本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年08月23日

多久和 陽 (たくわ よう) 教授 TAKUWA Yoh

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系
医薬保健学域医学類長
教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 循環医科学専攻

所属研究室等

血管分子生理学 TEL: FAX:

学歴

【出身大学】
東京大学 医学部 医学科 1979
【取得学位】
博士(医)

職歴

生年月

1954年10月

所属学会

日本生理学会 評議員(1995-)
日本生理学会 理事(2011-2014)
日本内分泌学会 代議員(1991-2004)
日本循環器学会
日本血管生物医学会 理事(2008-2015)
日本心脈管作動物質学会 評議員(2000-)
日本心血管内分泌学会 評議員(2004-)
日本脂質生化学会 幹事(2004-)
日本生化学会 評議員(2015-)
日本分子生物学会

学内委員会委員等

○カリキュラム検討委員会 委員(2008-)
○全学共通科目企画部会 委員(2008-2011)
○基礎科目企画部会 委員(2008-2011)
○動物実験委員会 委員長(2004-2008)
○共通教育委員会 委員(2008-2011)

受賞学術賞

○日本内分泌学会奨励賞(1992/05/15)
○病態代謝研究会助成金(1995/05/01)
○臨床薬理研究振興財団研究助成金(1994/09/11)
○日本心臓財団IBM研究助成金(1994/12/01)
○持田記念研究助成金(1990/04/05)

専門分野

細胞生理

専門分野キーワード

細胞シグナル伝達、血管、癌、生理学

研究課題

血管収縮の分子機構

脂質メディエータースフィンゴシン-1-リン酸の生理機能・病態生理機能に関する研究

脂質リン酸化酵素PI3-キナーゼの生理機能・病態生理機能に関する研究

著書

  • サイトカイン・増殖因子キーワード  羊土社  2015/04 単著 宮園浩平,秋山 徹,宮島 篤,宮澤恵二/編
  • 最新生理活性脂質研究-実験手法、基礎的知識とその応用- メディカルドウ 2013/05 原著書 単著
  • デブリン生化学 原書7版 臨床の理解のために  丸善出版 2012/12 978-4-621-08561-5
  • 第2版カラー図解 人体の正常構造と機能 日本医事新報社 2012/01 原著書 978-4-7849-3179-8
  • 血管生物医学事典  朝倉書店 2011/12 原著書 共著

全て表示

  • ギャノング生理学 原書23版   丸善出版 2011/01 翻訳書 共著
  • 血管保護の新戦略 ライフ・サイエンス 2007/03 原著書 共著 多久和 陽 他
  • Vascular Biology Update 2007/12 多久和 陽他
  • 急速展開する血管研究 羊土社 2006/11 多久和 陽他
  • 医科生理学展望 原書21版 丸善 2006/01 原著書 共著 多久和 陽 他
  • 人体の構造と機能 VII 血液・免疫・内分泌 日本医事新報社 2002/11 原著書 共著 多久和 陽
  • なるほどなっとく!解剖生理学 南山社  2017/04/07 原著書 共著 多久和 典子 多久和 陽  978-4525121617
  • Bioactive Lipid Mediators: Current Reviews and Protocols.  Springer Japan  2015/10 原著書 共著 Yokomizo T & Murakami M (eds.)

