本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

萱野 大樹 (かやの だいき) 助教 KAYANO, Daiki

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類 核医学診療科
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

核医学診療科 TEL:076-265-2333 FAX:076-234-4257

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 がん医科学専攻バイオトレーサー診療学 2009/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 2003/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

1977年06月

所属学会

日本核医学会
日本医学放射線学会
日本心臓核医学会
日本甲状腺学会

学内委員会委員等

○病棟医長 その他(2009-2012)
○医局長 その他(2013-)
○保険委員会 委員(2013-2013)
○卒後臨床研修センター運営委員会 委員(2013-2014)

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

新規放射線増感剤による悪性神経内分泌腫瘍に対する内照射療法の効果増強

著書

  • 核医学テキスト 中外医学社 2013/04 原著書 共著

論文

  • Gated myocardial perfusion SPECT for preoperative risk stratification in patients with noncardiac vascular disease 23巻 2号 173-181頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Optimization of attenuation and scatter corrections in sentinel lymph node scintigraphy using SPECT/CT systems Annals of Nuclear Medicine 2014/12/14 
  • Efficacy of diflunisal on autonomic dysfunction of late-onset familial amyloid polyneuropathy (TTR Val30Met) in a Japanese endemic area Journal of the Neurological Sciences 345巻 1号 231-235頁 2014/01/01 
  • Effects and safety of 131I-metaiodobenzylguanidine (MIBG) radiotherapy in malignant neuroendocrine tumors: Results from a multicenter observational registry Endocrine Journal 61巻 12号 1171-1180頁 2014/01/01 
  • Prognostic values of initial responses to low-dose 131I-MIBG therapy in patients with malignant pheochromocytoma and paraganglioma Annals of Nuclear Medicine 27巻 9号 839-846頁 2013/11/01 

全て表示

  • Thyroid hormone replacement one day before 131I therapy in patients with well-differentiated thyroid cancer ASIA OCEANIA JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 1巻 1号 20-26頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fluctuation of adenosine concentration by modes of intravenous infusion based on mathematical simulation and experiments ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE 20巻 7号 485-491頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of postconditioning on myocardial 99mTc-annexin-V uptake: comparison with ischemic preconditioning and caspase inhibitor treatment JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 48巻 8号 1301-1307頁 2007/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Double-phase (131)I whole body scan and (131)I SPECT-CT images in patients with differentiated thyroid cancer: their effectiveness for accurate identification 25巻 9号 609-615頁 2011/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sensitive immunodetection of radiotoxicity after iodine-131 therapy for thyroid cancer using γ-H2AX foci of DNA damage in lymphocytes ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE 27巻 3号 233-238頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low dose 123I-MIBG diagnostic scan is inferior to 131I-MIBG post-treatment scan in detection of malignant pheochromocytoma and paraganglioma NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS 32巻 10号 941-946頁 2011/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • I-131 uptake in a thymic cyst CLINICAL NUCLEAR MEDICINE 35巻 6号 438-439頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tc-99m Human Serum Albumin Lymphoscintigraphy with SPECT/CT in Chylothorax CLINICAL NUCLEAR MEDICINE 36巻 11号 1056-1057頁 2011/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 甲状腺がん診療でのSPECT/CT、PET/CTの積極的活用 新医療 総説
  • 大容量I-131 MIBGによる悪性褐色細胞腫治療の試み 日本内分泌学会雑誌 原著論文

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(スタートアップ)(2006-2009)「新規放射線増感剤による悪性神経内分泌腫瘍に対する内照射療法の効果増強」(2009-) 代表者
○若手研究(B)「甲状腺全摘出後の残存甲状腺組織の検出」(2012-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○バイオトレーサー診療学特論(2017)
○バイオトレーサー診療学特論(2017)
○バイオトレーサー診療学特論(2016)
○バイオトレーサー診療学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○全国核医学診療実態調査専門委員会委員(2016/11/22-2018/03/31)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