本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年04月02日

赤木 紀之 (あかぎ ただゆき) 准教授 AKAGI, Tadayuki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 再生分子医学

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

再生分子医学 TEL:076-265-2207 FAX:076-234-4238

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 医学系研究科 分子細胞生物学 2004/03 修了
【出身大学】
横浜市立大学 文理学部(理科系) 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学 医薬保健研究域医学系 准教授(2015/05/01-)
金沢大学 医薬保健研究域医学系 助教(2008/09/01-2015/04/30)
UCLA医学部/シーダスサイナイ医療センター 博士研究員(2005/04/01-2008/08/31)
金沢大学 医学系研究科 博士研究員(2004/04/01-2005/03/31)
日本学術振興会 特別研究員DC1(2001/04/01-2004/03/31)

生年月

1974年10月

所属学会

日本生化学会 役員等選挙実施委員(支部)(2017-2017)
金沢大学十全医学会
金沢国際がん生物学研究会
日本生化学会北陸支部 幹事(2016-2018)
日本がん学会
日本血液学会
日本生化学会
国際幹細胞学会
日本分子生物学会

学内委員会委員等

○金沢大学十全医学会 監事 委員(2018-2020)
○十全医学会雑誌 編集委員 委員(2017-2018)
○学生支援委員 委員(2016-2018)
○医薬保健研究域長(医薬保健学域長)候補者意向投票管理委員 委員(2015-2015)
○安全衛生委員会 委員(2014-2014)
○安全衛生委員会 委員(2015-2015)
○医学系長・学類長及び大学院先進予防医学研究科長 候補者意向投票管理委員会 委員(2015-2015)
○医薬保健学総合研究科長 候補者意向投票管理委員 委員(2015-2015)

受賞学術賞

○武田科学振興財団 医学系研究奨励(2017/11/13)
○第29回 北國がん基金 助成(2015)
○持田記念医学薬学振興財団 研究助成(2013/10/25)
○武田科学振興財団 医学系研究奨励(2012/11/01)
○中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成(2011/01/07)
○北陸銀行 若手研究者助成金(2010/03/26)
○上原記念生命科学財団 研究奨励金(2010/03/11)
○かなえ医薬振興財団 研究助成(2009/10/27)
○ライフサイエンス振興財団 研究助成(2009/03/04)
○米国血液学会 ASH Travel Award(2005/12)
○Stem Cell Grant, Cedars-Sinai Medical Center(2005/04)

専門分野

医化学一般

専門分野キーワード

ES細胞、がん遺伝子、再生医学、転写因子、遺伝子発現制御

研究課題

がん遺伝子を介した幹細胞性制御機構の解析

がん遺伝子を介した幹細胞性制御機構の解析 幹細胞とは、様々な細胞系譜へ分化可能な「多分化能」を持つ細胞で、種々の組織で幹細胞の存在が知られている。中でもマウス胚性幹細胞(ES細胞)は、培地にサイトカインLIFを添加しておくことで、多分化能を維持したまま増殖(自己複製)する幹細胞株である。一方がん細胞とは、様々な正常組織で発生しうる悪性腫瘍であり、未熟な細胞で分化しておらず、増殖を続けることで正常細胞の機能を阻害する。「未分化状態で無限に増殖する」という点では、ES細胞とがん細胞で性質が同じであると言える。この知見は、体細胞でがん遺伝子として機能している因子(群)は、ES細胞内で自己複製に関与している可能性を示唆している。本研究ではがん遺伝子を介したES細胞における多分化能制御機構の解析を行っている。

多能性幹細胞のナイーブ状態維持機構の解析

多能性幹細胞のナイーブ状態維持機構の解析 多能性幹細胞はより未分化状態であるナイーブ型と、やや分化の進んだプライム型があることが知られている。マウスES細胞はナイーブな状態をとり、その未分化性維持にはLIF依存性がある。一方エピブラスト幹細胞はプライムな状態であり、未分化性維持にはLIFを必要としない。本研究では、多能性幹細胞がナイーブ状態を生み出す分子基盤の解明を目指している。

血球分化における転写因子C/EBPの解析

血球分化における転写因子C/EBPの解析 転写因子C/EBP (CCAAT/enhancer binding protein)は、少なくとも6種類が知られている。このファミリーに属する転写因子は、全てC末端側に高度に保存されたbasic-region leucine zipper(bZIP)構造を有している。bZIP構造を介して、ホモもしくはヘテロダイマーを形成しDNAに結合する。その機能は、組織特異的な遺伝子発現調節、細胞の分化や増殖制御、細胞周期や細胞死など多岐に渡っている。本研究ではC/EBPを介した血球分化の制御機構の解析に取り組んでいる。

