本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

内山 尚之 (うちやま なおゆき) 講師 UCHIYAMA Naoyuki

メール

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻

所属研究室等

金沢大学附属病院脳神経外科 TEL:076-265-2384 FAX:076-234-4262

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 外科系脳神経外科学 1993/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1989/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

所属学会

日本脳卒中の外科学会 代議員(2016-)
日本脳神経血管内治療学会 専門医認定試験委員(2014-)
日本脳神経外科学会 代議員(2015-)
日本脳卒中学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○HS賞(最優秀口演賞)(2015/08/29)
○優秀JNET論文賞(2011/11/20)

専門分野

脳神経外科学

専門分野キーワード

研究課題

著書

  • 再訪 特発性中大脳動脈閉塞症 メディカ出版 2014 内山尚之,毛利正直,濵田潤一郎 181頁

論文

  • Kanazawa mobile embolectomy team (KMET) による石川・富山県内の急性期再開通治療の初期成績 内山尚之,毛利正直,見崎孝一,上出智也,東 良,廣田雄一,岩戸雅之,吉田優也,光田幸彦,南出尚人,正印克夫,喜多大輔,旭 雄士,中田光俊 The Mt. Fuji Workshop on CVD 「急性期脳梗塞治療 –現状と近未来-」 34巻 156-61頁 2016 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Intracranial aneurysm formation after radiotherapy for medulloblastoma. Kamide T, Mohri M, Misaki K, Uchiyama N, Nakada M. Surg Neurol Int.  7巻 880-2頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unique Venous Drainage of a Sphenoid Wing Dural Arteriovenous Fistula with Ocular Symptoms. Misaki K, Uchiyama N, Mohri M, Aida Y, Uno T, Nakada M. World Neurosurg.  97巻 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Treatment Result in the Initial Stage of Kanazawa Mobile Embolectomy Team for Acute Ischemic Stroke. Uchiyama N, Misaki K, Mohri M, Kamide T, Hirota Y, Higashi R, Minamide H, Kohda Y, Asahi T, Shoin K, Iwato M, Kita D, Hamada Y, Yoshida Y, Nakada M. Neurol Med Chir (Tokyo). 56巻 12号 737-44頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pseudoaneurysm formation caused by the withdrawal of a Trevo ProVue stent at a tortuous cerebral vessel: a case report. Misaki K, Uchiyama N, Mohri M, Kamide T, Tsutsui T, Kanamori N, Kurokawa K, Nakada M. Acta Neurochir (Wien).  158巻 11号 2085-8頁 2016 査読有 原著論文

