1. ウルシラッカーゼの異種発現系の構築 ○木村祐二, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼの活性部位近傍に配置された非配位性アミノ酸の役割 ○森下浩稔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. 基質結合部位への酸性残基導入によるビリルビンオキシダーゼの反応制御 ○栗田大輔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 4. マルチ銅オキシダーゼCueOの酸素分子還元における非配位性アミノ酸残基Glu506の役割 ○梶川敬雄, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 5. 緑色硫黄細菌Chlorobaculum tepidum由来ホモダイマー型Ferredoxin-NAD(P)+還元酵素の結晶構造 ○瀬尾悌介, 村木則文, 志波智夫, 櫻井武, 栗栖源嗣 平成22年度日本化学会近畿支部会北陸地区研究発表会 11月19日(富山大) 1. Ser231Asp変異型ビリルビンオキシダーゼのフェノール酸化活性 ○栗田大輔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. 水素結合系の改変によるマルチ銅オキシダーゼCueOの活性制御 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. タンパク質電子ドナーを用いた一酸化窒素還元酵素の活性測定 ○正田宗大, 早川慎二, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 15th International Congress on Photosynthesis (PS2010) Aug. 22-27(Beijing, China) 1. Crystal Structure of Ferredoxin-NAD(P)+ Reductase from the Green Sulfur Bacterium Chlorobaculum tepidum; ○D. Seo, N. Muraki, T. Shiba, T. Sakurai, G. Kurisu International Symposium on Biodiversity Sciences 2010 Jul. 31‐Aug. 3(Nagoya) 1. Phylogenetic and Functional Diversity of Ferredoxins and Ferredoxin-Related Enzymes: Insight into the Origins and Evolutions of Photosynthetic Organisms; ○D. Seo, N. Muraki, G. Kurisu, H. Sakurai, T. Sakurai 第20回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2010) 6月25-26日(徳島文理大) 1. マルチ銅オキシダーゼのタイプI銅部位におけるNH-S水素結合の役割 小木裕貴, 栗田大輔, 前田康雄, 伊藤喬洋, 片岡邦重, ○櫻井武 日本生化学会北陸支部第28回大会 5月29日(福井大) 1. タイプI銅配位残基へのNH-S水素結合形成による一価銅オキシダーゼCueOの活性制御 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 日本農芸化学会2010年度大会 3月27-30日(東大駒場) 1. 水素結合によるマルチ銅酸化酵素CueOのレドックス制御 ○片岡邦重, 前田康雄, 小木裕貴, 篠原尚也, 関本まどか, 櫻井武 日本化学会第90春期年会 3月26-29日(近畿大) 1. 変異導入によるマルチ銅オキシダーゼの触媒機能の改変と創製 ○櫻井武, 片岡邦重 2. 枯草菌Bacillus subtilis胞子由来マルチ銅オキシダーゼの高収量を目指した発現系の構築と変異導入による高活性化の試み ○瀬尾悌介, 安部康太郎, 片岡邦重, 櫻井武(2010)
  • 平成21年度日本化学会近畿支部会北陸地区研究発表会 11月28日(北陸先端大) 1. 枯草菌マルチ銅オキシダーゼCotAの高発現条件と変異導入による活性向上 ○安部康太郎, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 2. ウルシラッカーゼの異種発現系の構築 ○木村祐二, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. 