本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月16日

大黒 多希子 (だいこく たきこ) 教授 DAIKOKU, Takiko

所属組織・役職等

疾患モデル総合研究センター 疾患モデル総合研究センター

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
徳島大学大学院薬学研究科 博士課程 2000 修了
徳島大学大学院薬学研究科 修士課程 1997 修了
【出身大学】
徳島大学  製薬化学科 1995 卒業

職歴

University of Kansas Medical Center, USA Department of Biochemistry Postdoctoral Fellow(2000/04-2001/09)
University of Kansas Medical Center, USA Department of Molecular and Integrative Postdoctoral Fellow(2001/09-2002/06)
Vanderbilt University Medical Center, USA Department of Pediatrics Postdoctoral Fellow(2002/07-2004/02)
Vanderbilt University Medical Center, USA Department of Pediatrics Research Assistant Professor(2004/03-2008/05)
Cincinnati Children’s Hospital Medical Center, USA Division of Reproductive Sciences Research Assistant Professor(2008/05-2011/08)
Cincinnati Children’s Hospital Medical Center, USA Division of Reproductive Sciences Research Associate Professor(2011/09-2015/06)

生年月

1973年01月

所属学会

American Association for Cancer Research
北陸生殖医学会 評議員(2016-2024)
北陸生殖医学会 評議員(2016-)
北陸実験動物研究会 役員(2015-2025)
国立大学法人動物実験施設協議会 調査委員会委員(2018-2020)

学内委員会委員等

○予算・点検評価専門委員会 委員長(2023-2024)
○金沢大学キャンパス整備計画検討委員会 委員(2022-2023)
○微生物安全管理委員会委員 委員(2015-2023)
○遺伝子組換え実験安全委員会委員 委員(2015-2023)
○微生物安全管理委員会委員 委員(2015-2023)
○動物実験委員会委員 委員(2015-2023)
○遺伝子組換え実験安全委員会委員 委員(2015-2023)
○動物実験委員会委員 委員(2015-2023)
○男女共同参画推進委員会 委員(2019-2023)
○施設環境企画会議 委員(2019-2023)
○財務企画会議 委員(2019-2023)
○総合技術部管理委員会(2020-2023)

