本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

吉田 泰幸 (よしだ やすゆき) 特任准教授 YOSHIDA, Yasuyuki

研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

人間社会研究域 附属国際文化資源学研究センター

教育分野

【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 博士課程教育リーディングプログラム「文化資源マネージャー養成プログラム」
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 博士課程教育リーディングプログラム「文化資源マネージャー養成プログラム」

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
名古屋大学大学院 博士課程 2008/03 修了
名古屋大学大学院 修士課程 2000/03 修了
【出身大学】
名古屋大学  1998/03 卒業
【取得学位】
博士(歴史学)

職歴

南山大学人文学部 非常勤講師(2013/04/01-)
金沢大学 国際文化資源学研究センター 客員研究員(2012/08/01-2012/03/31)
金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構 博士研究員 / URA(2012/04/01-2012/12/31)
金沢大学 人間社会研究域 博士研究員(2009/12/01-2012/03/31)
名古屋大学文学部 非常勤講師(2009/10/01-2014/03/31)
南山大学人類学博物館 学芸員(2007/03/26-2009/11/30)

生年月

所属学会

World Archaeological Congress
Society for American Archaeology
European Association of Southeast Asian Archaeologists
Society for East Asian Archaeology (SEAA)
Indo-Pacific Prehistory Association (IPPA)
東南アジア考古学会
物質文化研究会
日本考古学協会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

縄文考古学、東南アジア考古学、博物館学、文化資源学

専門分野キーワード

縄文社会、先ドンソン文化、考古学と現代社会

研究課題

著書

  • Japanese Archaeological Dialogues: 文化資源学セミナー「考古学と現代社会」2013-2016 金沢大学人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター 2017/03 編著 吉田泰幸・John Ertl
  • 縄文時代の考古学10人と社会-人骨情報と社会組織- 同成社 2008/04 共著 吉田 泰幸 978-4886214324

論文

  • 東アジア世界の中の北部ベトナム先史時代玉器製作遺跡群 吉田泰幸 東南アジア考古学 35号 59-65頁 2015/12/31 査読有 展望 研究論文(学術雑誌)
  • 韓国先史文化と文化資源学 吉田 泰幸 金沢大学 文化資源学研究 4号 1-8頁 2012/03 
  • 縄文晩期耳飾の文様論 吉田 泰幸 旃檀林の考古学―大竹憲治先生還暦記念論文集― 77-82頁 2011/08
  • ベトナムにおける先史文化の考古学的研究とその資源化に関する研究 吉田 泰幸 金沢大学 文化資源学研究 1号 1-10頁 2011/03 
  • 花輪台貝塚土偶をみる 吉田 泰幸 南山大学人類学博物館紀要 28号 29-41頁 2010/03 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • 土偶にみられる衣装表現に関する一試論 吉田 泰幸 古代文化 61巻 3号 20-39頁 2009/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 縄文時代における「土製腕輪」の研究 吉田 泰幸 古代文化 59巻 4号 23-41頁 2008/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 縄文時代晩期における耳飾の分布について−愛知県を中心に− 吉田 泰幸 列島の考古学Ⅱ−渡辺誠先生古稀記念論文集− 579-586頁 2007/11
  • 玦状耳飾の装着方法 吉田 泰幸 日本考古学 22号 109-126頁 2006/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 秋田県角間崎貝塚出土の礫石錘−角田コレクション紹介6− 吉田 泰幸 名古屋大学博物館報告 22号 1-10頁 2006/03 
  • 宮城県里浜貝塚製塩土器の再発見−角田コレクション紹介4− 渡辺 誠, 吉田 泰幸 名古屋大学博物館報告 21号 1-8頁 2005/03 
  • 土製栓状耳飾の地理的分布と通婚圏 吉田 泰幸 長野県考古学会誌 105号 34-50頁 2004/05
  • 宮城県室浜貝塚出土資料の研究−角田コレクション紹介3− 吉田 泰幸 名古屋大学博物館報告 20号 55-69頁 2004/03 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 縄文時代における土製栓状耳飾の研究 吉田 泰幸 名古屋大学博物館報告 19号 29-54頁 2003/03 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 

講演・口頭発表等

  • 出版計画 ふくげん:考古学的想像力がかたちづくるものがたり(会議名:「考古学と考古学の民族誌−考古学的知識の多様な形成・利用・変成過程の研究」第五回共同研究会)(2017/01/28)
  • Current Art-Archaeology in Japan: Artists, Archaeologists, and Tokonoma-Place-Making at Ryosokuin, Ken’ninji Temple, WAC-8 Kyoto(会議名:Archaeology, place making and art in Japan and the UK)(2016/11/21)
  • 携帯型蛍光X線分析装置を用いたベトナムにおける石製品石材調査(会議名:東南アジア考古学会 第250回例会)(2016/09/24)
  • Prehistoric Jomon Site Parks and Environmentalism(会議名:Joint East Asian Studies Conference 2016)(2016/09/09)
  • The Background of Diffusion of Jade Manufacturing Technique(会議名:The Eighth World Archaeological Congress)(2016/08/29)

