本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月20日

早川 文人 (はやかわ ふみと) 准教授 HAYAKAWA, Fumito

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
上智大学 博士課程 2008/03 単位取得満期退学
上智大学 修士課程 2003/03 修了
【出身大学】
上智大学 文学部 ドイツ文学 2001/03 卒業
【取得学位】
博士(文学)

職歴

生年月

所属学会

日本独文学会 広報委員(2013/06〜2015/05) 
日本オーストリア文学会
日本ヘルダー学会
日本独文学会ドイツ語教育部会
上智ドイツ文学会
日本独文学会北陸支部 幹事 (2014. 4〜2016. 3)
日本独文学会関東支部

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

文学一般、ヨーロッパ文学

専門分野キーワード

ドイツ語圏文学,オーストリア文学,アウストロ・ファシズム,モデルネ

研究課題

著書

  • アラー世代――イスラム過激派から若者たちを取り戻すために 晶文社 2016/11 翻訳書 共訳 高本教之、犬飼彩乃、由比俊行、早川文人、平井敏雄、荻原耕平 978-4-7949-6945-3
  • 日本独文学会研究叢書114『ウィーン1945-1966 オーストリア文学の「悪霊」たち』 日本独文学会 2016/05 原著書 共著 978-4-908452-04-8
  • 日本独文学会研究叢書82『ハプスブルク神話とその規範をめぐって』 日本独文学会研究叢書 2012/10 原著書 共著 早川文人 82号 46-58頁

論文

  • 多言語学習のモチベーションとアイデンティティ:ドイツ短期留学プログラムにおける共通語としての英語とドイツ語習得  根本浩行、早川文人 『外国語教育フォーラム』 11号 2017/03 査読無
  • アウストロ・ファシズムと文学ーー1930年代のH・ブロッホを例に ドイツ語圏文化研究 11号 51-73頁 2014/12 研究論文(学術雑誌)
  • H・ブロッホの装飾批判―初期エッセイの分析を中心に 早川文人 『Lingua』 22号 71-84頁 2011/12 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 認識のトポスとしての小説―H・ブロッホ『ウェルギリウスの死』をめぐる研究状況とその展望 『上智大学ドイツ文学論集』 48号 195-214頁 2010/12 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • ゴダールの『映画史』第四章における『ウェルギリウスの死』の引用法について 『映像ゼミナール2009年』 4-9頁 2010/12 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • H・ブロッホ『夢遊の人々』における死の相貌 上智大学ヨーロッパ研究所研究叢書『文学におけるモダン』 3号 91-107頁 2009/12 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 自作焼却と焚書―H・ブロッホ『ウェルギリウスの死』を手掛かりに 『STUFE』 25号 19-37頁 2006/12 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • ウェルギリウス,カノン,あるいは人間―T・ヘッカーとH・ブロッホのウェルギリウス像 『STUFE』 24号 37-53頁 2004/12 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 薄明の瞬間―H・ブロッホ『罪なき人々』における時代の罪の認識のプロセス 『STUFE』 23号 19-35頁 2003/12 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • 希望の播種、あるいは絶望のポストリュード ――戦間期ウィーンにおけるラジオと文学(会議名:上智大学ドイツ文学会研究発表会)(2017/07/22)
  • ジョルジュ・ザイコからみた戦後オーストリア−−1950年以降の小説とエッセイを手掛かりに(会議名:日本独文学会春季研究発表会(於:武蔵大学))(2015/05/30)
  • アウストロ・ファシズムと文学—ヘルマン・ブロッホを例に(会議名:日本独文学会北陸支部研究発表会(於:富山大学))(2013)
  • H・ブロッホのオーストリア文化批判(会議名:日本独文学会秋季研究発表会(於:金沢大学))(2011)
  • H・ブロッホのホフマンスタールに関するテクストをめぐって(会議名:日本オーストリア文学会(於:日本大学))(2011)

全て表示

  • ゴダールと引用―『映画史』第四章「命がけの美」における『ウェルギリウスの死』からの引用を中心に (会議名:上智大学映像ゼミナール(於:上智大学))(2009)
  • ルードヴィッヒ・ハルトの声―20世紀初頭の朗誦文化から(会議名:日本ヘルダー学会春季研究発表会)(2009)
  • Der suspendierte Tod in der Moderne. Die Vergil- und Bertrand-Figur in den Romanen von Hermann Broch. (会議名:Internationales Symposium (Literatur als Paradigma der Moderne) (於:上智大学))(2008)
  • ブロッホのキッチュ批判から見る<証言文学>―B. WilkomirskiとR. Savianoを例に(会議名:51回現代文学ゼミナール(於:神奈川県/静雲荘))(2008)
  • H・ブロッホ『ウェルギリウスの死』における経験と精神の問題―ハンナ・アーレントの『精神の生活』を手がかりに (会議名:上智大学ドイツ文学会研究発表会(於:上智大学))(2007)
  • ハイネ受容から見る反・親ユダヤ主義の諸相―前世紀転換期ヴィーンを中心に(会議名:ヨーロッパ研究会第58回例会(於:明治学院大学))(2006)
  • ヘルマン・ブロッホ『ウェルギリウスの死』における共感覚の問題(会議名:日本独文学会秋季研究発表会(於:九州産業大学))(2006)
  • ウェルギリウスのカノン化とその解体―ヘルマン・ブロッホ『ウェルギリウスの死』を中心に(会議名:上智大学ドイツ文学会研究発表会(於:上智大学))(2004)
  • 「語りえないもの」を語ること―Christina Viraghの小説『ピラトゥス』について(会議名:第42回現代文学ゼミナール(於:長野県/明日香荘))(2003)
  • 時間の対位法―ヘルマン・ブロッホ『罪なき人々』(会議名:上智大学ドイツ文学会研究発表会(於:上智大学))(2003)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「ラジオ放送の文学番組からみるオーストリア・ファシズムの文化政策とその影響」(2015-2018) 代表者

