本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

松永 司 (まつなが つかさ) 教授 MATSUNAGA Tsukasa

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 創薬科学類
医薬保健学域 薬学類
【大学院前期課程】

【大学院後期課程】
自然科学研究科 生命科学専攻

所属研究室等

遺伝情報制御学研究室 TEL:076-234-4487 FAX:076-234-4427

学歴

【出身大学院】
金沢大学 修士課程 薬学研究科 製薬化学 1986/03 修了
金沢大学 博士課程 薬学研究科 生命科学 1986/09 中退
【出身大学】
金沢大学 薬学部 製薬化学科 1983 卒業
【取得学位】
博士(薬学)

職歴

金沢大学 薬学部(1986/10/01-1990/11/30)
金沢大学 薬学部(1990/12/01-1996/06/30)
金沢大学 薬学部(1996/07/01-1997/04/30)
金沢大学(1997/05/01-2002/03/31)
金沢大学 薬学部(2002/04/01-)

生年月

1961年02月

所属学会

日本放射線影響学会(1983-)
日本光医学・光生物学会(1985-)
日本癌学会(1986-)
日本分子生物学会(1996-)
日本生化学会(1997-)
American Society for Biochemistry & Molecular Biology(1999-)
太陽紫外線防御研究委員会 委員(2003-)
日本薬学会 北陸支部幹事(2004-2005)
日本薬学会 広報委員会委員(2008-2010)
日本薬学会 北陸支部幹事(2010-2012)
日本薬学会 北陸支部幹事(2015-2017)
日本薬学会 代議員(2015-)
日本がん分子標的治療学会

学内委員会委員等

○学類・大学院将来問題検討WG ②座長(2015-)
○薬学系大学院入試委員会 ①委員長(2014-)
○学類将来問題検討WG ②座長(2014-2014)
○環境要因による疾病の解明と防止を担う国際医療人育成コース運営委員会 ④委員(2014-)
○教員評価制度改革WG ④委員(2014-)
○全学教員評価委員会 ④委員(2014-)
○自然研 建物・情報システム管理委員会 ④委員(2014-)

受賞学術賞

○海外留学助成リサーチフェローシップ(1994/03/11)
○長期フェローシップ(1994/03/30)
○研究奨励金(研究助成)(1997/03/11)

専門分野

分子生物学 機能生物化学 細胞生物学、細胞生物学 分子生物学 機能生物化学、遺伝・ゲノム動態、放射線・化学物質影響科学、生物系薬学

専門分野キーワード

DNA修復、がん

研究課題

ゲノム傷害に対する防御応答の分子機構に関する研究

DNA損傷応答におけるDDB複合体の機能解析

紫外線誘発DNA損傷の検出定量系開発とその応用研究

著書

  • NEW放射化学・放射薬品学 廣川書店 2004/09 ①原著書 ②共著 大倉一枝、大桃善朗ほか5名 4-567-26150-X
  • 光と生命の事典 朝倉書店 2016/02/25 ②共著 日本光生物学協会 光と生命の事典編集委員会 編 978-4-254-17161-7
  • からだと光の事典 朝倉書店 2010/11/30 ①原著書 ②共著 978-4-254-30104-5
  • プロッパー細胞生物学 ー細胞の基本原理を学ぶー 化学同人 2013/03 ②翻訳書 ②共著 中山和久、松永 司ほか6名