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

卵巣癌,胚着床,妊娠,子宮体癌,マウスモデル

研究課題

著書

  • ヒトゲノム事典 一色出版 2021/11/10 原著書 分担執筆 井ノ上逸朗、今西規、河村正二、斎藤成也、颯田葉子、田嶋敦

論文

  • Adolescent Dietary Habit-induced Obstetric and Gynecologic Disease (ADHOGD) as a New Hypothesis-Possible Involvement of Clock System. Nutrients 12巻 5号 2020/05/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The lack of terminal tubule cells in the submandibular gland of mice deficient in submandibular gland protein C. Cell and tissue research 381巻 2号 229頁 2020/05/16 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Promoting Roles of Embryonic Signals in Embryo Implantation and Placentation in Cooperation with Endocrine and Immune Systems. International journal of molecular sciences 21巻 5号 2020/03/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The Association and Significance of p53 in Gynecologic Cancers: The Potential of Targeted Therapy. International journal of molecular sciences 20巻 21号 2019/11/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclooxygenase-1 is a potential target for prevention and treatment of ovarian epithelial cancer CANCER RESEARCH 65巻 9号 3735頁 2005/05 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Ovarian insufficiency and CTNNB1 mutations drive malignant transformation of endometrial hyperplasia with altered PTEN/PI3K activities. Terakawa J,Serna VA,Taketo MM,Daikoku T,Suarez AA,Kurita T Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2019/02 査読有
  • IMP dehydrogenase-2 drives aberrant nucleolar activity and promotes tumorigenesis in glioblastoma. Nature cell biology 21巻 8号 1003頁 2019/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Novel strategy of ovarian cancer implantation: Pre-invasive growth of fibrin-anchored cells with neovascularization Cancer Science 110巻 8号 2658頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a Highly Potent Analogue and a Long-Acting Analogue of Oxytocin for the Treatment of Social Impairment-Like Behaviors. Journal of medicinal chemistry 62巻 7号 3297頁 2019/04/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Time Restriction of Food Intake during the Circadian Cycle Is a Possible Regulator of Reproductive Function in Postadolescent Female Rats Current Developments in Nutrition 3巻 4号 nzy093頁 2019/03/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The uterine epithelial loss of Pten is inefficient to induce endometrial cancer with intact stromal Pten. Liang X,Daikoku T,Terakawa J,Ogawa Y,Joshi AR,Ellenson LH,Sun X,Dey SK PLoS genetics 14巻 8号 e1007630頁 2018/08 査読有
  • Crosstalk between PKCα and PI3K/AKT Signaling Is Tumor Suppressive in the Endometrium. Hsu AH,Lum MA,Shim KS,Frederick PJ,Morrison CD,Chen B,Lele SM,Sheinin YM,Daikoku T,Dey SK,Leone G,Black AR,Black JD Cell reports 24巻 3号 655頁 2018/07 査読有
  • Factors Regulating Human Extravillous Trophoblast Invasion: Chemokine-peptidase and CD9-integrin Systems. Current pharmaceutical biotechnology 19巻 10号 764頁 2018 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Dual expression of immunoreactive estrogen receptor β and p53 is a potential predictor of regional lymph node metastasis and postoperative recurrence in endometrial endometrioid carcinoma. Obata T,Nakamura M,Mizumoto Y,Iizuka T,Ono M,Terakawa J,Daikoku T,Fujiwara H PloS one 12巻 11号 e0188641頁 2017/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The Lipid Kinase PI5P4Kβ Is an Intracellular GTP Sensor for Metabolism and Tumorigenesis. Sumita K,Lo YH,Takeuchi K,Senda M,Kofuji S,Ikeda Y,Terakawa J,Sasaki M,Yoshino H,Majd N,Zheng Y,Kahoud ER,Yokota T,Emerling BM,Asara JM,Ishida T,Locasale JW,Daikoku T,Anastasiou D,Senda T,Sasaki AT Molecular cell 61巻 2号 187頁 2016/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The Lipid Kinase PI5P4Kβ Is an Intracellular GTP Sensor for Metabolism and Tumorigenesis. Kazutaka Sumita,Yu-Hua Lo,Koh Takeuchi,Miki Senda,Satoshi Kofuji,Yoshiki Ikeda,Jumpei Terakawa,Mika Sasaki,Hirofumi Yoshino,Nazanin Majd,Yuxiang Zheng,Emily Rose Kahoud,Takehiro Yokota,Brooke M Emerling,John M Asara,Tetsuo Ishida,Jason W Locasale,Takiko Daikoku,Dimitrios Anastasiou,Toshiya Senda,Atsuo T Sasaki Mol. Cell 61巻 2号 187頁 2016/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Dual Positive Regulation of Embryo Implantation by Endocrine and Immune Systems - Step-by-Step Maternal Recognition of the Developing Embryo AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY 75巻 3号 281頁 2016/03 査読有
  • SSK1, a novel GTP-dependent kinase, detects GTP levels and regulates tumorigenesis Sumita K,Takeuchi K,Lo Y,Senda M,Kofuji S,Ikeda Y,Yoshino H,Sasaki M,Terakawa J,Daikoku T,Cantley L. C,Senda T,Sasaki A. T Molecular Biology of the Cell 26巻 2015 査読有 