全て表示

  • Inflow Jet Patterns of Unruptured Cerebral Aneurysms Based on the Flow Velocity in the Parent Artery: Evaluation Using 4D Flow MRI. Futami K, Kitabayashi T, Sano H, Misaki K, Uchiyama N, Ueda F, Nakada M. AJNR Am J Neuroradiol.  37巻 7号 1318-23頁 2016 査読有
  • Prediction of carotid artery in-stent restenosis by quantitative assessment of vulnerable plaque using computed tomography. Misaki K, Uchiyama N, Mohri M, Hayashi Y, Ueda F, Nakada M. J Neuroradiol. 43巻 1号 18-24頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Post-delivery evaluation of morphological change in vein of galen aneurysmal malformation – possible parameter of long-term prognosis.  Iizuka T, Arai T, Myojo S, Uchiyama N, Yoshida K, Fujiwara H Case Reports in Perinatal Medicine 5巻 41頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spinal arteriovenous metameric syndrome: Clinical manifestations and endovascular management American Journal of Neuroradiology 34巻 2号 457-463頁 2013 査読有 原著論文 
  • 脳出血の病態生理 内山尚之,濵田潤一郎 日本臨牀 72巻 7号 291頁 2014 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Visualization of angiographical arteriovenous shunting in perisylvian glioblastomas.  Acta Neurochir (Wien). 155巻 715頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Parent artery curvature influences inflow zone location of unruptured sidewall internal carotid artery aneurysms.  Futami K, Sano H, Kitabayashi T, Misaki K, Nakada M, Uchiyama N, Ueda F. AJNR Am J Neuroradiol. 36巻 342頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Preventive Effect of Endovascular Treatment for Recurrent Hemorrhage in Patients with Spinal Cord Arteriovenous Malformations.  Niimi Y, Matsukawa H, Uchiyama N, Berenstein A.  AJNR Am J Neuroradiol. 36巻 1763頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • prediction of high-grade meningioma by preoperative MRI assessment. J Neurooncol 108巻 147頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 左総頚動脈ステント留置術におけるガイディングシース保持のためのgooseneck snareの使用 脳神経血管内治療 6巻 56頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Late recurrence of subarachnoid hemorrhage due to regrowth of aneurysm originated from anterior communicating artery after neck clipping surgery. The open neurosurgery 5巻 8頁 2012/01 原著論文 その他
  • Association between carotid plaque composition assessed by multidetector computed tomography and cerebral embolism after carotid stenting.  54巻 487頁 2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anaplastic meningioma with extremely rapid recurrence 153巻 3号 659頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ダブルカテーテル法を使用した未破裂脳動脈瘤に対する瘤内コイル塞栓術の治療成績 脳卒中の外科 39巻 393頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 頭蓋内血管の画像診断の進歩 The Lipid 22巻 426頁 2011/09 その他
  • 頸部内頸動脈狭窄に対する治療 綜合臨牀 60巻 2111頁 2011/08 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 過成長症候群と血管奇形 –Overgrowth syndrome and vascular malformation- Niche neuro-angiography conference 2011 論文集 1巻 2011/05 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対するdouble microcatheter法による経静脈的塞栓術 内山尚之 濵田潤一郎 毛利正直 東 良 廣田雄一 見崎孝一 林 裕 高畠靖志 山崎法明 荒川泰明 江塚 勇  脳神経血管内治療 4巻 1号 3頁 2010/06 査読無 原著論文
  • Paramedian supracerebellar transtentorial approach for medial tentorial meningioma with supratentorial extension: Technical case report. Uchiyama N, Hasegawa M, Kita D, Yamashita J Neurosurgery  48巻 6号 1470頁 2001/12 原著論文
  • Improved cerebral perfusion and metabolism after stenting for basilar artery stenosis: Technical case report.  Uchiyama N, Kida S, Watanabe T, Yamashita J, Matsui O Neurosurgery  48巻 6号 1386頁 2001/06 原著論文
  • Endovascular treatment of multiple severe atheroscleroses with cerebral hypoperfusion: case report. Uchiyama N, Okada Y, Higashi S Interventional Neuroradiology  12巻 229頁 2006/10 原著論文