論文

  • Augmented sphingosine 1 phosphate receptor-1 signaling in cardiac fibroblasts induces cardiac hypertrophy and fibrosis through angiotensin II and interleukin-6. Ohkura S, Usui S, Takashima S, Takuwa N, Yoshioka K, Okamoto Y, Inagaki Y, Sugimoto N, Kitano T, Takamura M, Wada T, Kaneko S, Takuwa Y PLOS ONE 12巻 8号 e0182329頁 2017/08/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Early endothelialization associated with a biolimus A9 bioresorbable polymer stent in a porcine coronary model. Heart and Vessels.  Mori M, Sakata K, Nakanishi C, Nakahashi T, Kawashiri MA, Yoshioka K, Takuwa Y, Okada H, Yokawa JI, Shimojima M, Yoshimuta T, Yoshida S, Yamagishi M, Hayashi K Heart and Vessels. 2017/05/17 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pancreas lineage allocation and specification are regulated by sphingosine-1-phosphate signalling. Serafimidis I, Rodriguez-Aznar E, Lesche M, Yoshioka K, Takuwa Y, Dahl A, Pan D, Gavalas A. PLOS Biology 15巻 3号 e2000949.頁 2017/03/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • クラスII型PI3-キナーゼαアイソフォーム(PI3K-2α)は血管の健全性を維持する 小泉 早織 吉岡 和晃 安藝 翔 多久和 陽 金沢大学十全医学会雑誌 125巻 2号 77-78頁 2016/06 査読有
  • Phosphatidylinositol 3-kinase Class II α-Isoform PI3K-C2α Is Required for Transforming Growth Factor β-induced Smad Signaling in Endothelial Cells. Aki S, Yoshioka K, Okamoto Y, Takuwa N, Takuwa Y.  J Biol Chem. 290巻 10号 6086-6105頁 2015/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Sphingosine-1-phosphate receptor type 2 (S1P_2) inhibits bleomycin-induced cellular senescence in murine lung fibroblasts. 金沢大学十全医学会雑誌 125巻 1号 2-13頁 2016/03 査読有 原著論文 学位論文(博士)
  • スフィンゴシン-1-リン酸の炎症における多彩な役割 多久和 陽 実験医学 32巻 17号 138-146頁 2014 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Selenoprotein P as a diabetes-associated hepatokine that impairs angiogenesis byinducing VEGF resistance in vascular endothelial cells. Diabetologia  57巻 9号 1968-1976頁 2014/09 査読有
  • クラスII 型PI3キナーゼC2αによる血管内皮シグナリング調節機能の蛍光ライブイメージング解析 吉岡 和晃 多久和 典子 岡本 安雄 多久和 陽 日本血栓止血学会 24巻 6号 2013/12 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • PI3キナーゼ・ファミリーの血管における生理機能:クラスⅡα型PI3キナーゼC2αによる新たな血管恒常性維持機構 吉岡 和晃 吉田 耕太郎 多久和 典子 岡本 安雄 多久和 陽 血管 36巻 2号 53-61頁 2013/02 査読無
  • CCL2/CCR2 augments the production of transforming growth factor-beta1, type 1 collagen and CCL2 by human CD45-/collagen 1-positive cells under high glucose concentrations. Hara A, Sakai N, Furuichi K, Sakai Y, Takeya M, Bucala R, Mukaida N, Takuwa Y, Matsushima K, Kaneko S, Wada T Clin Exp Nephrol. 2013巻 17号 6頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 胞内小胞輸送制御を介して血管新生を促進するクラスII 型PI3キナーゼ 吉岡 和晃 吉田 耕太郎 多久和 典子 岡本 安雄 多久和 陽 BIO Clinica 28巻 5/5号 22-28頁 2013/05 査読無
  • Sphingosine-1-Phosphate Signaling and Cardiac Fibrosis. Takuwa N, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa Y. Inflammation and Regeneration  33巻 2号 96-108頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 protects against anaphylactic shock through suppression of eNOS in mice  Cui H, Okamoto Y, Yoshioka K, Du W, Takuwa N, Zhang W, Asano M, Shibamoto T, Takuwa Y  J Allergy Clin Immunol 132巻 5号 1205-1214頁 2013/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of S1P1 receptor pathway in angiogenic effects of a novel adenosine-like nucleic acid analog COA-Cl in cultured human vascular endothelial cells Pharmacology Research & Perspectives 2巻 5号 1-16頁 2014/08 査読有 原著論文
  • Receptor for advanced glycation end products - membrane type1 matrix metalloprotease axis regulates tissue factor expression via RhoA and Rac1 activation in high-mobility group box-1 stimulated endothelial Cells. Sugimoto K, Ohkawara H, Takuwa Y, Ishibashi T and Takeishi Y.  PLoS One. 9巻 12号 1-13頁 2014/12 査読有 原著論文
  • Sphingosine-1-Phosphate Signaling and Cardiac Fibrosis. Takuwa N, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa Y. Inflammation and Regeneration 33巻 2号 96-108頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 脂質メディエーター スフィンゴシン-1-リン酸 多久和 陽 医学のあゆみ 248巻 13号 995-1002頁 2014/03
  • [Physiological roles of class II PI3 kinase-C2alpha in endothelial cells]. Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 85巻 9号 775-780頁 2013/09/01 
  • Essential role of class II phosphatidylinositol-3-kinase-c2α in sphingosine 1-phosphate receptor-1-mediated signaling and migration in endothelial cells Journal of Biological Chemistry 288巻 4号 2325-2339頁 2013/01/25 
  • Sphingosine-1-phosphate as a mediator involved in development of fibrotic diseases Biochimica et Biophysica Acta - Molecular and Cell Biology of Lipids 1831巻 1号 185-192頁 2013/01/01 
  • Sphingosine-1-phosphate as a mediator involved in development of fibrotic diseases. Takuwa Y,Ikeda H,Okamoto Y,Takuwa N,Yoshioka K Biochim Biophys Acta 1831巻 1号 185-92頁 2013/01 査読有 原著論文
  • 血管新生の基礎と臨床 Bio Clinica 28巻 5号 16-17頁 2013/05 査読無
  • Essential role of class II phosphatidylinositol-3-kinase-C2α in sphingosine 1-phosphate receptor-1-mediated signaling and migration in endothelial cells. Biswas K,Yoshioka K,Asanuma K,Okamoto Y,Takuwa N,Sasaki T,Takuwa Y JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 288巻 4号 2325-2339頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate signaling in physiology and diseases BioFactors 38巻 5号 329-337頁 2012/09/01 
  • Antagonism of sphingosine 1-phosphate receptor 2 causes a selective reduction of portal vein pressure in bile duct-ligated rats. Kageyama Y, Ikeda H, Watanabe N, Nagamine M, Kusumoto Y, Yashiro M, Satoh Y, Shimosawa T, Shinozaki K, Tomiya T, Inoue Y, Nishikawa T, Ohtomo N, Tanoue Y, Yokota H, Koyama T, Ishimaru K, Okamoto Y, Takuwa Y, Koike K, Yatomi Y.  Hepatology 56巻 4号 1427-1438頁 2012/10 査読有 原著論文
  • Preventive effects of pravastatin on thrombin-triggered vascular responses via Akt/eNOS and RhoA/Rac1 pathways in vivo. Ohkawara H, Ishibashi T, Saitoh S, Inoue N, Sugimoto K, Kamioka M, Uekita H, Kaneshiro T, Ando K, Takuwa Y, Maruyama Y, Takeishi Y.  Cardiovasc Res 88巻 3号 492-501頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate signaling in physiology and diseases. Takuwa Y,Okamoto Y,Yoshioka K,Takuwa N BIOFACTORS 38巻 5号 329-37頁 2012/09 査読有 原著論文
  • Endothelial PI3K-C2α, a class II PI3K, has an essential role in angiogenesis and vascular barrier function. Yoshioka K,Yoshida K,Cui H,Wakayama T,Takuwa N,Okamoto Y,Du W,Qi X,Asanuma K,Sugihara K,Aki S,Miyazawa H,Biswas K,Nagakura C,Ueno M,Iseki S,Schwartz RJ,Okamoto H,Sasaki T,Matsui O,Asano M,Adams RH,Takakura N,Takuwa Y NATURE MEDICINE 18巻 10号 1560-1569頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of sphingosine kinase 1 prevents ceramide accumulation and ameliorates muscle insulin resistance in high-fat diet-fed mice. Bruce CR,Risis S,Babb JR,Yang C,Kowalski GM,Selathurai A,Lee-Young RS,Weir JM,Yoshioka K,Takuwa Y,Meikle PJ,Pitson SM,Febbraio MA DIABETES 61巻 12号 3148-55頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tumor-suppressive Sphingosine-1-phosphate Receptor-2 Counteracting Tumor-promoting Sphingosine-1-phosphate Receptor-1 and Sphingosine Kinase 1-Jekyll Hidden behind Hyde.  3. Takuwa N, Du W, Kaneko E, Okamoto Y, Yoshioka K Takuwa Y.  Am J Cancer Res.  1巻 4号 460-481頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • G protein-coupled sphingosine-1-phosphate receptors: Potential molecular targets for angiogenic and anti-angiogenic therapies Biomedical Reviews 22巻 15-29頁 2011/12/01 
  • Cardiovascular function of sphingosine 1-phosphate signaling Seikagaku 83巻 6号 536-544頁 2011/12/01 
  • Intraradial administration of fasudil inhibits augmented Rho kinase activity to effectively dilate the spastic radial artery during coronary artery bypass grafting surgery Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery 142巻 2号 e59-e65頁 2011/08/01 
  • G Protein-coupled sphingosine-1-phosphate receptors: potential molecular targets for angiogenic and anti-angiogenic therapies. Takuwa N, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa Y. Biomed Rev. 22巻 15-29頁 2011/12 査読有 原著論文
  • Involvement of membrane type1-matrix metalloproteinase (MT1-MMP) in rage activation signalingpathways. Kamioka M, Ishibashi T, Ohkawara H, Eguchi R, Sugimoto K, Uekita H, Matsui T, Yamagishi SI, Ando K, Sakamoto T, Sakamoto N, Takuwa Y, Wada I, Shiomi M, Maruyama Y, Takeishi Y. J Cell Physiol. 226巻 6号 1554-15563頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Similar changes of hypothalamic feeding-regulating peptides mRNAs and plasma leptin levels in PTHrP-, LIF-secreting tumors-induced cachectic rats and adjuvant arthritic rats. Suzuki H,Hashimoto H,Kawasaki M,Watanabe M,Otsubo H,Ishikura T,Fujihara H,Ohnishi H,Onuma E,Yamada-Okabe H,Takuwa Y,Ogata E,Nakamura T,Ueta Y Int J Cancer 128巻 9号 2215-23頁 2011/05 査読有 原著論文
  • Intraradial administration of fasudil inhibits augmented Rho kinase activity to effectively dilate the spastic radial artery during coronary artery bypass grafting surgery. Takagi T,Okamoto Y,Tomita S,Sato A,Yamaguchi S,Takuwa Y,Watanabe G J Thorac Cardiovasc Surg 142巻 2号 e59-65頁 2011/08 査読有
  • Crucial role of membrane type 1 matrix metalloproteinase (MT1- MMP) in RhoA/Rac1-dependent signaling pathways in thrombin- stimulated endothelial cells. Ando K,Ishibashi T,Ohkawara H,Inoue N,Sugimoto K,Uekita H,Hu C,Okamoto Y,Takuwa Y,Takeishi Y J Atheroscler Thromb 18巻 9号 762-73頁 2011/01 査読有 原著論文
  • Tumor-suppressive sphingosine-1-phosphate receptor-2 counteracting tumor-promoting sphingosine-1-phosphate receptor-1 and sphingosine kinase 1 - Jekyll Hidden behind Hyde. Takuwa N,Du W,Kaneko E,Okamoto Y,Yoshioka K,Takuwa Y Am J Cancer Res 1巻 4号 460-81頁 2011/02 査読有 原著論文
  • スフィンゴシン-1-リン酸と炎症 感染・炎症・免疫 41巻 3号 14-25頁 2011/10 査読無
  • スフィンゴシン-1-リン酸シグナル伝達系の新血管系における機能 岡本 安雄 吉岡 和晃 多久和 典子 多久和 陽 生化学 83巻 6号 536-544頁 2011/06 査読無
  • Effects of gomisin A on vascular contraction in rat aortic rings Naunyn Schmiedebergs Seok YM, Choi YW, Kim GD, Kim HY, Takuwa Y, Kim IK. Arch Pharmacol. 383巻 1号 45-56頁 2010/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced Ca2+-Dependent Activation of PI3KC2 alpha Rho Axis in Blood Vessels of Spontaneously Hypertensive Rats. Seok YM, Azam MA, Okamoto Y, Sato A, Yoshioka K, Maeda M, Kim IK, Takuw Y. Hypertension 56巻 5号 934-941頁 2010/11 査読有 原著論文
  • Roles of sphingosine-1-phosphate signaling in angiogenesis. Takuwa Y, Du W, Qi X, Okamoto Y, Takuwa N, Yoshioka K. World J Biol Chem 1巻 10号 298-306頁 2010/10 査読有 論説 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor type 1 regulates glioma cell proliferation and correlates with patient survival. Yoshida Y,Nakada M,Sugimoto N,Harada T,Hayashi Y,Kita D,Uchiyama N,Hayashi Y,Yachie A,Takuwa Y,Hamada J Int J Cancer 126巻 10号 2341-52頁 2010/05 査読有 原著論文
  • S1P(2), the G protein-coupled receptor for sphingosine-1-phosphate, negatively regulates tumor angiogenesis and tumor growth in vivo in mice. Du W,Takuwa N,Yoshioka K,Okamoto Y,Gonda K,Sugihara K,Fukamizu A,Asano M,Takuwa Y Cancer Res 70巻 2号 772-81頁 2010/01 査読有 原著論文
  • Sustained delivery of sphingosine-1-phosphate using poly(lactic-co-glycolic acid)-based microparticles stimulates Akt/ERK-eNOS mediated angiogenesis and vascular maturation restoring blood flow in ischemic limbs of mice. Qi X,Okamoto Y,Murakawa T,Wang F,Oyama O,Ohkawa R,Yoshioka K,Du W,Sugimoto N,Yatomi Y,Takuwa N,Takuwa Y Eur J Pharmacol 634巻 1-3号 121-31頁 2010/02 査読有 原著論文