著書

  • ES細胞の未分化状態維持機構 羊土社 実験医学 2001/02 原著書 共著 松田孝彦,赤木紀之,臼田雅幸,横田崇
  • 正常核型急性骨髄性白血病のSNPアレイ解析 血液フロンティア 2010/10 単著 赤木紀之
  • Vitamin D and Hematologic Malignancies (Chapter 11)  Springer Vitamin D and Cancer (1st edition) 2010/10 共著 Okamoto R, Akagi T, Koeffler HP
  • 脳神経系の再生医学 -発生と再生の融合的新展開- 診断と治療社 2015/01 原著書 分担執筆 赤木紀之・横田崇(分担)、川﨑洋志(編集)、井村裕夫・高橋淳(監修)
  • 骨髄系細胞の分化と転写因子C/EBPファミリー 金沢大学 十全医学会雑誌 2015/06/01 原著書 単著 赤木紀之

論文

  • Baf53a is involved in survival of mouse ES cells, which can be compensated by Baf53b. Zhu B, Ueda A, Song X, Horike SI, Yokota T, Akagi T. Sci Rep 7巻 14059頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • GA-Binding Protein Alpha Is Involved in the Survival of Mouse Embryonic Stem Cells. Ueda A, Akagi T, Yokota T. Stem Cells 35巻 2229-2238頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Platelet-derived growth factor-C functions as a growth factor in mouse embryonic stem cells and human fibrosarcoma cells. Kinjo T, Sun C, Ikeda T, Ikegami T, Tada Y, Akagi T, Yokota T, Koide, H. Cell Mol Biol Lett.  23巻 8頁 2018/02/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cortisol overproduction results from DNA methylation of CYP11B1 in hypercortisolemia. Kometani, M., Yoneda, T., Demura, M., Koide, H., Nishimoto, K., Mukai, K., Gomez-Sanchez, C., Akagi, T., Yokota, T., Horike, S., Karashima, S., Miyamori, I., Yamagishi, M., and Takeda, Y. Sci Rep. 7巻 11205頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Copy number analysis identifies tumor suppressive lncRNAs in human osteosarcoma. Xie J, Lin D, Lee DH, Akunowicz J, Hansen M, Miller C, Sanada M, Kato M, Akagi T, Kawamata N, Ogawa S, Koeffler HP. Int J Oncol. 50巻 863-872頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Role of the leucine zipper domain of CCAAT/enhancer binding protein-epsilon (C/EBPε) in neutrophil-specific granule deficiency. Wada T and Akagi T Critical Reviews™ in Immunology 36巻 349-358頁 2016 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Esrrb directly binds to Gata6 promoter and regulates its expression with Dax1 and Ncoa3. Uranishi K, Akagi T, Koide H, Yokota T. Biochem Biophys Res Commun. 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nanog positively regulates Zfp57 expression in mouse embryonic stem cells Yamaguchi Y, Takamura H, Tada Y, Akagi T, Oyama K, Miyashita T, Tajima H, Kitagawa H, Fushida S, Yokota T, Ohta T, Koide H. Biochem Biophys Res Commun.  453巻 817-20頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Variegated clonality and rapid emergence of new molecular lesions in xenografts of acute lymphoblastic leukemia are associated with drug resistance Nowak D, Liem NL, Mossner M, Klaumünzer M, Papa RA, Nowak V, Jann JC, Akagi T, Kawamata N, Okamoto R, Thoennissen NH, Kato M, Sanada M, Hofmann WK, Ogawa S, Marshall GM, Lock RB, Koeffler HP. Exp Hematol. 43巻 1号 32-43頁 2015 査読有 原著論文
  • ETS-related Transcription Factors ETV4 and ETV5 are Involved in Proliferation and Induction of Differentiation-associated Genes in ES cells. Akagi T, Kuure S, Uranishi K, Koide H, Costantini F, and Yokota T J Biol. Chem.  290巻 22460-22473頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A novel in-frame deletion in the leucine zipper domain of C/EBP-epsilon leads to neutrophil-specific granule deficiency. Wada T, Akagi T, Muraoka M, Toma T, Kaji K, Agematsu K, Koeffler HP, Yokota T, Yachie A  J Immunol 195巻 80-86頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oct3/4 directly regulates expression of E2F3a in mouse embryonic stem cells. Kanai D, Ueda A, Akagi T, Yokota T, Koide H Biochem Biophys Res Commun 459巻 374-378頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The stem cell transcription factor ZFP57 induces IGF2 expression to promote anchorage-independent growth in cancer cells. Tada Y, Yamaguchi Y, Kinjo T, Song X, Akagi T, Takamura H, Ohta T, Yokota T, Koide H. Oncogene 34巻 752-60頁 2015 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Establishment and characterization of novel human primary and metastatic anaplastic thyroid cancer cell lines and their genomic evolution over a year as a primagraft. Garg M, Okamoto R, Nagata Y, Kanojia D, Venkatesan S, M T A, Braunstein GD, Said JW, Doan NB, Ho Q, Akagi T, Gery S, Liu LZ, Tan KT, Chng WJ, Yang H, Ogawa S, Koeffler HP. J Clin Endocrinol Metab. 