論文

  • Amplified UvrA protein can ameliorate the ultraviolet sensitivity of an Escherichia coli recA mutant. Kiyosawa, K., Tanaka, M., Matsunaga, T., Nikaido, O. and Yamamoto, K. Mutation Res. 487巻 3-4号 149-156頁 2001/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Antibodies specific for (6-4) DNA photoproducts: cloning, antibody modeling and construction of a single-chain Fv derivative. Morioka, H., Miura, H., Kobayashi, H., Koizumi, T., Fujii, K., Asano, K., Matsunaga, T., Nikaido, O., Stewart, J. D. and Ohtsuka, E. Biochim. Biophys. Acta 1385巻 1号 17-32頁 1998/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Damaged DNA-binding protein DDB stimulates the excision of cyclobutane pyrimidine dimers in vitro in concert with XPA and replication protein A. Wakasugi, M., Shimizu, M., Morioka, H., Linn, S., Nikaido, O. and Matsunaga, T. J. Biol. Chem. 276巻 18号 15434-15440頁 2001/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DDB accumulates at DNA damage sites immediately after UV irradiation and directly stimulates nucleotide excision repair. Wakasugi, M., Kawashima, A., Morioka, H., Linn, S., Sancar, A., Mori, T., Nikaido, O. and Matsunaga, T. J. Biol. Chem. 277巻 3号 1637-1640頁 2002/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of photoreactivation of cyclobutane pyrimidine dimers and pyrimidine (6-4) pyrimidone photoproducts on ultraviolet mutagenesis in SOS-induced repair-deficient Escherichia coli. Tanaka, M., Nakajima, S., Ihara, M., Matsunaga, T., Nikaido, O. and Yamamoto, K. Mutagenesis 16巻 1号 1-6頁 2001/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • In situ visualization of ultraviolet light-induced DNA damage repair in locally irradiated human fibroblasts. Katsumi, S., Kobayashi, N., Imoto, K., Nakagawa, A., Yamashina, Y., Muramatsu, T., Shirai, T., Miyagawa, S., Sugiura, S., Hanaoka, F., Matsunaga, T., Nikaido, O. and Mori, T. J. Invest. Dermatol. 117巻 5号 1156-1161頁 2001/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Postnatal growth failure, short life span, and early onset of cellular senescence and subsequent immortalization in mice lacking the xeroderma pigmentosum group G gene. Harada, Y. -N., Shiomi, N., Koike, M., Ikawa, M., Okabe, M., Hirota, S., Kitamura, Y., Kitagawa, M., Matsunaga, T., Nikaido, O. and Shiomi, T. Mol. Cell. Biol. 19巻 3号 2366-2372頁 1999/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Respective roles of cyclobutane pyrimidine dimers, (6-4)photoproducts, and minor photoproducts in ultraviolet mutagenesis of repair-deficient xeroderma pigmentosum A cells. Otoshi, E., Yagi, T., Mori, T., Matsunaga, T., Nikaido, O., Kim, S. -T., Hitomi, K., Ikenaga, M. and Todo, T. Cancer Res. 60巻 6号 1729-1735頁 2000/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • cDNA cloning of the chicken DDB1 gene encoding the p127 subunit of damaged DNA-binding protein. Fu, D., Wakasugi, M. ほか3名 GENES & GENETIC SYSTEMS 78巻 169-177頁 2003/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ultraviolet-sensitive syndrome cells are defective in transcription-coupled repair of cyclobutane pyrimidine dimers. Spivak, G., Itoh, T. ほか4名 MUTATION RESEARCH-DNA REPAIR 1巻 629-643頁 2002/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A gene for a Class II DNA photolyase from Oryza sativa: cloning of the cDNA by dilution-amplification. Hirouchi, T., Matsunaga, T. ほか7名 MOLECULAR GENETICS AND GENOMICS 269巻 4号 508-516頁 2003/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Disruption of the AtREV3 gene causes hypersensitivity to ultraviolet B light and gamma-rays in Arabidopsis: inplication of the presence of a translesion synthesis mechanism in plants. Sakamoto, A., Matsunaga, T. ほか4名 PLANT CELL 15巻 9号 2042-2057頁 2003/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Human NTH1 physically interacts with p53 and proliferating cell nuclear antigen. Oyama, M., Matsunaga, T. ほか9名 Biochemical and Biophysical Research Communications 321巻 1号 183-191頁 2004/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional and physical interactions between ERCC1 and MSH2 for resistance to cis-platinum in mammalian cells. Lan, L., Rabeya, R. M.ほか11名 DNA Repair 3巻 2号 135-143頁 2004/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nuclear export signal in CDC25B. Uchida, S., Ohtsubo, M.ほか7名 Biochem. Biophys. Res. Commun. 316巻 1号 226-232頁 2004/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of the XPG region that causes the onset of Cockayne syndrome by using Xpg mutant mice generated by the cDNA-mediated knock-in method. Shiomi, N., Kito, S.ほか6名 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY 24巻 9号 3712-3719頁 2004/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Binding of 14-3-3beta but not 14-3-3sigma controls the cytoplasmic localization of CDC25B: binding site preferences of 14-3-3 subtypes and the subcellular localization of CDC25B. Uchida, S., Kuma, A.ほか7名 JOURNAL OF CELL SCIENCE 117巻 14号 3011-3020頁 2004/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of pathways dependent on the uvde, uvrA1, or uvrA2 gene product for ultraviolet resistance in Deinococcus radiodurans. JOURNAL OF BACTERIOLOGY 187巻 11号 3693-3697頁 2005/06 査読有 ①原著論文
