本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月20日

佐藤 清和 (さとう きよかず) 教授 SATO Kiyokazu

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 経済学経営学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 経済学類 経営・情報コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 経済学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
東北大学 博士課程 経済学研究科 経営学専攻 修了
【出身大学】
弘前大学 人文学部 経済学科 卒業
【取得学位】
博士(経済学)

職歴

生年月

所属学会

日本会計研究学会
日本管理会計学会
日本社会関連会計学会
日本リアルオプション学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

財務諸表分析、株式価値評価、リアルオプション、自治体病院

研究課題

著書

  • 『キャッシュ・フロー情報-ブームの異現象を超えて-』 同文舘出版 2000/05 原著書 共著 佐藤 靖・佐藤 清和 4-495-16511-9
  • 『現代 国際会計』 税務経理協会 1996/06 原著書 共著 石川 昭ほか 4-419-02512-3

論文

  • 残余利益オプションモデルによるインターネット企業の株式評価  佐藤清和 リアルオプションと戦略 8巻 3号 2016/12/31 査読有
  • Accountability and Real Option: Equity Valuation based on Nonlinear Residual Income Model  佐藤清和 日本会計研究学会2016年度全国大会Proceedings 2016/09/10 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • 残余利益のリアルオプション的性質に基づく株式価値評価法 日本会計研究学会2015全国大会Proceedings 2015/09/08 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • リアルオプション・アプローチによるCVP分析の理論的拡張 日本管理会計学会2015年度全国大会Proceedings 2015/08/30 研究論文(プロシーディング)
  • 「入れ子」構造を有する残余利益に基づく企業価値評価モデル 佐藤清和 日本リアルオプション学会2014年研究報告大会Proceedings 2014/11 原著論文 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • リアルオプション・アプローチによるRIMの拡張 佐藤清和 日本会計研究学会2014年全国大会Proceedings 2014/09 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 「確率的CVP分析による株式価値評価モデル」 佐藤清和 日本リアルオプション学会2013年研究報告大会Proceedings 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 「財産・損益・収支のオプション価値」 佐藤清和 『金沢大学経済論集』 34巻 1号 87-111頁 2013/12 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「確率的CVP分析とオプション理論に基づく株式価値評価モデル」 『金沢大学経済論集』 33巻 2号 2013/03
  • 「マルチンゲール測度に基づくCVP分析の拡張可能性―佐藤[2010]・佐藤[2011]における問題点の検証と修正―」 『金沢大学経済論集』 33巻 1号 157-174頁 2012/12
  • 「確率的CVP分析 ―離散時間モデル―」 『金沢大学経済論集』 32巻 2号 153-174頁 2011/03 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「不確実性下におけるCVP分析の連続時間モデルへの拡張」 『金沢大学経済論集』 30巻 2号 231-247頁 2010/02 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Theory of Force Accounting Applied to Detecting Earnings Management 2009/03 研究論文(その他学術会議資料等)
  • Analysis on Earnings Management Using Real Option Approach 2008/05 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「自治体病院における管理者の選任と採算性」 『社会関連会計研究』 19巻 23-37頁 2007/11 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「自治体病院の価値評価式―LIMによる社会的コストの推定―」 『金沢大学経済論集』 42号 63-95頁 2007/07
  • 「自治体病院における経営状況の分析-地方公営企業の全部適用と 経営状況との関連性-」 『青森公立大学経営経済学研究』 10巻 2号 2005/03
  • 「非営利情報に基づく裁量的利益調整行動の分析」 『社会関連会計研究』 15巻 69-80頁 2004/11 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「キャッシュ・フロー分岐点による利益調整行動の分析」 『會計』 166巻 4号 29-44頁 2004/10 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Accrual-Based Risk Reduction; An Indicator to Identify Managers' Discretion Using a Break-Even of Cash Flows Aomori Public College Journal of Mnagement & Economics 9巻 1号 51-80頁 2003/09
  • 「裁量的会計発生高の「意味」と測定方法」 研究年報『経済学』(東北大学) 63巻 4号 2002/02
  • 「オプション価格式のCVP分析への応用-損益分岐点を権利行使価格とする業績予測モデル-」 『青森公立大学経営経済学研究』 4巻 2号 1999/03

講演・口頭発表等

  • アカウンタビリティーとリアルオプション(会議名:日本会計研究学会2016年度全国大会)(2016/09/13)
  • 残余利益モデルで推定する 株式のリアルオプション価値(会議名:日本リアルオプション学会2015年度研究発表大会)(2015/10)
  • 残余利益のリアルオプション的性質に基づく株式価値評価法(会議名:日本会計研究学会2015年度全国大会)
  • リアルオプション・アプローチによるCVP分析の理論的拡張(会議名:日本管理会計学会2015年度全国大会)(2015/08)
  • 「入れ子」構造を有する残余利益に基づく企業価値評価モデル(会議名:日本リアルオプション学会2014年研究報告大会)