  • Neutrophils Oppose Uterine Epithelial Carcinogenesis via Debridement of Hypoxic Tumor Cells CANCER CELL 28巻 6号 785頁 2015/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Ovarian LGR5 is critical for successful pregnancy FASEB JOURNAL 28巻 5号 2380頁 2014/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Lactoferrin-iCre: A New Mouse Line to Study Uterine Epithelial Gene Function ENDOCRINOLOGY 155巻 7号 2718頁 2014/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Possible roles of the cAMP-mediators EPAC and RAP1 in decidualization of rat uterus REPRODUCTION 147巻 6号 897頁 2014/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Ovarian stimulation using human chorionic gonadotrophin impairs blastocyst implantation and decidualization by altering ovarian hormone levels and downstream signaling in mice MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION 20巻 11号 1101頁 2014/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mammalian Target of Rapamycin Complex 1 and Cyclooxygenase 2 Pathways Cooperatively Exacerbate Endometrial Cancer AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 184巻 9号 2390頁 2014/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A review of the potential utility of Mycophenolate Mofetil as a cancer therapeutic. Majd N,Sumita K,Yoshino H,Chen D,Terakawa J,Daikoku T,Kofuji S,Curry R,Wise-Draper T,Warnick R,Guarnaschelli J,Sasaki AT Journal of Cancer Research ID 423401頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A new role for muscle segment homeobox genes in mammalian embryonic diapause OPEN BIOLOGY 3巻 4号 130035頁 2013/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Conditional deletion of Tsc1 in the female reproductive tract impedes normal oviductal and uterine function by enhancing mTORC1 signaling in mice MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION 19巻 7号 463頁 2013/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • CXCR2-Expressing Myeloid-Derived Suppressor Cells Are Essential to Promote Colitis-Associated Tumorigenesis CANCER CELL 24巻 5号 631頁 2013/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Differential Expression of the Motin Family in the Pen-implantation Mouse Uterus and Their Hormonal Regulation JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT 58巻 6号 649頁 2012/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Wakayama Symposium: Epithelial-Mesenchymal Interaction Regulates Tissue Formation and Characteristics: Insights for Corneal Development OCULAR SURFACE 10巻 4号 217頁 2012/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Uterine Deletion of Trp53 Compromises Antioxidant Responses in the Mouse Decidua ENDOCRINOLOGY 153巻 9号 4568頁 2012/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Galectin-1 Markedly Reduces the Incidence of Resorptions in Mice Missing Immunophilin FKBP52 ENDOCRINOLOGY 153巻 5号 2486頁 2012/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclocreatine treatment improves cognition in mice with creatine transporter deficiency JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 122巻 8号 2837頁 2012/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Conditional Deletion of MSX Homeobox Genes in the Uterus Inhibits Blastocyst Implantation by Altering Uterine Receptivity DEVELOPMENTAL CELL 21巻 6号 1014頁 2011/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Heightened uterine mammalian target of rapamycin complex 1 (mTORC1) signaling provokes preterm birth in mice PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 108巻 44号 18073頁 2011/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cell-specific conditional deletion of Pten in the uterus results in differential phenotypes GYNECOLOGIC ONCOLOGY 122巻 2号 424頁 2011/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Uterine FK506-binding protein 52 (FKBP52)-peroxiredoxin-6 (PRDX6) signaling protects pregnancy from overt oxidative stress PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 107巻 35号 15577頁 2010/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Uterine-specific p53 deficiency confers premature uterine senescence and promotes preterm birth in mice JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 120巻 3号 803頁 2010/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Polypyrimidine tract-binding protein is relocated to the cytoplasm and is required during dengue virus infection in Vero cells JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY 90巻 Pt 12号 2893頁 2009/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • In Pursuit of Leucine-Rich Repeat-Containing G Protein-Coupled Receptor-5 Regulation and Function in the Uterus ENDOCRINOLOGY 150巻 11号 5065頁 2009/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • CYP1B1 expression in ovarian cancer in the laying hen Gallus domesticus GYNECOLOGIC ONCOLOGY 112巻 1号 171頁 2009/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Deficiency of Immunophilin FKBP52 Promotes Endometriosis AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 173巻 6号 1747頁 2008/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Two faces of PTEN NATURE MEDICINE 14巻 11号 1192頁 2008/11 査読有
  • Conditional loss of uterine Pten unfailingly and rapidly induces endometrial cancer in mice CANCER RESEARCH 68巻 14号 5619頁 2008/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Imaging mass spectrometry reveals unique protein profiles during embryo implantation ENDOCRINOLOGY 149巻 7号 3274頁 2008/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Heparanase expression and function during early pregnancy in mice BIOLOGY OF REPRODUCTION 77巻 3号 433頁 2007/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • MicroRNA regulation of cyclooxygenase-2 during embryo implantation PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 104巻 38号 15144頁 2007/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • FKBP52 deficiency-conferred uterine progesterone resistance is genetic background and pregnancy stage specific JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION 117巻 7号 1824頁 2007/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Extracellular signal-regulated kinase is a target of cyclooxygenase-1-peroxisome