  • S1P3-mediated cardiac fibrosis in sphingosine kinase 1 transgenic mice involves reactive oxygen species. Takuwa N,Ohkura S,Takashima S,Ohtani K,Okamoto Y,Tanaka T,Hirano K,Usui S,Wang F,Du W,Yoshioka K,Banno Y,Sasaki M,Ichi I,Okamura M,Sugimoto N,Mizugishi K,Nakanuma Y,Ishii I,Takamura M,Kaneko S,Kojo S,Satouchi K,Mitumori K,Chun J,Takuwa Y Cardiovasc Res 85巻 3号 484-93頁 2010/02 査読有 原著論文
  • Inhibitory effect of N-palmitoylphosphatidylethanolamine on macrophage phagocytosis through inhibition of Rac1 and Cdc42 A. Shiratsuchi, M. Ichiki, Y. Okamoto, N. Ueda, N. Sugimoto, Y. Takuwa, Y. Nakanishi J. Biochem 145巻 1,43-50号 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of sphingosine-1-phosphate and S1P(1) in angiogenesis: Analyses using a new S1P(1) antagonist of non-sphingosine-1-phosphate analog. K. Yonesu, Y. Kawase, T. Inoue , N. Takagi, J. Tsuchida, Y. Takuwa, S. Kumakura, F. Nara. Biochem Pharmacol inprint頁 2009 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • LOX-1-LOX-1-MT1-MMP axis is crucial for RhoA and Rac1 activation induced by oxidized low-d nsity lipoprotein in endothelial cells K. Sugimoto, T. Ishibashi, T. Sawamura, N. Inoue, M. Kamioka, H. Uekita, H. Ohkawara, T. Sakamoto, N. Sakamoto, Y. Okamoto, Y. Takuwa, A. Kakino, Y. Fujita, T. Tanaka, T. Teramoto, Y. Maruyama, Y. Takeishi Cardiovasc Res. inprint頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene transduction into aortic wall using plasmid-loaded cationized gelatin hydrogel-coated polyester stent-graft. H. Zhong, O. Matsui, Y. Okamoto, Y. Taku J Vasc Res inprint頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphatesignaling and biological activitiesin the cardiovascular system. Takashima, N. Sugimoto, N. Takuwa, Y. Okamoto, K. Yoshioka, M. Takamura, S. Takata, S. Kanekob and Y. Takuwa. Biochimica et biophysica acta 1781巻 9号 483-488頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • G12/13 and Gq mediate S1P2-induced inhibition of Rac and migration in vascular smooth muscle in a manner dependenton Rho but not Rho kinase. S. Takashima, N. Sugimoto, N. Takuwa, Y. Okamoto, K. Yoshioka, M. Takamura, S. Takata, S. Kanekob and Y. Takuwa. Cardiovasc Res 79巻 4号 689-697頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A case report of a renal mixed epithelial and stromal tumor in a heterozygous S1P2 receptor deficient mouse. M. Takabatake, T. Takuwa, N.Takuw, H.Yasuno, S. Matsumoto, M. Shibutani, K. Mitsumori. JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 70巻 5号 483-485頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The lysophospholipid mediator sphingosine-1-phosphate promotes angiogenesis in vivo in ischemic hindlimbs of mice. Oyama, N. Sugimoto, X. Qi, N. Takuwa, K. Mizugishi, J. Koizumi, Y. Takuwa. CARDIOVASCULAR RESEARCH 78巻 301-307頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Essential role for class II phosphoinositide 3-kinase alpha-isoform in Ca2+-induced, Rho- and Rho kinase-dependent regulation of myosin phosphatase and contraction in isolated vascular smooth muscle cells. K. Yoshioka, N. Sugimoto, N. Takuwa, Y. Takuwa MOLECULAR PHARMACOLOGY 71巻 3号 912-920頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ca2+-independent, inhibitory effects of cyclic AMP on Ca2+ regulation of phosphoinositide 3-kinase C2 alpha, Rho and myosin phosphatase in vascular smooth muscle MA. Azam, K. Yoshioka, S. Ohkura, N. Takuwa, N. Sugimoto, K. Sato, and Y. Takuwa The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 32巻 2号 907-916頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calcium-dependent regulation of Rho and myosin phosphatase in vascular smooth muscle. Y. Takuwa, K. Yoshioka, N. Takuwa, Y. Wang, MA. Azam and N. Sugimoto Biomed. Rev 16巻 13-21頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Class II phosphoinositide 3-kinase alfa-isoform regulates Rho, myosin phosphatase and contraction in vascular smooth muscle. BIOCHEMICAL JOURNAL 394巻 581-592頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Thrombin-induced rapid geranylgeranylation of RhoA as an essential process for RhoA activation in endothelial cells. H. Ohkawara, T. Ishibashi, T. Sakamoto, K. Sugimoto, K. Nagata, K. Yokoyama, N. Sakamoto, M. Kamioka, I. Matsuoka, S. Fukuhara, N. Sugimoto, Y. Takuwa and Y. Maruyama. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 280巻 11号 10182-10188頁 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of Rac activation as a mechanism for negativeregulation of actin cytoskeletal reorganization and cell motility by cyclic AMP. S. Nagasawa, N. Takuwa, N. Sugimoto, H. Mabuchi and Y. Takuwa. BIOCHEMICAL JOURNAL 385巻 737-744頁 2005/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Blood lipid mediator sphingosine-1-phosphate potently stimulates platelet derived growth factor-A and –B chain expression through S1P1-Gi-Ras-MAPK-dependent induction of krüppel-like factor 5. : , S. Usui, 他5名 Y. Takuwa JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 279巻 13号 12300-12311頁 2004/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ca2+-dependent activation of Rho kinase in menbrane depolasiztion-induced and receptor stimulation-induced voscilae smooth muslce contraction. 櫻田惣太郎、多久和 陽ほか5名 Criculation Research 93巻 548-546頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ligand-dependent inhibition of B16 melanoma cell migration and invasion via endogenous S1P2 G protein-coupled receptor requirement of 有川佳代、多久和 陽ほか6名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY In Press巻 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Divergent Signals and Cytoskeletal Assemblies Regulate Self-Organizing Polarity in Neutrophils J. Xu, F. Wang, Y. Takuwaほか7名 CELL 114巻 201-214頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory and stimulatory regulation of Rac and cell motility by the G12/13-Rho-and the Gi-pathways integrated downstream of a single G protein coupled 杉本直俊、多久和典子、岡本宏之、櫻田惣太郎、多久和 陽 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY 23巻 5号 1534-1545頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Essentioal role of rho kinase in the Ca2+ sensitization of prostaglandin F 2 alfar-induced contraction of rabbit aortae. JOURNAL OF PHYCOLOGY 546巻 823-836頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Subtype-specific differential regulation of Rho family G proteins and cell migration by the Edg family sohingosine-1-phosphate receptors. Biophys. Biochim. Acta. 1582巻 112-120頁 2002/05 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-Phosphate, a Platelet-Derived Lysophospholipid Mediator, Negatively Regulates Cellular Rac Activity and Cell Migration in Vascular Smooth Muscle 龍 泰治、多久和 陽ほか6名 CIRCULATION RESEARCH 90巻 3号 325-332頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of phospholipase D in sphingosine 1-phosphate-induced activation of phosphatidylinositol 3-kinase and Akt in chinese hamster ovary cells overexpressing EDG3*. Y. Banno, Y. Takuwa, Y. Akao, H. Okamoto, Y. Osawa, S. Nakashima, P. G. Suh, Y. Nozawa JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 276巻 38号 35622-35628頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rho activation in excitatory agonist-stimulated vascular smooth muscle. S. Sakurada, H. Okamoto, N. Takuwa, N. Sugimoto and Y. Takuwa AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-CELL PHYSIOLOGY 281巻 2号 C571-C578頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Subtype-Specific, Differential Activities of the EDG Family Receptors for Sphingosine-1-Phosphate, a Novel Lysophospholipid Mediateor. Y. Takuwa, H. Okamoto, N. Takuwa, K. Gonda, N. Sugimoto and S. Sakurada. MOLECULAR AND CELLULAR ENDOCRINOLOGY 177巻 1-2号 3-11頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The MEK1-ERK map kinase pathway and the PI 3-kinase-AKT pathway independently mediate anti-apoptotic signals in HEPG2 liver cancer cells. H. Mitui, N. Takuwa, T. Maruyama, H. Maekawa, M. Hrayama, T. Sawatari, N. Hashimoto, Y. Takuwa and S Kimura. INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER 92巻 1号 55-62頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of cell cycle molecules by the Ras effector system. N. Takuwa and Y. Takuwa. 177巻 25-23頁 2001
  • Rho kinase inhibitor HA1077 prevents Rho-mediated myosin phosphatase inhibition in smooth muscle cells. H. Nagumo, Y. Sasaki, Y. Ono, H. Okamoto, M. Seto and Y. Takuwa. 278巻 C57-C65頁 2000
  • Mechanisms of AngiotensinII-Induced Platelet-Derived Growth Factor Gene Expression. Kachigian, Y. Takuwa, T. Collins. 212巻 ,183-186号 2000
  • Biological Activities of a Novel Lipid Mediator, Sphingosine 1-phosphate, in Rat Hepatic Stellate Cells. H. Ikeda, Y. Yatomi, M. Yanase, H. Satoh, H. Maekawa, I. Ogara, Y. Ozaki, Y. Takuwa, S. Mochida and K. Fujiwara. 279巻 ,G304-G310号 2000
  • Inhibitory Regulation of Rac Activation, Membrane Ruffling and Cell Migration by Sphingosine-1-Phosphate Receptor EDG5, but not EDG1 or EDG3. H. Okamoto, N. Takuwa, T. Yokomizo, N. Sugimoto, S. Sakurada, H. Shigematsu and Y. Takuwa. 20巻 9247-9261頁 2000
  • The novel sphingosine 1-phosphate receptor AGR16 is coupled via pertussis toxin-sensitive and -insensitive G-proteins to multiple signalling pathways. Biochem. J. 337巻  67-75号 1999 査読有 原著論文
  • EDG3 is a functional receptor specific for sphingosine-1-phosphate and sphingosylphosphorylcholine with signaling characteristics distinct from EDG1 and AGR16. H. Okamoto, N. Takuwa, Y. Yatomi, K. Gonda, H. Shigematsu and Y. Takuwa. Biochem. Biophys. Res. Commun. 260:巻 203-208頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of smooth muscle myosin phosphatase and contraction by Rho and Rho kinase. R. G. Landes company. 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • AngiotensinII stimulates platelet-derived growth factor-B chain expression in newborn rat vascular smooth muscle cells and neointimal cells through Ras, ERK, and JNK mechanisms. J. Deguchi, M. Makuuchi, T. Nakaoka, T. Collins and Y. Takuwa. Cir. Res. 5巻 565-574号 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory effects of trapidil on PDGF signaling in balloon-injurede rat carotid artery. J. Deguchi, J. Abe, M. Makuuchi and Y. Takuwa. Life Sci. 65巻 2791-2799頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等)
  • Successive occupancy by immediate early transcriptional factors of the tyrosine hydroxylase gene TRE and CRE sites in PACAP-stimulatedPC12 pheochromocytoma cells. N. Yukimasa, K Isobe, H Nagai, Y Takuwa, and T Nakai. 33巻 475-482頁 1999
  • Cyclin D1 Expression Mediated by Phosphatidylinositol 3-Kinase through mTOR-p70S6K-Independent Signaling in Growth Factor-Stimulated NIH 3T3 Fibroblasts. N. Takuwa, Y. Fukui and Y. Takuwa. 19:巻 1346-1358号 1999/02
  • The role of class II PI 3-kinase signaling pathway in physiology and diseases. Curr Biodata Targeted Proteins Database. Y. Takuwa, K. shioka, Y. Okamoto , N. Takuwa Bloggs, J. 2009/12 研究論文(学術雑誌)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor subtype-specific positive and negative regulation of Rac and hematogenous metastasis of melanoma cells. 374巻 715-722頁 2003/09
  • Targeting endogenous platelet-growth factor B-chain by adenovirus-mediated gene transfer potently inhibits in vivo smooth muscle proliferation after arterial injury. J. Deguchi, T. Nambu, H. Hamada, T. Nakaoka, J. Abe, O. Sato, T. Miyata, M. Makuuchi, K. Kurokawa and Y. Takuwa. 6巻 956-965号 1999