全て表示

  • リアルオプション・アプローチによるRIMの拡張 (会議名:日本会計研究学会2014年全国大会)
  • リアルオプション・アプローチによる企業価値評価法 ―売上高の不確実性・原価態様の非対称性・端末価値の推定―(会議名:日本管理会計学会2014年全国大会)(2014/09/12)
  • Stock Valuation Model based on Stochastic CVP analysis(会議名:日本リアルオプション学会2013年研究発表大会)(2013/11/09)
  • 経営者のリスク選好を反映した短期利益計画に関する考察(会議名:日本管理会計学会 2013年度全国大会)(2013/09/14)
  • マルチンゲール測度に基づく確率的CVP分析の拡張(会議名:日本管理会計学会 2012年度関西・中部部会)(2013/03/23)
  • 「確率的CVP分析」と「オプション理論」に基づく株式価値評価モデル(会議名:日本会計研究学会2012年次全国大会)(2013/03/23)
  • 「売上高の不確実性」と「原価態様の非対称性」 に基づくCVP分析(会議名:日本管理会計学会 2011年次全国大会)(2011)
  • 不確実性下のCVP分析 -確率過程の導入-(会議名:日本管理会計学会2010年次全国大会)(2010)
  • 自治体病院の価値評価式 ―LIMによる社会的コストの推定―」(会議名:日本管理会計学会2007年次大会)(2007)
  • 自治体病院における管理者の選任と採算性(会議名:日本社会関連会計学会2006年全国大会)(2006)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「リアルオプション法の利益計画(CVP)及び株式価値評価(RIM)への応用研究」(2015-2018) 代表者
○基盤研究(C)「オプション理論を応用した原価態様の非対称性に基づくCVP分析の研究」(2012-2015) 代表者

学域・学類担当授業科目

○初学者ゼミⅠ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○演習/財務会計論(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○財務会計論B(2017)
○財務会計論A(2017)
○財務会計論A(2016)
○演習/財務会計論(2016)
○財務会計論B(2016)
○演習/財務会計論(2015)
○財務会計論B(2015)
○財務会計論A(2015)
○財務会計論B(2015)
○財務会計論A(2015)
○財務会計論A(2014)
○財務会計論B(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○演習/財務会計論(2014)
○財務会計論A(2014)
○財務会計論B(2014)

大学院担当授業科目

○財務会計特論a-1(2017)
○財務会計特論a-2(2017)
○財務会計論演習b-2(2017)
○財務分析論演習Ⅰ(2017)
○財務会計論演習a(2017)
○財務会計論演習b(2017)
○財務分析論(2017)
○財務分析論演習Ⅱ(2017)
○財務分析論演習(2017)
○財務分析論Ⅱ(2017)
○財務分析論Ⅰ(2017)
○財務会計特論a(2017)
○財務会計特論a(2017)
○財務会計特論b-2(2017)
○財務会計論演習b-1(2017)
○財務会計特論b-1(2017)
○財務会計論演習a-2(2017)
○財務会計論演習a-1(2017)
○財務分析論演習(2017)
○財務会計特論b(2017)
○財務分析論(2017)
○財務分析論Ⅰ(2016)
○財務分析論Ⅱ(2016)
○財務分析論演習Ⅱ(2016)
○財務分析論演習Ⅰ(2016)
○財務会計特論a(2016)
○財務会計特論a(2016)
○財務会計論演習b(2016)
○財務会計論演習a(2016)
○財務会計特論b(2016)
○財務分析論(2016)
○財務会計特論b-2(2016)
○財務会計特論b-1(2016)
○財務会計論演習a-1(2016)
○財務会計特論a-1(2016)
○財務会計特論a-2(2016)
○財務分析論(2016)
○財務分析論演習(2016)
○財務分析論演習(2016)
○財務会計論演習a-2(2016)
○財務会計論演習b-1(2016)
○財務会計論演習b-2(2016)
○財務分析論演習(2015)
○財務分析論(2015)
○財務分析論(2015)
○財務分析論演習(2015)
○財務会計論演習b(2015)
○財務会計特論b(2015)
○財務会計特論a(2015)
○財務会計論演習a(2015)
○財務分析論(2014)
○財務分析論演習(2014)
○財務分析論演習(2014)
○財務分析論(2014)
○財務会計論演習a(2014)
○財務会計特論b(2014)
○財務会計特論(2014)
○財務会計特論a(2014)
○財務会計論演習b(2014)
○財務会計論演習(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○金沢市地球温暖化対策推進協議会会長(2017/04/01-2019/03/31)
○金沢市地球温暖化対策推進協議会企画部会部会長(2015/04-2017/03)
○小松市熱回収施設委員会委員(2013/07-2014/03)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