  • A mutation in the uvi4 gene promotes progression of endo-reduplication and confers increased tolerance towards ultraviolet B light. PLANT JOURNAL 46巻 2号 317-326頁 2006/04 査読有 ①原著論文
  • Amino acids C-terminal to the 14-3-3 binding motif in CDC25B affect the efficiency of 14-3-3 binding. JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 139巻 4号 761-769頁 2006/04 査読有 ①原著論文
  • Perturbed gap-filling synthesis in nucleotide excision repair causes histone H2AX phosphorylation in human quiescent cells. JOURNAL OF CELL SCIENCE 120巻 6号 1104-1112頁 2007/03 査読有 ①原著論文
  • DDB1 gene disruption causes a severe growth defect and apoptosis in chicken DT40 cells. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 364巻  771-777頁 2007/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation of XAB2 complex involved in pre-mRNA splicing, transcription and transcription-coupled repair. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 283巻  940-950頁 2008/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A new disorder in UV-induced skin cancer with defective DNA repair distinct from xeroderma pigmentosum or Cockayne syndrome. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 128巻  694-701頁 2008/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple shRNA expressions in a single plasmid vector improve RNAi against the XPA gene. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 370巻  301-305頁 2008/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cleavage-mediated activation of Chk1 during apoptosis. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 283巻  25485-25491頁 2008/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Proteasome inhibitors and knockdown of SMG1 cause accumulation of Upf1 and Upf2 in human cells Int. J. Oncol. 44巻 222-228頁 2014/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The scaffold protein JLP plays a key role in regulating ultraviolet B-induced apoptosis in mice. Genes Cells 19巻 350-358頁 2014/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Concanavalin A-mediated T cell proliferation is regulated by Herpes Virus Entry Mediator costimulatory molecule. In Vitro Cell. Dev. Biol. - Animal 50巻 313-320頁 2014/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nucleotide excision repair-dependent DNA double-strand break formation and ATM signaling activation in mammalian quiescent cells. J. Biol. Chem. 289巻 28730-28737頁 2014/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rapid proliferation of activated lymph node CD4+ T Cells is achieved by eliminating gap phases in cell cycle progression. Cell. Mol. Biol. Lett. 19巻 638-648頁 2014/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rapid G0/1 transition and cell cycle progression in CD8+ T cells compared to CD4+ T cells following in vitro stimulation. Microbiology and Immunology In press巻 2017 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Optimized gene silencing by co-expression of multiple shRNAs in a single vector. Methods in Molecular Biology 623巻 109-121頁 2010
  • Establishment of a microplate-formatted cell-based immunoassay for rapid analysis of nucleotide excision repair ability in human primary cells. Nishinaga, M., Kurata, R., Onishi, K., Kuriyama, K., Wakasugi, M. and Matsunaga, M. Photochem. Photobiol. 88巻 356-362頁 2012/03 査読有 ①原著論文
  • Role of interaction of XPF with RPA in nucleotide excision repair. Fisher, L. A., Bessho, M., Wakasugi, M., Matsunaga, T. and Bessho T. J. Mol. Biol. 413巻 337-346頁 2011/11 査読有 ①原著論文
  • SCFβTrCP mediates stress-activated MAP kinase-induced Cdc25B degradation. Uchida, S., Watanabe, N., Kudo, Y., Yoshioka, K., Matsunaga, T., Ishizaka, Y., Nakagama, H., Poon, R. Y. C. and Yamashita K. J. Cell Sci. 124巻 2816-2825頁 2011/08 査読有 ①原著論文
  • Stress-activated MAP kinases JNK and p38 target Cdc25B for degradation. CANCER RESEARCH 69巻 16号 6438-6444頁 2009/07 査読有 ①原著論文
  • Physical and functional interaction between DDB and XPA in nucleotide excision repair. NUCLEIC ACIDS RESEARCH 37巻 2号 516-525頁 2009/02 査読有 ①原著論文