講演・口頭発表等

  • Phosphatidylinositol 3-kinase class II a isoform PI3K-C2a is required for transforming growth factor b-induced receptor endocytosis and endosomal signaling in endothelial cells(会議名:14 th International Conference on Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation, and Related Diseases)(2015/07/12)
  • Role of S1P2 in inflammation and fibrosis(会議名:14 th International Conference on Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation, and Related Diseases)(2015/07/12)
  • クラスII α型PI3K-C2αはエンドソーム上でのTGFβ/Smad2/3 シグナリングに必須である(会議名:第57回 日本脂質生化学会)(2015/05/28)
  • Essential role of PI3K class II α for endosomal signaling of S1P1 and other receptors (会議名:6th international conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators )(2015/02/10)
  • Sphingosine 1-phosphate receptor-2 plays a protective role against lipopolysaccharide (LPS)-induced acute lung injury (会議名:第92回日本生理学会大会)(2015/03/21)

全て表示

  • Novel role of class II PI 3-kinase in in tumor angiogenesis(会議名:International Symposium on Tumor Microenvironment. –Crosstalk between host and malignant cells)(2014/11/21)
  • クラスII 型PI3 キナーゼ-C2α によるTGFβ 血管内皮作用の調節機構(会議名:第61回中部日本生理学会)(2014/11/06)
  • クラスIIα型PI3K-C2αはALK5 内在化及び足場タンパクSARA のエンドソームへの動員を制御しTGF1-Smad2/3 を介した血管新生を調節する(会議名:第56回 日本脂質生化学会)(2014/06/06)
  • Distinct role of S1P2 in the functional regulation of vascular endothelium and smooth muscle (会議名:The 18th International Vascular Biology Meeting 2014 (IVBM 2014))(2014/04/14)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 (S1P2) negatively regulates eNOS and protects against acute vascular barrier disruption (会議名:The 18th International Vascular Biology Meeting 2014 (IVBM 2014) )(2014/04/14)
  • クラスII 型PI3K-C2αはメンブレン・トラフィック調節を介して血管バリア機能を制御する(会議名:第91回日本生理学会大会)(2014/03/15)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 protects against anaphylactic shock through inhibiting eNOS(会議名:第91回日本生理学会大会)(2014/03/15)
  • クラスII 型PI3K-C2αはSARA のエンドソームへの動員を制御しTGFß1-Smad2/3シグナル伝達系を介した血管新生を調節する(会議名:第36回日本分子生物学会)
  • クラスIIα型PI3キナーゼ-C2αによる血管新生・バリア機能調節メカニズム(会議名:第21回日本血管生物医学会 シンポジウム「血管機能を抑制するシグナリング機構」)(2013/09/26)
  • TGFβ1-Smad2/3シグナル伝達系を介した血管新生調節におけるクラスⅡαPI3キナーゼPI3K-C2αの機能的役割(会議名:第21回日本血管生物医学会)(2013/09/26)
  • S1P受容体はeNOS-NO経路を抑制することによりアナフラキシーショックに対して抑制的に働く(会議名:第21回日本血管生物医学会)(2013/09/26)
  • Endothelial PI3K-C2a, a class II PI3K, has an essential role in angiogenesis and vascular barrier function. (会議名:Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology )(2013/01/27)
  • クラスII型PI3キナーゼC2αはメンブレン・トラフィッキング調節を介する血管形成及び恒常性維持に必須である(会議名:第90回日本生理学会 シンポジウム「細胞膜と細胞内膜における脂質制御とその生理機能」)(2013/03/27)
  • S1P2は内皮型一酸化窒素合成酵素を抑制することによりアナフラキシーショックに対して防御的に働く(会議名:第55回日本脂質生化学会)(2013/06/06)
  • スフィンゴシン1-リン酸特異的2 型受容体は内皮型一酸化窒素合成酵素を抑制することによりアナフィラキシーショックに対して保護的に働く(会議名:第90回日本生理学会)(2013/03/27)
  • クラスII 型PI3 キナーゼC2α はエンドソーム上でのS1P によるRac1 活性化を制御して内皮細胞遊走を調節する(会議名:第90回日本生理学会)(2013/03/27)
  • ClassII PI3-kinase, PI3K-C2alpha, mediates S1P-induced endothelial cell migration through endosomal Rac1 activation(会議名:Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology )(2013/01/27)
  • Endothelial PI3K-C2a, a class II PI3K in angiogenesis and vascular barrier function(会議名:Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology )(2013/01/27)
  • クラスII型PI3キナーゼC2αはエンドソーム上でのRac1活性化を制御してスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)による血管内皮細胞遊走・管腔形成を調節する(会議名:第35回日本分子生物学会)(2012)
  • クラスII型PI3キナーゼC2αは血管形成・血管恒常性維持に必須である(会議名:第35回日本分子生物学会)(2012)
  • Class II PI3 kinase C2α has a crucial role in vascular formation and barrier integrity(会議名:第20回日本血管生物医学会)(2012)
  • クラスII 型PI3 キナーゼC2αは血管新生・恒常性維持に必須である(会議名:第59回中部生理学会)(2012)
  • Class II PI3K-C2α is essential for vascular barrier integrity(会議名:International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting 2012 JST-CREST International Symposium"Frontiers in Immunology & Inflammation: From Molecules to Disease")(2012)
  • Essential role of class IIα-isoform PI3 kinase (PI3K-C2α) in sphingosine-1-phosphate(S1P-induced endothelial cell migration (会議名:第7回 スフィンゴテラピィ研究会)(2012)
  • クラスII型PI3キナーゼC2は血管形成に必須である(会議名:54回 日本脂質生化学会)(2012)
  • Role of sphingosine-1-phosphate in cardiac remodeling and protection(会議名:The 1st International Symposium on Lipid Mediators)(2012)
  • スフィンゴシン-1-リン酸による血管内皮細胞遊走におけるクラスII 型PI3 キナーゼC2α の役割(会議名:.第89回日本生理学会大会)(2012)
  • クラスII型PI3キナーゼC2αノックアウトマウスにおける血管障壁機能の異常(会議名:.第89回日本生理学会大会[シンポジウム=細胞内脂質メディエーターによる細胞機能の調節と疾患])(2012)
  • Function role of sphingosine-1-phosphate signaling in angiogenesis.(会議名:The 1st Asia-Pacific Vascular Biology Meeting / 第19回日本血管生物医学会学術集会)(2011)
  • S1P2受容体遺伝子の破壊はapoE欠損マウスにおける粥状動脈硬化を抑制する(会議名:第58回 中部日本生理学会)(2011)
  • Deletion of sphingosine-1-phosphate receptor-2 inhibits macrophages proinflammatory activities and atherosclerosis in apoE-deficient mice.(会議名:2011 FASEB Summer Research Conference: Lysophospholipid Mediators in Health and Disease)(2011)
  • Proatherogenic role of sphingosine-1-phosphate receptor-2(会議名:2011 FASEB Summer Research Conference: Lysophospholipid Mediators in Health and Disease)(2011)
  • 血管平滑筋収縮における新しいCa 2+ 標的―ミオシン軽鎖ホスファターゼ(会議名:第27回スパズム・シンポジウム)(2011)
  • Role of Lysophospholipid Mediator Sphingosine-1-phosphate in Cardiac Fibrosis(会議名:1st Meeting of Asian-Pacific Federation of Inflammation and Regeneration / 第32回日本日本炎症・再生医学会 シンポジウム)(2011)
  • ポリ乳酸―グリコール酸共重合体を基材としたスフィンゴシン-1-リン酸徐放微粒子製剤による持続性放出はマウス虚血肢においてAkt/ERK-eNOSを介して血管新生および血管成熟を促進し血流を回復させる(会議名:日本分子生物学会第11回春季シンポジウム)(2011)
  • Endothelial class II PI3K-Ca2a has an essential role for physiological and pathological angiogenesis.(会議名:日本分子生物学会第11回春季シンポジウム)(2011)
  • クラスII型PI3キナーゼC2αは血管新生と障壁機能に必須である(会議名:第88回日本生理学会)(2011)
  • S1P2受容体遺伝子欠損はマクロファージの炎症活性を抑え、apoE欠損マウスにおける粥状動脈硬化を抑制する(会議名:第88回日本生理学会)(2011)
  • Proatherogenic activity of sphingosine-1- phosphate receptor-2.(会議名:第75回日本循環器学会)(2011)
  • A novel Ca2+ - and phosphoinositide 3-kinase- depend mechanism for myosin phosphatase inhibition and Ca2+ -sensitization in vascular smooth muscle(会議名:Winter work shop)(2011)
  • Phosphatidylinositol 3-kinase classⅡ α-isoform contols vesicular trafficking in endothelial cells to serve the essential role in angiogenesis and vascular barrier integrity (会議名:第45回動脈硬化学会)(2013/07/18)
  • Sphingosine-1-phosphate receptor-2 negatively regulates eNOS and protects against acute vascular bar(会議名:2013FASEB Summer Research Conference Lysophospholipid and Other Related Mediators - From Bench to Cl)(2013/08)
  • Role of sphingosine-1-phosphate in cardiac remodeling and protection(会議名:The 1st International Symposium on Lipid Mediators)(2012/06)
  • Endothelial Class II PI3K-C2α is Necessary for Vasucular Formation and Integrity through Regulating Endocytic Membrane (会議名:第81回日本循環器学会学術集会)(2017/03/17)
  • Phosphotidylinositol 3-kinase Class II isoforms, PI3K-C2 and PI3K-C2 are necessary for Pinocytosis in Endothelial Cells(会議名:第94回日本生理学会大会)(2017/03/28)
  • Phosphoinositide-specific 3'-phosphatase, myotubularin-related protein 4 (MTMR4), regulates lysosomal activity and autophagy(会議名:第94回日本生理学会大会)(2017/03/28)
  • S1P2, A Receptor for the Lysophospholipid Mediator Sphingosine 1-phosphate, Protects Against Vascular Barrier Disruption(会議名:Microcirculation and endothelial damage in sepsis and shock)(2016/10/03)
  • Phosphatidylinositol 3-kinase class II αisoform PI3K-C2α is required for transforming growth factor β-induced receptor endocytosis and endosomal signaling in endothelial cells (会議名:第39回日本分子生物学会)(2016/11/30)
  • S1P2 による血管新生と血管障壁機能の制御(会議名:第58回 日本脂質生化学会 (シンポジウム:リゾリン脂質による血管新生制御))(2016/06/09)
  • Phosphatidylinositol 3-kinase class II αisoform PI3K-C2α is required for transforming growth factor β-induced receptor endocytosis and endosomal signaling in endothelial cells(会議名:第2回春期特別日本血管生物医学会シンポジウム)(2016/06/03)
  • Sphingosine 1-phospahte (S1P) receptor-2 (S1P2) aggravates lung fibrosis through altering alveolar macrophage polarization and cellular senescence in mice(会議名:日本生化学会北陸支部第34回大会)(2016/05/28)
  • The announcement title: Deletion of sphingosine 1-phospahte (S1P) receptor-2 (S1P2) inhibitslung fibrosis throughaltering alveolar macrophage polarization and senescence in mice(会議名:Gorden research conference “Glycolipid and Sphingolipid Biology” )(2016/03/06)
  • PI3K-C2α is required for TGFβ-induced receptor endocytosis and endosomal signaling inendothelial cells(会議名:第93回日本生理学会)(2016/03/22)
  • クラス II 型 PI3K-C2αはエンドソーム上での TGF/Smad2/3 シグナリングに必須である(会議名:第2回 血管生物若手研究会)(2016/03/04)