  • A reevaluation of the primary diagnosis of hemangiopericytoma and the clinical importance of differential diagnosis from solitary fibrous tumor of the central nervous system. Hayashi Y, Uchiyama N, Hayashi Y, Nakada M, Iwato M, Kita D, Higashi R, Hirota Y, Kai Y, Kuratsu J, Hamada J  Clin Neurol Neurosurg 111巻 1号 127頁 2009/01 原著論文
  • Gonadotropin-releasing hormone (GnRH) and its receptor in human meningiomas. Hirota Y, Tachibana O, Uchiyama N, Hayashi Y, Nakada M, Kita D, Watanabe T, Higashi R, Hamada J, Hayashi Y: Clin Neurol Neurosurg  111巻 2号 127頁 2009/02 原著論文
  • Intraparenchymal pneumocephalus caused by ethmoid sinus osteoma. Kamide T, Nakada M, Hayashi Y, Hayashi Y, Uchiyama N, Hamada J. J Clin Neurosci. 16巻 11号 1487頁 2009/11 原著論文
  • Implication of 5-aminolevulinic acid fluorescence of the ventricular wall for postoperative communicating hydrocephalus associated with cerebrospinal fluid dissemination in patients with glioblastoma multiforme: a report of 7 cases.  Hayashi Y, Nakada M, Tanaka S, Uchiyama N, Hayashi Y, Kita D, Hamada J.  J Neurosurg 112巻 5号 1015頁 2010/05 原著論文
  • BCL10 single nucleotide polymorphism and its association with CSF dissemination of primary intracranial germ cell tumors. Hayashi Y, Watanabe T, Nakada M, Kita D, Hayashi Y, Uchiyama N, Hamada J. Pediatr Neurosurg. 45巻 4号 291頁 2009/04 原著論文
  • Skull osteohypertrophy as a complication of bone wax. 1Kamide T, Nakada M, Hirota Y, Hayashi Y, Hayashi Y, Uchiyama N, Hamada J. J Clin Neurosci. 16巻 12号 1658頁 2009/12 原著論文
  • Sphingosine-1-phosphate receptor type 1 regulates glioma cell proliferation and correlates with patient survival. Yoshida Y, Nakada M, Sugimoto N, Harada T, Hayashi Y, Kita D, Uchiyama N, Hayashi Y, Yachie A, Takuwa Y, Hamada J. Int J Cancer.  126巻 10号 2341頁 2010/10 原著論文
  • The expression level of sphingosine-1-phosphate receptor type 1 is related to MIB-1 labeling index and predicts survival of glioblastoma patients. Yoshida Y, Nakada M, Harada T, Tanaka S, Furuta T, Hayashi Y, Kita D, Uchiyama N, Hayashi Y, Hamada J. J Neurooncol. 98巻 1号 41頁 2010/01 原著論文
  • Intracerebral hemorrhage secondary to ventriculoperitoneal shunt insertion--four case reports. Misaki K, Uchiyama N, Hayashi Y, Hamada J. Neurol Med Chir (Tokyo) 50巻 1号 76頁 2010/01 原著論文
  • Retro-odontoid pseudotumor without atlantoaxial subluxation. Tanaka S, Nakada M, Hayashi Y, Mohri M, Hayashi Y, Uchiyama N, Hamada J. J Clin Neurosci. 17巻 5号 649頁 2010/05 原著論文
  • Radiation-induced cerebellar high-grade glioma accompanied by meningioma and cavernoma 29 years after the treatment of medulloblastoma: a case report. Kamide T, Nakada M, Hayashi Y, Suzuki T, Hayashi Y, Uchiyama N, Kijima T, Hamada J.  J Neurooncol. 100巻 2号 299頁 2010/02 原著論文
  • Intravascular tissue reactions induced by various types of bioabsorbable polymeric materials: correlation between the degradation profiles and corresponding tissue reactions. Yuki I, Uchiyama N, Murayama Y, Nien YL, Lee D, Ebara M, Ishii A, Chiang A, Vinters HV, Nishimura I, Wu BM, Vinuela F Neuroradiology  52巻 1017頁 2010/11 原著論文
  • Coils coated with the cyclic peptide SEK-1005 accelerate intra-aneurysmal organization. Sano H, Toda M, Sugihara T, Uchiyama N, Hamada J, Iwata H. Neurosurgery 67巻 4号 984頁 2010/10 原著論文
  • Unusual delayed hydrocephalus after bare platinum coil embolization of an unruptured aneurysm. Misaki K, Uchiyama N, Mohri M, Hirota Y, Hayashi Y, Hamada J. Neurol Med Chir (Tokyo) 50巻 7号 581頁 2010/07 原著論文
  • Ruptured internal carotid artery aneurysm at the origin of a perforating artery associated with a hyperplastic anomalous anterior choroidal artery--case report. Misaki K, Uchiyama N, Nitta H, Hamada J. Neurol Med Chir (Tokyo) 50巻 6号 466頁 2010/06 原著論文