proliferator-activated receptor-delta signaling in epithelial ovarian cancer CANCER RESEARCH 67巻 11号 5285頁 2007/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Levels of NAD(+)-dependent 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase are reduced in inflammatory bowel disease: evidence for involvement of TNF-alpha AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY 290巻 2号 G361頁 2006/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclooxygenase-1 is overexpressed in multiple genetically engineered mouse models of epithelial ovarian cancer CANCER RESEARCH 66巻 5号 2527頁 2006/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • CXCL1 induced by prostaglandin E-2 promotes angiogenesis in colorectal cancer JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE 203巻 4号 941頁 2006/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Proteomic analysis identifies immunophilin FK506 binding protein 4 (FKBP52) as a downstream target of Hoxa10 in the periimplantation mouse uterus MOLECULAR ENDOCRINOLOGY 19巻 3号 683頁 2005/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cochaperone immunophilin FKBP52 is critical to uterine receptivity for embryo implantation PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 102巻 40号 14326頁 2005/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclin G1 and cyclin G2 are expressed in the periimplantation mouse uterus in a cell-specific and progesterone-dependent manner: Evidence for aberrant regulation with hoxa-10 deficiency ENDOCRINOLOGY 146巻 5号 2424頁 2005/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Global gene expression analysis identifies molecular pathways distinguishing blastocyst dormancy and activation PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 101巻 28号 10326頁 2004/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Differential expression of ezrin/radixin/moesin (ERM) and ERM-associated adhesion molecules in the blastocyst and uterus suggests their functions during implantation BIOLOGY OF REPRODUCTION 70巻 3号 729頁 2004/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Uterine Msx-1 and Wnt4 signaling becomes aberrant in mice with the loss of leukemia inhibitory factor or Hoxa-10: Evidence for a novel cytokine-homeobox-Wnt signaling in implantation MOLECULAR ENDOCRINOLOGY 18巻 5号 1238頁 2004/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular cues to implantation ENDOCRINE REVIEWS 25巻 3号 341頁 2004/06 査読有
  • Expression profiles of three isoforms of inositol 1,4,5-trisphosphate receptor in brown adipose tissue of the rat BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY 65巻 6号 995頁 2003/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • PCR-select subtraction for characterization of messages differentially expressed in brown compared with white adipose tissue MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM 80巻 1-2号 255頁 2003/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of hypoxia-inducible factors in the peri-implantation mouse uterus is regulated in a cell-specific and ovarian steroid hormone-dependent manner - Evidence for differential function of HIFs during early pregnancy JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 278巻 9号 7683頁 2003/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclooxygenase-2 differentially directs uterine angiogenesis during implantation in mice JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 277巻 32号 29260頁 2002/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of NAD(+)-dependent isocitrate dehydrogenase in brown adipose tissue Shinohara Y,Daikoku T,Kajimoto K,Shima A,Yamazaki N,Terada H Biochem Biophys Res Commun 281巻 3号 634頁 2001 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Dramatic enhancement of the specific expression of the heart-type fatty acid binding protein in rat brown adipose tissue by cold exposure. Daikoku T,Shinohara Y,Shima A,Yamazaki N,Terada H FEBS letters 410巻 2-3号 383頁 1997/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Specific elevation of transcript levels of particular protein subtypes induced in brown adipose tissue by cold exposure Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics 1457巻 3号 263頁 2000/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 卵巣癌に対するP-cadherin標的療法の適応についての検討 茅橋 佳代,水本 泰成,松岡 歩,小幡 武司,岩垂 純平,中村 充宏,大黒 多希子,藤原 浩 日本産科婦人科学会雑誌 73巻 臨増号 S頁 2021/03
  • A novel oral inhibitor for one-carbon metabolism and checkpoint kinase 1 inhibitor as a rational combination treatment for breast cancer. Biochemical and biophysical research communications 584巻 7頁 2021/12/20 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The supression of DOCK family members by their specific inhibitors induces the cell fusion of human trophoblastic cells. Biochemical and biophysical research communications 529巻 4号 1173頁 2020/09/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Brown adipocyte-specific knockout of Bmal1 causes mild but significant thermogenesis impairment in mice. Molecular metabolism 49巻 101202頁 2021/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Time-Restricted Feeding Regulates Circadian Rhythm of Murine Uterine Clock. Current developments in nutrition 5巻 5号 nzab064頁 2021/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mucinous, endometrioid, and serous ovarian cancers with peritoneal dissemination are potent candidates for P-cadherin targeted therapy: a retrospective cohort study. BMC cancer 21巻 1号 