本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年11月16日

滝野 隆久 (たきの たかひさ) 教授 TAKINO Takahisa

メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

細胞機能統御 TEL:076-264-6712 FAX:076-234-4505

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 1995 修了
【出身大学】
徳島大学 歯学部 1990/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

日本学術振興会 特別研究員(がん)(1995/04/01-1997/03/31)
アメリカ保健衛生研究所 客員研究員(1997/04/01-1997/12/31)
日本学術振興会 海外特別研究員(NIH)(1998/01/01-1999/09/30)
金沢大学 がん研究所 助手(1999/10/01-2003/04/30)
金沢大学 がん研究所 准教授(2003/05/01-)
金沢大学 国際基幹教育院(2016/04/01-)

生年月

所属学会

日本癌学会
日本がん転移学会 評議員(2005-)
アメリカ細胞生物学会
歯科基礎医学会
日本生化学会
日本結合組織学会 評議員(2007-)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○第17回北国がん基金研究助成(2003/10/08)
○上原記念生命科学財団平成16年度研究奨励金(2005/03/11)
○第9回日本がん転移学会研究奨励賞(2005/06/03)

専門分野

病態医化学、実験病理学

専門分野キーワード

がん細胞、浸潤、転移、細胞外マトリックス、マトリックスメタロプロテアーゼ、シグナル伝達

研究課題

がん細胞浸潤の分子機構

正常細胞においてがん遺伝子,がん抑制遺伝子の変異が蓄積した結果としてがんが発生し,悪性化する。悪性化したがんは組織内へ浸潤し,遠隔臓器へ転移する。我々はがん化,悪性化そして転移性獲得の過程を分子レベルで明らかにすると共にその成果を診断・治療法へと応用することを目指している。
 がんの組織内への浸潤には組織・基底膜の破壊を伴う。我々は1994年にがん転移の鍵を握るタンパク分解酵素を 発見しMT1-MMPと命名した(Nature, 1994)。MT1-MMPは細胞浸潤のみならず増殖・運動などを調整するシグナル伝達にも重要な役割を果たしているとのデーターが蓄積しつつある。

著書

  • 細胞外マトリックスとがん浸潤・転移 羊土社 実験医学 増刊 「がん微小環境と標的治療」 33巻5号 2015/03/15 ①原著書 ②共著 滝野隆久, 佐藤博