100巻 725-35.頁 2015 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High Oxygen Condition Facilitates the Differentiation of Mouse and Human Pluripotent Stem Cells into Pancreatic Progenitors and Insulin-Producing Cells. Hakim F, Kaitsuka T, Raeed JM, Wei FY, Shiraki N, Akagi T, Yokota T, Kume S, and Tomizawa K.  J Biol. Chem. 289巻 9623-38頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic CCAAT/enhancer binding protein (CEBP)-associated changes of DNA methylation in the angiotensinogen gene. Wang F, Demura M, Cheng Y, Zhu A, Karashima S, Yoneda T, Demura Y, Maeda Y, Namiki M, Ono K, Nakamura Y, Sasano H, Akagi T, Yamagishi M, Saijoh K, Takeda Y. Hypertension 63巻 281-288頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Deficiency of CCAAT/enhancer binding protein-epsilon reduces atherosclerotic lesions in LDLR-/- mice. Okamoto R, Gery S, Gombart AF, Wang X, Castellani LW, Akagi T, Chen S, Arditi M, Ho Q, Lusis AJ, Li Q, Koeffler HP.  PLoS ONE. 9巻 e85341頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel Gemini vitamin D3 analogs: Large structure/function analysis and ability to induce antimicrobial peptide. Okamoto R, Gery S, Kuwayama Y, Borregaard N, Ho Q, Alvarez R, Akagi T, Liu GY, Uskokovic MR, Koeffler HP. INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER 134巻 207頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Zfp296 is a novel Klf4-interacting protein and functions as a negative regulator Fujii Y, Kakegawa M, Koide H, Akagi T, Yokota T. Biochem Biophys Res Commun. 441巻 2号 411-417頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dax1 Associates with Esrrb and Regulates Its Function in Embryonic Stem Cells. Uranishi K, Akagi T, Sun C, Koide H, Yokota T. Mol Cell Biol 33巻 2056頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inecalcitol, an analog of 1α,25(OH)2D3, induces growth arrest of androgen-dependent prostate cancer cells. Okamoto R, Delansorne R, Wakimoto N, Bodoan N, Akagi T, Shen M, Ho QH, Said J, Koeffler HP. Int J Cancer. 130巻 2464頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Eed/Sox2 regulatory loop controls ES cell self-renewal through histone methylation and acetylation Ura H, Murakami K, Akagi T, Kinoshita K et al EMBO J 30巻 11号 2190-204頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In vivo deficiency of both C/EBPβ and C/EBPε results in highly defective myeloid differentiation and lack of cytokine response. Akagi T, Thoennissen NH, George A, Crooks G et al PLoS One 5巻 11号 e15419頁 2010/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Single nucleotide polymorphism genomic arrays analysis of t(8;21) acute myeloid leukemia cells. Akagi T, Shih LY, Ogawa S, Gerss J, Moore SR, et al HAEMATOLOGICA 94巻 9号 1301-1306頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genomic profiling of adult acute lymphoblastic leukemia by single nucleotide polymorphism oligonucleotide microarray and comparison to pediatric acute lymphoblastic leukemia. Okamoto R, Ogawa S, Nowak D, Kawamata N, Akagi T, Kato M et al Haematologica 95巻 9号 1481-1488頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional analysis of a novel DNA polymorphism of a tandem repeated sequence in the asparagine synthetase gene in acute lymphoblastic leukemia cells. Akagi T, Yin D, Kawamata N, Bartram CR, Hofmann WK, Song JH, et al. Leukemia Res 33巻 7号 991-996頁 2009/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dax1 Binds to Oct3/4 and Inhibits Its Transcriptional Activity in Embryonic Stem Cells Sun C, Nakatake Y, Akagi T, Ura H, Matsuda T et al Mol Cell Biol 29巻 16号 4574-4583頁 2009/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular allelokaryotyping of T-cell prolymphocytic leukemia (T-PLL) cells with high density SNP arrays identifies novel common genomic lesions and acquired uniparental disomy (aUPD). Nowak D, Toriellec EL, Stern MH, Kawamata N, Akagi T, et al HAEMATOLOGICA 94巻 2号 518-527頁 2009/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epigenetic regulation and molecular characterization of C/EBPalpha in pancreatic cancer cells. Kumagai