脱窒菌一酸化窒素還元酵素の複核中心近傍に存在する酸性アミノ酸残基の機能解析 ○正田宗大, 堀内始, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. ビリルビンオキシダーゼの三核銅部位に存在するGlu463の酸素還元過程における役割 ○森下浩稔, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 5. ビリルビンオキシダーゼのタイプI銅酸化還元電位および酵素活性における水素結合の役割 ○栗田大輔, 伊藤喬洋, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 6. 一価銅オキシダーゼCueOの水素結合による酵素活性制御 ○小木裕貴, 前田康雄, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 7. 脱窒菌の可溶性cyt cの精製と電子受容タンパク質との反応 ○早川慎二, 正田宗大, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 第15回錯体化学若手の会 中部・東海地区勉強会 11月21日(名古屋工大) 1. タンパク質工学によるマルチ銅含有酸化還元酵素の反応特性変換 ○片岡邦重 第82回日本生化学会大会 10月21-24日(神戸) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素における基質阻害反応機構 ○瀬尾悌介, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 2. マルチ銅酸化酵素の触媒機能改変 ○森口祐衣, 片岡邦重, 櫻井武 優秀プレゼンテーション賞受賞 3. 一価銅オキシダーゼCueOにおけるType I銅配位残基Cys500への水素結合の役割 ○木村祐二, 前田康雄, 小木裕貴, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. ビリルビンオキシダーゼおよびCueOの三核銅部位近傍に保存されたグルタミン酸残基への変異導入 ○森下浩稔, 杉山良輔, 片岡邦重, 櫻井武 5. 変異導入と電子供与体との反応によるHalomonas halodenitirificans一酸化窒素還元酵素の機能解明 ○正田宗大, 近藤修史, 堀内始, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井宣彦, 櫻井武 第59回錯体化学討論会 9月25-27日(長崎大) 1. マルチ銅オキシダーゼのタイプI銅に配位したシステインS原子へのNH-S水素結合と酵素機能 ○片岡邦重, 前田康雄, 小木裕貴, 伊藤喬洋, 栗田大輔, 櫻井 武 2. マルチ銅オキシダーゼの三核銅部位に水素結合した酸性アミノ酸の酸素還元過程における役割 ○杉山良輔, 小森博文, 森下浩稔, 永尾俊博, 樋口芳樹, 片岡邦重, 櫻井武 3. 酸素還元反応中心への変異導入によるマルチ銅酸化酵素の反応特性変換 ○森口祐衣, 片岡邦重, 櫻井武 14th International Conference on Bioinorganic Chemistry (ICBIC14) Jul. 25-30 (Nagoya) 1. Four-Electron Reduction of Dioxygen by a Multicopper Oxidase, CueO, and Roles of Asp112 and Glu506 Located Adjacent to the Trinuclear Copper Center ○T. Sakurai, K. Kataoka, R. Sugiyama, S. Hirota, M. Inoue, K. Urata, Y. Minagawa, D. Seo 2. Modifications in the Redox Potential of the Type I Cu Center of CueO by the Mutations on the Coordinating and Non-Coordinating Amino Acids ○K. Kataoka, Y. Maeda, S. Kurose, M. Sekimoto, N. Shinohara, M. Tsutsumi, Y. Miura, S. Tsujimura, K. Kano, T. Sakurai 光合成の色素系と反応中心に関するセミナーXVII 7月11-12日(京大) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素の立体構造 ○瀬尾悌介, 小森博文, 樋口芳樹, 櫻井武 第36回生体分子科学討論会 6月19-20日(北大) 1. マルチ銅酸化酵素のタイプⅠ銅酸化還元電位および酵素活性における水素結合の役割 ○片岡邦重, 前田康雄, 伊藤喬洋, 小木裕貴, 栗田大輔, 櫻井武 第19回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2009) 6月11-12日(阪大) 1. 水素結合によるマルチ銅オキシダーゼCueOの酸化還元活性の制御 前田康雄, 関本まどか, 篠原尚也, 黒瀬伸治, 片岡邦重, 三浦侑子, 堤麻衣子, 辻村清也, 加納健司, ○櫻井武 日本化学会第89春期年会 3月27-30日(日大(船橋)) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素における基質阻害反応機構 ○瀬尾悌介, 岡部誠介, P. Stetif, 片岡邦重, 櫻井武 日本農芸化学会2009年度大会 3月27-29日(福岡) 1. Halomonas halodenitrificansの一酸化窒素還元酵素欠損株の作製と性質 ○北村愛, 片岡邦重, 下平隆樹, 岩本美絵, 櫻井宣彦, 櫻井武(2009)