論文

  • Design and synthesis of novel anti-metastatic hypoxic cytotoxin TX-2137 targeting Akt kinase. Shiba I, Kouzaki R, Yamada H, Endo Y, Takino T, Sato H, Kitazato K, Kageji T, Nagahiro S, Uto Y. Anticancer Research 37巻 7号 3877-2884頁 2017/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of MMP-9 by membrane type-1 MMP/MMP-2 axis stimulates tumor metastasis Li Z, Takino T, Endo Y, Sato H Cancer Science 108巻 3号 347-353頁 2017/04/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tip60 regulates MT1-MMP transcription and invasion of glioblastoma cells through NF-κB pathway.  Takino T, Nakada M, Li Z, Yoshimoto T, Domoto T, Sato H. Clinical & Experimental Metastasis 33巻 45頁 2016 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • miR-150-5p and miR-133a suppress glioma cell proliferation and migration through targeting membrane-type-1 matrix metalloproteinase.  Sakr M, Takino T, Sabit H, Nakada M, Li Z, Sato H. GENE 587巻 155頁 2016/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glycogen synthesis 3β sustains invasion of glioblastoma via the focal adhesion kinase, Rac1 and c-Jun N-terminal kinase-mediated pathway.  Chikano Y, Domoto T, Furuta T, Sabit H, Kitano-Tamura A, Pyko IV, Takino T, Sai Y, Hayashi Y, Sato H, Miyamoto KI, Nakada M, Minamoto T Molecular Cancer Therapeutics 14巻 564頁 2015 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Membrane-type 1 matrix metalloproteinase regulates fibronectin assembly and N-cadherin adhesion.  Takino T, Yoshimoto T, Nakada M, Li Z, Domoto T, Kawashiri S, Sato H Biochemical and Biophysical Research Communications 450巻 1016頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vinculin negatively regulates transcription of MT1-MMP through MEK/ERK pathway Biochemical and Biophysical Research Communications 455巻 42067号 251-255頁 2014/12/12 
  • Ligand-dependent EphB1 signaling suppresses glioma invasion and correlates with patient survival Neuro-Oncology 15巻 12号 1710-1720頁 2013/12/01 
  • MT1-MMP prevents growth inhibition by three dimensional fibronectin matrix.  BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 436巻 503頁 2013/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aberrant glycogen synthase kinase 3β is involved in pancreatic cancer cell invasion and resistance to therapy.  Kitano A, Shimasaki T, Chikano Y, Nakada M, Hirose M, Higashi T, Ishigaki Y, Endo Y, Takino T, Sato H, Sai Y, Miyamoto K, Motoo Y, Kawakami K, Minamoto T PLoS One e55289巻 2013 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Integrin α3 is overexpressed in glioma stem-like cells and promotes invasion.  Nakada M, Nambu E, Furuyama N, Yoshida Y, Takino T, Hayashi Y, Sato H, Sai Y, Tsuji T, Miyamoto KI, Hirao A, Hamada JI. British Journal of Cancer 108巻 2516頁 2013 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cleavage of hepatocyte growth factor activator inhibitor-1 by membrane-type MMP-1 activates matriptase.  Domoto T, Takino T, Guo LY, Sato H Cancer Science 103巻 448頁 2012 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Shedding of kidney injury molecule-1 by membrane-type 1 matrix metalloproteinase. Guo L, Takino T, Endo Y, Domoto T, Sato H Journal of Biochemistry 152巻 425頁 2012 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Membrane-type 1 matrix metalloproteinase regulates fibronectin assembly to promote cell motility FEBS LETTERS 585巻 3378-3384頁 2011/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • GI24 enhances tumor invasiveness by regulating cell surface membrane-type 1 matrix metalloproteinase.  Sakr M, Takino T, Domoto T, Nakano H, Wong R, Sasaki M, Nakanuma Y, Sato H Cancer Science 101巻 2368頁 2010 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MT1-MMP promotes cell growth and ERK activation through c-Src and paxillin in three-dimentional collagen matrix BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 396巻 1042-1047頁 2010/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of membrane-type 1 matrix metalloproteinase at cell-matrix adhesions. CANCER RESEARCH 67巻 24号 11621-11629頁 2007/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of matrix metalloproteinase-2 (MMP-2) by membrane type 1 matrix metalloproteinase through an artificial receptor for proMMP-2 generates active MMP-2.  Nishida Y, Miyamori H, Thompson EW, Takino T, Endo Y, Sato H Cancer Research 68巻 9096頁 2008 査読無 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • JSAP1/JIP3 cooperates with FAK to regulate c-Jun N-terminal kinase and cell migration. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 280巻 45号 37772-37781頁 2005/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Membrane-type 1 matrix metalloproteinase modulates focal adhesion stability and cell migration. EXPERIMENTAL CELL RESEARCH 312巻 8号 1381-1389頁 2006/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Membrane-type1 matrix metalloproteinase regulates collagen-dependent mitogen- activated protein/extracellular signal-regulated kinase activation and cell migration CANCER RESEARCH 64巻 1044-1049頁 2004/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CrkI adaptor protein modulates cell migration and invasion in glioblastoma CANCER RESEARCH 63巻 9号 2335-2337頁 2003/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tyrosine phosphorylation of the CrkII adaptor protein modulates cell migration JOURNAL OF CELL SCIENCE 116巻 15号 3145-3155頁 2003/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tetraspanin CD63 promotes targeting and lysosomal proteolysis of membrane-type 1 matrix metalloproteinase. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COM 304巻 1号 160-166頁 2003/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cleavage of syndecan-1 by membrane-type matrix metalloproteinase-1 stimulates cell migration. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 278巻 42号 40764-40770頁 2003/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cleavage of metastasis suppressor gene product KiSS-1 protein/Metastin by matrix metalloproteinases. ONCOGENE 22巻 30号 4617-4626頁 2003/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A scaffold protein in the c-Jun N-terminal kinase signaling pathway is associated with focal adhesion kinase and tyrosine-phosphorylated ONCOGENE 21巻 42号 6488-6497頁 2002/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cleavage of lumican by membrane-type matrix metalloproteinase-1 abrogates this proteoglycan-mediated suppression of tumor cell colony formation in soft agar. CANCER RESEARCH 64巻 19号 7058-7064頁 2004/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of N-cadherin- based cell-cell interaction by JSAP1 scaffold in PC12h cells. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COM 353巻 2号 357-362頁 2007/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cleavage of amyloid-precursor protein (APP) by membrane-type matrix metalloproteinases. JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 139巻 3号 517-526頁 2006/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Substrate choice of membrane-type 1 matrix metalloproteinase is dictated by tissue inhibitor of metalloproteinase-2 level. Cancer Science 98巻 4号 563-568頁 2007/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of membrane-type 1 matrix metalloproteinase (MMP)-mediated MMP-2 activation and tumor invasion by testican 3 and its splicing variant gene product, N-Tes. CANCER RESEARCH 61巻 24号 8896-8902頁 2001/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of dominant negative form of Ets-1 suppresses fibronectin-stimulated cell adhesion and migration through down-regulation of integrin alpha 5 expression in U251 glioma cell line. CANCER RESEARCH 61巻 21号 7985-7991頁 2001/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Claudin promotes activation of pro-matrix metalloproteinase -2 mediated by membrane-type matrix metalloproteinases. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 276巻 30号 28204-28211頁 2001/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Shc and FAK differentially regulate cell motility and directionality modulated by PTEN. JOURNAL OF CELL BIOLOGY 146巻 2号 389-403頁 1999/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PTEN interactions with focal adhesion kinase and suppression of the extracellular matrix-dependent phosphatidylinositol 3-kinase/Akt cell survival pathway. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 274巻 29号 20693-206703頁 1999/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tumor suppressor PTEN inhibition of cell invasion, migration, and growth: differential involvement of focal adhesion kinase and p130cas. CANCER RESEARCH 59巻 2号 442-449頁 1999/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