講演・口頭発表等

  • ヌクレオチド除去修復阻害剤の作用機序に関する解析(会議名:日本薬学会北陸支部第128回例会)(2016/11/27)
  • ヌクレオチド除去修復欠損細胞で見られる紫外線誘発DNA損傷の消失(会議名:第39回日本分子生物学会年会)(2016/11/30)
  • DNA修復因子の細胞内安定性を制御する機構の解析(会議名:日本薬学会第137回年会)(2017/03/25)
  • NER依存的な二次的DNA損傷生成におけるEXO1の関与の検討(会議名:日本薬学会第137回年会)(2017/03/25)
  • NER阻害化合物A6のERCC1-XPF分解誘導メカニズムの解析(会議名:第39回日本分子生物学会年会)(2016/11/30)

全て表示

  • ケミカルライブラリースクリーニングにより同定した新規ヌクレオチド除去修復阻害化合物の解析(会議名:日本薬学会第133年会)(2013/03/28)
  • 新しい紫外線DNA損傷解析系とケミカルバイオロジーを利用したヌクレオチド除去修復研究(会議名:日本放射線影響学会第59回大会・ワークショップ「UV損傷モノクローナル抗体25年:紫外線生物影響研究の今昔」)(2016/10/26)
  • Newly developed immunoassay for evaluating nucleotide excision repair ability using individual peripheral lymphocytes and its possible application to the diagnosis of xeroderma pigmentosum.(2014/03/05)
  • 新開発セルベースドアッセイ系を利用したヌクレオチド除去修復研究の新展開(会議名:第34回日本光医学光生物学会・ワークショップ「DNA損傷とDNA修復」)(2013/11/29)
  • 若杉光生、川口慶晃、松浦顕教、松永 司: Function of DDB1 in an ubiquitin E3 ligase complex is essential for cell viability、 日本分子生物学会第11回春季シンポジウム、平成23年5月25 - 26日、金沢 (2011)
  • 西永真理、若杉光生、斎藤臣雄、長田裕之、松永 司: ヌクレオチド除去修復効率に影響を及ぼす低分子化合物のスクリーニング、 第34回日本光医学光生物学会、平成24年7月27 - 28日、神戸(2012)
  • 西永真理、松永 司: Cell-based assayを用いた新しい紫外線誘発DNA損傷修復解析系の応用、 日本分子生物学会第11回春季シンポジウム、平成23年5月25 - 26日、金沢(2011)
  • 松永 司、西山千晶、本田愛実、若杉光生、森脇真一、猪部 学: FF-CBIA法を用いたヌクレオチド除去修復能の個人差解析と色素性乾皮症診断の試み、 第33回日本光医学光生物学会、平成23年7月22 - 23日、大阪(2011)
  • Nishinaga, M. and Matsunaga, T. Application of a cell-based immunoassay for nucleotide excision repair, The 5th Asia and Oceania Conference on Photobiology, 2011.7.30-8.1, Nara, Japan.(2011)
  • 若杉光生、佐々木琢磨、猪部 学、岩淵邦芳、松永 司: 休止期細胞におけるヌクレオチド除去修復に依存した二重鎖切断の生成とATMシグナリング経路の活性化、 日本放射線影響学会第54回大会、平成23年11月17 - 19日、神戸(2011)
  • 松永 司、西永真理、長田裕之、若杉光生: 癌細胞の紫外線及びシスプラチン感受性を増感させるヌクレオチド除去修復阻害剤の開発、 第71回日本癌学会学術総会、平成24年9月19 - 21日、札幌(2012)
  • 若杉光生、鎌田光貴、川口慶晃、松浦顕教、松永 司: ヌクレオチド除去修復におけるユビキチンE3リガーゼコンポーネントとしてのDDB1の必要性、 第35回日本分子生物学会年会、平成24年12月11 - 14日、福岡(2012)
  • 西永真理、若杉光生、斎藤臣雄、長田裕之、松永 司: ヌクレオチド除去修復を阻害する低分子化合物の同定とその応用、 第35回日本分子生物学会年会、平成24年12月11 - 14日、福岡(2012)
  • 若杉光生、佐々木琢磨、猪部 学、岩淵邦芳、松永 司: 休止期のヌクレオチド除去修復に伴う二重鎖切断の生成とATMシグナリング経路の活性化、 第34回日本分子生物学会年会、平成23年12月13 - 16日、横浜(2011)
  • 松永 司、若杉光生: 末梢血リンパ球を用いたヌクレオチド除去修復能診断法の開発と発がんリスク評価への応用、 第69回日本癌学会学術総会、平成22年9月22 - 24日、大阪 (2010)