32頁 2021/01/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Pillar[6]arene acts as a biosensor for quantitative detection of a vitamin metabolite in crude biological samples Communications Chemistry 3巻 1号 2020/12 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Hypertensive disorders of pregnancy are associated with dysmenorrhea in early adulthood: A cohort study. The journal of obstetrics and gynaecology research 46巻 11号 2292頁 2020/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Immunosuppressive tumor microenvironment in Uterine Serous Carcinoma via CCL7 signal with myeloid-derived suppressor cells. Carcinogenesis 43巻 7号 647頁 2022/03/30 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Sustained effect of habitual feeding time on daily rhythm of core body temperature in mice Frontiers in Nutrition 9巻 2022/08/22 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Spheroid formation induces chemokine production in trophoblast-derived Swan71 cells. American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989) 90巻 2号 e13752頁 2023/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Desynchronization between food intake and light stimulations induces uterine clock quiescence in female mice. The Journal of nutrition 153巻 8号 2283頁 2023/06/17 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Uterine epithelial Gp130 orchestrates hormone response and epithelial remodeling for successful embryo attachment in mice. Scientific reports 13巻 1号 854頁 2023/01/16 研究論文(学術雑誌)
  • The Circadian Clock, Nutritional Signals and Reproduction: A Close Relationship. International journal of molecular sciences 24巻 2号 2023/01/12 研究論文(学術雑誌)
  • Kif26b contributes to the progression of interstitial fibrosis via migration and myofibroblast differentiation in renal fibroblast. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 36巻 11号 e22606頁 2022/11 研究論文(学術雑誌)
  • FOXP4 inhibits squamous differentiation of atypical cells in cervical intraepithelial neoplasia via an ELF3‐dependent pathway Cancer Science 113巻 10号 3376頁 2022/08 研究論文(学術雑誌) 
  • Cell Type-Specific Genetic Manipulation and Impaired Circadian Rhythms in Vip tTA Knock-In Mice. Frontiers in physiology 13巻 895633頁 2022 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 時計遺伝子Bmal1の子宮特異的欠損は母体側の血管新生を阻害し流死産を誘発する 細野 隆,小野 政徳,豊田 夏美,鏡 京介,松本 多圭夫,堀家 慎一,山崎 玲奈,水本 泰成,藤原 智子,安藤 仁,藤原 浩,大黒 多希子 日本生殖医学会雑誌 68巻 1-2号 122頁 2023/04
  • BMAL1 positively correlates with genes regulating steroidogenesis in human luteinized granulosa cells. Reproduction (Cambridge, England) 167巻 2号 2024/02/01 研究論文(学術雑誌)
  • Mitochondrial one-carbon metabolic enzyme MTHFD2 facilitates mammary gland development during pregnancy. Biochemical and biophysical research communications 674巻 183頁 2023/09/24 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Laeverin/aminopeptidase Q induces indoleamine 2,3-dioxygenase-1 in human monocytes. iScience 26巻 9号 107692頁 2023/09/15 研究論文(学術雑誌)
  • Versican provides the provisional matrix for uterine spiral artery dilation and fetal growth. Matrix biology : journal of the International Society for Matrix Biology 115巻 16頁 2022/11/21 研究論文(学術雑誌)
  • Uterine Deletion of Bmal1 Impairs Placental Vascularization and Induces Intrauterine Fetal Death in Mice International Journal of Molecular Sciences 23巻 14号 2022/07 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • CINに対する新規分化誘導療法の開発を目指して 松本 多圭夫,飯塚 崇,中村 充宏,鈴木 拓馬,笠間 春輝,山本 恵,鏡 京介,水本 泰成,大黒 多希子,藤原 浩 日本生殖医学会雑誌 68巻 1-2号 122頁 2023/04
  • AVP neurons act as the primary circadian pacesetter cells in vivo bioRxiv 2022/08/05
  • Androgen promotes squamous differentiation of atypical cells in cervical intraepithelial neoplasia via an ELF3‐dependent pathway Cancer Medicine 12巻 9号 10816頁 2023/03/23 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • In vivo recording of suprachiasmatic nucleus dynamics reveals a dominant role of arginine vasopressin neurons in circadian pacesetting PLOS Biology 21巻 8号 2023/08/29 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • グラビア:目で見る遺伝子改変マウスによる生殖機能解析ー子宮時計遺伝子機能の解析ー 大黒多希子 30巻 1号 4-8頁 2023/03/01 査読無
  • マウスモデルを用いた子宮がん発生を制御する分子機構の解明 寺川 純平,井之上 幸範,松岡 歩,水本 泰成,藤原 浩,大黒 多希子 日本生殖医学会雑誌 64巻 3号 110頁 2019/07
  • 若年成人期の月経困難症は将来の妊娠高血圧症候群罹患と関連する 小野 政徳,中山 みどり,飯塚 崇,鏡 京介,藤原 智子,鏡 真美,毎田 佳子,小幡 武司,山崎 玲奈,大黒 多希子,藤原 浩 日本女性医学学会雑誌 28巻 1号 102頁 2020/10
  • 時刻制限給餌はマウス子宮における概日リズムを調整する 細野 隆,小野 政徳,大黒 多希子,三枝 理博,野村 学史,鏡 京介,飯塚 崇,中田 理恵子,藤原 智子,安藤 仁,藤原 浩 北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集 68回巻 87頁 2021/08
  • マウス胚着床前後の子宮内膜におけるLIF受容体の局在変化とその機能解析 並木 貴文,唐釜 春実,中村 さくら,大友 茉奈,須山 あゆみ,寺川 純平,大黒 多希子,影山 敦子,長谷川 嘉則,小原 収,伊藤 潤哉,柏崎 直巳 日本生殖内分泌学会雑誌 27巻 10頁 2022/09
  • 子宮上皮特異的Gp130遺伝子欠損マウスは,胚着床不全を伴う不妊を呈する 並木 貴文,唐釜 春実,寺川 純平,大黒 多希子,影山 敦子,長谷川 嘉則,小原 収,伊藤 潤哉,柏崎 直巳 日本繁殖生物学会 講演要旨集 114巻 AW-4頁 2021
  • マウス胚着床前後の子宮内膜におけるLIF受容体の局在変化とその機能解析 並木 貴文,唐釜 春実,中村 さくら,大友 茉奈,須山 あゆみ,寺川 純平,大黒 多希子,影山 敦子,長谷川 嘉則,小原 収,伊藤 潤哉,柏崎 直巳 日本内分泌学会雑誌 97巻 5号 1360頁 2022/03 
  • 時計遺伝子Bmal1の子宮特異的欠損は母体側の血管新生を阻害し流死産を誘発する 細野 隆,小野 政徳,豊田 夏美,鏡 京介,松本 多圭夫,堀家 慎一,山崎 玲奈,水本 泰成,藤原 智子,安藤 仁,藤原 浩,大黒 多希子 日本生殖医学会雑誌 68巻 1-2号 122頁 2023/04
  • 摂餌行動はマウス子宮における概日リズムを調整する 細野 隆,小野 政徳,大黒 多希子,三枝 理博,野村 学史,鏡 京介,飯塚 崇,中田 理恵子,藤原 智子,安藤 仁,藤原 浩 日本内分泌学会雑誌 97巻 5号 1362頁 2022/03 
  • 摂餌行動はマウス子宮における概日リズムを調整する 細野 隆,小野 政徳,大黒 多希子,三枝 理博,野村 学史,鏡 京介,飯塚 崇,中田 理恵子,藤原 智子,安藤 仁,藤原 浩 日本内分泌学会雑誌 97巻 5号 1362頁 2022/03 
  • Fibrin網を利用した卵巣癌細胞集塊の腹膜播種戦略機序の解明 松岡 歩,水本 泰成,小野 政徳,鏡 京介,小幡 武司,寺川 純平,毎田 佳子,中村 充宏,大黒 多希子,藤原 浩 日本婦人科腫瘍学会雑誌 39巻 1号 391頁 2021/01