学域・学類担当授業科目

○ドイツ語A(充実クラスⅠ)(2017)
○異文化体験実習Ⅰ(ドイツ)(2017)
○ドイツ語科教育法A(2017)
○ドイツ語読解基礎1(2017)
○ドイツ語読解基礎(2017)
○異文化体験~レーゲンスブルク大学・デュッセルドルフ大学ドイツ語サマーコース(2017)
○ドイツ語読解基礎2(2017)
○異文化体験実習Ⅱ(ドイツ)(2017)
○ドイツ文学講義B2(2017)
○ドイツ言語文化特殊講義B(2017)
○異文化体験実習Ⅱ(ドイツ)(2017)
○異文化体験実習Ⅰ(ドイツ)(2017)
○ドイツ語A1-2(2017)
○ドイツ語A1-1(2017)
○ドイツ語A4-1(2017)
○ドイツ語A4-2(2017)
○ドイツ語A2(2017)
○ドイツ語A(充実クラスⅠ)(2017)
○ドイツ語A(充実クラスⅠ-2)(2017)
○ドイツ語A2(2017)
○ドイツ語A2(2017)
○ドイツ語A(充実クラスⅠ-1)(2017)
○ドイツ語A4-1(2017)
○ドイツ語A2-2(2017)
○ドイツ語A4(2017)
○ドイツ語A4-1(2017)
○ドイツ語B(2017)
○ドイツ語A2-1(2017)
○ドイツ語A2-2(2017)
○ドイツ語読解基礎2(2017)
○ドイツ語A1(いしかわシティカレッジ)(2017)
○ドイツ語A4(2017)
○ドイツ語A4-2(2017)
○ドイツ語読解基礎1(2017)
○ドイツ文学講義B1(2017)
○ドイツ語A2-1(2017)
○ドイツ語A2-2(2017)
○ドイツ語A3(いしかわシティカレッジ)(2017)
○ドイツ語A3-1(いしかわシティカレッジ)(2017)
○ドイツ語A1(2017)
○ドイツ語A1-2(いしかわシティカレッジ)(2017)
○ドイツ語A4-2(2017)
○ドイツ語A1-1(いしかわシティカレッジ)(2017)
○ドイツ語A4(2017)
○ドイツ語A3-2(いしかわシティカレッジ)(2017)
○ドイツ語A2-1(2017)
○ドイツ語A(充実クラスⅠ)(2016)
○ドイツ語A(充実クラスⅠ)(2016)
○ドイツ語読解基礎(2016)
○ドイツ語A3(いしかわシティカレッジ)(2016)
○ドイツ語A1(いしかわシティカレッジ)(2016)
○ドイツ語A1(2016)
○ドイツ語A1(2016)
○ドイツ語A2(2016)
○ドイツ語A3(2016)
○ドイツ語A(充実クラスⅠ)(2016)
○ドイツ語C(2016)
○ドイツ語A4(2016)
○ドイツ語A2(2016)
○ドイツ語B(2016)
○ドイツ語A4(2016)
○ドイツ語読解基礎(2016)
○ドイツ語圏研究B(2016)
○ドイツ文学演習A(2016)
○ドイツ語A2(2015)
○ドイツ語A2(2015)
○ドイツ語A1(2015)
○ドイツ語A1(2015)
○異文化体験実習Ⅱ(ドイツ)(2015)
○異文化体験実習Ⅰ(ドイツ)(2015)
○ドイツ語読解基礎(2015)
○ドイツ語圏研究A(2015)
○ドイツ近現代文学演習B(2015)
○ドイツ語読解基礎(2015)
○ドイツ語A(充実クラスⅠ)(2015)
○ドイツ語B(2015)
○ドイツ語B(いしかわシティカレッジ)(2015)
○ドイツ語A4(2015)
○ドイツ語A4(2015)
○ドイツ語A3(2015)
○ドイツ語A3(2015)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A1(いしかわシティカレッジ)(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A2(2014)
○ドイツ語A(充実クラスⅡ)(2014)
○ドイツ語A(充実クラスⅠ)(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語B(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A3(いしかわシティカレッジ)(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語C(2014)
○ドイツ語B(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A4(いしかわシティカレッジ)(2014)
○ドイツ語B(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A4(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語読解基礎(2014)
○ドイツ文学演習A(2014)
○ドイツ語科教育法B(2014)
○ドイツ語読解基礎(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