  • 第80回日本生化学会大会(BMB2007) 12月10-15日(横浜) 1. Cu(I)オキシダーゼCueOのタイプI 銅部位への部位特異的変異導入による酵素活性の改変 ○黒瀬伸治, 三浦侑子, 上高雄二, 辻村清也, 加納健司, 片岡邦重, 櫻井武 2. Myrothecium verrucaria ビリルビンオキシダーゼの基質結合部位への変異導入 ○伊藤喬洋, 酒井陽子, 片岡邦重, 櫻井武 3. ウルシラッカーゼの異種発現系構築 ○前田康雄, 澤井智也, 鈴木健太, 新田一朋, 片岡邦重, 櫻井武 4. Electron transfer reaction mechanism of Bacillus subtilis ferredoxin-NADPH oxidoreductase ○岡部誠介, 柳瀬充宏, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 5. 大腸菌由来のマルチ銅オキシダーゼCueO の酵素工学と変異体の構造機能解析 ○片岡邦重, 小森博文, 植木優作, 今野佑介, 辻村清也, 樋口芳樹, 加納健司, 櫻井武 日本結晶学会2007年度年会 12月1-2日(東工大) 1. マルチ銅オキシダーゼCueO変異体のX線構造解析 ○小森博文, 片岡邦重, 植木優作, 今野佑介, 上高雄二, 黒瀬伸治, 辻村清也, 加納健司, 瀬尾悌介, 櫻井武, 樋口芳樹 第40回酸化反応討論会 11月17日(奈良女子大) 1. Cu(I)オキシダーゼCueOのプロテインエンジニアリングによる機能改変 片岡邦重, 小森博文, 植木優作, 今野佑介, 上高雄二, 黒瀬伸治, 辻村清也, 樋口芳樹, 加納健司, ○櫻井武 平成19年度日本化学会近畿支部会北陸地区研究発表会 11月10日(金沢大) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH酸化還元酵素の変異導入による反応機構の解明 ○岡部誠介, 柳瀬充宏, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 2. ビリルビンオキシダーゼの基質認識部位への変異導入 ○伊藤喬洋, 酒井陽子, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 3. 大腸菌を宿主とするウルシラッカーゼ発現系の構築 ○前田康雄, 澤井智也, 鈴木健太, 新田一朋, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. Bacillus subtilis由来のマルチ銅オキシダーゼCotAの性質 ○安部康太郎, 多田直子, 足立保典, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 5. マルチ銅オキシダーゼの酸素4電子還元反応の解析 ○杉山良輔, 浦田香苗, 井上めぐみ, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 6. 大腸菌の一価銅オキシダーゼCueOのAsp439Ala変異体の性質 ○関本まどか, 黒瀬伸治, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 第57回錯体化学討論会 9月25-27日(名古屋工大) 1. Cu(I)オキシダーゼCueOの基質結合部位への変異導入 植木優作, 黒瀬伸治, 片岡邦重, ○櫻井武 第51回放射化学討論会 9月24-26日(静岡) 1. 111Agを用いたPAC法による金属錯体と生体分子中の超微細場測定 ○山崎逸郎, 伊原清, 木下哲一, 片岡邦重, 横山明彦, 村上幸弘, 佐藤渉, 大久保嘉高 2007年電気化学秋季大会 9月19-20日(東工大) 1. マルチ銅オキシダーゼCueO変異体による電気化学的酸素還元反応の解析 ○三浦侑子, 黒瀬伸治, 上高雄二, 片岡邦重, 櫻井武, 辻村清也, 加納健司 XIV International Conference on Hyperfine Interactions & XVIII International Symposium on Nuclear Quadrupole Interactions Aug. 5-10 (Iguazu, Brazil) 1. Measurement of