講演・口頭発表等

  • Tumor-associated macrophages as a key player in type 2 endometrial cancer progression (会議名:第52回日本免疫学会学術集会)(2021/01/17)
  • 私と研究〜医者ではない私が産婦人科系疾患の研究に関わるようになった理由〜 (2023/10/03)
  • アンドロゲンの子宮体癌進展への影響(会議名:第58回北陸生殖医学会)(2023/05/28)
  • 子宮体癌発症・進展に対する性ホルモンの影響 〜マウスモデルを用いた解析〜(会議名:第68回日本生殖医学会)(2023/11/09)
  • マウス胚着床における子宮内膜上皮Lifr 遺伝子の下流因子の探索(会議名:第68回日本生殖医学会)(2023/11/09)

全て表示

  • 若齢雌マウスにおいて摂食リズムと明暗サイクルの脱同期は子宮の体内時計を傷害する(会議名:第58回北陸生殖医学会)(2023/05/28)
  • 双性イオン液体を用いたマウス胚凍結保存の検討(会議名:第58回北陸生殖医学会)(2023/05/28)
  • Construction and analysis of hypophosphatasia mouse models with knock-in ALPL gene mutation(会議名:国際小児歯科学会)(2023/06)
  • マウスモデルを用いた子宮体癌発症・進展に対する女性ホルモンの影響についての解析(会議名:第26回 日本生殖内分泌学会学術集会)(2022/01/08)
  • マウス胚着床前後の子宮内膜におけるLIF受容体の局在変化とその機能解析 (会議名:第26回 日本生殖内分泌学会学術集会)(2022/01/08)
  • 子宮上皮Gp130はSnail family transcriptional repressor 1の発現およびエストロゲン応答性の減弱を介してマウス胚着床を誘起する(会議名:第29回日本胎盤学会学術集会・第39回日本絨毛性疾患研究会)(2021/11/26)
  • 子宮特異的Bmal1欠損は脱落膜および胎盤における母体側の血管新生を疎外し流死産を誘発する(会議名:第29回日本胎盤学会学術集会・第39回日本絨毛性疾患研究会)(2021/11/26)
  • 子宮がん自然発症マウスモデルを用いたがん発生を制御する分子機構の解明(会議名:金沢大学 第11回ライフサイエンス研究交流セミナー)(2019/03/07)
  • マウスモデルを用いた子宮がん発生を制御する分子機構の解明(会議名:第55回北陸生殖医学会)(2019/06/09)
  • 金沢大学実験動物研究施設におけるCRISPR/Cas9システムによる遺伝子改変マウス作製についての検討(会議名:総合技術研究会2019)(2019/03/06)
  • 子宮上皮におけるシグナル伝達兼転写活性化因子3(Stat3)は,プロジェステロンシグナルを介して胚着床を制御する (会議名:日本繁殖生物学会)(2019/09/23)
  • 顎下腺C蛋白質(SMGC)欠損マウスにおける末端導管(TT)細胞の欠如 (会議名:第60回日本組織細胞化学会総会・学術集会)(2019/09/19)
  • 顎下腺C蛋白質(SMGC)欠損マウスにおける末端導管(TT)細胞の欠如(会議名:第125回日本解剖学総会)(2020/03/25)
  • ヒト病態マウスモデル確立への挑戦〜医者ではない私が産婦人科疾患の研究に関わるようになった理由〜(会議名:横浜市立大学生命環境コース2018年度教室セミナー)(2018/06/22)
  • 子宮上皮特異的なシグナル伝達兼転写活性化因子3(Stat3)欠損マウスは、プロジェステロン応答性の減弱を介した胚着床不全を呈する(会議名:第17回生殖バイオロジーシンポジウム)(2018/08/19)
  • Uterine epithelial deletion of Stat3 cases implantation failure due to aberrant epithelial proliferation in mice.(会議名:Gordon Research Conference, Pathways from Gametogenesis to Pregnancy)(2018/07/29)
  • 子宮上皮におけるシグナル伝達兼転写活性化因子3(Stat3)は、子宮上皮・間質細胞の増殖を制御することで胚着床を可能にする(会議名:第36回日本受精着床学会)(2018/07/26)
  • 当施設におけるCRISPR/Cas9システムによる遺伝子改変マウス作製についての検討(会議名:第54回北陸生殖医学会学術講演会)(2018/06/03)
  • マウスモデルからみるヒト子宮疾患(会議名:金沢大学 基礎・臨床交流セミナー)(2017/12/13)
  • マウスモデルからみる子宮疾患(会議名:第53回北陸生殖医学会学術講演会イブニングセミナー)(2017/06/11)
  • マウスモデルを用いた子宮疾患の解析(会議名:第58回 日本組織細胞科学会 総会)(2017/09/24)
  • 遺伝子改変動物の作製概要と応用〜ヒト病態モデル確立への挑戦〜(会議名:東京医科大学 大学院特別講義)(2017/03/16)
  • A novel mouse model of endometrial cancer: epithelial specific Pten deletion with Lactoferrin-iCre. (会議名:AACR annual meeting)(2015/04)
  • マウスモデルを用いた子宮機能および疾患の解析(2015/08)
  • マウスモデルを用いた子宮機能および疾患の解析(2016/06)
  • マウスモデルを用いた子宮機能および疾患の解析 (2015/07)
  • Msx1’s function in the uterus during pregnancy.
  • 妊娠時の子宮で重要な役割を担う遺伝子の同定とその機能解析(2013/02)
  • 妊娠時の子宮で重要な役割を担う遺伝子/タンパク質の同定とその機能解析(2013/02)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○AMED「閉経後ホルモン依存性子宮体癌の発症・進展の新たな分子機構 −男性ホルモン作用の解析と臨床応用−」(2020-2022) 代表者
○基盤研究(B)「子宮選択的Pten変異による体癌自然発症マウスを用いた増悪因子と作用機序の解析」(2016-2018) 代表者
