本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年05月25日

FOX SENAN JAMES (セナン フォックス) 准教授 Senan Fox

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

 国際学類

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 School of International Relations - Courses: History of International Relations in East Asia (Undergraduate), Global Security Studies (Undergraduate), China-Japan Relations Since Normalization in 1972 (Post-graduate), Korean Issues Since 1945 (Post-graduate)
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 China-Japan Relations Since Normalization in 1972 (Post-graduate), Korean Issues Since 1945 (Post-graduate)

所属研究室等

国際学類 TEL:076-264-5764 FAX:076-264-5405

学歴

【出身大学院】
セント·アンドリュースの大学(スコットランド、英国)博士課程 国際関係学部 国際関係論(PhD) 修了 博士課程 修了
【取得学位】
博士(PhD in International Relations), 修士号 (M.St. in Modern History), 学士号 (BA (Hons) in History and Politics

職歴

金沢大学 国際学類 准教授

生年月

所属学会

学内委員会委員等

○Open Campus Committee 委員(2018-2019)

受賞学術賞

○Awarded a Research Grant (500,000 Japanese Yen – the maximum available) by the Konosuke Matsushita (Panasonic) Memorial Foundation(2014/07/01)
○日本学術振興会のポストドクトラル・リサーチ・フェロー(2011/04/01)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

  • China, South Korea, and the Socotra Rock Dispute:A Submerged Rock and its Destabilising Potential Palgrave Pivot 2018/11/01 原著書 単著 Senan Fox 978-981-13-2076-7

論文

  • “The ‘Lost Decade’ in Japan, and the Rise in Negative Sentiment towards China”, Country-Specific Study Project, Volume 3, pp. 62 – 76  2015/01 
  • “The Senkaku Shoto/Diaoyu Islands and Okinotorishima disputes: Ideational and material influences”  2016/09 査読有 

講演・口頭発表等

  • ‘Pathways to Peace’ (2014/12)
  • Invited Participant at the “China Information Special Edition Workshop: The Discourse on Boundaries and Boundaries of Discourse in China's Maritime Disputes”(2014/12)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○English for Academic Purposes Ⅲ(2018)
○国際政治史(東洋)(2018)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2018)
○国際政治史(東洋)(2018)
○国際社会研究演習B(2018)
○国際社会研究演習A(2018)
○主要な国際問題と課題1E(2018)
○主要な国際問題と課題2(2018)
○主要な国際問題と課題2E(2018)
○主要な国際問題と課題1(2018)
○EAP Ⅲ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○国際社会研究演習B(2017)
○国際社会研究演習A(2017)
○国際政治史(東洋)E(2017)
○国際社会研究演習A(2017)
○国際社会研究演習B(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○国際政治史(東洋)E(2016)
○国際社会研究演習A(2016)
○国際社会研究演習B(2016)
○国際社会研究演習B(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○国際社会研究演習A(2016)
○国際社会研究演習B(2015)
○国際社会研究演習A(2015)
○国際社会研究演習A(2015)
○国際社会研究演習B(2015)
○国際政治史(東洋)E(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅱ(国際試験)(2015)
○英語Ⅱ(国際試験)(2014)
○英語Ⅱ(国際試験)(2014)
○英語Ⅱ(国際試験)(2014)
○英語Ⅱ(国際試験)(2014)
○英語コミュニケーションⅠ(2014)
○英語コミュニケーションⅠ(2014)
○国際社会研究演習B(2014)
○英語コミュニケーションⅡ(2014)
○英語コミュニケーションⅡ(2014)
○国際社会研究演習A(2014)
○国際社会研究演習A(2014)
○国際社会研究演習B(2014)
○国際政治史(東洋)E(2014)

大学院担当授業科目

○International Relations Ⅳa(2017)
○International Relations Ⅱa(2017)
○International Relations Ⅱb(2017)
○International Relations Ⅳb(2017)
○International RelationsⅡ(2016)
○International RelationsⅣ(2016)
○International Relations Ⅱb(2016)
○International RelationsⅡ(2016)
○International Relations Ⅱa(2016)
○International Relations Ⅳa(2016)
○International Relations Ⅳb(2016)
○International RelationsⅡ(2015)
○International RelationsⅡ(2015)
○International RelationsⅣ(2015)
○International RelationsⅣ(2014)
○International RelationsⅡ(2014)
○International RelationsⅡ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