  • Deletion of sphingosine 1-phospahte (S1P) receptor-2 (S1P-2-) inhibits lung fibrosis through altering alveolar macrophage polarization and senescence in mice.(会議名:BMB2015(第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会))(2015/12/01)
  • クラス II PI3-キナーゼ PI3K-C2αはエンドソーム上でのTGFβ/Smad2/3シグナリングに必須である(会議名:第62回 中部日本生理学会)(2015/11/13)
  • Sphingosine 1-phosphate receptor-2 plays a protective role against anaphylaxis and acute lung injury (会議名:第10回スフィンゴテラピィ(STC)研究会)(2015/06/16)
  • Yoh Takuwa S1P2 IS AN ANGIOGENESIS-SUPPRESSIVE RECEPTOR International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators 2009年5月25-28日 学術総合センター(東京) 国際、招待 Wa Du, Noriko Takuwa, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, Masahide Asano and Yoh Takuwa1 HOST CELL S1P2 RECEPTOR NEGATIVELY REGULATES TUMOR GROWTH AND ANGIOGENESIS IN VIVO International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators 2009年5月25-28日 学術総合センター(東京都) [シンポジウム] 国際、一般、学生 多久和 陽 血管平滑筋のシグナル伝達 第24回日本ショック学会 2009年5月29‐30日 金沢市文化ホール(石川県金沢) 国内、招待 多久和 陽 スフィンゴセラピー研究会 大山ロイヤルホテル(鳥取県大山) 多久和 陽 口演 2009年7月17日 国内、一般 Yoh Takuwa, kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto Mohammed Ali Azam, Young Mi Seok, Atsusi Sato Noriko Takuwa The pathophysiolosical roles of phosphoinositide 3-kinase (PI3K) class II a-isoform, a Ca2+-dependent regulator of Rho in vascular smooth muscle, in vascular contraction and blood pressure regulation Post-Genomic Advances in the Physiology of Smooth Muscle Satellite Symposium of IUPS2009 2009年7月23-25日 名古屋市立大学病院(愛知県名古屋) シンポジウム 国際、招待 Yasuo Okamoto, Mohammed Ali Azam, Kazuaki Yoshioka, Yoh Takuwa INVOLVEMENT OF THE Ca2+-PI3K-C2ALPHARHO-MLC PHOSPHATASE PATHWAY IN HYPERTENSION The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences 2009年7月27日-8月1日 京都国際会館(京都府) ポスター発表 国際、一般 Hitoshi Suzuki1, Hirofumi Hashimoto1, Makoto Kawasaki1, Yumiko Azuma2, Hiroki Otsubo, Hiroaki Fujihara, Hideo Ohnishi3, Etsuro Onuma, Hisafumi Yamada-Okabe, Yoh Takuwa, Etsuro Ogata, Toshitaka Nakamura, Yoichi Ueta EXPRESSION OF THE HYPOTHALAMIC FEEDING-REGULATING PEPTIDES IS INDEPENDENT OF SERUM CALCIUM LEVEL IN CACHECTIC SYNDROMES The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences 2009年7月27日-8月1日 京都国際会館(京都府) 国際、一般 Yasuo Okamoto, Mohammed Ali Azam, Kazuaki Yoshioka, Yoh Takuwa RHO- MLC PHOSPHATASE PATHWAY IN HYPERTENSION The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences 2009年7月27日-8月1日 京都国際会館(京都府)  戚 勛、岡本安雄、村川智美、王飛、尾山治、吉岡和晃、杜娃、多久和典子、多久和陽 マウス後肢虚血モデルにおける徐放化S1P 製剤を用いた血管新生療法 第17回日本血管生物医学会 2009年10月8-9日 東京大学(東京都) ポスター発表 国内、一般、学生 Wa Du, 多久和典子, 吉岡和晃, 岡本安雄, Xun Qi, Fei Wang, Hong Cui, Kuntal Biswas, 杉原一司, 浅野雅秀, 多久和陽 腫瘍血管新生におけるスフィンゴシンー1 -リン酸受容体S1P2 の役割 第82回日本生化学会 2009年10月21-24日 神戸ポートアイランド(兵庫県神戸) シンポジウム発表 国内、招待、学生 高島 伸一郎、杉本 直俊、多久和 典子、岡本 安雄、吉岡 和晃、高村 雅之、金子 周一、多久和 陽 S1P2受容体は三量体G蛋白質G12/13およびGqへの共益を介してPho依存的、しかいRhoキナーゼ非依存的な機構により血管平滑筋細胞のRac活性および細胞遊走を抑制する  第19回日本循環薬理学会 2009年11月27日 京都大学百周年時計台記念館(京都府) 口演 国内、一般、学生 安藝 翔, 吉岡和晃, 岡本安雄, 多久和 陽 血管内皮細胞のTGFb1–Smadシグナル伝達系におけるクラスⅡa型 PI3キナーゼC2aの役割  第56回中部日本生理学会 2009年12月4-5日 石川県立音楽堂(石川県金沢) ポスター発表 国内、一般、学生 戚勛,岡本安雄,村川智美,尾山治,王飛,吉岡和晃,杜娃,杉本直俊,多久和典子,多久和陽 マウス後肢虚血モデルにおける徐放化S1P製剤を用いた血管新生療法 第56回中部日本生理学会 2009年12月4-5日 石川県立音楽堂(石川県金沢) ポスター発表 国内、一般、学生 杜 娃、 多久和 典子、吉岡 和晃、岡本 安雄,多久和 陽脂質メディエーターS1PによるS1P2受容体を介した腫瘍血管新生の抑制 第56回中部日本生理学会 2009年12月4-5日 石川県立音楽堂(石川県金沢)ポスター発表 国内、一般、学生 多久和典子, 大倉誓一郎,高島伸一郎,大谷啓輔,薄井荘一郎,岡本安雄,王 飛,杜 娃,吉岡和晃,多久和 陽 心筋リモデリングにおけるスフィンゴシン-1-リン酸情報伝達系の病態生理学的役割 ―スフィンゴシンキナーゼ1トランスジェニックマウスを用いた検討― 第56回中部日本生理学会 2009年12月4-5日 石川県立音楽堂(石川県金沢) ポスター発表 国内、一般 Noriko Takuwa1),Seiichiro Ohkura1),Shinichiro Takashima2),Keisuke Ohtani2),Yasuo Okamoto1),Soichiro Usui2),Kazuaki Yoshioka1),Masayuki Takamura2),Shuichi Kaneko2),Yo Takuwa1),  Development of Cardiac Fibrosis in Sphingosine Kinase 1 Transgenic Mice through an S1P3 Receptor-mediated, Reactive Oxygen Species-dependent Process 第74回日本循環器学会総会 2010年3月5日(金)- 7日(日)京都国際会館(京都府) ポスター発表 国内、一般 (2009)
  • 岡本安雄、石英美、アザムモハメドアリ、佐藤篤志、吉岡和晃、王飛、崔弘、多久和典子、多久和陽 自然発症高血圧ラットにおける血管のCa2+依存性PI3KC2α-Rho経路の役割 第87 回日本生理学会大会 2010年5月19-21日 盛岡市民文化ホール いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市) シンポジウム 国内、招待 多久和典子、大倉誓一郎、高島伸一郎、大谷啓輔、薄井荘一郎、岡本安雄、王飛、杜娃、吉岡和晃、多久和陽 スフィンゴシン 1 リン酸情報伝達系の病態生理学的役割―スフィンゴシンキナーゼ1 トランスジェニックマウスを用いた検討― 第87 回日本生理学会大会 2010年5月19-21日 盛岡市民文化ホール いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市)ポスター発表 国内、一般 吉岡和晃、吉田耕太朗、安藝翔、Kuntal Biswas、Wa Du、Xun Qi、Fei Wang、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 クラスII型PI3キナーゼC2αの血管形成における生理的役割:コンディショナルKOマウスを用いた解析 第87 回日本生理学会大会 2010年5月19-21日 盛岡市民文化ホール いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市)口演 国内、一般 安藝翔、吉岡和晃、岡本安雄、多久和陽 クラスII型PI3キナーゼC2αは血管内皮細胞においてTGFβ1-Smad2-3シグナル伝達系を介して血管新生を調節する 第87 回日本生理学会大会 2010年5月19-21日 盛岡市民文化ホール いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市)口演 国内、一般、学生 多久和 陽、岡本 安雄、吉岡 和晃、多久和 典子Signaling of vascular smooth muscle contraction. 第1回国際バイオレオロジーシンポジウム 2010年6月1-2日 理化学研究所(埼玉和光市) シンポジウム発表 国際、招待(Yoh Takuwa, Yasuo Okamoto, kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa. Signaling of vascular smooth muscle contraction. 1st International Conference on Biorheology 2010年6月1-2日, 埼玉県和光市 基調講演) Wa Du, Noriko Takuwa, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, and Yoh Takuwa Sphingosine-1-phosphate receptor-2 inhibits tumor angiogenesis and tumor growth in vivo in mice  Keystone Symposia Bioactive Lipids: Biochemistry and Diseases 2010年 6月6日~6月10日ウエステン都ホテル京都(京都府)ポスター 国際、一般、学生 多久和 典子、杜 娃、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 陽 S1P2受容体によるがん血管新生抑制とそのメカニズム 日本脂質生化学会 2010年6月14-15日 森秋旅館(群馬県伊香保)シンポジウム(リゾ脂質受容体研究の新展開) 国内、招待 多久和 陽 王 飛 岡本 安雄 吉岡 和晃 多久和 典子 Role of sphingosine-1-phoshate receptor-2 in atherosclerosis. 第42回日本動脈硬化学会 2010年7月15‐16日 長良川国際会議場(岐阜県)シンポジウム 国内、招待 王 飛、岡本 安雄、居軒 功、吉岡 和晃、多久和 典子、多久和 陽 Sphingosine-1-phosphate receptor-2 deletion inhibits macrophage proinflammatory activities and atherosclerosis in mice 第18回血管生物医学会 2010年12月1‐3日 梅田スカイビル(大阪府)ポスター 国際、一般、学生 吉岡 和晃、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽 クラスIIα型PI3キナーゼC2αは血管新生及びバリアー機能に必須である第18回血管生物医学会 2010年12月1‐3日 梅田スカイビル(大阪府)ポスター 国際、一般 Yoh Takuwa A novel Ca2+ - and phosphoinositide 3-kinase- depend mechanism for myosin phosphatase inhibition and Ca2+ -sensitization in vascular smooth muscle. Winter work shop 光州(Gwanjn)韓国「Plenary Lecture」2011年1月25日 国際、招待 多久和 陽 Proatherogenic activity of sphingosine-1- phosphate receptor-2. 第75回日本循環器学会 2011年3月18-20日(パシフィコ横浜・会議センター 誌上開催) 国内、招待(topic) 岡本 安雄、王 飛、居軒 功、吉岡 和晃、多久和 典子、多久和 陽 S1P2受容体遺伝子欠損はマクロファージの炎症活性を抑え、apoE欠損マウスにおける粥状動脈硬化を抑制する 第88回日本生理学会 シンポジウム 2011年3月29日(パシフィコ横浜・会議センター 誌上開催) 国内、一般 吉岡 和晃、吉田 耕太郎、崔 弘、安藝 翔、Kuntal Biswas、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽 クラスII型PI3キナーゼC2αは血管新生と障壁機能に必須である 第88回日本生理学会 ポスター 2011年3月29日(パシフィコ横浜・会議センター 誌上開催) 国内、一般 (2010)
  • Wang Fei, Yasuo Okamoto, Isao Inoki, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Ryunosuke Ohkawa, Yutaka Yatomi, Makoto Kinoshita, Yoh Takuwa. Delection of sphingosine-1-phosphate reseptor-2 inhibits proinflammatory activities of macrophages and atherosclerosis in apoE-deficient mice. 第53回 日本脂質生化学会 ポスター 2011年5月12-13日(ホテル東京ガーデンパレス 東京都) Kazuaki Yoshioka, Kotaro Yoshida, Hong Cui, Xun Qi, Tomohiko Wakayama, Noriko Takuwa, Yasuo Okamoto, Kazushi Sugihara, Sho Aki, Kuntal Biswas, Masahide Asano, Yoh Takuwa. Endothelial class II PI3K-Ca2a has an essential role for physiological and pathological angiogenesis. 日本分子生物学会第11回春季シンポジウム ポスター2011年5月25-26日 石川県立音楽堂(石川県金沢) 戚 勛、岡本 安雄、吉岡 和晃、王 飛、崔 弘、Biswas Kuntal、安藝 翔、Dandar Erdembileg、多久和 典子、多久和 陽 ポリ乳酸―グリコール酸共重合体を基材としたスフィンゴシン-1-リン酸徐放微粒子製剤による持続性放出はマウス虚血肢においてAkt/ERK-eNOSを介して血管新生および血管成熟を促進し血流を回復させる 日本分子生物学会第11回春季シンポジウム ポスター2011年5月25-26日 石川県立音楽堂(石川県金沢) Wang Fei, Yasuo Okamoto, Isao Inoki, kazuaki Yoshioka, Xun Qi, Hong Cui Biswas Kuntal, Sho Aki, Dandar Erdembileg, Noriko Takuwa, Yasuhiko Yamamoto, Masahide Asano, Yoh Takuwa. Deletion of sphingosine -1-receptor-2(S1PR2) inhibits proinflammatory activities of macrophages and atherosclerosis in apoE-deficient mice. 日本分子生物学会第11回春季シンポジウム ポスター2011年5月25-26日 石川県立音楽堂(石川県金沢) Yoh Takuwa, Noriko Takuwa, Seiichiro Ohkura, Shin-ichiro Takashima, Soichiro Usui2, Shuichi Kaneko, Yasuo Okamoto, Kazuaki Yoshioka Role of Lysophospholipid Mediator Sphingosine-1-phosphate in Cardiac Fibrosis 1st Meeting of Asian-Pacific Federation of Inflammation and Regeneration and 第32回日本日本炎症・再生医学会 シンポジウム・招待講演 2011年6月2-3日(国立京都国際会館・京都府) 多久和 陽 血管平滑筋収縮における新しいCa 2+ 標的―ミオシン軽鎖ホスファターゼ 第27回スパズム・シンポジウム 2011年7月30日 国立京都国際会館(京都府)招待講演 Yoh Takuwa Fei Wang Yasuo Okamoto Kazuaki Yoshioka Noriko Takuwa. Proatherogenic role of sphingosine-1-phosphate receptor-2. 