本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

大浦 学 (おおうら まなぶ) 教授 Manabu Oura

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系
教授

教育分野

所属研究室等

基礎計算数理講座 TEL:076-264-5635 FAX:076-264-6065

学歴

【出身大学院】
九州大学 博士課程 数理学専攻 修了
【出身大学】
九州大学  数学科 1995/03 卒業
【取得学位】
博士(数理学)

職歴

金沢大学 教授
高知大学 助教授、准教授
札幌医科大学 講師
日本学術振興会特別研究員(PD)

生年月

1969年08月

所属学会

日本数学会

学内委員会委員等

○数物教務委員会 委員長(2016-2016)

受賞学術賞

専門分野

代数学

専門分野キーワード

代数的組合せ論

研究課題

著書

論文

  • Centralizer algebras of the primitive unitary reflection group of order 96 39巻 2号 469-482頁 2016 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A numerical study of Siegel theta series of various degrees for the 32-dimensional even unimodular extremal lattices 70巻 2号 281-314頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Towards the Siegel ring in genus four  4巻 563-586.頁 2008 査読有
  • On the integral ring spanned by genus two weight enumerators  308巻 3722-3725頁 2008 査読有
  • On the image of code polynomials under theta map 48巻  895-906.頁 2008

全て表示

  • Eisenstein polynomials associated to binary codes  5巻 635-640. 頁 2009 査読有
  • Modular Forms of weight $8$ for $\Gamma_g(1,2)$ 346巻 477-498.頁 2010 査読有
  • E-polynomials associated to $\mathbf{Z}_4$-codes
  • Distinguishing Siegel theta series of degree 4 for the 32-dimensional even unimodular extremal lattices 86巻  19-53.頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Eisenstein polynomials associated to binary codes (II) M.Oura 11巻 35-41.頁 2016 査読有

講演・口頭発表等

  • Ring of the weight enumerators of d_n^+ (joint with M.Fujii), , (会議名:International Workshop on Computational Science 2017)(2017/02/16)
  • E-多項式と組合せ論(会議名:実験計画法と符号および関連する組合せ構造)(2016/11/30)
  • Modular forms of weight 8 for the theta group(会議名:第29回代数的組合せ論シンポジウム)(2012/06/18)
  • E-多項式について(会議名:RIMS 研究集会「有限群とその表現、頂点作用素代数、代数的組合せ論の研究」)(2014/03/06)
  • Theta series of even nimodular extremal lattices(会議名: 2015 早稲田整数論研究集会)(2015/03/20)

全て表示

  • 整数論に触発された組合せ論(会議名:第2回金沢・山口数学合同研究集会 ~幾何学とその諸分野への応用~)(2015/12/19)
  • Terwilliger algebras of some group association schemes(会議名:有限群とその表現, 頂点作用素代数, 代数的組合せ論の研究)(2016/01/06)
  • 符号理論に現れる不変式論(会議名:ミニ研究集会「代数的組合せ論とその周辺」 )(2016/05/08)
  • The association scheme of the finite group associated to coding theory(2016/05/28)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「高種数のモジュラー形式環と代数的組合せ論」(2013-2015) 代表者
○若手B「テータ写像が結ぶ保型形式と代数的組合せ論の有機的研究」(2009-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

○離散数学(2017)
○教職実践演習C(中・高)(2017)
○代数学1A(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(理工系英語Ⅱ)数物科学類(2017)
○計算数理課題研究(2017)
○代数学1B(2017)
○学域GS言語科目Ⅰ(理工系英語Ⅰ)数物科学類(2017)
○地域概論(2017)
○地域概論(2016)
○教職実践演習C(中・高)(2016)
○離散数学(2016)
○計算数理課題研究(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○数学展望(2015)
○離散数学(2015)
○数物科学の世界(2015)
○特別講義(代数的グラフ理論)(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○線形代数学第二(2015)
○離散数学(2014)

大学院担当授業科目

○ゼミナールA平成29年度入学生用(2017)
○数物科学入門Ⅱb(2017)
○数物科学入門Ⅱa(2017)
○留学生基礎科目Ⅱa(2017)
○数物科学入門Ⅰa(2017)
○留学生基礎科目Ⅰa(2017)
○留学生基礎科目Ⅰb(2017)
○数物科学入門Ⅰb(2017)
○課題研究A平成29年度入学生用(2017)
○ゼミナールA平成29年10月入学者用(2017)
○演習A平成29年度入学生用(2017)
○課題研究A平成29年10月入学者用(2017)
○演習A平成29年10月入学者用(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○代数的組合せ論(2017)
○代数的組合せ論(2017)
○代数的組合せ論(2017)
○代数的組合せ論(2017)
○離散数学b(2017)
○離散数学a(2017)
○留学生基礎科目Ⅱb(2017)
○課題研究A平成28年度入学生用(2016)
○離散数学a(2016)
○離散数学b(2016)
○代数的組合せ論(2016)
○数物科学入門Ⅱa(2016)
○演習A平成28年10月入学者用(2016)
○演習A平成28年度入学生用(2016)
○課題研究A平成28年10月入学者用(2016)
○留学生基礎科目Ⅱb(2016)
○数物科学入門Ⅱb(2016)
○留学生基礎科目Ⅱa(2016)
○数物科学入門Ⅰb(2016)
○留学生基礎科目Ⅰb(2016)
○数物科学入門Ⅰa(2016)
○ゼミナールA平成28年度入学生用(2016)
○ゼミナールA平成28年10月入学者用(2016)
○留学生基礎科目Ⅰa(2016)
○代数的組合せ論(2015)
○ゼミナールA平成27年度入学生用(2015)
○課題研究A平成27年度入学生用(2015)
○演習A平成27年度入学生用(2015)
○離散数学(2015)
○数学特別講義(代数的グラフ理論)(2015)
○計算理学概論(2015)
○代数的組合せ論(2014)
○離散数学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