本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年08月11日

瓜生 耕一郎 (うりう こういちろう) 助教 URIU, Koichiro

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

所属研究室等

ゲノム時間生物学研究室

学歴

職歴

生年月

所属学会

日本時間生物学会
日本分子生物学会
日本発生生物学会
日本数理生物学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • A framework for quantification and physical modeling of cell mixing applied to oscillator synchronization in vertebrate somitogenesis 瓜生耕一郎, Rajasekaran Bhavna, Andrew C Oates, Luis G Morelli Biol. Open 2017/06/29 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Feedback loops interlocked at competitive binding sites amplify and facilitate genetic oscillations 瓜生耕一郎, 程肇 J. Theor. Biol. 428巻 56-64頁 2017/09/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Determining the impact of cell mixing on signaling during development 瓜生耕一郎, Luis G Morelli Dev. Growth. Differ. 59巻 5号 351-368頁 2017/06/19 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Object Segmentation and Ground Truth in 3D Embryonic Imaging Bhavna Rajasekaran, Koichiro Uriu, Guillaume Valentin, Jean-Yves Tinevez, Andrew C. Oates  PLOS One 11巻 6号 e0150853頁 2016/06/22 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic oscillators in development. 瓜生耕一郎 Development, Growth & Differentiation 58巻 1号 16-30頁 2016/01/11 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Sample size allocation for food item radiation monitoring and safety inspection 瀬戸繭美, 瓜生耕一郎 Risk Analysis 35巻 3号 409-422頁 2014/09/26 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Collective cell movement promotes synchronization of coupled genetic oscillators 瓜生耕一郎, Luis G. Morelli Biophysical Journal 107巻 2号 514-526頁 2014/07/15 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Interplay between intercellular signaling and cell movement in development 瓜生耕一郎, Luis G. Morelli, Andrew C. Oates Seminars in Cell & Developmental Biology 35巻 66-72頁 2014/11/05 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics of mobile coupled phase oscillators 瓜生耕一郎, Saul Ares, Andrew C. Oates, Luis G. Morelli Physical Review E 87巻 032911頁 2013/03/21 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 競合的結合サイトでリンクしたフィードバックループが哺乳類サーカディアンリズムの振幅を増幅する(会議名:第23回日本時間生物学会学術大会)(2016/11/12)
  • 競合的結合サイトでリンクしたフィードバックループが哺乳類サーカディアンリズムの振幅を増幅する(会議名:第39回日本分子生物学会年会)(2016/11/30)
  • 細胞移動が分節時計の同期に与える影響をイメージングデータと数理モデルで明らかにする(会議名:日本発生生物学会秋季シンポジウム2016)(2016/10/19)
  • Genetic Oscillations by Positive and Negative Feedback Loops Interlocked at Competitive Binding Sites (会議名:日本数理生物学会2016)(2016/09/07)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○生物学実験(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○動物生理学実験(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○生物学実験(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命-生命科学最前線-(2016)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命-生命科学最前線-(2016)
○生物学実験(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○生物学実験(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○動物生理学実験(2016)

大学院担当授業科目

○生命システム基礎B(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