本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

石渡 弘治 (いしわた こうじ) 助教 ISHIWATA, Koji

メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
東北大学大学院 博士課程 物理学専攻 2010/03 修了
【出身大学】
東北大学  2005/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

東京大学宇宙線研究所  JSPS 特別研究員(2010/04-2010/08)
カリフォルニア工科大学 ムーア 研究員(2010/09-2013/09)
ドイツ電子シンクロトロン(DESY) 研究員(2013/10-2015/02)
金沢大学 テニュアトラック助教(2015/03-)

生年月

所属学会

日本物理学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○青葉理学振興会奨励賞(2004)
○東北大学理学研究科物理学専攻賞(2010)
○日本物理学会若手奨励賞(2012)
○東北大学理学研究科泉萩会奨励賞(2014)

専門分野

素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Right-handed sneutrino as cold dark matter T. Asaka, K. Ishiwata and T. Moroi Phys. Rev. D 73 051301頁 2006
  • High Energy Cosmic Rays from the Decay of Gravitino Dark Matter K. Ishiwata, S. Matsumoto and T. Moroi Phys. Rev. D 78 063505頁 2008
  • Cosmic-Ray Positron from Superparticle Dark Matter and the PAMELA Anomaly K. Ishiwata, S. Matsumoto and T.Moroi Phys. Lett. B 675 446 頁 2009
  • High Energy Cosmic Rays from Decaying Supersymmetric Dark Matter K. Ishiwata, S. Matsumoto and T. Moroi JHEP 0905 110頁 2009
  • Cosmic Gamma-ray from Inverse Compton Process in Unstable Dark Matter Scenario K. Ishiwata, S. Matsumoto and T. Moroi Phys. Lett. B 679 1頁 2009

全て表示

  • Direct Detection of Electroweak-Interacting Dark Matter J. Hisano, K. Ishiwata, N. Nagata and T. Takesako JHEP 1107 005頁 2011
  • Higgs Properties and Fourth Generation Leptons K. Ishiwata and M. B. Wise Phys. Rev. D84巻 055025頁 2011
  • Dark Matter in Classically Scale-Invariant Two Singlets Standard Model K. Ishiwata  Phys. Lett. B710巻 134頁 2012
  • Direct Search of Dark Matter in High-Scale Supersymmetry J. Hisano, K. Ishiwata and N. Nagata Phys. Rev D87巻 no.3号 035020頁 2013
  • Phenomenology of heavy vectorlike leptons K. Ishiwata and M. B. Wise Phys. Rev D88巻 no.5号 055009頁 2013

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)

大学院担当授業科目

○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)
○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○演習B平成29年度入学生用(2017)
○ゼミナールB平成28年度入学生用(2016)
○課題研究B平成28年度入学生用(2016)
○演習B平成28年度入学生用(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