講演・口頭発表等

  • Sinus packing以外の方法でdural AVFをどこまで根治できるか?(特別シンポジウム)(会議名:第28回日本脳神経血管内治療学会学術総会)(2012)
  • Retrograde leptomeningeal venous drainageを伴ったdural AVFのシャント血流出パターンと脳循環動態の解析(会議名:第71回日本脳神経外科学会学術総会)(2012)
  • SEE-JETによる脳血流解析はCAS後の過灌流を予測できるか?(会議名:第41回日本脳卒中の外科学会)(2012)
  • Vein of Galen aneurismal malformationの1治療例(会議名:第77回 石川脳血管障害研究会)(2012)
  • MDCTによる頸動脈プラーク評価とCAS周術期無症候性脳梗塞発生頻度との関係(会議名:第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会)(2011)

全て表示

  • MDCTによる頸動脈プラーク評価とCAS周術期無症候性脳梗塞発生頻度との関係(会議名:第40回日本脳卒中の外科学会)(2011)
  • CLOVES症候群の1例(会議名:第5回 ニッチ脳神経脈管カンファレンス)(2011)
  • 血管内治療における私たちの工夫(会議名:第10回福井IVNR勉強会)(2016/11/04)
  • 石川県における移動型血栓除去チーム(KMET)の活動について(会議名:関西健康医療創成会議 遠隔医療セミナー)(2016/10/29)
  • NBCAによる経動脈的塞栓術で硬膜動静脈瘻を完全消失するための技術的要因について(会議名:第45回日本脳卒中の外科学会学術集会)(2016/04/14)
  • MCA occlusion with developmental collaterals (会議名:第10回ニッチ脳神経脈管カンファレンス)(2016/06/04)
  • 神経血管内治療(会議名:能登脳卒中フォーラム)(2016/06/18)
  • 移動式血栓除去チームによる急性期再開通治療の治療成績 -Kanazawa mobile embolectomy teamの取り組み-(会議名:日本脳神経外科学会第75回学術総会)(2016/09/29)
  • 石川県における脳梗塞急性期再開通治療の現状(会議名:Brain Heart Care カンファレンス in 輪島)(2016/10/21)
  • 末梢性中大脳動脈瘤に対するバイパス併用の血管内治療(会議名:第7回Endovascular & Bypass Case Conference)(2016/03/11)
  • 最近の脳梗塞治療の話題(会議名:羽咋郡市医師会講演会 )(2016/03/17)
  • 石川県内の急性期再開通治療の現状と展望(会議名:第82回石川脳血管障害研究会)(2016/02/06)
  • dural AVFに対するTAE (会議名:第31回日本脳神経血管内治療学会学術総会)(2015)
  • 移動式血栓除去チームによる急性期再開通治療の治療成績 -Kanazawa mobile embolectomy teamの取り組み- (会議名:第31回日本脳神経血管内治療学会学術総会 )(2015)
  • Kanazawa mobile embolectomy team(KMET)による急性期再開通治療の初期成績(会議名:第74回日本脳神経外科学会学術総会)(2015)
  • Kanazawa mobile embolectomy team(KMET)による石川・富山県内の急性期再開通治療の初期成績(会議名:第34回The Mt. Fuji workshop on CVD)(2015)
  • 急性期病院間連携による主幹動脈閉塞に対する機械的血栓除去療法の初期治療成績(会議名:第44回日本脳卒中の外科学会学術集会)(2015)
  • 急性期病院間連携による主幹動脈閉塞に対する機械的血栓除去療法の初期治療成績(会議名:第82回石川脳血管障害研究会)(2015)
  • 新しいコイル”DELTAMAXXTM”を試してみる!(会議名:第30回日本脳神経血管内治療学会学術総会)(2014)
  • ”DELTAMAXXTM”を臨床に活かすには?~最適な治療戦略とその効果~ (会議名:第30回日本脳神経血管内治療学会学術総会)(2014)
  • 過灌流症候群の危険因子の同定とstaged CASの効果(会議名:第30回日本脳神経血管内治療学会学術総会)(2014)
  • 急性期破裂脳動脈瘤の治療戦略と成績-予後不良因子の検討-(会議名:日本脳神経外科学会第73回学術集会)(2014)
  • バイパス手術と血管内手術の組み合わせ治療(会議名:Endovascular & Bypass Case Conference )(2014)
  • 親動脈閉塞による大型・巨大内頚動脈瘤の治療成績 –BTOによるバイパス術適応決定は有用か?-(会議名:第43回日本脳卒中の外科学会学術集会)(2014)
  • 逆流静脈の閉塞に主眼をおいた硬膜動静脈瘻の治療成績(会議名:第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会)(2013)
  • 3D-FIESTAによる特発性中大脳動脈閉塞症の画像評価(会議名:日本脳神経外科学会第72回学術総会)(2013)
  • 再訪:特発性中大脳動脈閉塞症(会議名:第7回ニッチ脳神経脈管カンファレンス)(2013)