○顕微鏡用細胞培養器(特許番号:3104790)

共同研究希望テーマ

科研費

○特定領域研究(C)(2000-2001)「がん浸潤における細胞運動とMT-MMP発現の協調的制御機構の解析」(2000-)
○奨励研究(A)(1968-2001)「癌細胞運動とマトリックスメタロプロテアーゼ活性発現調節機構の解明」(2000-) ①代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「がん浸潤における細胞運動とMMP発現の協調的制御機構の解析」(2001-) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「癌細胞運動とマトリックスメタロプロテアーゼ活性発現調節機構の解明」(2001-) ①代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「癌浸潤における細胞運動とMT-MMPの協調的制御機構の解析」(2002-) ①代表者
○若手研究(B)「がん細胞運動とマトリックスメタロプロテアーゼ活性発現の調節機構の解析」(2002-) ①代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「癌細胞浸潤における細胞運動とMT-MMPの協調的制御機構の解析」(2003-) ①代表者
○若手研究(B)「がん細胞運動とマトリックスメタロプロテアーゼ活性発現の調節機構の解析」(2003-) ①代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「がん浸潤の細胞運動と細胞外マトリックス分解御機構の解析」(2004-) ①代表者
○基盤研究(C)「JNK結合分子による細胞運動極性制御機構の解析」(2004-) ①代表者
○基盤研究(C)「JNK結合分子による細胞運動極性制御機構の解析」(2005-) ①代表者
○基盤研究(C)「JNK結合分子による細胞接着斑と運動極性形成制御機構の解析」(2006-) ①代表者
○基盤研究(C)「JNK結合分子による細胞接着斑と運動極性形成制御機構の解析」(2007-) ①代表者
○特定領域研究「膜型マトリックスメタロプロテアーゼによる細胞運動極性制御機構」(2008-) ①代表者
○基盤研究(C)「細胞外微小環境変化と細胞運動誘導」(2008-) ①代表者
○基盤研究(C)「細胞外マトリックス分解と細胞運動の極性形成維持機構」(2011-2013) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)

大学院担当授業科目

○細胞機能学特論(2017)
○細胞機能学特論(2017)
○細胞機能学特論(2016)
○細胞機能学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