T, Akagi T, Desmond JC, Kawamata N, Gery S, Imai Y, et al. Int J Cancer 124巻 4号 827-833頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hidden abnormalities and novel classification of t(15;17) APL based on genomic alterations. Akagi T, Shih LY, Kato M, Kawamata N, Yamamoto G, Sanada M, Okamoto R, Miller CW, Liang DC, Ogawa S, Koeffler HP. Blood 113巻 8号 1741-1748頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Frequent genomic abnormalities in AML/MDS with normal karyotype. Akagi T, Ogawa S, Dugas M, Kawamata N, Yamamoto G, Nannya Y, et al. Haematologica 94巻 2号 213-223頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chromosomal abnormalities and novel disease-related regions in progression from Barrett’s esophagus to esophageal adenocarcinoma. Akagi T, Ito T, Kato M, et al Int J Cancer. 125巻 10号 2349-2359頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs Suppress Glioma via 15-Hydroxyprostaglandin Dehydrogenase. Wakimoto N, Wolf I, Yin D, O'Kelly J, Akagi T, Abramovitz L et al. Cancer Res 68巻 17号 6978-6986頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • STAT3 and Oct-3/4 control histone modification through induction of Eed in embryonic stem cells. Ura H, Usuda M, Kinoshita K, Sun C, Mori K, Akagi T, et al J Biol Chem 283巻 15号 9713-9723頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vitamin D compounds and MDS. Okamoto R, Akagi T, Koeffler HP. LEUKEMIA & LYMPHOMA 49巻 1号 12-13頁 2008/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of sodium iodide symporter gene and molecular characterisation of HNF3beta/FoxA2, TTF-1 and C/EBPbeta in thyroid carcinoma cells. Akagi T, Luong QT, Gui D, Said J, Selektar J, Yung A, et al. Br J Cancer 99巻 5号 781-788頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impaired response to GM-CSF and G-CSF, and enhanced apoptosis in C/EBPbeta-deficient hematopoietic cells. Akagi T, Saitoh T, O'Kelly J, Akira S, Gombart AF, Koeffler HP Blood 111巻 6号 2999-3004頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stem cell-specific expression of Dax1 is conferred by STAT3 and Oct3/4 in embryonic stem cells. Sun C, Nakatake Y, Ura H, Akagi T, Niwa H, Koide H, Yokota T Biochem Biophys Res Commun 372巻 1号 91-6頁 2008/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • GABPalpha regulates Oct-3/4 expression in mouse embryonic stem cells. Kinoshita K, Ura H, Akagi T, Usuda M, Koide H, Yokota T. Biochem Biophys Res Commun 353巻 3号 686-691頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Methylation analysis of asparagine synthetase gene in acute lymphoblastic leukemia cells. Akagi T, Yin D, Kawamata N, Bartram CR, Hofmann WK, Wolf I, et al. Leukemia 20巻 7号 1303-1306頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of Zfp-57 as a downstream molecule of STAT3 and Oct-3/4 in embryonic stem cells. Akagi T, Usuda M, Matsuda T, Ko MS, Niwa H, Asano M, et al. Biochem Biophys Res Commun 331巻 1号 23-30頁 2005/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of the nucleocytoplasmic shuttling sequence of heterogeneous nuclear ribonucleoprotein D-like protein JKTBP and its interaction with mRNA. Kawamura H, Tomozoe Y, Akagi T, Kamei D, Ochiai M, Yamada M. J Biol Chem 277巻 4号 2732-2739頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular characterization of a mouse heterogeneous nuclear ribonucleoprotein D-like protein JKTBP and its tissue-specific expression. Akagi T, Kamei D, Tsuchiya N, Nishina Y, Horiguchi H, Matsui M, Kamma H, Yamada M Gene 245巻 2号  267-273頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • タフツ大学教員英語研修報告(会議名:第10回MRTプログラム・リトリート)(2017)
  • ES細胞の数理モデル(会議名:革新的統合バイオ研究コア ワークショップ「多様な生命現象の数理モデル研究」)(2017/07/13)
  • 好中球二次顆粒球欠損症における2アミノ酸欠損型C/EBPεの機能解析(会議名:第79回日本血液学会学術集会)(2017)
  • Loss of function of Baf53a (a subunit of chromatin remodeling complex) results in cell death and Baf53b, as well as Baf53a, rescue the phenotype in mouse ES cells.(会議名:The 5th Annual Meeting of the International Cytokine and Interferon Society)(2017)
  • Functional analysis of 2 amino acids deleted transcription factor C/EBP epsilon found in neutrophil-specific granule deficiency.(会議名:The 5th Annual Meeting of the International Cytokine and Interferon Society)(2017)