  • 急性期脳梗塞の再開通治療(会議名:第8回脳卒中二次予防と抗血小板療法講演会)(2013)
  • Pseudoaneurysm-like formation ? -BA-SCA aneurysmの1例-(会議名:第39回日本脳神経血管内治療学会中部地方会)(2013)
  • 脳表静脈への逆流を伴ったdural AVFのシャント血流出パターンと脳循環動態および神経症状との関係(会議名:第42回日本脳卒中の外科学会 (Stroke 2013))(2013)
  • 眼動脈分岐部動脈瘤のclippingで考えたこと 第16回福光太郎記念比叡山カンファレンス 平成18年11月25-26日 金沢 (2006)
  • 瘤内塞栓術を施行した破裂脳動脈瘤の術後30日以内の早期再出血についての検討 第25回日本脳神経血管内治療学会総会 平成21年11月19-21日 富山 (2009)
  • Preoperative assessment of carotid plaque for carotid artery stenting by using multidetector CT angiography. 9th International Conference on Cerebrovascular Surgery, November 11-13, 2009, Nagoya (2009)
  • 瘤内塞栓術を施行した破裂脳動脈瘤の初回治療結果と再出血・再治療の関係 第68回日本脳神経外科学会学術総会 平成21年10月14-16日 東京 (2009)
  • 頭蓋外起始のPICA末梢に発生した破裂動脈瘤の治療 第32回中部地区脳神経血管内手術懇話会 平成21年8月29-30日 高山 (2009)
  • CEA, CASの適応に迷う症例2 (シンポジウム5:CASの適応) 第8回日本頚部脳血管治療学会 平成21年5月29-30日 小倉 (2009)
  • CAS周術期合併症と拡散強調画像の高信号出現頻度に与える3剤内服抗血小板療法の影響 第8回日本頚部脳血管治療学会 平成21年5月29-30日 小倉 (2009)
  • 瘤内塞栓術を施行した破裂脳動脈瘤の中・長期追跡後の再開通,再治療,再出血についての検討 第25回日本脳神経血管内治療学会総会 平成21年11月19-21日 富山 (2009)
  • Dural AVFとpial AVFの合併例 第17回北陸IVNR研究会 平成21年1月17日 金沢 (2009)
  • 頚部内頚動脈閉塞に対する急性期ステント留置術 第16回北陸IVNR研究会 平成20年1月12日 金沢 (2008)
  • Emergent stenting of extracranial internal carotid artery occlusion in acute ischemic stroke 3rd Russia-Japan workshop on neurosciences August 20-21, 2008. Krasnoyarsk, Russia (2008)
  • Dural AVFとpial AVFの合併例 第30回中部地区脳神経血管内手術懇話会 平成20年8月23-24日 高山 (2008)
  • 内頚動脈near occlusionに対するCAS後の過灌流発生要因の検討 社団法人日本脳神経外科学会第67回学術総会 平成20年10月1-3日 盛岡 (2008)
  • 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対するdouble micocatheter法による経静脈的塞栓術の有用性 第24回日本脳神経血管内治療学会 平成20年11月13-15日 名古屋 (2008)
  • 抗血小板剤の差異によるCAS周術期末梢塞栓および合併症の変化についての検討 第24回日本脳神経血管内治療学会 平成20年11月13-15日 名古屋 (2008)
  • 頭蓋内硬膜動静脈瘻および脊髄動静脈瘻に対するNBCAを用いた経動脈的塞栓術 第66回社団法人日本脳神経外科学会総会 平成19年10月3-5日 東京 (2007)
  • 頚部内頚動脈閉塞に対する急性期ステント留置術 第23回日本脳神経血管内治療学会総会 平成19年11月14-16日 神戸 (2007)
  • 一般市中病院における瘤内塞栓術を第一選択とした破裂脳動脈瘤の治療成績 第65回日本脳神経外科学会総会 平成18年10月18-20日 京都 (2006)
  • Microcatheterによる“remodeling technique” -細い分岐動脈温存を目的として- 第22回日本脳神経血管内治療学会総会 平成18年11月16-18日 徳島 (2006)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○脳神経・感覚器 (臨床講義:脳神経外科学)(2016)
○脳神経・感覚器 (臨床講義:脳神経外科学)(2015)
○脳神経・感覚器 (臨床講義:脳神経外科学)(2014)
○脳神経・感覚器 (臨床講義:脳神経外科学)(2013)
○脳神経・感覚器 (臨床講義:脳神経外科学)(2012)

大学院担当授業科目

○脳・脊髄機能制御学特論(2017)
○脳・脊髄機能制御学特論(2017)
○脳・脊髄機能制御学特論(2016)
○脳・脊髄機能制御学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