2011 FASEB Summer Research Conference: Lysophospholipid Mediators in Health and Disease 2011年8月14-19日 Il Ciocco Hotel & Resort(イタリア) Yasuo Okamoto Fei Wang Isao Inoki Kazuaki Yoshioka Noriko Takuwa Yoh Takuwa. Deletion of sphingosine-1-phosphate receptor-2 inhibits macrophages proinflammatory activities and atherosclerosis in apoE-deficient mice. 2011 FASEB Summer Research Conference: Lysophospholipid Mediators in Health and Disease 2011年8月14-19日 Il Ciocco Hotel & Resort(イタリア)ポスター Fei Wang, Yasuo Okamoto, Isao Inoki, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Yoh Takuwa, Sphingosine-1-phosphate receptor-2 facilitates atherosclerosis in apoE-deficient maide. 第84回日本生化学会大会 2011年9月21-24日 国立京都国際会館(京都府) 岡本安雄,王飛,居軒功,吉岡和晃,多久和典子,多久和陽 1S1P2受容体遺伝子の破壊はapoE欠損マウスにおける粥状動脈硬化を抑制する 第58回 中部日本生理学会 2011年11月1日-2日 福井県県民ホール(福井県) Yasuo Okamoto, Xun Qi, Wa Du, Noriko Takuwa, kazuaki Yoshioka, Yoh Takuwa Function role of sphingosine-1-phosphate signaling in angiogenesis. The 1st Asia-Pacific Vascular Biology Meeting and 第19回日本血管生物医学会学術集会 2011年12月8-10日 東京ステーションコンファレンス(東京都)シンポジウム招待講演 吉岡和晃、吉田耕太朗、崔弘、安藝翔、Kuntal Biswas, 趙娟娟、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 クラスII型PI3キナーゼC2αノックアウトマウスにおける血管障壁機能の異常 Yoshioka, Kazuaki Yoshida, Kotaro Cui, Hong Aki, Sho;Biswas, Kuntal Zhao, JuanJuan Takuwa, Noriko Okamoto, Yasuo Takuwa, Yoh Defective vascular barrier integrity and aneurysm formation in PI3K class II α-isoform C2α-deficient mice.第89回日本生理学会大会 2012年3月29日-3月31日長野県松本文化会館(長野県)[シンポジウム=細胞内脂質メディエーターによる細胞機能の調節と疾患] 招待講演 Kuntal Biswas、吉岡和晃、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 スフィンゴシン-1-リン酸による血管内皮細胞遊走におけるクラスII 型PI3 キナーゼC2α の役割 Biswas, Kuntal Yoshioka, Kazuaki Takuwa, Noriko Okamoto, Yasuo Takuwa, Yoh Essential role of class IIα-isoform PI3 kinase (PI3K-C2α) in sphingosine-1-phosphate(S1P)-induced endothelial cell migration.第89回日本生理学会大会 2012年3月29日-3月31日長野県松本文化会館(長野県)ポスター (2011)
  • Yoh Takuwa Role of sphingosine-1-phosphate in cardiac remodeling and protection The 1st International Symposium on Lipid Mediators2012年6月6-8日 九州大学医学部百年講堂(福岡市)  (招待講演・シンポジウム) 吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 典子、多久和 陽 クラスII型PI3キナーゼC2は血管形成に必須である 第54回 日本脂質生化学会 2012年6月6-8日 九州大学医学部百年講堂(福岡市)  多久和 陽 Essential role of class IIα-isoform PI3 kinase (PI3K-C2α) in sphingosine-1-phosphate(S1P-induced endothelial cell migration 第7回 スフィンゴテラピィ研究会 2012年7月13-14日 能登ロイヤルホテル Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Yasuo Okamoto, Yoh Takuwa Class II PI3K-C2α is essential for vascular barrier integrity International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting 2012 JST-CREST International Symposium"Frontiers in Immunology & Inflammation: From Molecules to Disease" 2012年10月23-26日 学術総合センター(東京) 吉岡 和晃, 吉田 耕太朗, 多久和 典子, 岡本 安雄, 多久和 陽 クラスII 型PI3 キナーゼC2αは血管新生・恒常性維持に必須である第59回中部生理学会 2012.年11月16-17日 自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター(愛知県) Kazuaki Yoshioka, Kotaro Yoshida, Noriko Takuwa, Yasuo Okamoto,Yoh Takuwa Class II PI3 kinase C2α has a crucial role in vascular formation and barrier integrity 第20回日本血管生物医学会 2012年12月5―7日 あわぎんホール(徳島県) 吉岡 和晃, 多久和 典子, 岡本 安雄, 多久和 陽 クラスII型PI3キナーゼC2αは血管形成・血管恒常性維持に必須である 第35回日本分子生物学会 2012年12月11日―14日 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡(福岡県)(招待講演) Kuntal Biswas, 吉岡 和晃, 岡本 安雄, 多久和 典子, 多久和 陽 クラスII型PI3キナーゼC2αはエンドソーム上でのRac1活性化を制御してスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)による血管内皮細胞遊走・管腔形成を調節する。  第35回日本分子生物学会 2012年12月11日―14日 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡(福岡県) Kuntal Biswas, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, Noriko Takuwa and Yoh Takuwa ClassII PI3-kinase, PI3K-C2alpha, mediates S1P-induced endothelial cell migration through endosomal Rac1 activation Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology 2013年1月27日-2月1日 Four Points Sheraton / Holiday Inn Express Ventura, CA, U.S.A Yoshioka K, Yoshida K, Biswas K, Takuwa Y, et al.Endothelial PI3K-C2a, a class II PI3K, has an essential role in angiogenesis and vascular barrier function. Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology 2013年1月27日-2月1日 Four Points Sheraton / Holiday Inn Express Express Ventura, CA, U.S.A Yoh Takuwa Endothelial PI3K-C2a, a class II PI3K in angiogenesis and vascular barrier function Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology 2013年1月27日-2月1日 Four Points Sheraton / Holiday Inn Express Express Ventura, CA, U.S.A (招待講演) 崔弘、岡本安雄、吉岡和晃、杜娃、多久和典子、張威、Kuntal Biswas、安藝翔、趙娟娟、九田裕一、浅野雅秀、芝本利重、多久和陽 スフィンゴシン1-リン酸特異的2 型受容体は内皮型一酸化窒素合成酵素を抑制することによりアナフィラキシーショックに対して保護的に働く Hong Cui, Yasuo Okamoto, Kazuaki Yoshioka, Wa Du, Noriko Takuwa, Wei Zhang, Kuntal Biswas, Sho Aki, JuanJuan Zhao, Yuichi Kuda, Masahide Asano, Toshishige Shibamoto,Yoh Takuwa Sphingosine-1-phosphate receptor-2 plays a protective role against anaphylactic shock through inhibiting eNOS 第90回日本生理学会 2013年3月27-29日 タワーホール船堀(東京) Kuntal Biswas、吉岡和晃、安藝翔、崔弘、趙娟娟、九田裕一、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 クラスII 型PI3 キナーゼC2α はエンドソーム上でのS1P によるRac1 活性化を制御して内皮細胞遊走を調節する Kuntal Biswas, Kazuaki Yoshioka, Sho Aki, Hong Cui, JuanJuan Zhao, Yuichi Kuda, Noriko Takuwa, Yasuo Okamoto, Yoh Takuwa Class II PI3 kinase C2α plays essential roles in endosomal Rac1 activation and cell migration in S1P stimulated endothelial cells 第90回日本生理学会 2013年3月27-29日 タワーホール船堀(東京) 吉岡和晃、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 クラスII型PI3キナーゼC2αはメンブレン・トラフィッキング調節を介する血管形成及び恒常性維持に必須である 第90回日本生理学会 シンポジウム「細胞膜と細胞内膜における脂質制御とその生理機能」Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Yasuo Okamoto, Yoh Takuwa Class II PI3 kinase C2α has an essential role in angiogenesis and vascular homeostasis through regulating endosomal trafficking The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan Symposium “Physiological function of lipid dynamics in plasma and endo membrane” 2013年3月27-29日 タワーホール船堀(東京)(招待講演) (2012)
  • Yoh Takuwa, Wa Du, Noriko Takuwa, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto Sphingosine-1-phosphate signaling in tumor biology THE U.S.-JAPAN COOPERATIVE CANCER RESEARCH PROGRAM WORKSHOP 2008 2008年3月 京都 Wa Du, Host cell S1P receptor (s1P2R) negatively regulations tumor growth and angiogenesis in vivo. THE U.S.-JAPAN COOPERATIVE CANCER RESEARCH PROGRAM WORKSHOP 2008 2008年3月 京都 Wa Du, Noriko Takuwa, Kazuaki Yoshioka, Fei Wang, Chisa Nagakura, Erika Kaneko,Yoh Takuwa Sphingosine-1-phosphate receptor-2(S1P2R)negatively regulates tumor angiogenesis, vascular maturation and integrity in vivo 第85回日本生理学会 2008年3月 東京 Xun Qi, Naotoshi Sugimoto Osamu Oyama1 Kiyomi Mizugishi Noriko Takuwa Yoh Takuwa Sustained delivery of sphingosine-1-phosphate(S1P)by using PLGA microparticles stimulates post&,#1048576,ischemic angiogenesis第85回日本生理学会 2008年3月 東京 戚 、村川 智美、尾山 治、杉本 直俊、王 飛、杜 娃、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 典子、水岸 貴代美、多久和 陽 徐放化S1P製剤による虚血後血管新生の促進 第50回日本脂質生化学会 2008年6月6日 徳島 杜 娃、多久和 典子、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 陽 リゾリン脂質メディエータースフィンゴシン-1-リン酸(S1P)はS1P2受容体を介して腫瘍血管新生・成熟を抑制する 第67回日本癌学会 2008年10月28-30 名古屋 Wa Du, Noriko Yaukwa, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, Erika Knako, Msahide Asano Yoh Takuwa Host sell S1P2 receptor (S1P2R) negatively regulates tumor growth and angiogenesis in vivo.  第16回日本血管生物医学会学術集会、The 6th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology 2008年12月3-5日 金沢 Xun Qi, Yasuo Okamoto, Tomomi Murakawa, Osamu Oyama, Naotoshi Sugimoto, Wa Du, Fei Wang, Kazuaki Yoshioka, Noriko Taukwa, Yoh Takuwa Sustained delivery of sphingosine-1-phosphate (S1P) by using PLGA microparticles stimulates post-ischemic angiogenesis. 第16回日本血管生物医学会学術集会、The 6th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology 2008年12月3-5日 金沢 Yoh Takuwa Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, Mohammed Ali Azam, Masataka Maeda, Noriko Taukwa, Role phosphoinosititide 3-kinase (PI3K) class II a isoform, a novel Ca2+-dependent regulator of Rho in vascular smooth muscle, in hypertension 第16回日本血管生物医学会学術集会、The 6th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology 2008年12月3-5日 金沢 多久和陽, 杜娃, 戚 , 尾山治, 岡本安雄, 吉岡和晃, 多久和典子 スフィンゴシン− 1 −リン酸(S1P)シグナリングと血管新生 第81回日本生化学会/第31回日本分子生物学会 2008年12月9-12 神戸(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○「非ヒトノックアウト動物、並びによの用途およびその作製方法」 (特許番号:特許第5692677号)
○ホスファチジルイノシトール3-キナーゼクラスIiaアイソフォームを介した血管平滑筋収縮の制御方法、降圧剤又は抗攣縮剤を開発する方法 (特許番号:特許第4189489号)
○癌細胞の転移を阻害する化合物をインビボの系でスクリーニングする方法(公開年月:2008/05/01)(出願国名:日本)(特許番号:4117379号)
○血管内皮関門障害に関連した疾患又は症状を予 防及び/又は治療するための候補物質のスクリー ニング方法
○S1P2受容体アンタゴニストを含む、粥状動脈硬化治療薬 (出願国名:国外)
○虚血後血管新生促進剤