全て表示

  • Ets-related transcription factor GABPα is involved in the survival of mouse embryonic stem cells.(会議名:The 5th Annual Meeting of the International Cytokine and Interferon Society)(2017)
  • Baf53a is involved in proliferation of ES cells by regulating p53-p21 pathway and Baf53b compensates for Baf53a function.(会議名:ISSCR 2017 Annual Meeting)(2017/06/14)
  • Involvement of chromatin remodeling factor Baf53a in proliferation of mouse ES cells by regulating p53 and p21.(会議名:日本生化学会北陸支部第35回大会)(2017/06/03)
  • Baf53a deficiency inhibits cell proliferation and Baf53b substitutes for functions of Baf53a in mouse embryonic stem cells.(会議名:第15回幹細胞シンポジウム)(2017/05/26)
  • 転写因子C/EBPεの機能欠損による好中球分化障害のメカニズム(会議名:日本生化学会北陸支部第34回大会)(2016/05/28)
  • Functions of Baf53a in Proliferation and Epigenetic Status of Embryonic Stem Cells(会議名:日本生化学会北陸支部第34回大会)(2016/05/28)
  • 転写因子C/EBP epsilon の遺伝子変異がもたらす好中球分化障害(会議名:第39回 日本分子生物学会)(2016/12/02)
  • 転写因子C/EBPを介する血球分化と免疫疾患(会議名:横浜市立大学 生命環境コース教室セミナー)(2016/11/29)
  • 数理モデルから見えてきたES 細胞特異的転写因子Oct3/4 とDax1 の振動現象(会議名:金沢大学 先魁プロジェクト「幹細胞とがんの数理生物学」シンポジウム)(2016/11/24)
  • C/EBPε 遺伝子の変異がもたらす好中球分化障害の分子機構(会議名:第3回 北陸地区エピジェネティクス研究会)(2016/11/21)
  • マウスES細胞の自己複製制御機構の解析(会議名:血管の生理的調節機構と分子病態の解明をめざす ポスト・ゲノム医学研究 第3回 先魁セミナー)(2016/08/29)
  • Functional Analyses of ETS-related Transcription Factors ETV4/5 in Proliferation and Differentiation of Mouse ES Cells.(会議名:CiRA/ISSCR 2016 International Symposium)(2016/03/22)
  • 癌細胞の増殖におけるES細胞特異的分子ZFP57の機能解析(会議名:日本癌学会シンポジウム/共同利用・共同研究拠点シンポジウム)(2015/01/21)
  • 新規C/EBPε変異を認めた好中球二次顆粒欠損症の病態解析と新規治療法開発の可能性(会議名:原発性免疫不全症候群の病態解明と新規治療法開発への応用に関する研究班 平成26年度班会議)(2015/01/23)
  • 好中球二次顆粒欠損症における新規C/EBPε変異の機能解析.(会議名:第118回日本小児科学会)(2015/04/18)
  • A novel 2 amino acids deletion of the transcription factor C/EBP epsilon leads to neutrophil-specific granule deficiency (SGD)(会議名:The 13th Stem Cell Research Symposium.)(2015/05/29)
  • Zfp296 associates with Klf4 and regulates its activity as an activator and a repressor.(会議名:The 13th Stem Cell Research Symposium.)(2015/05/29)
  • ES細胞特異的遺伝子ZFP57はNanogで正に制御され大腸癌肝転移を促進する(会議名:第74回日本癌学会学術総会)(2015/10/08)
  • Molecular characterization of a novel 2 amino acids deletion of C/EBP epsilon in SGD.(会議名:第77回日本血液学会学術集会)(2015/10/16)
  • 皮膚の反復性化膿性病変を契機として診断に至った好中球二次顆粒欠損症の1例(会議名:第7回日本免疫不全研究会)(2014/01/25)
  • 皮膚の反復性化膿性病変を契機として診断に至った好中球二次顆粒欠損症の1例(会議名:第3回小児免疫不全セミナー)(2014/02/07)
  • 好中球特殊顆粒欠損症の1例;C/EBPε 変異と好中球機能異常(会議名:第9回金沢小児皮膚免疫アレルギー研究会)(2014/06/25)
  • The Nanog/Zfp57 axis regulates anchorage-independent growth(会議名:第12回幹細胞シンポジウム)(2014/05/30)
  • ES細胞特異的遺伝子ZFP57は癌遺伝子として機能する(会議名:第73回日本癌学会学術総会)(2014/09/25)
  • Zfp296 functions as transcriptional repressor and activator together with histon modification enzymes.(会議名:第37回 日本分子生物学会)(2014/11/25)
  • 好中球二次顆粒欠損症における新規C/EBPε変異の機能解析(会議名:第22回食細胞機能異常症研究会)(2014/12/13)
  • ES細胞特異的遺伝子Zfp57はHT1080細胞において癌遺伝子として機能する(会議名:第36回日本分子生物学会)(2013/12/03)
  • 癌細胞の増殖におけるES細胞特異的分子Zfp57の機能解析(会議名:日本生化学会北陸支部第31回大会)(2013/05/25)
  • Identification of an ES-specific gene Zfp57 as a novel oncogene(会議名:第11回幹細胞シンホジウム)(2013/05/17)
  • Zfp296を介したKlf4の機能制御機構の解析(会議名:第36回 日本分子生物学会)(2013/12/03)
  • ES細胞における多分化能と増殖能における転写因子ETV4/5の関与(会議名:第36回 日本分子生物学会)(2013/12/03)
  • Dax1はEsrrbを抑制することによってES細胞の内胚葉系への分化を抑制する(会議名:第36回 日本分子生物学会)(2013/12/03)
  • 転写因子C/EBPεの遺伝子変異がもたらす免疫不全症(会議名:第2回 北陸地区エピジェネティクス研究会)(2015/11/11)
  • 胚性幹細胞における転写因子ネットワーク(会議名:第一回 北陸地区エピジェネティクス研究会)(2014/11/18)
  • 胚性幹細胞の自己複製能を制御する分子基盤.(会議名:日本生化学会北陸支部第32回大会)(2014/05/24)
  • マウスES細胞においてOct3/4は直接E2F3a遺伝子の発現制御している(会議名:第88回日本生化学会大会 合同大会)(2015/12/01)