  • 若杉光生、佐々木琢磨、猪部 学、岩淵邦芳、松永 司: 紫外線照射されたG0期細胞におけるヌクレオチド除去修復に依存した二次的DNA損傷の生成、 日本放射線影響学会第53回大会、平成22年10月20 - 22日、京都 (2010)
  • Nishinaga, M. and Matsunaga, T. Analysis of DNA repair activity in various human cells using a cell-based immunoassay, 7th 3R (Replication, Recombination and Repair) Symposium, 2010.10.26-30, Toyama, Japan. (2010)
  • 佐々木琢磨、若杉光生、藺上圭子、猪部 学、岩淵邦芳、松永 司: ヒトG0期細胞におけるヌクレオチド除去修復に伴うATRとATMの活性化、 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会(合同)、平成22年12月7 - 10日、神戸 (2010)
  • Kawaguchi, Y., Matsuura, K., Wakasugi, M. and Matsunaga, T. Essential role of DDB1 as a component of DDB1-CUL4 ubiquitin E3 ligase, 7th 3R (Replication, Recombination and Repair) Symposium, 2010.10.26-30, Toyama, Japan. (2010)
  • 金山昌代、若杉光生、松永 司: 紫外線照射後のヒストンH2AX修飾反応の解析、 日本薬学会北陸支部第122回例会、平成22年11月21日、金沢 (2010)
  • Sasaki, T., Matsumoto, M., Nishiyama, C., Wakasugi, M., Inobe, M. and Matsunaga, T.: Histone H2AX phosphorylation triggered by nucleotide excision repair intermediates in quiescent cells, Keystone Symposia “Telomere Biology and DNA Repair”, 2009. 10. 9-14, Ashmore (Queensland), Australia. (2009)
  • 松永 司、山下克美、若杉光生: 癌細胞におけるDNA損傷/複製ストレス後のChk1リン酸化の異常亢進、 第68回日本癌学会学術総会、平成21年10月1 - 3日、横浜 (2009)
  • 西山千晶、佐々木琢磨、若杉光生、猪部 学、松永 司: 紫外線誘発DNA損傷に対するヌクレオチド除去修復能を評価する簡易診断システムの開発、 第31回日本光医学光生物学会、平成21年7月24 - 25日、大阪 (2009)
  • 西永真理、井村真由美、倉田隆一郎、大西一禎、栗山健一、松永 司: Cell-based assayを用いた紫外線誘発DNA損傷検出系の開発、 第31回日本光医学光生物学会、平成21年7月24 - 25日、大阪 (2009)
  • 西永真理、井村真由美、倉田隆一郎、大西一禎、栗山健一、松永 司: Cell-based assayを用いたDNA修復解析系の確立、 日本薬学会第129年会、平成21年3月26 - 28日、京都 (2009)
  • Matsuura, K., Wakasugi, M., Inobe, M., Yamashita, K. and Matsunaga, T.: The role of caspase-dependent Chk1 cleavage during apoptosis, Keystone Symposia “Telomere Biology and DNA Repair”, 2009. 10. 9-14, Ashmore (Queensland), Australia. (2009)
  • 安藤由顕、猪部 学、松永 司: EdUを用いたマウスT細胞刺激後分裂動態の細胞周期による評価、 日本薬学会北陸支部第121回例会、平成21年12月6日、金沢 (2009)
  • 若杉光生、川口慶晃、金山昌代、松浦顕教、松永 司: ユビキチンE3リガーゼコンポーネントとしてのDDB1の機能解析、 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会(合同)、平成22年12月7 - 10日、神戸 (2010)
  • 西山千晶、若杉光生、猪部 学、森脇真一、松永 司: 末梢血由来リンパ球を用いたヌクレオチド除去修復能診断系の開発、 第32回日本光医学光生物学会、平成22年7月30 - 31日、東京 (2010)