Hyperfine Field in Mutant-Type Mavicyanin by Perturbed Angular Correlation ofγ-Rays ○A. Yokoyama, T. Hashimoto, K. Ihara, H. Kikunaga , N. Kinoshita, Y. Murakami, K. Takamiya, K. Kataoka, M. Takata, and Y. Ohkubo 第34回生体分子科学討論会 6月22-23日(東北大) 1. Cu(I)オキシダーゼCueOにおけるType I銅の軸配位子への変異導入 ○黒瀬伸治, 三浦侑子, 上高雄二, 辻村清也, 加納健司, 片岡邦重, 櫻井武 第17回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2007) 6月21-22日(京都) 1. Cu排出系酵素CueOのCys500Ser 変異体と酸素4電子還元中間体 ○櫻井武, 片岡邦重, 黒瀬伸治, 浦田香苗, 皆川洋一, 井上めぐみ 2. ビリルビンオキシダーゼの基質特異性改変をめざした変異体の作製 ○伊藤喬洋, 酒井陽子, 片岡邦重, 櫻井武 日本植物学会北陸地区インターキャンパスセミナー 6月9日(金沢大) 1. 光合成における光化学反応系およびNADPH+の還元系と光合成生物の進化 ○瀬尾悌介 日本生化学会北陸支部第25回大会 5月26日(金沢医大) 1. 枯草菌ferredoxin-NADPH oxidoreductaseの電子伝達メカニズム ○岡部誠介, 柳瀬充宏, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 日本農芸化学会2007年度大会 3月24-27日(東京農大) 1. 大腸菌のマルチ銅オキシダーゼCueOの機能改変 ○片岡邦重, 植木優作, 今野佑介, 黒瀬伸治, 櫻井 武 2. マルチ銅オキシダーゼCueOにおけるType I 銅軸配位子変異体 ○黒瀬伸治, 三浦侑子, 上高雄二, 片岡邦重, 櫻井 武, 辻村清也, 加納健司(2007)
  • 第81回日本生化学会大会(BMB2008) 12月9-12日(神戸) 1. タイプI銅軸配位子への変異導入によるビリルビンオキシダーゼの改変 ○伊藤喬洋, 塚本桂史, 北川理映子, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 2. 大腸菌を宿主とするウルシラッカーゼの異種発現 ○前田康雄, 鈴木健太, 新田一朋, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 3. 枯草菌由来の組換え型マルチ銅オキシダーゼCotAの性質 ○安部康太郎, 多田直子, 足立保典, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 4. 銅排出系酵素CueOによる酸素の4電子還元過程の解明 ○杉山良輔, 浦田香苗, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 5. Cu(I)オキシダーゼCueOの三核銅部位への変異導入 ○森口祐衣, 片岡邦重, 櫻井武 日本中性子科学会第8回年会(JSNS2008) 12月1-2日(名古屋大) 1. CueO Δα5-7 変異体の結晶成長 ○友寄克亮, 新村信雄, 櫻井武, 片岡邦重, 黒瀬伸治, 樋口芳樹, 小森博文, 梶野勉 214th The Electrochemical Society (ECS) Meeting Oct. 12-17 (Honolulu, U.S.A.) 1. Bioelectrocatalytic Reduction of O2 Catalyzed by Multi-Copper Oxidase CueO and Its Mutants ○S. Tsujimura, Y. Miura, Y. Kamitaka, S. Kurose, K. Kataoka, T. Sakurai, and K. Kano 第58回錯体化学討論会 9月20-22日(金沢大) 1. 枯草菌型FNRにおける基質阻害作用の反応速度論解析 ○瀬尾悌介, 岡部誠介, 片岡邦重, 櫻井武 2. 銅排出系酵素CueOによる酸素の4電子還元における2種の中間体捕捉 ○杉山良輔, 浦田香苗, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 3. CueOのタイプI銅軸配位子への変異導入による電気化学的特性の改変 黒瀬伸治, 三浦侑子, ○片岡邦重, 辻村清也, 加納健司, 櫻井武 4. ビリルビンオキシダーゼのタイプI銅軸配位子への変異導入 ○伊藤喬洋, 塚本桂史, 北川理映子, 片岡邦重, 瀬尾悌介, 櫻井武 5. 基質からタイプI銅への電子伝達系を構成する水素結合遮断によるCueOの酵素機能改変 ○篠原尚也, 関本まどか, 片岡邦重, 辻村清也, 加納健司, 櫻井武 6. 