  • 転写因子C/EBPεの機能欠損による好中球分化障害のメカニズム(会議名:日本生化学会北陸支部第34回大会)(2016/05/28)
  • Tadayuki Akagi, Satu Kuure, Hiroshi Koide, Frank Costantini, Takashi Yokota. INVOLVEMENT OF ETS-RELATED TRANSCRIPTION FACTORS ETV4 AND ETV5 IN PLURIPOTENCY AND PROLIFERATION OF MOUSE EMBRYONIC STEM CELLS. June 13-16, 2012. ISSCR 10th Annual Meeting. Yokohama, Japan.(2012)
  • 藤井優佳,懸川まどか,赤木紀之,小出寛,横田崇. Zfp296のマウスES細胞における役割. 2012年12月11日-14日. 第35回 日本分子生物学会 (福岡・福岡国際会議場)(2012)
  • Kousuke Uranishi, Tadayuki Akagi, Chuanhai Sun, Hiroshi Koide, and Takashi Yokota. DAX1 ASSOCIATES WITH ESRRB AND FUNCTIONS AS A REPRESSOR IN EMBRYONIC STEM CELLS. June 13-16, 2012. ISSCR 10th Annual Meeting. Yokohama, Japan.(2012)
  • 転写因子C/EBPbetaとC/EBPepsilonのダブルノックアウトマウスの解析(会議名:横浜市立大学医学部免疫学セミナー)(2009/12)
  • 金井大,武石健,上田篤,赤木紀之,小出寛,横田崇. マウスES細胞におけるLRH-1の増殖制御機構の解析. 2012年12月14日-16日. 第85回 日本生化学会大会(福岡県・福岡国際会議場)(2012)
  • Tada Yuhki, Tadayuki Akagi, Takashi Yokota, and Hiroshi Koide. NANOG/ZFP57 PATHWAY PROMOTES ANCHORAGE INDEPENDENT GROWTH OF HT1080 CELLS BY INDUCING IMPRINTED GENES EXPRESSION. June 13-16, 2012. ISSCR 10th Annual Meeting. Yokohama, Japan.(2012)
  • 浦西 洸介、赤木 紀之、孫 伝海、小出 寛、横田 崇. 未分化なES細胞特異的に発現しているDax1とEsrrbの相互作用. 2010年12月10日 BMB2010(神戸)(2010)
  • Tadayuki Akagi, Nils H. Thoennissen, Gay Crooks, Adrian F. Gombart, H. Phillip Koeffler. Analysis of Hematopoietic Cells in C/EBPß and C/EBPε Double Knockout Mice. The 7th Stem Cell Research Symposium (Tokyo), May 15-16, 2009(2009)
  • Hiroki Ura, Tadayuki Akagi, Hiroshi Koide, Takashi Yokota. Excess amount of Eed induces apoptosis of mouse ES cells. The 7th Stem Cell Research Symposium (Tokyo), May 15-16, 2009(2009)
  • Nils Heinrich Thoennissen, Tadayuki Akagi, Jee Hoon Song, Gabriela B. Iwanski, and H. Phillip Koeffler. In Vivo Deficiency of Both Transcription Factors, C/EBPbeta and C/EBPepsilon, Results in Lack of Cytokine Response and a High Susceptibility for Overwhelming Infections. December 5-8, 2009. The 51th America Society of Hematology Annual Meeting. New Orleans, LA, USA.(2009)
  • Ryoko Okamoto, Yoshio Kuwayama, Adrian F. Gombart, Tadayuki Akagi, Milan Uskokovic and H. Phillip Koeffler. STRUCTURE/FUNCTION ANALYSIS OF NOVEL GEMINI-VITAMIN D3 ANALOGS. October 4-8, 2009. The 14th Workshop on Vitamin D. Brugge, Belgium.(2009)
  • Takashi Kumagai, Tadayuki Akagi, Julian C. Desmond, Norihiko Kawamata, Sigal Gery, Yasufumi Imai, Dorina Gui, Jonathan Said, H. Phillip Koeffler. Epigenetic regulation and molecular characterization of C/EBPα in pancreatic cancer cells. April 18-22, 2009. American Association for Cancer Research Annual Meeting 2009. Denver, Colorado, USA(2009)
  • Dhong Hyun T. Lee, Stephen R. Moore, Marc F. Hansen, Jennifer Akunowicz, Carl Miller, Masashi Sanada, Motohiro Kato, Tadayuki Akagi, Norihiko Kawamata, Seishi Ogawa, Rhona Schreck, Phillip H. Koeffler. Allele-specific copy number analysis of human osteosarcoma by single nucleotide polymorphism (SNP) array identifies several monoallelic amplicons independent of MYC in chromosome 8 q-arm (8q). April 18-22, 2009. American Association for Cancer Research Annual Meeting 2009. Denver, Colorado, USA(2009)
  • Daniel Nowak, Tadayuki Akagi, Rachel Papa, Norihiko Kawamata, Nils Thoennissen, Ryoko Okamoto, Wolf K. Hofmann, Motohiro Kato, Seishi Ogawa, Richard Lock, Phillip H. Koeffler. High density SNP array allelokaryotyping of human acute lymphoblastic leukemia (ALL) xenografts in immunodeficient mice reveals genomic changes upon in vivo induction of chemoresistance. April 18-22, 2009. American Association for Cancer Research Annual Meeting 2009. Denver, Colorado, USA(2009)