○挑戦的研究(萌芽)「新たな子宮肉腫マウスモデルを用いた肉腫化抑制因子の同定と新規分子標的治療への応用」(2018-2019) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「子宮がん自然発症マウスモデルを用いたがん発生を制御する上皮・間質の相互応答の解明」(2020-2022) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「乳癌患者におけるタモキシフェンによる子宮内膜器質性変化の解析と妊孕性に及ぼす影響」(2020-2022) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「がん自然発症マウスを用いた末梢概日リズム異常によるがん発生・進展誘導機構の解析」(2020-2021) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「凝固系をターゲットとした卵巣癌腹膜播種機序の解明と治療戦略に関する基礎的研究」(2019-2021) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「生後早期の母子関係を評価する新規バイオマーカーの開発 -発達障害回避を目指して-」(2019-2020) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「概日リズムによる子宮収縮制御機構に着目した産婦人科疾患予防法の探索」(2019-2021) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「代謝酵素ゲノム編集による食道扁平上皮の易発がん状態誘発の試み」(2018-2019) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「SWATH 解析法を用いた着床前胚に対する母体生殖管の生理的応答機構の解明」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「癌特異的プロモーターと磁性ナノ粒子を応用した婦人科癌における末梢血中主要 細胞解析」(2017-2019) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「低エストロゲン環境に着目した閉経期における子宮体癌発症機序の解明」(2017-2018) 代表者
○AMED 女性の健康の包括的支援実用化研究事業-Wise「概日時計の乱れが誘発する若年女性の生殖機能障害の実態とその機序の解析ー朝食欠食とダイエットに着目してー」(2018-2020) 分担者
○AMED 成育疾患克服等総合研究事業(委託事業 )「胚シグナルによる免疫寛容誘導機構に基づく胎児・胎盤循環幹細胞の解析」(2017-2019) 分担者
○AMED 次世代がん医療創生研究事業「絨毛性希少がん胎盤部トロホブラスト腫瘍(PSTT)の有効な診断及び治療法の開発」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(C) (一般)「ヒト胚着床に関わるversicanの機能解析」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「乳癌患者におけるタモキシフェン投与の子宮内膜着床能に及ぼす影響と作用機序の解明」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「卵管上皮に対する月経と排卵に伴う液性因子の発がん誘導作用の解析」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「免疫系を介した胚着床誘導機構の解明-胚シグナルの同定と機能解析-」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「ヒト胚着床に関わるversicanの機能解析」 分担者
○挑戦的萌芽研究「STAT1標的による、子宮体部漿液性癌に対する有効治療の開発 」 分担者
○基盤研究(C)(一般)「乳癌患者におけるタモキシフェン投与の子宮内膜着床能に及ぼす影響と作用機序の解析」 分担者
○基盤研究(B)(一般)「SWATH解析法を用いた着床前胚に対する母体生殖管の生理的応答機構の解明」 分担者
○挑戦的萌芽研究「p53変異と閉経後のエストロゲン減少に着目したType2体癌モデルの作成と解析 」 代表者
○基盤研究(C)(一般)「注意欠陥多動性障害はどのように発症するのか:クレアチンを標的とした機序の検討」(2015-2017) 分担者
○科学研究費 基盤研究(B)(一般)「胚由来の胚着床誘導因子(胚シグナル)の同定と臨床応用への試み」(2014-2016) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「乳癌患者におけるタモキシフェンによる子宮内膜着床能向上と卵巣保護作用の解析」(2023-2025) 分担者
○挑戦的研究(萌芽)「ゲノム多様性獲得による子宮内膜胚着床環境整備と発癌抑制機構解明に向けた基礎研究」(2022-2023) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「フィブリン形成を介した腹水卵巣癌細胞の新しいTME形成機序」(2022-2024) 分担者
○挑戦的研究(開拓)「脈管内がん幹細胞の胚シグナル分子による微小環境形成機構とそれを標的にした治療戦略」(2022-2025) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「栄養膜細胞特異抗原を用いた末梢血循環腫瘍細胞の検出と新規転移抑制治療法の開発」(2021-2023) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「末梢体内時計障害の本態の解明と治療基盤の確立」(2021-2023) 分担者
○基盤研究(A)(一般)「新規胚シグナルlaeverinの幹細胞と免疫システムに対する作用の解明と臨床応用」(2021-2024) 分担者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学内) (2020-2023) 研究 先魁プロジェクト
○競争的資金(学外) (2019-2019) 研究 ショウジョウバエを用いたヒト子宮がんモデルの作出 京都工芸繊維大学昆虫先端研究推進拠点 共同研究課題
○競争的資金(学外) (2018-2018) 研究 マウスモデルを用いた子宮内膜間質肉腫発生機序の解明  第32回北國がん基金研究活動助成
○寄附金 (2016-) 研究 エレクトロポレーションを用いた遺伝子改変動物作製の新規技術開発 ネッパジーン株式会社
○競争的資金(学外) (2016-2016) 研究 子宮体癌進行への卵巣ホルモンの影響 山口内分泌疾患研究振興財団研究助成 山口内分泌疾患研究振興財団