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「細胞内脂質シグナル分子による小胞輸送制御を介した血管細胞機能の調節 」(2015-2018) 代表者
○基盤研究(B)「機能性脂質分子による血管恒常性維持の分子機構」(2012-2014) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「炎症制御因子としてのスフィンゴシン-1-リン酸の血管障害における役割」(2011-2012) 代表者
○挑戦的萌芽研究「PI3KクラスIIα酵素欠損マウスにおける血管健常性の破綻」(2011-2012) 代表者
○基盤研究(B)「心血管ホメオスターシスとその破綻における機能性脂質の役割」(2009-2011) 代表者
○特定領域研究「がん血行転移を制御するシグナリング機構」(2005-2009) 代表者
○基盤研究(B)「遺伝子改変マウスを用いた生理活性脂質S1P・Edg受容体システムの統合的研究」(2005-2006) 代表者
○基盤研究(B)「生理活性脂質スフィンゴシン-1-リン酸受容体の機能の分子生物学的解析」(1999-2005) 代表者
○基盤研究(B)「生理活性脂質スフィンゴシン-1-リン酸・Edg受容体」(2003-2004) 代表者
○特定領域研究「G蛋白共役型受容体による癌の浸潤・転移の制御とその分子メカニズム」(2003-2004) 代表者
○基盤研究(B)「モルフォーゲン活性を有する新規生理活性脂質S1Pの生理機能の分子生物学的解析」(2001-2002) 代表者
○挑戦的萌芽研究「PI-3-PホスファターゼMTMの制御による血管バリア機能の防御」(2013-2014)
○新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域)「炎症制御因子としてのスフィンゴシン-1-リン酸の血管障害における役割」(2013-2014)
○基盤研究(B)(一般)「機能性脂質分子による血管恒常性維持の分子機構」(2012-2014)
○新学術領域研究(研究領域提案型)「新規情報伝達系による平滑筋収縮制御」
○新学術領域研究(研究領域提案型)「統合的内臓器モーション制御学」
○挑戦的萌芽研究「PI-3-PホスファターゼMTMの制御による血管バリア機能の防御」(2013-2014) 代表者