  • 赤木 紀之, Nils H. Thoennissen, Ann George, Gay Crooks, Jee Hoon Song, 岡本 涼子, Daniel Nowak, Carsten Muller-Tidow, Adrian F. Gombart, H. Phillip Koeffler. Redundant roles of C/EBP-beta and C/EBP-epsilon during myeloid development. 2009年12月11日 第32回分子生物学会年会(横浜)(2009)
  • 田多 祐喜, 赤木 紀之, 横田 崇, 小出 寛. Nanogはヒト繊維肉腫HT1080細胞の足場非依存性増殖に必要である. 2011年5月28日. 日本生化学会北陸支部 第29回大会. (2011)
  • 浦西 洸介、赤木 紀之、孫 伝海、小出 寛、横田 崇. 未分化なマウスES細胞におけるOct3/4、Dax1、Esrrbの相互作用. 2011年5月28日. 日本生化学会北陸支部 第29回大会.(2011)
  • Tadayuki Akagi, Satu Kuure, Hiroshi Koide, Frank Costantini, Takashi Yokota. Ets-related transcription factors ETV4 and ETV5 are involved in pluripotency and proliferation of mouse embryonic stem cells. 2011年5月25日-26日. 日本分子生物学会 第11回春季シンポジウム (金沢・石川県立音楽堂)(2011)
  • Hiroki Ura, Kazuhiro Murakami, Tadayuki Akagi, Keita Kinoshita, Shukuro Yamaguchi, Shinji Masui, Hitoshi Niwa, Hiroshi Koide,Takashi Yokota. Eed and Sox2 form regulatory loop that regulates ES cell self-renewal by modulating histon methylation and acetylation. 2011年5月25日-26日. 日本分子生物学会 第11回春季シンポジウム (金沢・石川県立音楽堂)(2011)
  • 浦西 洸介、赤木 紀之、孫 伝海、小出 寛、横田 崇. マウスES細胞におけるOct3/4、Dax1、Esrrbの相互作用. 2011年5月25日-26日. 日本分子生物学会 第11回春季シンポジウム (金沢・石川県立音楽堂)(2011)
  • Kousuke Uranishi, Tadayuki Akagi, Chuanhai Sun, Hiroshi Koide, Takashi Yokota. Involvement of nuclear hormone receptors Dax1 and Esrrb in the maintenance of self-renewal in ES cells. 2011年5月13日-14日. The 9th Stem Cell Research Symposium (東京・泉ガーデンギャラリー)(2011)
  • Hiroshi Koide, Hiroki Ura, Kazuhiro Murakami, Tadayuki Akagi, Keita Kinoshita, Shukuro Yamaguchi, Shinji Masui, Hitoshi Niwa, Takashi Yokota. Eed/Sox2 regulatory loop controls ES cell self-renewal through histone methylation and acetylation. 2011年5月13日-14日. The 9th Stem Cell Research Symposium (東京・泉ガーデンギャラリー)(2011)
  • Yuhki Tada, Tadayuki Akagi, Takashi Yokota, Hiroshi Koide. Nanog regulates anchorage-independent growth of HT1080 fibrosarcoma cells. 2011年5月13日-14日. The 9th Stem Cell Research Symposium (東京・泉ガーデンギャラリー)(2011)
  • Tadayuki Akagi, Nils H. Thoennissen, Ann George, Gay Crooks, Jee Hoon Song, Ryoko Okamoto, Daniel Nowak, Carsten Muller-Tidow, Adrian F. Gombart, H. Phillip Koeffler. In vivo deficiency of both C/EBPbeta and C/EBP epsilon results in highly defective myeloid differentiation and lack of cytokine reponse. 2010年12月9日 BMB2010(神戸)(2010)
  • 田多 祐喜, 赤木 紀之, 横田 崇, 小出 寛. Nanog is essential for anchorage-independent growth of HT1080 fibrosarcoma cells. 2010年12月9日 BMB2010(神戸)(2010)
  • 上田 篤、田多 祐喜、浦 大樹、赤木 紀之、小出 寛、横田 崇:ES細胞におけるGli2の発現制御機構の解析;日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年5月29日 (福井)(2010)
  • 田多 祐喜、赤木 紀之、 横田 崇、 小出 寛:ヒト繊維肉腫HT1080細胞の増殖機構におけるNanogの役割;日本生化学会北陸支部第28回大会 2010年5月29日 (福井)(2010)
  • 浦 大樹, 赤木 紀之, 小出 寛, 横田 崇. マウスES細胞の生存や分化には、Eedの適切な発現レベルが必要である. 2009年12月9日 第32回分子生物学会年会(横浜)(2009)
  • 田多 祐喜, 赤木 紀之, 横田 崇, 小出 寛. ヒト線維肉腫HT1080細胞の足場非依存性増殖はNanogによって促進される. 2009年12月9日 第32回分子生物学会年会(横浜)(2009)
  • 赤木 紀之, H. Phillip Koeffler. 転写因子C/EBPβとC/EBPεのダブルノックアウトマウスにおける造血器機能の解析 2009年10月3日 第68回日本癌学会学術総会 (横浜)(2009)
  • Involvement of nuclear hormone receptors Dax1 and Esrrb in the maintenance of self-renewal in ES cells(会議名:The 9th Stem Cell Research Symposium)(2011)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「がん遺伝子を介した幹細胞性制御機構の新たな分子基盤の解明」(2017-2019) 代表者
○若手研究(B)「Baf53aとOct3/4を介したES細胞の自己複製制御機構の解析」(2012-2013) 代表者
○基盤研究(B)「胚性幹細胞における自己複製機構の解析」(2010-2012) 分担者
○若手研究(B)「がん遺伝子を介したES細胞の自己複製機構の解析」(2009-2010) 代表者
○特別研究員奨励費「ES細胞のにおけるOct-3/4の機能制御因子の探索」(2001-2003) 代表者

