本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

ABE DAVID KIYOSHI (あべ でいう゛いつど きよし) 准教授 ABE, David, Kiyoshi

所属組織・役職等

人間社会研究域 歴史言語文化学系

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 修了
サザン・クイーンズランド大学 修士課程 修了
【出身大学】
ポートランド大学  卒業
【取得学位】
博士

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

講演・口頭発表等

  • “Japanese Buddhist Temple in Early Issei: A Case Study in the Kona Coffee Belt Japanese Community,”(2014/06/01)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「The Memories of the Japanese Nisei in the Kona Coffee Belt: Shinto Shrines Left Destroyed and National Identities Eternally Hidden.」(2015-2018) ①代表者
○研究活動スタート支援「The Japanese Nisei of the Kona Coffee Farmers: Shinto Shrines Left Destroyed and Hidden National Identities」(2014-2015)

学域・学類担当授業科目

○米英研究演習B(2017)
○英作文C(2017)
○英作文B(2017)
○英作文D(2017)
○英会話C(2017)
○米英文化関係論2E(2017)
○米英研究演習B(2017)
○英語表現法ⅠB(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(2017)
○英語グローバルトピックD2(2017)
○英米文化動態論2(2017)
○翻訳研究演習(2017)
○英米文化動態論(2017)
○英語圏広域文化研究(2017)
○英米文化動態論1(2017)
○米英文化関係論E(2017)
○イギリス文化関係論E(2017)
○米英文化関係論1E(2017)
○学域GS言語科目I(2017)
○英語グローバルトピックD1(2017)
○米英研究A1(2017)
○アメリカ研究A(2017)
○イギリス文化関係論(2017)
○米英研究A2(2017)
○米英研究演習A(2017)
○米英研究演習A(2017)
○米英研究Ⅰ(2017)
○英語グローバルトピックⅡB(2017)
○英作文C(2017)
○英会話D(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅰ(2017)
○EAP Ⅰ(2017)
○英語圏広域文化研究B(2017)
○学類共通英語2(英語学英米文学)(2017)
○EAP Ⅲ(2016)
○英語グローバルトピックⅡA(2016)
○英米文化基礎論(2016)
○翻訳研究(2016)
○英語圏広域文化研究A(2016)
○米英研究演習B(2016)
○米英研究演習A(2016)
○米英研究演習A(2016)
○米英研究演習B(2016)
○米英文化関係論E(2016)
○英作文B(2016)
○国際学入門2(2016)
○英作文C(2016)
○英会話C(2016)
○英会話D(2016)
○国際学入門(2016)
○英語表現法ⅠA(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○EAP Ⅰ(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○EAP Ⅰ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○英語グローバルトピックⅡA(2015)
○米英研究演習A(2015)
○米英研究演習B(2015)
○アカデミック・ライティングⅠB(2015)
○英作文B(2015)
○英会話C(2015)
○米英研究演習B(2015)
○イギリス文化関係論E(2015)
○イギリス文化関係論(2015)
○英語表現法ⅠA(2015)
○米英研究演習A(2015)
○英米芸術文化論演習(2015)
○アメリカ芸術文化演習(2015)
○学類共通英語2(英語学英米文学)(2015)
○アメリカ芸術文化研究(2015)
○英米芸術文化論(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅱ(アカデミックスキル)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2014)
○英語Ⅱ(アカデミックスキル)(2014)
○英語Ⅱ(アカデミックスキル)(2014)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2014)
○英語圏広域文化研究B(2014)
○英米比較文化特殊講義(2014)
○英語コミュニケーションⅡ(2014)
○米英研究演習B(2014)
○英語グローバルトピックⅡA(2014)
○米英研究演習A(2014)
○米英研究演習B(2014)
○米英研究演習A(2014)
○英語コミュニケーションⅠ(2014)
○アカデミック・ライティングⅠB(2014)
○イギリス文化関係論E(2014)
○イギリス文化関係論(2014)
○英会話C(2014)
○英作文B(2014)

大学院担当授業科目

○国際学とグローバリゼーション(2017)
○英米文化特論Ⅰa(2017)
○英米文化特論Ⅰb(2017)
○英米言語文化演習Ⅰa(2017)
○基礎講義Ⅸa(アメリカ研究特論Ⅰa)(2017)
○基礎講義Ⅸb(アメリカ研究特論Ⅰb)(2017)
○英米言語文化演習Ⅰb(2017)
○アメリカ研究特論Ⅱb(2017)
○アメリカ研究特論Ⅱa(2017)
○基礎研究Ⅸb(アメリカ研究特論Ⅰb)(2016)
○英米文化特論Ⅰa(2016)
○英米文化特論Ⅱb(2016)
○英米文化特論Ⅱa(2016)
○英米文化特論Ⅰb(2016)
○基礎研究Ⅸa(アメリカ研究特論Ⅰa)(2016)
○アメリカ研究特論Ⅱ(2016)
○アメリカ研究特論Ⅱb(2016)
○基礎講義Ⅸ(アメリカ研究特論Ⅰ)(2016)
○アメリカ研究特論Ⅱa(2016)
○比較英米文化論Ⅰa(2016)
○英語科教科内容研究特論E(2016)
○英語科教科内容研究演習E(2016)
○比較英米文化論Ⅰb(2016)
○基礎講義Ⅸ(アメリカ研究特論Ⅰ)(2015)
○比較英米文化論Ⅱa(2015)
○比較英米文化論Ⅱb(2015)
○英語科教科内容研究特論E(2015)
○英語科教科内容研究演習E(2015)
○アメリカ研究特論Ⅱ(2015)
○英語科教科内容研究特論E(2014)
○英語科教科内容研究演習E(2014)
○基礎講義Ⅸ(アメリカ研究特論Ⅰ)(2014)
○アメリカ研究特論Ⅱ(2014)
○英米文化特論Ⅰb(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