本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月20日

堀 紀代美 (ほり きよみ) 助教 HORI Kiyomi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 機能解剖学分野

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻

所属研究室等

機能解剖学 TEL:076-265-2156 FAX:076-234-4221

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 医学系研究科 2009/03 単位取得満期退学
【取得学位】
博士(医学)
修士(リハビリテーション療法学)

職歴

生年月

所属学会

日本解剖学会
日本疼痛学会
世界疼痛会議
日本理学療法士協会

学内委員会委員等

○医学系動物飼育室運営WG 委員(2012-)

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

疼痛学、筋痛、神経因性疼痛、解剖学、理学療法学

研究課題

痛みのメカニズムの解析

著書

論文

  • Assessment of antitumor activity and acute peripheral neuropathy of 1,2-diaminocyclohexane platinum (II)-incorporating micelles (NC-4016). International Journal of Nanomedicine 9巻 3005-12頁 2014/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 講座骨格筋の基礎知識6, 骨格筋の神経制御と筋力 堀 紀代美,尾崎 紀之 理学療法 30巻 1号 77-83頁 2013/01 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 講座骨格筋の基礎知識5, 骨格筋と運動神経 堀 紀代美,尾崎 紀之 理学療法 29巻 12号 1404-1410頁 2012/12 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 講座骨格筋の基礎知識4, 骨格筋の微細構造と収縮機構 堀 紀代美,尾崎 紀之 理学療法 29巻 11号 1271-1278頁 2012/11 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 講座骨格筋の基礎知識3, 骨格筋の形態と機能 堀 紀代美,尾崎 紀之 理学療法 29巻 10号 1158-1164頁 2012/10 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 講座骨格筋の基礎知識2, 筋の発生学 堀 紀代美,尾崎 紀之 理学療法 29巻 9号 1040-1045頁 2012/09 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Nerve growth factor and associated nerve sprouting contribute to local mechanical hyperalgesia in a rat model of bone injury EUROPEAN JOURNAL OF PAIN-LONDON 16巻 7号 953-65頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 講座骨格筋の基礎知識1, 骨格筋について学ぶ意義 堀 紀代美,尾崎 紀之 理学療法 29巻 8号 911-917頁 2012/08 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of NGF in the rat model of persistent muscle pain associated with taut band. Hayashi K, Ozaki N, Kawakita K, Itoh K, Mizumura K, Furukawa K, Yasui M, Hori K, Yi SQ, Yamaguchi T, Sugiura Y. JOURNAL OF PAIN 12巻 1059-68頁 2011/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunolocalization of the PP family and its receptors in the gastrointestinal tract of house musk shrew, Suncus murinus.  NEUROENDOCRINOLOGY LETTERS  32巻 212-219頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Upregulations of P2X3 and ASIC3 involve in hyperalgesia induced by cisplatin PAIN 149巻 393-405頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 韓国・中国海外研修報告〜JCI認証病院から学んだこと〜 堀紀代美, 杉浦一俊, 佐藤幸治, 永谷元基, 林尊弘, 森友洋, 小林聖典, 田中明奈, 眞鍋朋誉, 片岡亮人, 井上貴行, 清水美帆, 栢本あずさ, 伊藤忠 愛知県理学療法学会誌 22巻 1号 96-98頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 変形性股関節症患者における術前運動療法指導の効果 中里千穂,牧本卓也,堀 紀代美,佐藤幸治,杉浦一俊,関泰輔,長谷川幸治 Hip Joint 35巻 37-41頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 末梢動脈疾患に伴う冷痛覚過敏におけるイオンチャネルの関与(会議名:第39回疼痛学会)(2017/06/17)
  • Cold-gated ion channels contribute to cold allodynia in a new rat model of peripheral arterial disease(会議名:第16回世界疼痛会議)(2016/09/27)
  • 動物モデルを用いた筋骨格系疼痛のメカニズム解析(基調講演)(会議名:日本超音波骨軟組織学会 第24回超音波ハンズオンセミナー初級編)(2015/09/13)
  • Cold-gated ion channels involve in cold allodynia in a new rat model of peripheral arterial disease (会議名:第50回日本理学療法学術大会)(2015/06/06)
  • Involvement of ion channels in cold allodynia in a new rat model of peripheral arterial disease.(会議名:第120回日本解剖学会総会)(2015/03/25)

全て表示

  • 疾患別リハビリテーション(特別講義)(会議名:日本福祉大学健康科学部特別講義)(2011/07/15)
  • リハビリテーション論(特別講義)(会議名:日本福祉大学健康科学部特別講義)(2010/07/16)
  • 運動療法について 糖尿病教室案内:理学療法士編(教育講演)(会議名:薬薬薬連携協議会愛知県病院薬剤師会研修会)(2008/02/20)
  • 循環器疾患の理学療法(招待講演)(会議名:社団法人全国病院理学療法教会中部技能講習会)(2006/09/17)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「慢性虚血性疼痛における各種成長因子の関与とその末梢感作機構の解明」(2015-2018) 代表者
○若手研究(B)「新たに開発した動物モデルを用いた末梢動脈疾患に伴う疼痛機序の解明」(2012-2014) 代表者
○奨励研究「末梢性動脈閉塞症モデルラットの痛覚過敏に関与するメディエーターの解析」(2008-2008) 代表者
○奨励研究「動物モデルを用いた下肢虚血における痛覚行動の解析」(2007-2007) 代表者
○奨励研究「シスプラチンによって引き起こされる痛覚過敏のメカニズムの解析」(2006-2006) 代表者

学域・学類担当授業科目

○人体解剖学(2017)
○人体の正常構造(2016)
○人体の正常構造(2015)
○人体の正常構造(2014)

大学院担当授業科目

○機能解剖学特論(2017)
○人体構造学(2017)
○機能解剖学特論(2017)
○機能解剖学特論(2016)
○機能解剖学特論(2016)
○人体構造学(2016)
○機能解剖学特論(2015)
○機能解剖学特論(2014)

他大学の客員教授

○広島大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○解剖トレーニングセミナー(2017-) 名古屋大学主催、日本解剖学会・公益法人不老会後援の人体解剖トレーニングセミナーに講師として受講生の指導を行った。
○解剖トレーニングセミナー(2010-2015) 名古屋大学主催、日本解剖学会・公益法人不老会後援の人体解剖トレーニングセミナーにスタッフとして参加し、講師アシスタントとして受講生の指導を行った。

このページの先頭へ