耐熱性マルチ銅オキシダーゼCotAの異種発現と組換え体の性質 ○安部康太郎, 多田直子, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井武 7. 銅型亜硝酸還元酵素への機能改変を目的としたマルチ銅オキシダーゼへの変異導入 ○森口祐衣, 片岡邦重, 櫻井武 8. E190A変異型一酸化窒素還元酵素の分光学的性質 ○正田宗大, 近藤修史, 堀内始, 瀬尾悌介, 片岡邦重, 櫻井宣彦, 櫻井武 21th Congress of the International Union of Crystallography Aug. 23-31 (Osaka) 1. Crystal Growth of Multicopper Oxidase CueO Δα5-7 Mutant ○K. Tomoyori, N. Niimura, T. Sakurai, K. Kataoka, S. Kurose, Y. Higuchi, H. Komori, and T. Kajino 第35回生体分子科学討論会 6月25-27日(兵庫県立大) 1. 枯草菌型ferredoxin-NADPH oxidoreductaseのFd還元反応機構の解析 ○瀬尾悌介, Pierre Setif, 片岡邦重, 櫻井武 第16回光合成の色素系と反応中心に関するセミナー 6月14-15日(京大) 1. 枯草菌型FNRのFd還元反応速度解析 ○瀬尾悌介, Pierre Setif, 櫻井武 第18回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2008) 6月5-6日(名古屋市立大) 1. Cu(I)オキシダーゼCueOによる酸素4電子還元 杉山良輔, 浦田香苗, 井上めぐみ, 片岡邦重, ○櫻井武 第8回日本光合成研究会公開シンポジウム 5月30-31日(名古屋大) 1. 枯草菌型Ferredoxin-NADPH 酸化還元酵素のFd還元反応機構の解析 ○瀬尾悌介, Pierre Setif, 片岡邦重, 櫻井武 213th The Electrochemical Society (ECS) Meeting May 18-23 (Phoenix, U.S.A.) 1. Bioelectrocatalytic Reduction of O2 Catalyzed by Multi-Copper Oxidase CueO from Escherichia coli ○S. Tsujimura, Y. Miura, Y. Kamitaka, S. Kurose, K. Kataoka, T. Sakurai, and K. Kano 日本農芸化学会2008年度大会 3月25-29日(名城大) 1. 三配位型タイプI銅部位を持つビリルビン酸化酵素の作製 ○片岡邦重, 塚本桂史, 北川理映子, 櫻井武(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○電極触媒、酵素電極、燃料電池およびバイオセンサ(特許番号:特許平26-5445902)
○電荷の改変によるへアカラー酵素の高効率化(出願国名:日本)(特許番号:特2011-0052)
○電極触媒及び酵素電極 (公開年月:2008/03/01)(出願国名:日本)(特許番号:特許第4756601)
○Electrode Catalyst and Enzyme Electrode(出願国名:EU)(特許番号:EP 2 063 264 B1)
○Electrocatalyst and Enzymatic Electrode(出願国名:米国)(特許番号:US 8361662 B2)
○組換え型ビリルビン酸化酵素及びその製造方法(公開年月:2005/03)(出願国名:日本)(特許番号:特許第4437652)
○改変されたマルチ銅オキシダーゼ及びこれを用いたけケラチン繊維用染色剤(出願国名:日本)
○ケラチン繊維染色用組成物及びケラチン繊維の染色方法(公開年月:2007/05/01)(特許番号:2007112792)
○フェノールオキシダーゼ遺伝子及びフェノールオキシダーゼの製造方法(公開年月:2006/03/01)(特許番号:2006-67984535812)
○染色特性を有する改良されたマルチ銅オキシダーゼ(出願国名:日本)(特許番号:特許第4863225)
○CueO Deletion mutant of multi-copper oxidase and its use in dyeing(公開年月:2007/06/01)(出願国名:米国)(特許番号:US 7939307 B2)
○Improved Multi-copper oxidase CueO with Dyeability(出願国名:EU)(特許番号:EP 1961812B)
○電極触媒、酵素電極、燃料電池及びバイオセンサ(特許番号:2009-028988)
○Deletion Mutant of Multi-copper Oxidase and its Use in Dyeing (出願国名: 米国)(特許番号:US 7939307B2)