全て表示

  • What things and meanings do the practices of ‘Art and Archaeology’ shape? (会議名:The Eighth World Archaeological Congress)(2016/08/31)
  • Cultural Resource Studies in Japan(会議名:Japan Orientation: An Introduction to the Study of Japan and Its Place in the World)(2016/07/05)
  • Spatial Analysis of Jomon Ear Ornaments: Toward Diverse Interpretations(会議名:Seventh Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology )(2016/06/09)
  • Urushi lacquer ware: Japan and the UK(会議名:Norwich: City of Interculture)(2016/04/21)
  • The Prehistoric Jomon and Ideological Conflict in Contemporary Japan(会議名:Society for American Archaeology 81st Annual Meeting)(2016/04/06)
  • To Climb or not to Climb: The Ethics of Burial Mounds as Public History in Japan(会議名:Theoretical Archaeology Group Bradford 2015)(2015/12/16)
  • 縄文と社会運動(会議名:国立民族学博物館「考古学と考古学の民族誌−考古学的知識の多様な形成・利用・変成過程の研究」第一回共同研究会)(2015/10/18)
  • Stone ring ornaments of pre-Dong Son cultures in Northern Vietnam from the perspective of acculturation from Later Neolithic to Bronze Period(会議名:15th International Conference of the European Association of Southeast Asian Archaeologists)(2015/07/09)
  • 耳飾と縄文社会(会議名:尖石縄文考古館縄文ゼミナール)(2014/02)
  • The Production Technique of Ring Ornaments in the Chinese Neolithic-Bronze Age Period: Insights from Workshop Sites in Northern Vietnam(会議名:Sixth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology Ulaanbaatar)(2014/06/09)
  • Early Society in Northern Vietnam indicated by Nephrite Ornament(会議名:The 20th Indo-Pacific Prehistory Association Congress Cambodia 2014)(2014/01/16)
  • 古くて新しい縄文芸術(会議名:金沢大学・中央区連携講座 考古学の世界 世界の考古学Part2)(2013/12/07)
  • 縄文後・晩期の土製耳飾りと縄文社会(会議名:縄文時代装身具の考古学–身体の装飾をどうとらえるか)(2013/11/17)
  • Cultural Resource Studies in Kanazawa University(会議名:International GIAHS Seminar 4: Appreciating the Hidden Values of the World Agricultural Systems as a Living Cultural Heritage)(2013/11/04)

芸術・フィールドワーク

○PROSPECTION(2016/10-2016/10)(開催地:Cambridge UK)
○Contemporary Field Notes(2016/08-2016/09)(開催地:Kyoto)(成績:Hanging Scroll (Kakejiku) type poster, ink on paper)

特許

共同研究希望テーマ

○出土考古資料の鉱物学的分析

科研費

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies I2(2017)
○文化資源学現地研修(2017)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies I1(2017)
○Cultural resource studies internship(2017)
○文化資源学実習Ⅱ2(2016)
○文化資源学実習Ⅱ1(2016)
○Cultural resource studies research training I(2016)
○文化資源学実習Ⅱ(2016)
○文化資源学現地研修(2016)
○Cultural resource studies research training Ⅱ(2016)
○Cultural Resource Studies Internship(2016)
○Tangible Cultural Resource Studies Ⅲ(2016)
○文化資源学実習Ⅰ(2016)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies Ⅱ(2016)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies I(2016)
○Tangible Cultural Resource Studies Ⅲ1(2016)
○Cultural resource studies research training I1(2016)
○Tangible Cultural Resource Studies Ⅲ2(2016)
○Cultural resource studies research training I2(2016)
○Cultural Resource Studies Internship(2016)
○文化資源学現地研修(2016)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies Ⅱ2(2016)
○Cultural resource studies research training Ⅱ1(2016)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies Ⅱ1(2016)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies Ⅰ1(2016)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies Ⅰ2(2016)
○Cultural resource studies research training Ⅱ2(2016)
○Cultural Resource Studies Fieldwork Practice II(2014)
○Cultural Resource Studies Fieldwork Practice I(2014)
○Cultural Resource Studies Internship(2014)
○文化資源学現地研修(2014)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies II(2014)
○Seminar in Tangible Cultural Resource Studies I(2014)
○Tangible Cultural Resource Studies III(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○セインズベリー日本藝術研究所(20160209-20160209) Discussant of An Evening of Art and Archaeology, The Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures Friends Event
○Daiwa Anglo-Japanese Foundation(20160119-20160119) Discussant of Private View: Material Witness by Saya Kubota

このページの先頭へ