学域・学類担当授業科目

○大学・社会生活論(2017)
○器官生理学(2017)
○生体の機能と統合(2017)
○早期医療体験Ⅱ(2017)
○早期医療体験(2017)
○生体の機能(2017)
○大学・社会生活論(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○生体の機能(2016)
○生体の機能と統合(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○早期医療体験Ⅱ(2016)
○生体の機能(2015)
○生体の機能と統合(2015)
○医薬保健学基礎(2015)
○医学研究実践(2015)
○最新医学研究(2015)
○最新医学研究(2015)
○英語コミュニケーション(2015)
○実践医学英語(2015)
○応用基礎配属(2015)
○応用臨床実習(2015)
○病態生理(2015)
○基本的基礎配属(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○生体の機能と統合(2014)
○生体の機能(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○医薬保健学基礎(2014)
○応用基礎配属(2014)
○応用臨床実習(2014)
○病態生理(2014)
○基本的基礎配属(2014)

大学院担当授業科目

○バイオ工学特別講義1(2017)
○人体機能学(2017)
○血管情報伝達学特論(2017)
○血管情報伝達学特論(2017)
○血管情報伝達学特論(2017)
○メディカルサイエンスセミナー(2016)
○人体機能学(2016)
○バイオ工学特別講義1(2016)
○血管情報伝達学特論(2016)
○血管情報伝達学特論(2016)
○血管情報伝達学特論(2016)
○バイオ工学特別講義1(2015)
○特別講義1(2015)
○血管情報伝達学特論(2015)
○人体機能学(2015)
○人体機能学(2014)
○論文演習(2014)
○血管情報伝達学特論(2014)
○バイオ工学特別講義1(2014)
○特別講義1(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○JST二国間共同研究事業慶北大学韓国(2010-2012)韓国高血圧の治療薬物開発を目的として、血管収縮物質と細胞内収縮機構を調節する新規分子の作用を修飾する薬物を開発・同定した。

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○一般社団法人全国医学部長病院長会議 医学部大学院あり方検討員会委員(2015/06/01-)
○公益財団法人医学教育振興財団運営委員会委員(2014/04/01-2015/03/31)
○一般社団法人全国医学部長病院長会議 共用試験検討委員会委員(2015/06/01-)

講演可能なテーマ

○血管収縮・弛緩のメカニズム
○血管に作用する生理活性物質

その他公的社会活動

このページの先頭へ