共同研究希望テーマ

○ウルシのバイオテクノロジー
○ビリルビンオキシダーゼの機能改変
○生物燃料電池

科研費

○特定領域研究(A)(1998-2001)「チトクロムbc型NOリダクターゼの構造・機能相関」(1998-) 代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「末端酸化酵素の先祖酵素としてのNOリダクターゼの分子構造・鉄結合部位・反応」(1999-) 代表者
○基盤研究(C)「マルチ銅オキシターゼの三核銅クラスターにおける酸素の4電子還元反応」(1999-) 代表者
○基盤研究(C)「マルチ銅オキシダーゼの三核銅クラスタ-における酸素の4電子還元反応」(2000-) 代表者
○基盤研究(B)「銅含有酸化酵素におけるマルチ銅センターの構造・機能相関」(2001-) 代表者
○基盤研究(B)「銅含有酸化酵素におけるマルチ銅センターの構造・機能相関」(2002-) 代表者
○基盤研究(B)「銅含有酸化酵素におけるマルチ銅センターの構造・機能相関」(2003-) 代表者
○萌芽的研究(1996-2001)「一酸化窒素還元から酸素還元への変換による呼吸酵素の分子進化」(2004-2004) 代表者
○基盤研究(B)「銅の解毒に関わるマルチ銅オキシダーゼの金属イオン特異性、酸素4電子還元と機能創製」(2007-2007) 代表者
○基盤研究(B)「銅の解毒に関わるマルチ銅オキシダーゼの金属イオン特異性、酸素4電子還元と機能創製」(2008-2008) 代表者
○基盤研究(B)「銅の解毒に関わるマルチ銅オキシダーゼの金属イオン特異性、酸素4電子還元と機能創製」(2009-2009) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「精密耕造解析による酵素の高度機能の解明とその応用基盤構築」(2008-) 分担者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「環境創造型化学エネルギー変換素子」(2006-) 分担者
○萌芽研究(2002-2008)「一酸化窒素還元から酸素還元への変換による呼吸酵素の分子進化」(2005-2005) 代表者
○挑戦的萌芽研究「金属タンパク質をホロ化する金属シャペロンタンパク質の開発」(2009-2010) 代表者
○基盤研究(B)「マルチ銅オキシダーゼの活性部位とその近傍への変異導入による機能の解明、改変、創製」(2011-) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「マルチ銅オキシダーゼによる酸素還元機構の解明と機能改変体の電極触媒としての利用」(2014-2016) 代表者
○挑戦的萌芽研究「酵素過程の逆反応実現により水から還元力を取り出す試み」(2014-2015) 代表者

学域・学類担当授業科目

○生物化学Ⅱ(2015)
○物質化学実験C(2015)
○生物化学Ⅰ(2015)
○生物無機化学Ⅱ(2015)
○ハロー・ケミストリー(2014)
○生物化学Ⅰ(2014)
○生物化学Ⅱ(2014)
○物質化学実験C(2014)

大学院担当授業科目

○物質創成セミナー平成28年10月入学者用(2016)
○物質創成セミナー平成27年度入学生用(2015)
○物質創成セミナー平成27年10月入学者用(2015)
○分子酵素化学(2015)
○物質創成化学Ⅳ(2015)
○タンパク質機能化学(2015)
○タンパク質機能化学(2014)
○金属タンパク質化学(2014)
○微量元素の生体科学(2014)
○微量元素の生体科学(2014)
○物質設計概論(2014)
○物質設計概論(2014)
○物質創成セミナー平成26年10月入学者用(2014)
○物質創成セミナー平成26年度入学生用(2014)
○分子酵素化学(2014)
○物質創成化学Ⅳ(2014)

他大学の客員教授

○九州大学
○奈良女子大学
○大阪大学
○名古屋大学
○大阪市立大学
○京都薬科大学
○名古屋大学
○奈良女子大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○うるしのバイオサイエンス(キーワード:うるし,ラッカーゼ,バイオテクノロジー)
○金属イオンの生理活性(キーワード:必須元素,遷移元素,生物無機化学)

その他公的社会活動

○九州大学 先導物質化学研究所(2011-2011) 非常勤講師
○奈良女子大学大学院理学研究科(2009-2009) 非常勤講師
○大阪大学大学院 理学研究科(2007-2007) 非常勤講師
○名古屋大学理学部 (2006-2006) 肘常勤講師
○大阪市立大学大学院 理学研究科 (2004-2004) 非常勤講師
○京都薬科大学    (2002-2002) 非常勤講師
○名古屋大学大学院 理学研究科(1994-1994) 非常勤講師
○奈良女子大学理学研究科 非常勤講師

このページの先頭へ