芸術・フィールドワーク

特許

○ヌクレオチド除去修復阻害剤、抗腫瘍剤および紫外線治療の増強剤(公開年月:2013/10/28)(特許番号:特許第6004422号)
○DNA損傷修復能力の簡便・迅速な検査方法(公開年月:2012/01/26)(特許番号:特許第5817054号)
○損傷DNAの定量方法及び被験物質の評価方法(公開年月:2010/07/29)(特許番号:特許第5565547号)

共同研究希望テーマ

○DNA損傷に対する細胞応答反応をターゲットにした抗がん剤の開発
○太陽光紫外線防御に関する研究

科研費

○基盤研究(B)「ケミカルバイオロジーを利用したヒトヌクレオチド除去修復機構の解析」(2013-2015) ①代表者
○挑戦的萌芽研究「シスプラチン抵抗性関連因子ERCC1の分解を誘導する新規低分子化合物の解析」(2013-2014) ①代表者
○重点領域研究(1987-1997)「ヌクレオチド除去修復反応を調節する細胞内因子の解析」(1997-) ①代表者
○重点領域研究(1987-1997)「除去修復エンドヌクレアーゼの機能とその欠損による分子病態の生化学的解析」(1997-) ①代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「除去修復エンドヌクレアーゼの機能とその欠損による分子病態に関する研究」(1998-) ①代表者
○萌芽的研究(1996-2001)「DNA修復関連因子を利用したDNA損傷検出系の開発」(1999-) ①代表者
○特定領域研究(B)(1998-2001)「ヌクレオチド除去修復反応の細胞内調節機構に関する研究」(2000-2004) ①代表者
○萌芽的研究(1996-2001)「ヌクレオチド除去修復のバックアップ機構に関する研究」(2004-2004) ①代表者
○基盤研究(B)「ヒト細胞におけるヌクレオチド除去修復のバックアップ機構に関する研究」(2003-2004) ①代表者
○基盤研究(C)「ゲノム損傷応答機構におけるCul4-DDB1ユビキチンリガーゼの新機能の解明」(2009-2011) ②分担者
○挑戦的萌芽研究「哺乳類細胞に潜在する未知DNA修復反応の解明」(2016-) ①代表者
○基盤研究(B)「新規DNA修復阻害剤を活用したメカニズム解析と癌治療への応用」(2016-) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○分子細胞生物学Ⅲ(2017)
○応用細胞機能学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2016)
○応用細胞機能学(2016)
○分子細胞生物学Ⅲ(2016)
○ラボローテーションⅠ(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○初学者ゼミ(2015)
○細胞分子化学(2015)
○ゲノムと細胞(2015)
○分子細胞生物学Ⅲ(2015)
○応用細胞機能学(2015)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2015)
○ゲノムと細胞(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○分子細胞生物学Ⅲ(2014)
○応用細胞機能学(2014)
○ラボローテーションⅠ(2014)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2014)
○細胞分子化学(2014)

大学院担当授業科目

○バイオファーマサイエンス先端セミナー(2017)
○がん分子生物学(2017)
○生薬資源解析学(2017)
○免疫制御学(2017)
○バイオファーマ創薬特論(2017)
○ゲノム安定性制御学(2017)
○ゲノム安定性制御学(2016)
○ゲノム安定性制御学(2015)
○がん分子生物学(2015)
○分子紫外線生物学(2014)
○遺伝情報維持機構学(2014)
○ゲノム安定性制御学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○遺伝子の傷と発癌(キーワード:癌,ゲノム,DNA修復)

その他公的社会活動

このページの先頭へ