共同研究・受託研究実績

○遺伝子改変マウスの作製(2022-2023)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○医薬科学基礎ローテーション実習(生命医科学コース)ⅠA(2023)
○動物実験と再生医学(2023)
○医薬科学基礎ローテーション実習(生命医科学コース)ⅠA(2023)
○医薬科学基礎ローテーション実習(生命医科学コース)ⅠA(2023)
○動物実験と再生医学(2023)
○動物実験と再生医学(2023)
○動物実験と再生医学(2023)
○動物実験と再生医学(2022)
○動物実験と再生医学(2022)
○動物実験と再生医学(2022)
○動物実験と再生医学(2022)
○動物実験と再生医学(2021)
○動物実験と再生医学(2020)
○動物実験と再生医学(2019)
○動物実験と再生医学(2018)
○動物実験と再生医学(2017)
○動物実験と再生医学(2016)

大学院担当授業科目

○発生工学基礎技術コース(2023)
○遺伝子工学基礎技術コース(2023)
○学際センターセミナー(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査 I(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(4月入学)(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(10月入学)(2023)
○異分野研究探査Ⅱ(4月入学)(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(4月入学)(2023)
○動物実験学演習(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査I(2023)
○異分野研究探査I(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○発生工学基礎技術コース(2022)
○発生工学基礎技術コース(2022)
○学際センターセミナー(2022)
○遺伝子工学基礎技術コース(2022)
○学際センターセミナー(2022)
○遺伝子工学基礎技術コース(2022)
○動物実験学演習(2022)
○動物実験学演習(2021)
○遺伝子工学基礎技術コース(2021)
○学際センターセミナー(2021)
○発生工学基礎技術コース(2021)
○学際医学セミナー(2020)
○遺伝子工学基礎技術コース(2020)
○発生工学基礎技術コース(2020)
○遺伝子改変動物学特論(2020)
○遺伝子改変動物学特論(2020)
○学際センターセミナー(2020)
○基礎系領域融合セミナー(2020)
○発生工学基礎技術コース(2020)
○遺伝子工学基礎技術コース(2020)
○動物実験学演習(2020)
○動物実験学演習(2020)
○遺伝子改変動物学特論(2019)
○遺伝子工学基礎技術コース(2019)
○遺伝子工学基礎技術コース(2019)
○基礎系領域融合セミナー(2019)
○学際センターセミナー(2019)
○遺伝子改変動物学特論(2019)
○学際医学セミナー(2019)
○発生工学基礎技術コース(2019)
○動物実験学演習(2019)
○動物実験学演習(2019)
○発生工学基礎技術コース(2019)
○基礎系領域融合セミナー(2018)
○発生工学基礎技術コース(2018)
○学際センターセミナー(2018)
○学際医学セミナー(2018)
○遺伝子工学基礎技術コース(2018)
○遺伝子改変動物学特論(2018)
○動物実験学演習(2018)
○遺伝子工学基礎技術コース(2018)
○動物実験学演習(2018)
○発生工学基礎技術コース(2018)
○遺伝子改変動物学特論(2018)
○遺伝子改変動物学特論(2017)
○遺伝子工学基礎技術コース(2017)
○遺伝子改変動物学特論(2017)
○発生工学基礎技術コース(2017)
○遺伝子改変動物学特論(2017)
○学際センターセミナー(2017)
○遺伝子工学基礎技術コース(2017)
○動物実験学演習(2017)
○学際医学セミナー(2017)
○発生工学基礎技術コース(2017)
○基礎系領域融合セミナー(2016)
○遺伝子改変動物学特論(2016)
○発生工学基礎技術コース(2016)
○遺伝子工学基礎技術コース(2016)
○遺伝子改変動物学特論(2016)
○遺伝子工学基礎技術コース(2016)
○発生工学基礎技術コース(2016)
○動物実験学演習(2016)
○遺伝子改変動物学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