学域・学類担当授業科目

○動物実験と再生医学(2017)
○医薬保健学基礎(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○医学研究実践/医薬保健学域・医学類(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○基本的基礎配属(2017)
○病態病理(2017)
○実践医学英語(2017)
○医学研究実践(2017)
○医学研究プレゼンテーション(2017)
○英語コミュニケーション(2017)
○最新医学研究(2017)
○動物実験と再生医学(2016)
○基本的基礎配属(2016)
○病態生理(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○最新医学研究(2016)
○医学研究プレゼンテーション(2016)
○医学研究実践(2016)
○実践医学英語(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○英語コミュニケーション(2016)
○医学研究実践(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○医薬保健学基礎(2015)
○基本的基礎配属(2015)
○病態生理(2015)
○動物実験と再生医学(2015)

大学院担当授業科目

○基礎系領域融合セミナー(2017)
○幹細胞生物学セミナー/Up-to-dateセミナー(2017)
○再生分子医学特論(2017)
○再生分子医学特論(2017)
○環境と遺伝(2017)
○メディカルサイエンスセミナー(2016)
○幹細胞生物学セミナー/Up-to-Dateセミナー(2016)
○再生分子医学特論(2016)
○再生分子医学特論(2016)
○環境と遺伝(2016)
○幹細胞生物学セミナー(2015)
○メディカルサイエンスセミナー(2015)
○人体の正常と疾病I(2015)
○再生分子医学特論(2015)
○医科学研究特論(2015)
○医科学方法論演習(2015)
○医科学方法論演習(2014)
○幹細胞生物学セミナー(2014)
○生体の正常と疾病IとII(2014)
○医科学研究特論(2014)
○医科学方法論演習(2013)
○医科学研究特論(2013)
○再生分子医学特論(2013)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○中部先端医療開発円環コンソーシアム 共同倫理審査委員会一号委員(分子生物学、細胞生物学、遺伝学(2016/07/01-2018/03/31)
○中部先端医療開発円環コンソーシアム 共同倫理審査委員会一号委員(分子生物学、細胞生物学、遺伝学(2015/08/20-2016/03/31)

講演可能なテーマ

○生命科学研究者のキャリアパス(キーワード:生命科学、博士、研究)
○幹細胞生物学入門(キーワード:胚性幹細胞、多能性幹細胞)

その他公的社会活動

○2017年度 生命科学系学会合同年次会(2017-2017) フォーラム「留学のすゝめ 日本の科学技術を推進するネットワーク構築」 世話人
○日本生化学会北陸支部第35回大会(2017-2017) 日本生化学会北陸支部第35回大会. 一般演題 座長
○国際シンポジウム(2015-2015) 2015 International Symposium –Leading Innovation in Immunology, Hematology, Oncology, and Stem Cell Biology- 世話人
○海外日本人研究者ネットワーク(2016-2018)   海外日本人研究者ネットワーク United Japanese researchers Abroad (UJA) の一員として、海外の日本人研究者同士の大規模かつ有機的な結びつきや、互いの研究キャリアの高め合いを促進している。また、各種学会でフォーラムやシンポジウムを開催し留学促進支援を行っている。

このページの先頭へ